町田の選手1名が新型コロナ陽性判定、濃厚接触者は2名

2021.07.30 17:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは30日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、当該選手は26日に実施したJリーグ公式PCR検査で陽性判定となったとのことだ。

なお、選手とチーム関係者の2名が濃厚接触者として認定されたとのことだ。

26日はトレーニングが実施され、抗原定性検査では全選手が陰性に。28日に当該選手の陽性疑いが出たため、全選手と関係者が抗原定性検査を実施したものの、全員が陰性となった。なお、この時点で当該選手と濃厚接触者と思われる関係者は隔離されていた。

29日に当該選手が再びPCR検査を実施したところ陽性判定に濃厚接触者2名も判明し隔離。残りの選手と関係者はホテルで自主隔離を行ったとのことだ。

なお30日にも当該選手を除く選手、関係者全員がPCR検査を実施しているが、結果はまだ出ていないとのことだ。

当該選手、濃厚接触者の2人とも発熱などの症状は出ていないという。

町田では23日に選手1名が発熱を伴う症状があり、新型コロナウイルスで陽性判定を受けていた。

関連ニュース
thumb

磐田躓き京都が首位浮上! 町田と長崎の上位対決は合計6ゴールの打ち合いに【明治安田J2第30節】

明治安田生命J2リーグ第30節の7試合が、18日に各地で行われた。 2位の京都(勝ち点61)はアウェイで山形(勝ち点49)と対戦。序盤のピンチをヨルディ・バイスの決死の守備で乗り切ると、44分に山形のカウンターをはね返し逆カウンターを発動。自陣右サイドから一気に最前線へボールが送られると、ディフェンスラインの裏へ抜け出したウタカが飛び出してきたGKをかわしてシュート。これはゴール目前でDF山崎にブロックされてしまうものの、セカンドボールを宮吉が押し込んだ。 リードした状態で後半を迎えた京都は荒木を下げて武田を投入。53分には福岡に代わって三沢がピッチに立つと、60分に敵陣右サイドのライン際での華麗なパス回しから三沢がボックス手前右でフリーに。三沢はここから迷わず左足を振り抜くと、これがネットを揺らして追加点を挙げた。 結局、このまま京都が点差をキープしたまま逃げ切り、岡山と引き分けた磐田を抜いて首位に浮上した。 大雨の影響で劣悪なピッチと化した町田GIONスタジアムで行われた、町田(勝ち点52)と長崎(勝ち点49)の上位対決は激しい点の取り合いとなった。 まずはキックオフ早々に長崎のカイオ・セザールが前線にグラウンダーのロングボールを放り込むと、濡れたピッチの影響でボックス手前でボールが急ストップ。町田DFは慌ててクリアを試みたものの、それが十分なクリアにならず、ボールは再び長崎の下へ。 そのクリアボールを拾った植中が短くエジガル・ジュニオに繋げると、ペナルティアークの手前から右足一閃。これがネットに突き刺さり、開始10秒でアウェの長崎が先制に成功した。 だが、その後は後半までスコアは動かず。それでも再び試合が動いたのも後半開始直後だった。54分、長崎の右CKの場面で山崎のアウトスイングのクロスをE・ジュニオが頭で合わせて追加点。 しかしその4分後、今度は町田の左CKの場面で、セカンドボールを拾った吉尾がボックス中央からシュートを放つと、ゴール前の佐野がコースを変えてゴールイン。試合はここからさらに激しさを増していく。 それからさらに4分後の62分、長崎は再びカイオ・セザールが攻撃の起点となり、ボックス右の毎熊に鋭い縦パスを供給。その折り返しをE・ジュニオが合わせてハットトリックを達成。アウェイチームが大きく勝利に近づく。 町田はその後、一挙に3選手を入れ替えて勝負に出る。すると76分、GK福井のロングフィードを、この交代で入った太田が相手ゴール前で収めてそのままゴールを決めて見せた。 これで再び1点差とした町田の勢いは俄然強くなり、迎えた86分、左サイドから吉尾が上げたクロスをボックス右で岡田が収めてバックパス。これをまたも太田がゴールに突き刺し、ついに同点に追いついた。 こうなると長崎は一転して負の連鎖にはまり、カイオ・セザールが2枚目のイエローカードで退場に。そして町田は最後までゴールに迫り続けたが、試合は3-3で終了。壮絶な打ち合いは痛み分けに終わった。 その他、上位返り咲きを目指す琉球(勝ち点51)は、ホームで16位の群馬(勝ち点29)に敗戦。これで3連敗となり、順位も7位に落としている。 また、大宮を1-0で下した甲府は3連勝で3位に浮上している。 ◆第30節 ▽9/18(土) 栃木SC 0-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 大宮アルディージャ モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> FC町田ゼルビア 3-3 V・ファーレン長崎 ジュビロ磐田 1-1 ファジアーノ岡山 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ザスパクサツ群馬</span> ▽9/19(日) ブラウブリッツ秋田 vs ギラヴァンツ北九州 相模原SC vs レノファ山口 東京ヴェルディ vs アルビレックス新潟 ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC 2021.09.18 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

町田が山梨学院大学FW平河悠の2023シーズンの加入内定を発表「貪欲にプレーしていきたい」

FC町田ゼルビアは16日、山梨学院大学のFW平河悠(20)が2023シーズンから加入することが内定したことを発表した。 平河は佐賀県出身。佐賀東高校から山梨学院大学へと進学していた。 平河はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2023年シーズンよりFC町田ゼルビアに加入させていただくことになりました、山梨学院大学の平河悠です」 「まず、自分の小さい頃からのプロサッカー選手という夢を、この素晴らしいクラブでスタートできることをとても嬉しく思います」 「これまで自分の事を支えてくれた両親、お世話になった指導者、そして自分を活かしてくれるチームメイトには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」 「FC町田ゼルビアでは、感謝の気持ちを忘れずに自分らしく貪欲にプレーしていきたいと思います。FC町田ゼルビアのファン、サポーターの皆様、応援よろしくお願い致します」 2021.09.16 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

町田ユースの樋口堅が来季トップ昇格 「ゼルビアアカデミーを代表する選手に」

FC町田ゼルビアは6日、同クラブユースからMF樋口堅(18)の来季トップチーム昇格決定を発表した。 樋口はフットボールスクール時代から町田の育成機関でプレー。ここまで出番こそないが、今季から2種登録選手としてトップチーム入りしている。 来季の昇格決定を受け、クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「この度トップチームに昇格させていただくことになりました、FC町田ゼルビアユース樋口堅です」 「自分がこうしてプロサッカー選手としてのスタートラインに立てたのは、1番近くで支えていただいた両親・チームメイト・指導者の方々。日頃よりFC町田ゼルビアアカデミーを応援してくださる、ファン・サポーターの方々。そして、これまで自分に関わってくださった全ての方々のおかげだと思っています」 「初めて野津田でゼルビアの試合を見てから、ゼルビアの選手になりたい。プロサッカー選手になりたい。その気持ち一心にサッカーをしてきました。これからより成長し、少しでも早く試合に出場できるように、どんな状況でも諦めず努力をし続け、1日1日に拘っていきます」 「FC町田ゼルビアアカデミーを代表する選手になるため。試合に出場し活躍するために、感謝の気持ちを忘れず、より一層自分を成長させます。ファン・サポーターの皆様、よろしくお願いします。そして、FC町田ゼルビアアカデミーへの応援も引き続きよろしくお願いいたします」 2021.09.06 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

町田のMF平戸太貴が左ハムストリングス肉離れで全治約4週間

FC町田ゼルビアは4日、MF平戸太貴の負傷を発表した。 クラブの発表によると、平戸は8月29日(日)のヴァンフォーレ甲府戦で負傷。左ハムストリングス肉離れと診断された。 なお、全治は約4週間とのことだ。 平戸は今シーズンの明治安田生命J2リーグでここまで27試合に出場し5得点を記録していた。 2021.09.04 23:17 Sat
twitterfacebook
thumb

GK増田卓也が広島から町田へ2度目の期限付き移籍

FC町田ゼルビアは11日、サンフレッチェ広島からGK増田卓也(32)が期限付き移籍加入することを発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「1」を着用する。 広島県出身の増田は2012年に広島でプロデビュー。控えGKとして5シーズン在籍したのち、2017年、2018年は期限付きでV・ファーレン長崎へ移籍し、2017シーズンJ2リーグでは42試合に出場した。 2019年には町田に期限付き移籍し、同じくJ2リーグで38試合に出場。この度、1年半ぶりに復帰することになった増田は、両クラブの公式サイトを通じてそれぞれのメッセージを残している。 ◆FC町田ゼルビア 「再び、FC町田ゼルビアで、プレーできるチャンスを与えてくださり感謝しています。覚悟と責任を胸に、サポーターの皆様へ少しでも多くの勝利と笑顔を届けられるよう、頑張ります。よろしくお願いします」 ◆サンフレッチェ広島 「サンフレッチェファミリーの皆様、いつも応援、サポート、ありがとうございます」 「この度、シーズン途中にはなりますが、チームを離れる決断をしました。復帰後の1年半、悔しい思いが多かったですが、皆様と共にサンフレッチェ広島の一員として闘えたことは、素晴らしい日々でした。感謝しています」 「今シーズン、サポーターの皆様が想い描く結果は中々出せていないかもしれませんが、監督、コーチ、チームスタッフ、フロントスタッフ、そして選手は、目の前の1試合に全てをかけて、魂込めて、闘っています」 「厳しい声はもちろん必要ですが、最後まで、僕の大好きなサンフレッチェ広島をサポートよろしくお願いします。最後は笑顔で…」 「ありがとうございました」 2021.08.11 14:14 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly