ロメロのスパーズ行き迫る! アタランタと移籍金で合意か?

2021.08.01 14:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)のトッテナム移籍に関して大きな進展が見られたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やアルゼンチン『TyCSports』など複数メディアが報じている。

現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、ここ数日間に渡ってアタランタとのクラブ間の交渉を進めている。

ただ、先月30日に行われた直接交渉では、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムが現時点で応じず、交渉は低調に終わった。

しかし、ロメロ獲得にこだわるトッテナムは最新の交渉でアタランタの要求額に近い5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500ユーロ(約6億5000万円)のオファーを掲示。これをアタランタが受け入れる見込みとなったようだ。

なお、ノースロンドン行きを熱望しているロメロに関してアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は直近の公式会見の場で、「個人的にはプレーヤーの決定が彼の将来を理解するために重要であると思っている。 次に、クラブ間の交渉がどのように発展するかを見極める必要がある」とコメント。ロメロの希望を尊重しつつ、適切なオファーが届いた場合、売却を容認するとの考えを明らかにしている。

前述の報道通り、ロメロのトッテナム移籍が実現した場合、アタランタはその移籍金を元手にユベントス退団を望むトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に動く構えだ。

関連ニュース
thumb

週末にダービー控えるスパーズ&アーセナルが共に4回戦へ! スパーズはウルブスとのPK戦制す《EFLカップ》

EFLカップ第3回戦、ウォルバーハンプトンvsトッテナムが22日にモリニュー・スタジアムで行われ、2-2のドローで90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-2で制したトッテナムが4回戦進出を決めた。 リーグ開幕3連勝から2連敗と浮き沈みの激しい序盤戦を過ごすトッテナムは、今週末にアーセナルとのノースロンドン・ダービーを控える中、公式戦4試合ぶりの白星を目指して指揮官の古巣ウルブスとの今季2度目の対戦に臨んだ。 0-3で完敗したチェルシー戦からは先発6人を変更。ケインやデレ・アリ、エンドンベレ、ロ・チェルソが継続起用となった一方、出場停止明けのタンガンガやGKゴッリーニ、ブライアン・ヒルらが起用された。 試合は立ち上がりにウルブスDFモスケラが負傷交代を強いられるアクシデントの中でスタート。9分にDFコーディがスクランブル投入された。 一方、集中した入りを見せたトッテナムは14分、中盤でスキップ、エンドンベレと続けてボールホルダーに強いプレッシャーをかけてショートカウンターに転じると、ボックス左に持ち込んだエンドンベレが右足のシュートを流し込み、幸先よく先制に成功した。 このゴールで勢いづくトッテナムは23分にも追加点。ハーフウェイライン付近でスキップが奪ったボールをロ・チェルソ、デレ・アリと短く繋ぎ、デレ・アリから背後を狙うケインへ完璧なスルーパスが通る。そして、ケインがGKとの一対一を冷静に制した。 以降も危なげなく試合を進めるトッテナムだが、徐々に相手のカウンターとセットプレーからゴールを脅かされ始める。すると、38分には左CKの場面でアイ=ヌーリが左足アウトスウィングで入れたクロスをデンドンケルに豪快に頭で合わせられて1点を返される。 その後、前半終了間際の44分にはケインのラストパスに反応したタンガンガがボックス右に抜け出してGKと一対一の決定機も、ここはシュートに力が入り過ぎてしまい、トップチーム初ゴールとはならず。 迎えた後半、リーグ戦の前回対戦で苦戦したアダマ・トラオレを途中投入したホームチームの攻勢に晒される。互いに決定機を作り合うオープンな展開の中、58分には自陣中央でボールをキープしようとしたエンドンベレがネヴェスに潰され、デンドンケル、ポデンセとダイレクトで繋がれ、最後はポルトガル代表FWにシュートをゴールネットを流し込まれた。 2点差を追いつかれたトッテナムは失点直後に3点目のチャンス。ボックス付近でケインを起点に細かく繋ぎ、最後はボックス中央のブライアン・ヒルに絶好機も枠を捉えたシュートはGKの好守に阻まれた。 その後、トッテナムはロ・チェルソ、デレ・アリを下げてソン・フンミン、ホイビュルクと主力を続けて投入し、勝ち越しゴールを目指していくが、ホームサポーターの大きな後押しを受けて躍動感を見せるウルブスの勢いを止めきれない。 試合終盤にかけては守勢が続いたものの、何とか守備陣が粘って2-2のイーブンで後半終了のホイッスルを聞くことに。 そして、4回戦進出を懸けたPK戦では互いに2人目まで連続成功も、先攻のウルブスは3人目のネヴェスと4人目のデンドンケルがそれぞれ枠外とGKゴッリーニのセーブに遭い連続失敗。これに対して、トッテナムは4人目のホイビュルクがGKのセーブに遭い、唯一の失敗となった。それでも、ウルブス5人目のコーディのシュートが枠に嫌われたことで、5人目を待たずに決着。苦しみながらも難敵撃破でここ最近の負の流れを払しょくした。 また、同日行われたアーセナルvsウィンブルドンは、ホームのアーセナルが3-0で快勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。 リーグ開幕3連敗スタートも、冨安がスタメンを飾った直近の2試合をいずれも1-0で制し、2連勝中のアーセナル。今週末に真価が試されるダービーを控える中、フットボールリーグ1(イングランド3部)に属する格下ウィンブルドン相手に景気づけの勝利を目指した。 バーンリー戦からはトーマスを除く10人を変更。ホールディングやヌーノ・タヴァレス、メイトランド=ナイルズが起用されたほか、前線はエンケティアとマルティネッリ、ラカゼットのトリオとなった。 試合は序盤の10分にマルティネッリがボックス内で倒されて得たPKをキッカーのラカゼットが冷静に決めてホームチームが早々に先手を奪う。 以降はボールを握って相手を押し込みながらエンケティアやラカゼットらが積極的にフィニッシュに繋げていくが、最後の精度を欠き前半の内に追加点を奪うまでには至らなかった。 迎えた後半、60分にトーマスを下げてスミス・ロウ、76分にはマルティネッリを下げてサカと主力の投入で試合を決める追加点を目指すアーセナル。 相手の粘り強い守備に苦戦し、なかなかゴールをこじ開けるまでには至らなかったが、77分には相手を完全に押し込んで右サイドを崩すと、最後はゴール前でラカゼットからマイナスの短い折り返しを受けたスミス・ロウが冷静にゴールへ蹴り込んで試合を決める。 さらに、直後の80分にはボックス右のライン際に抜け出したセドリックからのグラウンダーの折り返しを、ボックス中央のエンケティアが右足の鮮やかなバックヒールで合せてトドメの3点目とした。 そして、主力温存も3部相手に力の差を見せつけたアーセナルが公式戦3連勝を飾ると共に、週末のダービーに弾みを付けている。 ウォルバーハンプトン 2-2(PK2-3) トッテナム 【ウォルバーハンプトン】 デンドンケル(前38) ポデンセ(後13) 【トッテナム】 エンドンベレ(前14) ケイン(前23) アーセナル 3-0 ウィンブルドン 【アーセナル】 ラカゼット(前11[PK]) スミス・ロウ(後32) エンケティア(後35) 2021.09.23 06:28 Thu
twitterfacebook
thumb

ケガ人続出のスパーズ…ヌーノ監督は苦しいチーム事情明かす 「今の状況を楽しんではいない」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、チームの負傷者の状態について明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 今夏にヌーノ監督を招へいし新体制で新シーズンに臨んだトッテナムは、開幕3連勝と好スタートを切ることに成功。しかし、プレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦で0-3の完敗を喫すると、続くヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の初戦はドロー。そして先週末に行われたプレミアリーグ第5節チェルシー戦では前節に続き0-3で敗れ、勢いは急激に失われている。 チームは現在負傷者を多く抱えており、DFエリック・ダイアーやFWソン・フンミンこそ復帰したものの、FWステーフェン・ベルフワイン、FWルーカス・モウラ、MFライアン・セセニョンは依然として離脱中だ。 22日に行われるウォルバーハンプトンとのEFLカップ(カラバオ・カップ)3回戦の前日記者会見に出席したヌーノ監督は、新たに復帰する選手はいないとコメント。週末にはアーセナルとのノースロンドン・ダービーが控えているなかで、チームは苦しいやり繰りに迫られていると語った。 「残念ながら、ステーフェン、ルーカス、セセニョンは我々と一緒にはいない。彼らは回復しつつあり状態は良くなっているが、ウォルバーハンプトン戦に参加はできないだろう」 「まだ離脱している選手がいるなか、前の試合で問題を抱えた選手もいる。それを何とかしようとはしているが、大きくは何も変わっていない」 「今の状況ではチームを適切にコントロールしたうえで、選手個々についてもしっかり管理する必要がある。我々は常に自分たちの戦い方に適したチームを探しており、強いチームを目指している。今日の午後にはメンバーを決定する予定だ」 また、ヌーノ監督はベルフワインが負傷した足に固定器具を装着している姿をアップしたことに言及。選手の苦痛に配慮しつつ、少しでも早く復帰してくれることを願った。 「彼は足を捻挫していて、強い痛みがある。だから足を保護しつつ、可能な限りコンディションを維持するために上半身のトレーニングを続けることにした。(固定器具の装着は)ケガを落ち着け、痛みを感じないようにする必要があったからだ」 「すべてのケガにはプロセスがある。選手が復帰に向け前進することを願っているよ。我々は今の状況を楽しんでいない。彼らが離脱しているのを見るのは苦しいが、同時に早く回復して、グループに参加できることを願っている」 2021.09.22 16:46 Wed
twitterfacebook
thumb

G・ネビル氏、スパーズで苦しむMFエンドンベレは「イングランドでは評価されない」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏がトッテナムのフランス代表MFタンギ・エンドンベレを批評した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 2019年夏にクラブレコードとなる移籍金6000万ユーロ(約79億円)でトッテナムへと加わったエンドンベレ。初年度こそ負傷もあり、満足のいくパフォーマンスを披露できなかったが、昨季は公式戦46試合に出場し、6ゴール4アシストの活躍を見せた。 しかし、今夏にヌーノ・エスピリト・サント監督が指揮官に就任すると、一転して構想外に。ベンチを外れる日々が続き、今季初のプレミアリーグでの先発となった19日の第5節、チェルシー戦では好プレーを見せるも、後半に入ると精彩を欠く場面が目立ち、62分に交代でピッチを後にした。 試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したG・ネビル氏はそんなエンドンベレについて、「彼は素晴らしい技術を持った選手で、困難な状況でもボールを奪い、ドリブルで相手を無力化できる」と能力を評価した。 その一方で、プレミアリーグに合ったスタイルの選手ではないと、自身の見解を示した。 「エンドンベレを見ていると、スペインやイタリアにはたくさんこういった選手がいるから、異なったリーグの方が合っていると考えてしまう。彼はポジションやタイプが合わず、イングランドでは評価されないと思う」 「我々はボックスに入る中盤の選手が好むが、彼は違う。守備的な中盤の選手であり、アシストしたり、ゴールを決めたりする攻撃的な中盤の選手でもある。彼はどの例にも当てはまらない選手だ」 「しかし、彼は試合中、ボックスとボックスの間でプレーし、十分な影響力を持っていると思う」 2021.09.20 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「見ていて腹が立った」…チェルシーに完敗のスパーズをキーン氏が酷評 「まるで大人の男と少年の対戦」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏がトッテナムを酷評した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 トッテナムはプレミアリーグで開幕3連勝の好スタートを切ったものの、第4節のクリスタル・パレス戦では0-3の完敗。ミッドウィークに行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でもスタッド・レンヌと引き分けに終わるなど、勢いに陰りが見られていた。 こうした状況のなかで、19日に迎えたプレミアリーグ第5節のチェルシー戦では前半こそ激しいプレッシャーをかけ、善戦したものの、後半は守備が決壊して3失点。また、攻撃面もエースであるFWハリー・ケインが完全に沈黙した影響もあり、リーグ戦2試合連続無得点となり、0-3で敗れた。 この試合をイギリス『スカイ・スポーツ』で解説していたキーン氏はチェルシーを絶賛する一方で、トッテナムを酷評。クオリティで敵わない相手であっても、より良い戦いができたはずだと批判している。 「チェルシーは素晴らしく、本物のクオリティと欲求を持っていた。まるで大人の男と少年が対戦しているかのようだったね。スパーズは信じられないほど悪かった。スイッチが入らなかったり、クオリティで負ける日があったりするのは当然だが、今日は欲望が足りなかったと思う」 「今日のスパーズは見ていて腹が立ったね。素晴らしいチームとの対戦ではプレッシャーを感じるものだが、基本的なことを実行してボールを奪い、ゴールを閉じれば戦い続けることはできる。それは5歳のときにはすでに学ぶことだ」 「チェルシーは素晴らしいチームであり、純粋に高いクオリティを持っている。しかし、ケインのボディランゲージなどを見ているとね…。トッテナムの選手たちは基本的なことができていなかった。もっと欲望を示さなければならないだろう」 「ボクサーがロープに追われているようなものかもしれないが、それでも戦い続けなければならないんだ。彼らはこれから、さらなるプレッシャーにさらされることになるだろうね」 2021.09.20 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーに完敗のスパーズ、指揮官挙げた課題は「前半の状態を維持すること」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が敗戦から得た課題を挙げた。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは19日、プレミアリーグ第5節でチェルシーと対戦した。試合は前半から両チームがアグレッシブにゴールに迫り、ホームのトッテナムにも決定機があったものの、得点には至らず。すると、後半に入り、49分にセットプレーのチャンスから相手DFチアゴ・シウバに先制点を決められてしまう。そこから一気に試合の主導権を握られると、67分と後半アディショナルタイムにも失点を許し、0-3で試合終了。地力を差を見せつけられての完敗を喫し、リーグ戦連敗となった。 試合後、ヌーノ監督は前半のプレーを評価した一方で、一挙3失点を許した後半の内容には落胆した様子を見せた。 「前半は、本当にうまくいった。高い位置でプレスをかけるという姿勢が良く、チャンスも作れた。決めきれなかったという点を改善していかなければならないが、同時に後半の問題点も認識しておかなければならない」 「セットプレーから失点してしまったのは残念だが、その後はもっと大変なことになった。相手を評価しなければならないが、我々はもう一度相手と競り合うことができなかった」 また、敗戦から得た課題として、前半のパフォーマンス維持することを挙げた。 「チームはひどい目に遭ったが、これがフットボールだ。前半、我々は素晴らしい働きをして、もう一度同じことをやってやろうという前向きなエネルギーを持ってハーフタイムを終えた」 「次は前半の状態を試合中ずっと維持することが課題だ。我々をサポートしてくれたファンの皆さんは、もっと報われるべきだ」 2021.09.20 11:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly