アラベスがユナイテッドから若手FWペリストリを再レンタルで獲得!

2021.08.06 00:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アラベスは5日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ人FWファクンド・ペリストリ(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

ペリストリはウルグアイの名門ペニャロールでプロキャリアをスタートさせたサイドアタッカー。マンチェスター・シティや、レアル・マドリー、バルセロナなどビッグクラブとの争奪戦の末に昨夏にユナイテッド入りしたが、いまだにトップチームデビューを果たせておらず、今冬にアラベスへレンタル移籍。

アラベスではラ・リーガ12試合に出場したが、シーズン終了後にユナイテッドへ復帰。ユナイテッドのトップチームで迎えたプレシーズンでは、7月18日に行われたダービー・カウンティとのプレシーズンマッチで決勝点を挙げるなど好プレーを見せ、アピールしていた。

アラベスは今夏、クロアチアのNKイストラからFW原大智(22)を完全移籍で獲得している。

関連ニュース
thumb

エルチェ、開幕後にアラベス退団のFWルーカス・ペレスが加入

エルチェは31日、アラベスを退団したスペイン人FWルーカス・ペレス(32)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年となる。 スピードと左足のパワフルなシュートを特長とするアタッカーのペレスは、デポルティボでブレイク後、2016年夏にアーセナルへ移籍。しかし、アーセナルでは活躍できず、デポルティボへのレンタルバックを経て、2018年夏にウェストハムへ移籍していた。 その後、2019年夏にアラベスに加入すると、在籍2シーズンで公式戦62試合に出場し、15ゴール9アシストの数字を残していた。しかし、今シーズンの開幕後にクラブとの契約を双方合意の下で解消していた。 2021.08.31 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

原大智がシント=トロイデンにレンタル加入! 今夏アラベス加入も出場機会ないまま武者修行に

シント=トロイデンは23日、アラベスからFW原大智(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 FC東京アカデミー出身の原は、2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。 イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員で、今夏アラベスへと完全移籍を果たしていた。 当初は期待を寄せられていた原。開幕戦のレアル・マドリー戦でもベンチ入りを果たしていたが、第2節のマジョルカ戦は日本代表MF久保建英との元FC東京対決にも注目が集まったが、メンバー外に。また、ハビエル・カジェハ監督もレンタル移籍での放出を示唆していた。 移籍先に関しては古巣イストラ復帰の可能性も報じられていたが、ベルギーのシント=トロイデンとなった。 シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルや東京五輪を戦ったDF橋岡大樹の他、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が所属。さらに、今夏は東京五輪で主軸としてプレーしたFW林大地をサガン鳥栖から獲得しており、2人目の日本人補強となる。 <span class="paragraph-title">【画像】原がシント=トロイデンに加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Taichi Hara is geel-blauw!<br><br>Sterk, boomlang en effectief!<br>Welkom Taichi.<br><br> <a href="https://t.co/nu5QbkJmAb">https://t.co/nu5QbkJmAb</a><br><br> <a href="https://t.co/i68RTXdKG7">pic.twitter.com/i68RTXdKG7</a></p>&mdash; STVV (@stvv) <a href="https://twitter.com/stvv/status/1429866120220233738?ref_src=twsrc%5Etfw">August 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.24 03:39 Tue
twitterfacebook
thumb

原大智の移籍迫るアラベス、新FWデ・ラ・フエンテが加入

アラベスは23日、昨シーズン限りでバジャドリーを退団したスペイン人FWミゲル・デ・ラ・フエンテ(21)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 バジャドリーのカンテラ出身のデ・ラ・フエンテは、2018年10月にプリメーラデビュー。ただ、バジャドリーでは公式戦12試合の出場に留まっており、昨シーズンはセグンダA(スペイン2部)のレガネスにレンタル移籍。同クラブでは公式戦29試合に出場し6ゴール3アシストの数字を残していた。 過去にU-19スペイン代表歴もある182cmのストライカーは、センターフォワードだけでなく左右のウイングでもプレー可能な万能型だ。 なお、アラベスではスペイン人FWルーカス・ペレスの退団に加え、日本人FW原大智にシント=トロイデン移籍が迫っており、デ・ラ・フエンテは直近にジローナから加入したセネガル人FWママドゥ・シラと共に新たな攻撃オプションとして活躍が期待される。 2021.08.23 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

FW原大智が今夏アラベス加入もシント=トロイデン移籍へ、23日にメディカルチェックで複数年契約と報道

今夏アラベスに加入したFW原大智(22)だが、やはりレンタル移籍に出されるようだ。ベルギー『Hbvl』が報じた。 FC東京アカデミー出身の原は、2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。 イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員で、今夏アラベスへと完全移籍を果たしていた。 当初は期待を寄せられていた原。開幕戦のレアル・マドリー戦でもベンチ入りを果たしていたが、第2節のマジョルカ戦は日本代表MF久保建英との元FC東京対決にも注目が集まったが、メンバー外に。また、 ハビエル・カジェハ監督もレンタル移籍での放出を示唆していた。 その原だが、古巣であるイストラが関心を寄せており、移籍期限までにアラベスと交渉を進めている状況とクロアチアでは報じられていた中、ベルギーのシント=トロイデンへの移籍が濃厚となったようだ。 『Hbvl』によると、原は23日にもシント=トロイデンのメディカルチェックを受けるとのこと。複数年の契約を結ぶと報じている。 シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルや東京五輪を戦ったDF橋岡大樹の他、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が所属。さらに、今夏は東京五輪で主軸としてプレーしたFW林大地をサガン鳥栖から獲得しており、2人目の日本人補強となる。 2021.08.23 12:52 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英トップ下で初先発のマジョルカが今季初白星! アラベス原大智はベンチ外…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第2節、アラベスvsマジョルカが21日にエスタディオ・デ・メンディソローサで行われ、アウェイのマジョルカが0-1で勝利した。なお、マジョルカのMF久保建英は今季初スタメンを飾り88分までプレーした。一方、アラベスのFW原大智はベンチ外となった。 アラベスは開幕節、レアル・マドリーに1-4で大敗し、黒星スタートとなった。初戦ではベンチ入りも、今節を前にカジェハ監督がレンタルでの放出を示唆した原はベンチ外となった。 一方、マジョルカはベティスとの開幕節を1-1のドローで終えてプリメーラ復帰初戦で早速勝ち点1を手にした。初勝利を狙う一戦ではベティス戦途中出場の久保がトップ下で初スタメンを飾った。 原の欠場により、久保との元FC東京同僚同士による日本人対決は実現ならずも、互いに今季初勝利を懸けた一戦は立ち上がりから拮抗した展開となる。 開始6分にはボックス左でキープしたリオハからの絶妙なクロスを、3列目からの飛び出しでゴール前に飛び込んだポンスがドンピシャのヘッドで合わすが、これはコースが甘くGKレイナの正面を突いた。 一方、マジョルカは直後の7分に久保の中央突破から右サイドのムブラを経由したボールがペナルティアーク付近のルイス・デ・ガラレタに繋がり、ルイス・デ・ガラレタがゴール右下隅を捉えたシュートを放つが、これはGKパチェコの好守に遭う。 互いに決定機を作り合ったことで、よりオープンな展開が期待されたが、以降は中盤での潰し合いが目立つ展開に。24分にはアラベスがポンスの粘りのボールキープから右サイドのエドガル・メンデスに繋ぐと、そのままボックス内に持ち込んだメンデスが強烈なシュートを枠に飛ばすが、これはGKレイナの好守に遭う。 その直後にはマジョルカのカウンターからムブラが完璧にボックス内へ抜け出すが、相手GKにうまく詰められてシュートを打ち切れず。 前半終盤にかけても睨み合いの状況が続く中、久保は要所で攻撃にアクセントを付けたものの、相手のタイトな守備に遭い、決定的な仕事を見せるまでには至らなかった。 互いに選手交代なしで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。それでも、マジョルカは58分にイドリス・ババの右クロスに反応したアブドンが打点の高いヘディングシュートを放つ。しかし、このシュートはクロスバーと右ポストを続けて叩く。 後半最初の決定機をモノにできなかったマジョルカは64分にアブドンとルイス・デ・ガラレタを下げて新戦力のフェル・ニーニョ、バッタリアを同時投入。すると、投入直後のフェル・ニーニョがドゥアルテのファウルを誘うと、ドゥアルテに2枚目のカードが出てアラベスに退場者が出る。 数的優位を手にしたことで、敵地とは言えども勝ち点3が必須の展開となったマジョルカは、70分にイドリス・ババ、ムブラを下げてセビージャ、アマトを投入すると、この選手交代が待望のゴールをもたらす。 80分、自陣中盤の右サイドからセビージャが前線へ斜めの絶妙なフィードを送る。これに反応したフェル・ニーニョが飛び出したGKの寸前で右足で大きく浮かすと、これがループシュートの形でゴールネットを揺らした。 数的優位に加えて、リードを手にしたアウェイチームはここから完全に逃げ切り態勢に。10人のアラベスの猛攻を撥ね返しながら、88分にはゲームメイクで存在感を示した久保を下げてラゴ・ジュニオールをピッチへ送り出した。 そして、このまま虎の子の1点を守り抜いたマジョルカが、開幕2戦目にして待望の今季初勝利を挙げた。 2021.08.22 02:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly