タイ代表が西野朗監督を解任!アジア2次予選敗退が引き金に

2021.07.29 23:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
タイサッカー協会(FAT)は29日、同国代表の指揮を執る西野朗監督(66)との契約を解除したことを発表した。

西野監督は過去、柏レイソルやガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパス、日本代表の監督を歴任。昨年7月からA代表とU-23の兼任指揮官としてタイを率いると、2020年1月に行われたU-23アジア選手権で同国史上初のベスト8に導いた。

この手腕が評価され、同年に契約期間を2022年までの延長をしたが、今年6月に集中開催で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選では、グループGで最下位のインドネシア代表に痛恨のドロー。続くUAE代表とマレーシア代表に連敗を喫し、グループ4位で2次予選敗退となっていた。

FATの発表によれば、西野監督や代表のコーチングスタッフを交えた総括を行った上で、タイ代表の成績が協会の定めた目標を達成されなかったため、契約解除を決断したとのことだ。

なお、後任監督に関しては近いうちに発表するとのことだ。

関連ニュース
thumb

横浜FMのティーラトンがカタールW杯予選に臨むタイ代表招集を辞退

タイサッカー協会(TFA)は19日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に臨むタイ代表に関して、横浜F・マリノスのDFティーラトンが招集を辞退することを発表した。 タイはグループGに属しており、ベトナム代表、マレーシア代表、UAE代表、インドネシア代表と同居。現在は5試合を終えて勝ち点8の3位に位置している。 TFAによると、ティーラトンは日本が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策を引き上げた結果、14日間の隔離措置をとる必要があり、コンディション面など厳しい状況に立たされるために招集を辞退したとのことだ。 残り3試合で最終予選進出を目指すタイだが、6月3日にインドネシアと、7日にUAEと、16日にマレーシアと対戦する。 ティーラトンは、今シーズンも横浜FMの左サイドバックとしてプレー。ここまで明治安田生命J1リーグで8試合に出場していた。 <span class="paragraph-title">【SNS】タイサッカー協会がティーラトンの辞退を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe src="https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FFootballAssociationOfThailand%2Fposts%2F2790997724498684&show_text=true&width=500" width="500" height="710" style="border:none;overflow:hidden" scrolling="no" frameborder="0" allowfullscreen="true" allow="autoplay; clipboard-write; encrypted-media; picture-in-picture; web-share"></iframe> 2021.05.20 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

右足負傷のチャナティップが治療ためタイへ帰国…タイサッカー協会がSNSで発表

タイサッカー協会(FAT)は24日、北海道コンサドーレ札幌に所属するMFチャナティップ・ソングラシンがケガの治療のため帰国したことを公式ツイッター(@Changsuek_TH)で発表した。 FATは空港でのチャナティップの写真と共に「チャナティップはケガの治療のためにタイへ帰国し、北海道コンサドーレ札幌での今シーズンの戦いを終えた」と、帰国の経緯を明かした。 チャナティップは11日、敵地で行われた明治安田生命J1リーグ第33節のFC東京戦で右足を負傷。その後、同14日に右足ハムストリングの肉離れと診断されたことがクラブから発表されたが、全治期間は明かされていなかった。 今シーズンのチャナティップは、度重なるケガにも悩まされ、ここまでJ1リーグ18試合の出場にとどまっていた。 2020.11.25 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

タイ代表GKカウィンが札幌に2年レンタルで加入へ…実現すれば今季4人目のタイ人選手

タイ代表GKカウィン・タンマサッチャーナン(30)が、北海道コンサドーレ札幌に加入するようだ。タイ『Thai PBS』が報じた。 カウィンは、タイの名門であるムアントン・ユナイテッドで長らくプレー。現在はベルギー2部のルーヴェンに所属している。 かねてから札幌入りが噂されていたカウィンだが、報道によると2年間のレンタル移籍で合意したとのことだ。 札幌は、正守護神に韓国代表GKク・ソンユン(25)、控えGKに菅野孝憲(35)、阿波加俊太(25)がいるものの、ク・ソンユンが来年兵役に入る必要がある状況。また、第2GKの菅野、第3GKの阿波加ともにケガの心配があるようだ。 タイ代表としては64試合に出場しているものの、2018年から足首を負傷しており代表チームの招集外に。西野朗監督の下では2試合でプレーしている。 しかし、ルーヴェンでは第3GKの位置付けとなっているため、出場機会がない状況。ムアントン・ユナイテッドでは145試合に出場。タイ・リーグでも122試合に出場し、AFCチャンピオンズリーグでも8試合プレーしている。 札幌にはMFチャナティップも所属しており、横浜F・マリノスにはDFティーラトン、清水エスパルスにはFWティーラシンとタイ代表選手がプレー。4人目のタイ代表選手となるだろうか。 2020.02.07 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

タイ代表率いる西野朗監督が契約延長で基本合意 2022年まで指揮へ

タイサッカー協会は22日、同国代表の指揮を執る西野朗監督(64)と新たに2年間の契約延長で基本合意に達したと発表した。24日に正式発表となる。 西野監督は過去、柏レイソルやガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパス、日本代表の監督を歴任。昨年7月からA代表とU-23の兼任指揮官としてタイを率い、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループG3位(2勝2分け1敗の勝ち点8)につけ、今月のU-23アジア選手権で同国史上初のベスト8に導いた。 その西野監督は同日、バンコクでタイサッカー協会の会長を務めるソムヨット・プンパンムアン氏と会談。公式サイトによると、「西野監督の契約に関して、延長で双方合意に至った。2年間の延長に調印した」という。これにより、西野監督は2022年までタイの指揮を執る。 2020.01.23 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMのタイ代表DFティーラトンがタイ年間最優秀選手賞を初受賞!

タイサッカー協会は19日、2019年FAタイアワードを開催。年間最優秀選手に、横浜F・マリノスのタイ代表DFティーラトンが選出された。 タイのキングパワー劇場で行われたアワード。サッカー界の様々な分野の人物を讃えるために開催されている。 タイ国内リーグの最優秀選手など30にものぼる賞が発表される中、年間最優秀選手としてティーラトンが選ばれた。 ティーラトンは、ムアントン・ユナイテッドから横浜F・マリノスにレンタル移籍で加入すると、シーズン当初は出場機会に恵まれない時期が続いたが、第12節からは1試合を除き全試合で先発出場を果たし、J1リーグで25試合に出場しJリーグ初ゴールを含む3得点を記録。チームのリーグ制覇に貢献していた。 ティーラトンは2013年にタイ・プレミアリーグ(現タイリーグ)の最優秀選手賞を受賞していたが、年間最優秀選手賞は初受賞となる。 なお、タイスポーツ局による表彰をすでに受けていた。 2019.12.20 13:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly