ヴォルフスブルクがカップ戦失格の危機に…まさかの6人交代で相手側が異議申し立て

2021.08.11 14:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクがまさかの反則行為でDFBポカールを失格になる可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』などが報じている。

8日に行われたDFBポカール1回戦で4部のプロイセン・ミュンスターと対戦したヴォルフスブルク。試合は延長戦の末に3-1で勝利したのだが、交代枠の上限を超える6人の選手交代を行ったとして、相手側から異議申し立てを受けているようだ。

新型コロナウイルスの影響により、今季も交代枠は5人に拡大されているが、おそらくマルク・ファン・ボメル新監督は、延長戦でその枠が1人分増えると勘違いしていたのかもしれない。

しかし、ルール違反には変わりなく、プロイセン・ミュンスターはドイツスポーツ裁判所に異議申し立てし、現在は意見陳述を求めているところだという。『キッカー』は第4審判のトビアス・フリッチュ氏が重要参考人として決定的な役割を果たす可能性があると主張している。

関連ニュース
thumb

ブレーメンで大迫勇也を指導したコーフェルト氏がヴォルフスブルクの新監督就任「エキサイティングな仕事」

ヴォルフスブルクは26日、新監督にフロリアン・コーフェルト氏(39)を招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 コーフェルト氏は、これまで指導者として自身が現役時代に所属していたブレーメンで指導を続けており、ユース年代やセカンドチームで監督やアシスタントコーチを経験していた。 2017年11月からはファーストチームの監督に就任。日本代表FW大迫勇也を指導するなど、142試合で指揮を執ったが、チームは2020-21シーズンにブンデスリーガから2部へ降格。降格が迫った中、シーズン終了を待たずに1試合を残して解任されていた。 コーフェルト監督はヴォルフスブルクを率いることになった心境をクラブを通じて語っている。 「私はこの挑戦を受け入れることに関して、考えることはなかった。本当に楽しみにしているエキサイティングな仕事だ」 「次の試合までの短い時間を使って、たくさんのコミュニケーションを取り、チームの状況を把握する。このチームには多くのクオリティとダイナミズムがあり、今それらをピッチに戻すために力を貸したいと思う」 昨シーズンはブンデスリーガで4位の成績を残し、今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)にも出場。今季から就任したマルク・ファン・ボメル監督の下、開幕4連勝と好スタートを切ったが、現在は4連敗を含む5戦未勝利中。CLでも2分け1敗と勝利がない。また、DFBポカールでは選手の交代人数を間違える失態で、1回戦で勝利していたものの敗戦扱いとなっていた。 2021.10.27 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、今季招へいのファン・ボメル監督をスピード解任…本人も無念さ隠さず

ヴォルフスブルクは24日、マルク・ファン・ボメル監督(44)の解任を発表した。 2013年にPSVで惜しまれながら現役生活に終止符を打ったファン・ボメル氏。そのままPSVの下部組織で指導者キャリアを歩み始め、2018年6月〜2019年12月まで同クラブのトップチームを率いると、今年6月からヴォルフスブルクの指揮官に就任した。 そんなヴォルフスブルクはブンデスリーガ開幕から4連勝とスタートダッシュに成功して一時首位に。だが、フランクフルトと引き分けた第5節を皮切りに下降線を辿り、23日に行われた第9節のフライブルク戦も0-2で敗れ、4連敗を喫している。 ここ8試合の公式戦でも未勝利(3分け5敗)となり、ホームで行われた先のフライブルク戦が終わってから一部サポーターから解任を求める声もあがったなか、ヴォルフスブルクがわずか4カ月ほどで現体制に見切りをつけた形だ。 マネージング・ディレクターのイェルグ・シュマットケ氏は「団結よりも分裂し得る要因の方が多かった結果だ。この苦境からいち早く抜け出す確信が持てなかったため、この協力関係を解消するに至った」と説明した。 一方、監督就任から半年も保たずして失脚のファン・ボメル氏は「この決定に驚き、失望している。力を合わせてチームの状況を何とか好転させていけると信じていた」と失意のコメントを残している。 なお、ファン・ボメル氏の後任については現時点で未定。今季のブンデスリーガだと、初の監督交代となる。 2021.10.25 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

連勝ザルツブルクが首位キープ! セビージャは決め手欠き3戦連続ドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第3節、レッドブル・ザルツブルクvsヴォルフスブルクが20日に行われ、ホームのザルツブルクが3-1で勝利した。 1勝1分けでグループ首位に立つザルツブルクが、2試合連続ドローで3位のヴォルフスブルクをホームで迎え撃った一戦。 試合は開始早々にホームチームがスコアを動かす。3分、自陣深くからのロングカウンターの場面で中央をドリブルで持ち上がったゼイワルドが背後を狙うアデイェミにスルーパス。このパスはDFムバブの守備範囲だったものの、うまくボールをかっさらったアデイェミがそのままボックス内に持ち込み左足で流し込んだ。 軽率な形から先手を奪われたアウェイチームは以降もバタつく状態が続くが、15分には右CKの場面でアルノルトの右足インスウィングのクロスをゴール前のルーカス・エンメチャが頭でわずかにコースを変えて左隅へ流し込み、早々にスコアをタイに戻した。 以降は互いに勝ち越すチャンスがあったものの、相手の粘りの守備を崩し切れず、均衡が保たれたままハーフタイムを迎えた。 後半は再びザルツブルクペースで試合が進む中、その流れ通りに勝ち越しゴールが生まれる。65分、右CKの場面でゴール前に混戦が生まれると、こぼれ球に反応したオカフォルが冷静に流し込んだ。 その後、互いに交代カードを切って試合の流れに変化を加えていくと、ザルツブルクが3点目を奪い切る。再びCKの場面で途中出場のベルナルドが競り勝ったボールを、ゴール前のオカフォルが胸トラップから冷静に蹴り込んだ。 そして、このまま危なげなくリードを守り切ったザルツブルクが2連勝で首位キープに成功した。 また、同日行われたリールvsセビージャは0-0のドローに終わった。 ここまで2試合連続ドローでグループ2位に位置するセビージャは、1敗1分けで最下位に沈むリール相手にグループステージ初勝利を目指した。 試合は立ち上がりからボールを握ったセビージャペースで進んでいき、前半はラファ・ミル、スソ、オカンポスの3トップを中心にアウェイチームがより多くの決定機を創出。しかし、相手DFの見事なゴールカバーに阻まれるなど、最後のところでうまくいかない。 ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗。互いに前線を中心にメンバーを入れ替えながらゴールを目指す。完全に1点勝負の様相を呈した中、後半はホームチームがよりゴールに迫る場面を作ったが、セビージャの堅守を脅かすまでには至らず、痛み分けのドローに終わった。 2021.10.21 06:39 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカの逸材FWに欧州から熱視線! ヴォルフスブルクが有力候補か?

メジャーリーグサッカー(MLS)のFCダラスに所属するアメリカ代表FWリカルド・ペピ(18)にヨーロッパのクラブから熱視線が注がれているようだ。アメリカ『CBS Sports』が報じている。 メキシコ人の両親の下、アメリカのテキサスで生まれ育ったペピは185cmのセンターフォワード。ダラスのアカデミー時代にゴールを量産した生粋のストライカーは、2019年にリザーブチームにあたるノース・テキサスSCにレンタル移籍すると、USLリーグ1(アメリカ3部)でプロデビューを飾り、デビューシーズンに12試合9ゴールの活躍を披露した。 その後、ダラスに復帰してMLSを主戦場に戦うと、今シーズンはここまで27試合13ゴールの見事な数字を残しており、18歳ながら得点王争いに絡む見事なパフォーマンスを見せている。 そして、ここでの活躍が評価され、先月にはアメリカ代表デビュー。そのデビュー戦ではホンジュラス代表を相手に1ゴール2アシストの鮮烈デビューを飾ると、その翌節のジャマイカ代表戦では2ゴールを奪い、一気にスターダムにのし上がっている。 18歳という年齢もあり筋肉量や身体の厚みに伸びしろを残しており、ポストワークやパワーに改善の余地は大いにあるが、スピードや足元の技術に加え、背後への絶妙な抜け出しや直接FKもレパートリーに持つ右足のキック精度の高さは大きな魅力だ。 その伸びしろ十分の逸材ストライカーに関してはリバプールを筆頭に幾つかのプレミアリーグのクラブを始め、ヨーロッパ5大リーグのクラブが獲得に関心を示しているという。 ただ、『CBS Sports』によると、獲得レースのポールポジションに立つのは、ブンデスリーガの強豪ヴォルフスブルクだという。両者は移籍に向けて深い段階まで話し合いを進めているとのことだ。 ただ、現時点で移籍を決定的なモノにする段階には至っておらず、今後他クラブが具体的な動きに発展した場合、十分にチャンスはあるようだ。 2021.10.21 00:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクのオランダ代表FWヴェグホルストが新型コロナ感染

ヴォルフスブルクは18日、オランダ代表FWヴォウト・ヴェグホルストが新型コロナウイルス(COVID-19)の感染を発表した。 クラブによると、ヴェグホルストは17日の朝に症状を訴えたとのこと。その後すぐに検査を受け、陽性判定を受けたとのことだ。 なお、すでに隔離されており、ドイツ国内のプロトコルに従って権益を受けているという。また、ヴェグホルスト以外の選手やスタッフは全員陰性とのことだ。 ヴェグホルストは、今シーズンのブンデスリーガ8試合に出場し3ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)でも2試合に出場している。 なお、ヴォルフスブルクは20日にCL第3節でザルツブルクと対戦する。 2021.10.18 20:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly