千葉DF溝渕雄志が栃木に再びレンタル! 再開前の移籍で「申し訳ない」

2021.08.02 12:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは2日、ジェフユナイテッド千葉からDF溝渕雄志(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日までで、同期間中における千葉との全公式戦出場不可。背番号「49」を着用する。

溝渕は慶應義塾大学から2017年に千葉入団を果たすと、松本山雅FCや栃木へのレンタルを経験。今季から千葉に戻ったが、明治安田生命J2リーグ3試合、天皇杯1試合の出番にとどまった。

昨季を過ごした栃木に復帰となる溝渕はクラブを通じて「この度、期限付き移籍にて栃木SCに加入することになりました、溝渕雄志です」と加入を報告するとともに、意気込みを語った。
「またこうして栃木SCのユニフォームを身に纏い、サポーターの皆さんと共に闘えることを嬉しく思います。常に向上心を忘れず、クラブの目標達成に向けて力の限りを尽くします。よろしくお願いします」

一方、千葉を通じては「リーグ戦再開に向け、全員が一丸となって取り組んでいるタイミングでの移籍になり、申し訳ないです」と侘びの言葉とともに、新天地での活躍を誓った。

「今シーズン、ジェフ千葉の力になるという強い意志を持って復帰しましたが、ピッチの上でそれを示す機会は多くはありませんでした。それでも心が折れたことは一度もありません。自分の置かれた立場で、チームのために何ができるかを考え、実行し続ける毎日でした」

「だからこそ成長できた面も多々あります。どのような状況でも向上心を持ち続けられたのは、日頃から応援してくださるサポーターの皆さんのおかげです。更には、チームを支えてくださるスポンサーの皆さん、クラブスタッフの皆さんのおかげです」

「そして何より、共にプレーしたチームメイトのおかげです。心から感謝しています。本当にありがとうございます。ここから先、まだまだ成長したいという僕の決断を後押ししてくださる皆さんに、少しでも恩返しができるよう、精一杯頑張ります。これからもよろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

栃木退団のDF井出敬大がJFLのMIOびわこ滋賀へ完全移籍「初めての関西でのプレーで少し不安はあります」

栃木SCは20日、DF井出敬大(21)がJFLのMIOびわこ滋賀へ完全移籍することを発表した。 井出は柏レイソルのアカデミー出身で、2種登録期間を経て、2020年にトップチーム昇格。同年6月から栃木に活躍の場を移した。 しかし、出番に恵まれず、2022シーズンも明治安田生命J2リーグで1試合の出場のみ。天皇杯での2試合を含めても3試合のプレーだった。 井出はクラブを通じてコメントしている。 「MIOびわこ滋賀に関わる全ての方々、初めまして、栃木SCから来ました井出敬大です。僕自身、初めての関西でのプレーで少し不安はありますが、J3昇格に向け、自分の持っている力を全て出し切りたいと思っています!応援よろしくお願いします!」 2023.01.20 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

讃岐DF溝渕雄志が28歳で現役引退…千葉、松本、栃木でもプレー「後悔は微塵もありません」

カマタマーレ讃岐は14日、DF溝渕雄志(28)の現役引退を発表した。 溝渕は香川県高松市出身で、流通経済大学付属柏高校から慶應義塾大学へと進学。2017年にジェフユナイテッド千葉へ入団した。 2019年は松本山雅FC、2020年の1年間と2021年8月からは栃木SCへと期限付き移籍を経験。2022年は無所属だったが、8月に地元の讃岐に加入した。 讃岐では明治安田生命J3リーグで5試合に出場していた。 通算成績では、J2で82試合、J3で5試合、リーグカップで3試合1得点を記録していた。 溝渕はクラブを通じてコメントしている。 ーーーー 新しい領域に挑み、自身の可能性を広げる。 その決意の下、私、溝渕雄志は2022年シーズンをもちまして、プロサッカー選手を引退することを決断致しました。 6歳でサッカーを始め、13歳で本物の挫折に出会い、16歳で常識を覆されました。19歳で「ソッカー」という最高の文化に学び、22歳で勝負の世界に入りました。 フクアリで一生忘れないであろう逆転劇を体験し、アルウィンでサッカーが生み出す本物の一体感を目の当たりにしました。グリスタではシーズンを通してピッチに立てる喜びを再確認し、ピカスタで故郷のためにプレーすることの幸せとやりがいを得ることができました。 確かに、プロサッカー選手として日本代表になること、海外のトップリーグでプレーすることなど、目標としていた事で達成できなかった事が沢山あります。大学卒業時に、一般就職ではなくプロ選手という道を選んだのですが、プロ選手として結果を出し切れなかった悔しさ、情けなさを感じています。 しかし、後悔は微塵もありません。その時々において、自らで考え、選択し、全力で取り組んできたと胸を張って言えるからです。 そして、プロサッカー選手になったからこそ、ひいてはサッカーに出会い、没頭し、人生の選択をしてきたからこそ得られた経験があり、多くの人々との出会いがありました。それら全てが私にとっての財産であり、これからを支えてくれるものと確信しております。 改めまして、これまで携わって頂いた方々、応援して頂いた方々、その全ての方々に感謝を申し上げます。 私はピッチ上において、技術のずば抜けた選手ではなかったと思います。また、ピッチ外においても、まだまだ未熟者が故、至らぬ点が多々あったと自覚しております。そのような私に対し、決して見放すことなく、期待をかけ、鼓舞激励して頂きましたこと、本当に感謝しております。ありがとうございました。 最後になりますが、この決断を下した自身を誇りに思います。そして、これまでに私に関わり、支えてくださった皆様が、この私の決断を応援してくださると嬉しいです。 いつの日か、日本のサッカー界、スポーツ界の発展に貢献できるよう、自身にできることを探し求め、挑み続けたいと思います。野心と共に。 皆様、どうぞ今後とも宜しくお願い致します。 溝渕雄志 2023.01.14 20:47 Sat
twitterfacebook
thumb

「シンプルながらレトロさも」「マジで格好いい」栃木が新ユニフォーム発表! シンプルなデザインもファンに好評、紹介Vのクオリティが話題に「自慢の1つ」

栃木SCは9日、2023シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンは時崎悠監督の下で明治安田生命J2リーグを戦い、なかなか白星が生まれない状態に。引き分けが多く重なる中、17位で終了していた。 2023シーズンは上位を目指すべく選手も補強。その中で、ユニフォームサプライヤーは「ATHLETA」に決定した。 コンセプトは「MOVE FORWARD WITH PASSION」「情熱を胸に、前へ進め」。 1stユニフォームはクラブカラーのイエローをベースに、胸に青のライン、その上に赤の細いラインが横に入っているシンプルなデザインに。「胸のラインは結束と情熱の象徴」とのことだ。 また、襟付きのデザインとなり、袖口と共に青で施されている。なお、パンツとソックスも青となっている。 2ndはシルバーグレーをベースに、パンツとソックスも同じ色に。胸のラインは太いものが青、その上に黄色の細いラインが入っている。こちらも襟と袖口は青となっている。 GKも同じデザインで1stはベースが黒、太いラインが白でその上に青の細いラインが。襟も黒となっており、パンツ、ソックスも同じだ。 2ndはピンクベース。胸のラインは太いものが白、細いものが青となり、パンツとソックスもピンクだ。 非常にシンプルなデザインとなった中「カッコいいな」、「結構好き」、「襟付いいな」、「シンプルながらレトロさも」、「かっこよ」、「マジで格好いい」とかなり好評のようだ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】栃木の新ユニフォームはシンプルながらもかなり好評!映像のクオリティも話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="j1OhpIVOENc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>2023シーズン ユニフォーム発表<br><br>▼詳細はこちら<a href="https://t.co/4Di1wCEr3H">https://t.co/4Di1wCEr3H</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%85%A8%E5%93%A1%E6%88%A6%E5%8A%9B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#全員戦力</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A0%83%E6%9C%A8%EF%BC%B3%EF%BC%A3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#栃木SC</a></p>&mdash; 栃木SC|Tochigi SC (@tochigisc) <a href="https://twitter.com/tochigisc/status/1612382310988673025?ref_src=twsrc%5Etfw">January 9, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.09 22:22 Mon
twitterfacebook
thumb

DF小野寺健也が栃木に復帰、昨季後半はレンタルで鹿児島へ 「全てを出し切りたい」

栃木SCは6日、鹿児島ユナイテッドFCに期限付き移籍していたDF小野寺健也(25)の復帰を発表した。 小野寺は神奈川県出身で、日大藤沢高校、明治大学を経て、2020年にモンテディオ山形へ入団。翌年にレンタルで栃木入りし、明治安田生命J2リーグで23試合1得点を記録した。 昨年からは完全移籍に移行するも、8月に鹿児島へレンタル。昨年は栃木でJ2リーグ5試合、鹿児島でJ3リーグ10試合に出場している。 栃木復帰にあたり、両クラブからコメントを発表。鹿児島での在籍期間は半年のみだったが、サポーターへ向けて感謝の思いを綴っている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる皆様、半年という短い間でしたが多大なるご支援、ご声援ありがとうございました」 「鹿児島に来た意味を結果で示すことができず、自身の力のなさを痛感し、無力さを感じました。この経験をいかすもころすも全て僕の取り組み次第です。より一層覚悟を持って取り組み続けたいと思います」 「途中加入した僕を温かく迎え入れ、スタジアムやSNS、鹿児島県全体でどんな時も前を向いて応援し続けてくれたユナサポの皆様。サッカー以外の時間でも鹿児島生活を充実させてくれた皆様。そんな素晴らしい皆様のおかげで鹿児島が大好きになりました」 「いち早く鹿児島に桜島と錦江湾を望む新スタジアムができ、よりユナイテッドが盛り上がることを願っています。短い間でしたがお世話になりました。ありがとうございました」 ◆栃木SC 「栃木SCに関わる皆様、来シーズンより鹿児島ユナイテッドFCから復帰することになりました。昨シーズンはなかなかチームの力になれず、途中でチームを去る形になってしまいました」 「半年間で経験したものを栃木SCで全て出し切りたいと思います。覚悟を持って戦います。一緒に戦いましょう」 2023.01.06 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木が正守護神・川田修平と2年契約「強い覚悟と責任を持って戦います」

栃木SCは6日、GK川田修平(28)との契約更新を発表した。契約期間は2年間になるという。 川田は大宮アルディージャの下部組織育ちで、2013年にトップチーム昇格。大宮での出番はなかった中、2016年に栃木へ期限付き移籍。2017年に完全移籍で加入した。 2018年には藤枝MYFCへの期限付き移籍を経験。2022シーズンはキャリアハイとなる明治安田生命J2リーグで35試合に出場した。 川田はクラブを通じてコメントしている。 「明けましておめでとうございます!お待たせしてすみません!栃木SCに関わる全ての皆様と共にまだ見たことのない景色を見るため、今年もこのクラブで強い覚悟と責任を持って戦います」 「僕が栃木で戦う意義をプレーで表現し、J1昇格という大きな喜びに変えられるよう日々努めてまいります。今年も熱い応援をよろしくお願い致します!」 2023.01.06 14:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly