五輪はサッカーの世界大会にあらず? FIFAがウルグアイのユニフォームから星2つの削除を要求か

2021.08.04 21:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は、ウルグアイ代表のユニフォームに描かれた4つの星のうち、2つを取り除くよう指示したようだ。ウルグアイ『Ovacion』が伝えている。

ウルグアイ代表はこれまで、1930年と1950年のワールドカップ(W杯)、そして1924年と1928年のオリンピックで優勝。通算4度の国際大会制覇を誇り、その称号としてユニフォームの左胸には4つの星が輝いている。

しかしFIFAは、オリンピックは管轄下の大会ではないとして、2つの星を削除するよう、ウルグアイ代表のユニフォームサプライヤーであるプーマ社に要請したという。

FIFAは過去にW杯の予選及び本大会に出場した選手にオリンピックへの参加資格を与えなかったこともあり、国際オリンピック委員会(IOC)とは対立していた時期もあった。

ウルグアイサッカー協会(AUF)のホルヘ・カサレス競技部長は、地元のラジオ番組に出演した際にこの件に言及。星の数が減らないように精力的に活動をしているようだ。

「我々はFIFAの意思を覆すか、オリンピックがサッカーの世界大会と認められるよう活動している」

「ウルグアイはFIFAの決定に抗議すべく、論拠を示して主張していくつもりだ。今のところは、W杯の予選に向けてユニフォームを修正するための物流に取り組んでいるよ」

カサレス氏は、第1回のW杯が開催された1930年以前のオリンピックをサッカーの世界選手権大会としてみなしてもらえるよう、動いていくとのこと。クラブレベルにおいて、かつてのインターコンチネンタルカップの優勝と、現在のクラブ・ワールドカップの優勝が同等と認識されていることを強調していくようだ。



関連ニュース
thumb

タバレス監督退任のウルグアイ代表、リーベル・プレートのマルセロ・ガジャルド氏を招へいか

ウルグアイサッカー協会(AUF)が、リーベル・プレートを指揮するマルセロ・ガジャルド監督(45)の招へいを検討しているようだ。スペイン『エル・パイス』が伝えている。 現在カタール・ワールドカップ南米予選真っ只中のウルグアイ代表だが、14試合を消化した現時点で4勝4分け6敗の7位という成績を受けて、オスカル・タバレス監督を解任した。 残りの予選に向けて早急な後任の選定が求められるが、リストの上位にいるのがガジャルド監督のようだ。アルゼンチン人の同監督は、現役時代はリーベル・プレートやモナコ、パリ・サンジェルマンでプレー。2011年の引退と同時に、最後の所属クラブだった母国ナシオナルで監督業をスタートさせ、2014年からリーベル・プレートの指揮を執っている。 リーベル・プレートでは、2度のコパ・リベルタドーレスや、3度のコパ・アルヘンティーナなど、12個ものタイトルをもたらしている。すでにAUFは接触を図っており、今年末に契約満了を迎える45歳指揮官の招へいに向けて動いているようだ。 なお、残り4試合となった南米予選で、ウルグアイ代表は1月27日にパラグアイ代表戦が控えている。 2021.11.20 19:44 Sat
twitterfacebook
thumb

「我々全員が望む結果を得るために…」 W杯出場が危ういウルグアイ、15年間のタバレス体制に幕

ウルグアイサッカー協会(AUF)は19日、オスカル・タバレス監督(74)の退任を発表した。 1998〜1990年かけて率いたウルグアイを2006年夏から再び執り始めたタバレス監督。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)でベスト4に導くと、2011年のコパ・アメリカも制して、2006年のドイツW杯出場を逃すなど、低迷期にあったウルグアイを再建した。 だが、現在のカタールW杯南米予選では苦戦を強いられており、14試合を消化した現時点で4勝4分け6敗の7位。本大会ストレートインとなる4位までまだ1ポイント差と逆転可能な状況だが、目下4連敗中と勢いを欠き、4大会連続の本大会行きに暗雲が垂れ込めている。 FWルイス・スアレスら主軸も全盛期を過ぎ、一時ブラジル代表とアルゼンチン代表をも脅かすほどの存在感を示したチーム力も下降線を辿るウルグアイ。そのなか、AUFはコーチングスタッフを含めたコーチ陣刷新の決断とともに、タバレス監督に敬意を表した。 「我々はこの決断がタバレスのウルグアイフットボールに対する重要な貢献を無視するものではないことを強調する。ウルグアイを再び世界のトップに押し上げた15年間にわたるスポーツ面の功績に敬意を表す」 「タバレス氏のプロフェッショナリズムと献身性、そして代表チームの歴史に残した計り知れないレガシーに敬意と感謝を示す。AUFは現状を受け、我々全員が望む結果を得るためにこの難しい決断を下した」 FWルイス・スアレス、FWエディンソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンら主軸も全盛期を過ぎ、一時ブラジル代表とアルゼンチン代表をも脅かすほどの存在感を示したチーム力も下降線を辿るウルグアイ。流れを変えようと、老将との別れを決意したが、巻き返しなるか。 2021.11.20 09:53 Sat
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンがブラジルとドローも18度目のW杯出場! ウルグアイはボリビアに敗戦で厳しい戦いに《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第14節の5試合が現地時間16日に行われた。 今節は既にW杯出場を決めている首位のブラジル代表と、2位のアルゼンチン代表の一戦。アルゼンチンは今節でW杯への切符を獲得できる状況だった。 この試合でアルゼンチンは、リオネル・メッシ、ラウタロ・マルティネス、アンヘル・ディ・マリアの3トップを採用。対するブラジルはマテウス・クーニャをトップに置き、ヴィニシウス・ジュニオール、ルーカス・パケタ、ハフィーニャが2列目に並んだ。 試合はブラジルが積極的に攻勢に出る。スルーパスからヴィニシウスがゴールに迫るシーンや、マテウス・クーニャがハーフウェイラインからロングシュートを狙うなど、アルゼンチンゴールを脅かす。 積極的にシュートを打つブラジルだが、精度を欠きゴールを奪えない。 対するアルゼンチンもポゼッションから徐々に押し込んでいくと、ラウタロ・マルティネス、ロドリゴ・デ・パウルがブラジルゴールを脅かすが、GKアリソン・ベッカーが立ちはだかる。 ゴールレスで前半を終えると、後半も互いにゴールに迫るが、フィニッシュの精度を欠いてしまう。 結局最後まで互いに攻め合うがゴールは生まれず。0-0のゴールレスドローに終わったが、アルゼンチンはチリが敗れたため13大会連続18回目のW杯出場を決めた。 また、チリ代表vsエクアドル代表は、0-2でエクアドルが勝利。9分にペルビス・エストゥピニャンが先制ゴールを奪うと、後半アディショナルタイムはモイゼス・カイセドが追加点。勝利を収め、3位をキープした。 W杯出場圏内に入れていないウルグアイ代表はアウェイでボリビア代表と対戦。しかし、3-0で惨敗となった。 試合は0-0で迎えた30分、左サイドからフアン・アルセが右足でクロス。ボールはゴール方向に飛ぶと、GKフェルナンド・ムスレラがファンブル。これが右ポストを叩いてラインを越え、ボリビアが先制する。 さらに45分には左CKからマルセロ・モレーノがヘディングで合わせ、追加点を奪う。 前半で2点ビハインドを負ってしまったウルグアイ。後半はなりふり構わずゴールへと迫るが、ゴールが遠い。 しかし60分にカウンターを仕掛けられるとジョバンニ・ゴンサレスがファウル。ボリビアにPKを与えてしまい絶体絶命のピンチとなるが、モレーノがこのPKを失敗する。 ウルグアイはピンチを凌いだが、79分にボリビアがスコアを動かす。ボックス手前右からフェルナンド・サウセドがクロス。これをアルセがヘディングで合わせ3点目を奪う。 結局ウルグアイは最後までゴールを奪えず、ボリビアは強いホームでウルグアイを撃破した。なお、ウルグアイは7位に転落。シビアな出場権争いが続いている状況となっている。 ◆第14節 ▽11/16 アルゼンチン代表 0-0 ブラジル代表 コロンビア代表 0-0 パラグアイ代表 チリ代表 0-2 エクアドル代表 ベネズエラ代表 1-2 ペルー代表 ボリビア代表 3-0 ウルグアイ代表 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 35(13/11/2/0/27/4)★ 2位:アルゼンチン 29(13/7/5/0/20/6)★ 3位:エクアドル 23(14/7/2/5/23/13) 4位:コロンビア 17(14/3/8/3/16/17) ーーーーW杯出場 5位:ペルー 17(14/5/2/7/15/20) ーーーー大陸間PO 6位:チリ 16(14/4/4/6/15/16) 7位:ウルグアイ 16(14/4/4/6/14/21) 8位:ボリビア 15(14/4/3/7/20/28) 9位:パラグアイ 13(14/2/7/5/9/18) 10位:ベネズエラ 7(14/2/1/11/9/25) ★カタールW杯出場権獲得 2021.11.17 14:12 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ途中出場のアルゼンチンが2位堅持! ディ・マリア技あり弾でウルグアイ下す《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第13節の1試合が現地時間12日に行われ、2位のアルゼンチン代表が6位につけるウルグアイ代表とのアウェイゲームに挑んだ。 前日に今節を戦った8カ国の結果を受けての対戦となったウルグアイとアルゼンチン。他会場の結果により、5位から6位に後退しての一戦となるウルグアイはカバーニが不在となるが、1トップにスアレスが先発した。一方のアルゼンチンは負傷欠場が続くなかでの代表参加となり、所属先のパリ・サンジェルマン(PSG)から不満の声があがるメッシがベンチスタート。そのため、ラウタロやディバラがスタートから出場した。 そんな試合はウルグアイが立ち上がりから勢いよく攻め入る展開になったが、アルゼンチンが先にスコアを動かす。7分、敵陣右サイド深くでディバラが起点となり、ボールがボックス右のスペースに侵攻していったディ・マリアのもとに。素早いルックアップから得意の左足インサイドでフィニッシュに持ち込むと、相手GKもノーチャンスのゴール左隅に決まり、アルゼンチンが敵地で先取する。 メッシに代わり、ゲームキャプテンを務めるディ・マリアの技あり弾で早々にリードしたアルゼンチンだが、ウルグアイも速攻を武器に攻勢。大黒柱のスアレスも攻撃陣を引っ張り、31分にバイタルエリア左から右足シュートを放っていくが、惜しくも左ポストを直撃。その後もウルグアイの縦に速い攻撃を際立たせたが、アルゼンチンがGKマルティネスを中心に何とかリードして試合を折り返す。 そんなアルゼンチンは後半の立ち上がりもウルグアイの勢いを受ける形になるが、ディフェンス陣が奮闘しつつ、交代カードも切りながら追加点を目指す。すると、76分にメッシもピッチへ。そうしたなか、ウルグアイも最後まで攻めの姿勢を失わず、仕掛けていったが、アルゼンチンが1点のリードを守り抜いて、1-0の勝利。勝ち点を「28」まで伸ばして、2位の座をキープしている。 一方のウルグアイは3連敗。順位も6位まで落ち込み、4位のチリ代表から7位のペルー代表まで4カ国が2ポイント差でひしめく大混戦に巻き込まれている。 ◆第13節 ▽11/12 ウルグアイ代表 0-1 アルゼンチン代表 ▽11/11 ブラジル代表 1-0 コロンビア代表 パラグアイ代表 0-1 チリ代表 エクアドル代表 1-0 ベネズエラ代表 ペルー代表 3-0 ボリビア代表 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 34(12/11/1/0/27/4) 2位:アルゼンチン 28(12/8/4/0/20/6) 3位:エクアドル 20(13/6/2/5/21/13) 4位:チリ 16(13/4/4/5/15/14) ーーーーW杯出場 5位:コロンビア 16(13/3/7/3/16/17) ーーーー大陸間PO 6位:ウルグアイ 16(13/4/4/5/14/18) 7位:ペルー 14(13/4/2/7/13/19) 8位:パラグアイ 12(13/2/6/5/9/17) 9位:ボリビア 12(13/3/3/7/17/28) 10位:ベネズエラ 7(13/2/1/10/7/23) 2021.11.13 11:40 Sat
twitterfacebook
thumb

カバーニやバルベルデらは医療上の問題で招集外に…ウルグアイ代表25名が発表《カタールW杯南米予選》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は5日、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けたウルグアイ代表メンバー25名を発表した。 オスカル・タバレス監督は、10月22日に海外組32名を発表。そこから11名が外れることとなり、国内組が新たに4名加わった。 なお海外組から外れたFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)、FWマキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア)、MFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)、MFジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ)、MFニコラス・デ・ラ・クルス(リバープレート)、DFマティアス・ビニャ(ローマ)、DFセバスティアン・カセレス(クラブ・アメリカ)の7名に関しては、医療上の理由となっている。 また、GKケビン・ドーソン、DFジョバンニ・ゴンサレス、FWファクンド・トーレス、FWアグスティン・アルバレス(いずれもペニャロール)と国内組の4名は同じクラブからの招集となった。 その他、FWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)やMFルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ)、DFディエゴ・ゴディン(カリアリ)ら主軸が順当に招集されている。 ウルグアイは、南米予選で4勝4分け4敗の勝ち点16で5位に位置。12日にホームでアルゼンチン代表(25pt/2位)と、16日にアウェイでボリビア代表(12pt/7位)と対戦する。今回発表されたウルグアイ代表メンバー25名は以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー25名 GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア) ケビン・ドーソン(ペニャロール) <span style="text-decoration: line-through;">マルティン・シルバ(リベルタ/パラグアイ) </span>※候補から落選 DF ジョバンニ・ゴンサレス(ペニャロール) セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="text-decoration: line-through;">マティアス・ビニャ(ローマ/イタリア)</span>※候補から落選 ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) マルティン・カセレス(カリアリ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ダミアン・スアレス(ヘタフェ/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) <span style="text-decoration: line-through;">マキシミリアーノ・ファルコン(コロコロ/チリ) </span>※候補から落選 ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル) <span style="text-decoration: line-through;">ジョナタン・ラク(ティフアナ/メキシコ) </span>※候補から落選 <span style="text-decoration: line-through;">セバスティアン・カセレス(クラブ・アメリカ/メキシコ)</span>※候補から落選 MF ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア) ガストン・ペレイロ(カリアリ/イタリア) マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) ルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ/イタリア) マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン) <span style="text-decoration: line-through;">フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン)</span>※候補から落選 マヌエル・ウガルテ(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="text-decoration: line-through;">ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル)</span>※候補から落選 <span style="text-decoration: line-through;">ダビド・テランス(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル) </span>※候補から落選 <span style="text-decoration: line-through;">ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン)</span>※候補から落選 フェルナンド・ゴリアラン(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC/アメリカ) FW ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="text-decoration: line-through;">エディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)</span>※候補から落選 <span style="text-decoration: line-through;">マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン) </span>※候補から落選 ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル) ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ) ファクンド・トーレス(ペニャロール) アグスティン・アルバレス(ペニャロール) 2021.11.06 17:28 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly