77億円でアーセナル加入間近のホワイト、OBは高額な移籍金を懸念「大金でやってくる以上は…」

2021.07.27 15:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてアーセナルで活躍した元イングランド代表DFのソル・キャンベル氏は、古巣がブライトンのイングランド代表DFベン・ホワイト獲得のため高額な移籍金を支払うことを懸念しているようだ。イギリス『デイリー・メイル』が伝えた。

アーセナルは昨シーズンまで主軸としてプレーしていたDFダビド・ルイスが今夏に契約満了で退団。センターバックを重要な補強ポイントに定めており、6月に開催されたユーロ2020にイングランド代表として参加するなど、評価を高めていたホワイトに注目。ブライトンとの間で獲得交渉を進めていた。

ブライトンがホワイトの移籍金として移籍金5000万ポンド(約77億2000万円)を求めたこともあり交渉は進まずにいたが、最終的にアーセナルが希望額を提示したことで話はほぼまとまったという。ホワイトは現在ユーロ後の休暇に入っており、戻り次第メディカルチェックなどを受ける予定のようだ。

クラブにとって非常に高額な資金を投下することになるが、この判断についてイギリス『Talk Sport』に出演したキャンベル氏は、この移籍金がホワイトに大きな期待とプレッシャーを背負わせるだろうと語った。

「彼は5000万ポンドでやってくる以上、そのポジションにおいて達人である必要がある。そうでなければならないんだ」

「アーセナルは本来5000万ポンドも出して、選手を獲得するクラブではない。だからもしメディカルチェックを問題なく通過して移籍となった場合、彼はこれから鍛える必要があるだろう。加入となれば、間違いなく先発メンバーに名を連ねなければならない」

ホワイトにとって厳しい挑戦になると語る一方で、キャンベル氏はイングランド代表DFの持つ将来性についても言及。数年先には間違いなくチームを支える存在になるはずだと期待を寄せた。

「彼はブライトンで36試合に出場している。そして将来性はどうだろうか。彼は23歳であり、間違いなく将来に向けた選手ではあると思う」

「難しい移籍になると思うし、移籍金は高額だ。それでも彼らは数年後の未来を見ていると思う。ファンはこれから、ミッドフィールダーやセンターバックとしてプレー可能な選手を見られるようになるだろう」

関連ニュース
thumb

「スパーズ困る」トレーニングで現役さながらの技術を見せるアルテタ「コーチよりもフィールドで輝く」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が健在ぶりを披露した。 開幕から無得点で3連敗と厳しいスタートを切った今季のアーセナル。対照的に公式戦全勝の女子チームから日本代表FW岩渕真奈やオランダ代表FWフィフィアネ・ミーデマを引き抜けなどの揶揄も飛び交っていた。 進退に関して周囲の雑音も大きくなっていたアルテタ監督だが、代表ウィーク明けは公式戦無失点での3連勝と立て直しに成功。信用を取り戻しつつあるスペイン人指揮官の好感度をさらに高めたのが、アーセナルが公開したトレーニング風景だ。 選手に交じってパス回しに参加する指揮官。衰えないどころか、現役選手と比較してもまったく遜色がない。ボール技術だけなくステップワークも健在だ。 26日にはトッテナムとのノース・ロンドン・ダービーを控える中で、精力的に汗を流したアルテタ監督。ファンからも「(モハメド・)エルネニーよりうまい」、「(トーマス・)パルティ以上」、「スパーズ困ってるよ」、「彼を引退から解放しなさい。コーチよりもフィールドで輝く」などの賞賛が相次いだ。 日本代表DF冨安健洋の加入もプラスに働き、調子を上げてきているガナーズ。対照的に、リーグ戦2連敗で怪我人も続出のスパーズ。果たして週末のダービーは、どのような結末を迎えるのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ボゼッションの練習で健在ぶりを見せるアルテタ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Arsenal manager Mikel Arteta heavily involved in a possession drill in Arsenal training yesterday. [Arsenal YouTube] <a href="https://twitter.com/hashtag/afc?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#afc</a> <a href="https://t.co/kJboNwcdjp">pic.twitter.com/kJboNwcdjp</a></p>&mdash; afcstuff (@afcstuff) <a href="https://twitter.com/afcstuff/status/1440622857294209037?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.23 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、1月のレノ放出を容認か

アーセナルが、ドイツ代表GKベルント・レノ(29)の放出を検討しているようだ。『EUROSPORT』が伝えている。 2018年夏にレバークーゼンから加入し、その初年度から守護神の座を守り続けてきたレノ。ただ、今季はクラブがイングランド代表GKアーロン・ラムズデールを獲得したことに加え、プレミアリーグ開幕3試合で喫した9失点が印象を悪くしており、リーグ戦ではここ2試合はラムズデールにポジションを譲ってしまっている。 さらに、その2試合はいずれもクリーンシート勝利で、守護神交代の流れが後者に傾きつつある中、『EUROSPORT』は、ミケル・アルテタ監督が2022年夏に向けてチーム改革に着手すると主張。GKに関しては、レノより6歳も若いラムズデールに固めているとされており、早ければ今度の冬の移籍市場にも放出するのではないかと予想している。 なお、同メディアは行き先として母国ドイツの可能性が高いと見ている。契約は2023年まで残っているものの、獲得に費やした2250万ポンドは回収できないだろう。 2021.09.23 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初の複数得点で勝利のアーセナル、アルテタ監督はファンに感謝「一緒に美しい1日を楽しみたい」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、EFLカップ(カラバオカップ)のウィンブルドン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは22日、EFLカップ3回戦でウィンブルドンと対戦した。 日本代表DF冨安健洋らリーグ戦での主力を務める大半の選手を温存した試合。久々の起用となったアレクサンドル・ラカゼットが11分にPKを決めて先制する。 その後なかなかゴールを奪えない苦しい展開となったアーセナル。プレミアリーグでも連勝しながら1ゴールずつしか奪えていない状況だったが、77分にエミール・スミス・ロウが追加点を奪うと、80分にはエディ・エンケティアも続き、3-0で勝利を収めた。 アルテタ監督は勝ち上がりを果たしたものの、苦しい試合だったと振り返った。 「我々が1-0でリードしている間は、相手もまだ試合を続けていた。セットプレーなどの状況では、ゴールを許す可能性があり、試合を終わらせに行かなければいけなかった」 「最後にはそれができ、良い形に見えたが、とてもタフなゲームだった」 今夏は移籍の噂も浮上し、ここまで1試合しか起用していなかったラカゼットについてもコメント。チーム事情でこれまで起用できなかったと明かした。 「彼は我々のリーダーであり、年長の選手の1人であるため、キャプテンを任せた。彼をあまりプレーさせることができていなかった」 「先週は彼をプレーさせた買ったが、試合中にケガ人が出たので、起用できなかった。今日彼はゴールを決め、再び頑張ってくれた」 また平日夜にスタジアムに集まったファンについても言及。3試合勝利を届けられているが、週末の試合でのさらなるサポートを求めた。 「もちろんのことだが、サッカーでは試合に勝つことが連帯感と信念を生み、ファンを幸せにする。彼らはチームをサポートするためにここにいて、チームが勝つことを望んでいる。それは自然なことだ」 「彼らはいつもチームと一緒にいたが、今は別のレベルにある。日曜日にはさらに高いレベルが必要となる。彼らも必要となるので、一緒に美しい1日を楽しみたいと思う」 そのアーセナルは4回戦でリーズ・ユナイテッドと対戦することが決定。アルテタ監督は「ちょうど知ったが、我々は彼らとの試合を経験しているので、どれほど厳しい試合になるかは知っている。ビッグマッチだ」と語り、気を引き締めた。 <span class="paragraph-title">【動画】アルテタ監督がウィンブルドン戦後にコメント</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxbVJIREt0dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.23 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「すごいツーショット」岩渕真奈がジムで偶然遭遇した冨安健洋と2ショット、ファンも注目

日本人選手2人が偶然出くわしたようだ。 なでしこジャパンの10番を背負い、東京オリンピックを戦ったFW岩渕真奈。今シーズンからアーセナルへと移籍加入していた。 8月にはリーグ戦で記録したゴールがクラブの月間最優秀ゴールに選ばれるなど、新天地でも良いスタートを切っている岩渕。その岩渕は、22日に自身のインスタグラムを更新し、偶然の再会を報告した。 岩渕が投稿した写真はジムでのもの。なんと、偶然にも今夏アーセナルへと加入した日本代表DF冨安健洋と遭遇していたのだ。 岩渕は冨安との2ショットを掲載し「ジムで冨安くんに会いました。台に乗って身長差はカバーしました」と投稿。同じクラブでプレーする日本代表選手の貴重な2ショットを披露した。 冨安はアーセナル加入後2試合連続出場を果たすと、デビュー戦から高いパフォーマンスを披露。ファンの心を掴み、高い評価を得ている。 同じクラブに所属する日本人選手が共に好パフォーマンスを見せていることで、ファンも注目。現地のファンからは「2人とも頑張って。またアーセナルに火をつけて」「2人を誇りに思う」といったコメントが寄せられた。 また、日本のファンからは2人ともトレーニングウェアということもあり「新婚さんっぽいですね。ペアルックで」「お似合い」「すごいツーショット」と偶然の遭遇に沸いている。 <span class="paragraph-title">【写真】偶然遭遇した岩淵と冨安が笑顔で2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUH9vrZD74Q/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.23 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

週末にダービー控えるスパーズ&アーセナルが共に4回戦へ! スパーズはウルブスとのPK戦制す《EFLカップ》

EFLカップ第3回戦、ウォルバーハンプトンvsトッテナムが22日にモリニュー・スタジアムで行われ、2-2のドローで90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-2で制したトッテナムが4回戦進出を決めた。 リーグ開幕3連勝から2連敗と浮き沈みの激しい序盤戦を過ごすトッテナムは、今週末にアーセナルとのノースロンドン・ダービーを控える中、公式戦4試合ぶりの白星を目指して指揮官の古巣ウルブスとの今季2度目の対戦に臨んだ。 0-3で完敗したチェルシー戦からは先発6人を変更。ケインやデレ・アリ、エンドンベレ、ロ・チェルソが継続起用となった一方、出場停止明けのタンガンガやGKゴッリーニ、ブライアン・ヒルらが起用された。 試合は立ち上がりにウルブスDFモスケラが負傷交代を強いられるアクシデントの中でスタート。9分にDFコーディがスクランブル投入された。 一方、集中した入りを見せたトッテナムは14分、中盤でスキップ、エンドンベレと続けてボールホルダーに強いプレッシャーをかけてショートカウンターに転じると、ボックス左に持ち込んだエンドンベレが右足のシュートを流し込み、幸先よく先制に成功した。 このゴールで勢いづくトッテナムは23分にも追加点。ハーフウェイライン付近でスキップが奪ったボールをロ・チェルソ、デレ・アリと短く繋ぎ、デレ・アリから背後を狙うケインへ完璧なスルーパスが通る。そして、ケインがGKとの一対一を冷静に制した。 以降も危なげなく試合を進めるトッテナムだが、徐々に相手のカウンターとセットプレーからゴールを脅かされ始める。すると、38分には左CKの場面でアイ=ヌーリが左足アウトスウィングで入れたクロスをデンドンケルに豪快に頭で合わせられて1点を返される。 その後、前半終了間際の44分にはケインのラストパスに反応したタンガンガがボックス右に抜け出してGKと一対一の決定機も、ここはシュートに力が入り過ぎてしまい、トップチーム初ゴールとはならず。 迎えた後半、リーグ戦の前回対戦で苦戦したアダマ・トラオレを途中投入したホームチームの攻勢に晒される。互いに決定機を作り合うオープンな展開の中、58分には自陣中央でボールをキープしようとしたエンドンベレがネヴェスに潰され、デンドンケル、ポデンセとダイレクトで繋がれ、最後はポルトガル代表FWにシュートをゴールネットを流し込まれた。 2点差を追いつかれたトッテナムは失点直後に3点目のチャンス。ボックス付近でケインを起点に細かく繋ぎ、最後はボックス中央のブライアン・ヒルに絶好機も枠を捉えたシュートはGKの好守に阻まれた。 その後、トッテナムはロ・チェルソ、デレ・アリを下げてソン・フンミン、ホイビュルクと主力を続けて投入し、勝ち越しゴールを目指していくが、ホームサポーターの大きな後押しを受けて躍動感を見せるウルブスの勢いを止めきれない。 試合終盤にかけては守勢が続いたものの、何とか守備陣が粘って2-2のイーブンで後半終了のホイッスルを聞くことに。 そして、4回戦進出を懸けたPK戦では互いに2人目まで連続成功も、先攻のウルブスは3人目のネヴェスと4人目のデンドンケルがそれぞれ枠外とGKゴッリーニのセーブに遭い連続失敗。これに対して、トッテナムは4人目のホイビュルクがGKのセーブに遭い、唯一の失敗となった。それでも、ウルブス5人目のコーディのシュートが枠に嫌われたことで、5人目を待たずに決着。苦しみながらも難敵撃破でここ最近の負の流れを払しょくした。 また、同日行われたアーセナルvsウィンブルドンは、ホームのアーセナルが3-0で快勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋はベンチ外となった。 リーグ開幕3連敗スタートも、冨安がスタメンを飾った直近の2試合をいずれも1-0で制し、2連勝中のアーセナル。今週末に真価が試されるダービーを控える中、フットボールリーグ1(イングランド3部)に属する格下ウィンブルドン相手に景気づけの勝利を目指した。 バーンリー戦からはトーマスを除く10人を変更。ホールディングやヌーノ・タヴァレス、メイトランド=ナイルズが起用されたほか、前線はエンケティアとマルティネッリ、ラカゼットのトリオとなった。 試合は序盤の10分にマルティネッリがボックス内で倒されて得たPKをキッカーのラカゼットが冷静に決めてホームチームが早々に先手を奪う。 以降はボールを握って相手を押し込みながらエンケティアやラカゼットらが積極的にフィニッシュに繋げていくが、最後の精度を欠き前半の内に追加点を奪うまでには至らなかった。 迎えた後半、60分にトーマスを下げてスミス・ロウ、76分にはマルティネッリを下げてサカと主力の投入で試合を決める追加点を目指すアーセナル。 相手の粘り強い守備に苦戦し、なかなかゴールをこじ開けるまでには至らなかったが、77分には相手を完全に押し込んで右サイドを崩すと、最後はゴール前でラカゼットからマイナスの短い折り返しを受けたスミス・ロウが冷静にゴールへ蹴り込んで試合を決める。 さらに、直後の80分にはボックス右のライン際に抜け出したセドリックからのグラウンダーの折り返しを、ボックス中央のエンケティアが右足の鮮やかなバックヒールで合せてトドメの3点目とした。 そして、主力温存も3部相手に力の差を見せつけたアーセナルが公式戦3連勝を飾ると共に、週末のダービーに弾みを付けている。 ウォルバーハンプトン 2-2(PK2-3) トッテナム 【ウォルバーハンプトン】 デンドンケル(前38) ポデンセ(後13) 【トッテナム】 エンドンベレ(前14) ケイン(前23) アーセナル 3-0 ウィンブルドン 【アーセナル】 ラカゼット(前11[PK]) スミス・ロウ(後32) エンケティア(後35) 2021.09.23 06:28 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly