「このタイミングで挑戦しないと後悔すると思い…」鹿島MF小泉慶が鳥栖へ完全移籍

2021.08.10 15:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は10日、鹿島アントラーズのMF小泉慶(26)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「37」となる。

小泉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校へと進学。2014年にアルビレックス新潟へと入団した。

新潟で4シーズンを過ごした小泉は、2018年に柏レイソルへと完全移籍。2019年途中に鹿島へと移籍した。

これまでJ1通算183試合出場6得点、J2通算1試合に出場。鹿島では右サイドバックやボランチ、トップ下でプレー。今シーズンもここまで明治安田J1で17試合に出場していた。

小泉は両クラブを通じてコメントしている。

◆サガン鳥栖
「初めまして、鹿島アントラーズから加入することになりました小泉慶です!」

「口でどうこう言うよりピッチの上で鳥栖が勝つため、日々の練習、練習試合、試合ですべてを出して戦いたいと思います。よろしくお願いします!」

◆鹿島アントラーズ
「これからファン・サポーターの方々も含め、チーム一丸となって後半戦が始まるという中で、移籍という決断をしてもいいのか凄く悩みました。このまちも人も含め、僕は鹿島アントラーズが大好きになりました」

「ただ、このタイミングで挑戦しないと後悔すると思い、移籍することを決めました。急なタイミングで申し訳ないと思っています」

「これまで応援してくれたファン・サポーター、パートナー、地域の方々、そして日々ともに戦ったチームメイト、スタッフには、本当に感謝しかありません。また試合で会えることを楽しみにしています。ありがとうございました!」

関連ニュース
thumb

広島、今季ルヴァンでプロデビューのユースFW棚田遼が来季トップ昇格! 「心を動かすようなプレーを」

サンフレッチェ広島は16日、同クラブユースでプレーするFW棚田遼(18)の来季トップチーム入り内定を発表した。 棚田はアタッカーで、緩急のある鋭いドリブル突破と高いキープ力が武器。2019年にU-16日本代表歴を持ち、今年5月に行われたJリーグYBCルヴァンカップの横浜F・マリノス戦で先発入りしてプロデビューを果たすなど、今季のここまで2試合に出場している。 来季から広島で本格的にプロとしてのキャリアを歩み出す棚田はクラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「来季からトップチームに昇格することになりました、棚田遼です。地元・広島でプロキャリアをスタートできるのは、これまで支えてくれた家族、監督、コーチ、チームメートをはじめ多くの方々のおかげだと感謝しています。これまで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、ファン・サポーターの皆さまの心を動かすようなプレーをしたいと思います。応援よろしくお願いします!」 2021.10.16 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

広島が名古屋のお株を奪う”ウノゼロ”勝利! 林は史上5人目のJ1での100試合無失点を達成【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節、サンフレッチェ広島vs名古屋グランパスが10月3日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利を収めた。 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌戦と対戦し、0-2の勝利で連敗を回避した広島。負傷のドウグラス・ヴィエイラに代わって最前線には浅野が入り、シャドーでスタメンとなった森島は、この試合がJ1通算100試合目の出場となった。 一方の名古屋は、前節ホームで大分トリニータを得意の”ウノゼロ”で撃破し、8試合負けなしとした。大分戦からのスタメン変更は3人。キム・ミンテ、マテウス、前田が外れ、長澤、ガブリエル・シャビエル、シュヴィルツォクが入った。 序盤は名古屋が主導権を握り、柿谷のシュートなどで攻勢をかける。12分には波状攻撃を仕掛け、稲垣のボレーやこぼれ球に反応したシュヴィルツォクと、立て続けのフィニッシュシーンを迎える。3分後にはショートカウンターから森下がボックス左で左足を強振するも、GK林に阻まれた。 押されていた広島は飲水タイム明けから徐々にペースを掴み始める。すると35分、荒木がシュヴィルツォクにプレスをかけ、ルーズボールの競り合いでも長澤に勝利。奪ったボールを浅野が受けると、敵陣中央から気持ち左寄りへと舵を切り、ボックス左に侵入して左足を振り抜く。対角へのシュートは右のポストを叩いてゴールへと吸い込まれた。 41分にはボックス左で佐々木が粘り、マイナスのパスに森島が合わせる。アディショナルタイムにも藤井のクロスから森島が頭で狙い、さらには深い位置までえぐった藤井の折り返しから浅野がシュートを放つなど、先制後はホームチームが一層のリズムを持ってハーフタイムを迎えた。 ビハインドで折り返した名古屋は、後半の頭から森下を下げてマテウスを送り出して流れを引き戻そうと試みる。だが、先にチャンスを迎えたのはホームチーム。48分に相手のスローインに対してプレッシャーを掛けて右の深い位置でボールを奪うと、逆サイドまで展開して最後は東が左足で狙う。これはサイドネットに掛かった。 名古屋は52分にも3枚替えという、素早いベンチワークを見せる。投入された前田は直後にフィニッシュシーンを作り出し、64分にも成瀬とのワンツーから狙うも、相手DFのブロックに遭ってしまう。 以降は互いに中盤からバイタルエリアまでをボールが行き来するような展開に。 両ゴールキーパーに出番のない時間が続く中、終盤の86分には前掛かりになった名古屋の裏を取って広島がカウンターに出る。中盤でボールを持った浅野が中谷や吉田のチャージを振り切ってボックスへ侵入。シュートまで持ち込むが、これはGKランゲラックに阻まれた。 後半のアディショナルタイムも試合の趨勢に大きな動きはなく、名古屋の攻撃を紫のユニフォームがシャットアウト。相手のお株を奪うようなウノゼロの勝利で連勝を飾るとともに、GK林が史上5人目となるJ1で100試合無失点を達成した。 サンフレッチェ広島 1-0 名古屋グランパス 【広島】 浅野雄也(前35) 2021.10.03 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第31節:広島vs名古屋】1トップは誰を選ぶ!? 共にポイントとなるのは守備の強度

【明治安田生命J1リーグ第31節】 2021年10月3日(日) 15:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/42pt) vs 名古屋グランパス(4位/57pt) [エディオンスタジアム広島] ◆残り試合をどう来季に繋げるか【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦で0-2と勝利。連敗を回避した。 波に乗れていないというのが今の広島だ。そして良い流れができないと不運は続く。FWドウグラス・ヴィエイラが札幌戦で負傷交代。右大腿二頭筋肉離れと診断され、1カ月以上の離脱となった。 調子を上げてきた得点源を失ったことは今のチームには大き過ぎる痛手だろう。中位から抜け出すために必要なピースを失ったが、代役が穴を埋めるしかない。得点力を考えればFWジュニオール・サントスになるが、前線からの守備を考えるとMF浅野雄也という選択肢もある。 そのチームにはDF塩谷司が復帰。即デビューは考えにくいが、チームを支える経験者が戻ってきたことは心強いはずだ。あとは上位にしっかり勝てるのか。来季を見据えた戦いを見せた。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:藤井智也、青山敏弘、ハイネル、東俊希 MF:柴崎晃誠、エゼキエウ FW:ジュニオール・サントス 監督:城福浩 ◆チーム全体でのクオリティ向上を【名古屋グランパス】 前節はホームに大分トリニータを迎えたが、なんとか1-0で勝利。無敗を「8」に伸ばした。 3位争いの真っ只中で勝ち点を積み上げていることは評価できる一方で、4つの大会を戦う唯一のクラブとして、そのしわ寄せが徐々に見え隠れしてきている。 今最も日程が厳しい名古屋。インターナショナル・マッチウィークの中断も関係なく、まずはYBCルヴァンカップの準決勝がやってくる。さらにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝を戦い、中断明けにリーグ戦、そして月末に天皇杯の準々決勝が控えている。 タイトルが懸かるカップ戦を戦いながら、リーグ戦では3位を争うという厳しい状態に置かれている名古屋。そこをしっかりと乗り越えられるかどうかが、チーム力の見せ所だ。 大分戦も1-0で勝利したものの、選手交代により流れが悪化。プレス強度が変わることで、大分に付け入る隙を与えてしまった。上位相手であれば、仕留められていた可能性もあるだけに、名古屋としてはチームとしてのクオリティを上げておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、木本恭生、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.10.03 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF塩谷司が広島復帰、「1日でも早くチームの力に」…今年6月にアル・アイン退団

サンフレッチェ広島は1日、元日本代表DF塩谷司(32)の完全移籍加入を発表した。 塩谷は2011年に国士舘大学から水戸ホーリーホックに入団後、2012シーズン途中に広島入りして、3度のJ1制覇を経験。その間に個人としても2014年から3年連続でJリーグベストイレブンに輝き、2017年6月からUAE屈指の強豪アル・アインに活躍の場を移した。 初の海外挑戦だったが、公式戦通算117試合の出場で14得点12アシストを記録。開催国枠として出場した2018年のFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)では準優勝に終わったものの、決勝のレアル・マドリー戦でゴールを決めてみせるなど、インパクトを残した。 だが、今年6月にアル・アインを退団。フリーの状況が続き、動向が注目されたが、深い結びつきのある広島に約4年ぶりの復帰を果たすことが決定した。 塩谷はクラブを通じて「サンフレッチェ広島に帰ってこられて本当にうれしく思います。1日でも早くチームの力になれるように頑張ります。ファン・サポーターの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています」とコメントしている。 2021.10.01 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

広島痛恨、好調ドウグラス・ヴィエイラが肉離れで1カ月以上離脱へ

サンフレッチェ広島は28日、FWドウグラス・ヴィエイラが負傷したことを報告した。 クラブによると、同選手は26日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節の北海道コンサドーレ札幌戦で負傷。翌27日に検査を受けたところ、右大腿二頭筋肉離れと診断されたという。全治は約4~6週間とのこと。 ドウグラス・ヴィエイラは、今月18日に行われた第29節の柏レイソル戦でJリーグ初のハットトリックを達成。また、上述の札幌戦でも終盤に勝利を決定づける追加点を挙げるなど、個人として調子を上げてきている状況だった。 2021.09.28 13:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly