ケガ人多数のボルシアMG、FWプレアもフレンドリーマッチでヒザを負傷

2021.07.27 11:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは26日、元フランス代表FWアラサン・プレアの負傷を発表した。

クラブの発表によると、プレアは24日に行われたメスとのプレシーズンマッチで負傷したとのことだ。

プレアは試合序盤にシュートを試みた時、右ヒザの関節胞を損傷したとのこと。離脱期間は明かされていない。

プレアは2018年7月にニースから完全移籍で加入。これまで公式戦107試合で37ゴール20アシストを記録。2020-21シーズンはブンデスリーガで29試合6ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグで8試合5ゴール4アシストと活躍を見せていた。

なお、ボルシアMGは昨シーズンまでフランクフルトで指揮を執っていたアディ・ヒュッター監督が今シーズンから指揮。しかし、MFクアディオ・コネ、FWブリール・エンボロ、DFラミ・ベンセバイニが負傷離脱中となっており、ここにプレアも加わることとなった。




1 2
関連ニュース
thumb

10人のドルトムントがボルシアMGに完敗で今季2敗目を喫する…《ブンデスリーガ》

ドルトムントは25日、ブンデスリーガ第6節でボルシアMGとアウェイで対戦し0-1で敗戦した。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節のスポルティング戦を控えるドルトムントは、前節のウニオン・ベルリン戦からスタメンを2人変更。ハーランドとロイスに替えてムココとポングラチッチをスタメンで起用した。 ここまで1勝にとどまっているボルシアMGに対し、ドルトムントは8分に決定機。右サイドで獲得したFKからラファエウ・ゲレイロが鋭いクロスを上げると、抜け出したフンメルスがヘディングシュートを流し込んだが、これはオフサイドの判定となる。 その後は一進一退の膠着した展開が続く中、均衡を破ったのはホームチームだった。37分、シュティンドルの左クロスのこぼれ球を拾ったザカリアがJ・ホフマンとのワンツーでボックス内に侵入。一度ボールを奪われかけるも、即座にボールを取り返して右足のシュート。これがゴール左に突き刺さった。 先制を許したドルトムントは40分、ダフードがスカリーに対して後ろから激しいプレスをかけて倒すと、この試合2枚目のイエローカードで退場処分となった。 数的不利となったドルトムントは、後半開始時にポングラチッチを下げてトルガン・アザールを投入。さらに57分にはムココを下げてクナウフをピッチに送り出した。 時間の経過と共に前半同様の激しい展開となる。そんな中、再びチャンスを迎えたのはリードするボルシアMG。74分、ボックス手前まで持ち上がったザカリアがミドルシュート。これがフンメルスにディフレクトしてわずかにコースが変わるも、GKコベルの好セーブに阻まれた。 決定機のないまま最終盤に突入したドルトムントは91分、ボックス左手前でパスを受けたN・シュルツがゴールに向かうクロスを供給すると、GKゾマーの弾いたボールをゴール左手前のT・アザールが頭で狙ったがが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま0-1でボルシアMGが勝利。最後まで攻撃の精彩を欠いたドルトムントは、枠内シュート0本に終わるなど完敗を喫した。 2021.09.26 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

マルコ・ローゼが古巣ボルシアMGを警戒「どこが相手でも勝てるようなチーム」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、古巣のボルシアMG戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 ドルトムントはここまでリーグ戦5試合を消化して4勝1敗の3位。公式戦4連勝と波に乗っており、25日に行われる第6節では指揮官の古巣であるボルシアMGと対戦する。 ローゼ監督にとって自身が2年率いたチームであるだけに、その警戒心も人一倍強い。ここまで全公式戦7試合のうち、ブンデスリーガ第2節のフライブルク戦を除いて全勝しているが、90分のうち一度も気を緩めてはならないと、チームに喝を飛ばした。 「(ボルシアMGは)クオリティの高いチームで、本調子ならばブンデスリーガのどこが相手でも勝てるようなチームだ。ドルトムントという強力なビジターを打ち負かすために、全力を尽くしてくるだろう」 「選手が自分たちのやっていることに自信を持つためにも、サッカーにおいて結果は最も重要だ」 「多くのことが上手くいっている。しかし、我々は90分という長い時間を戦い遂げる努力をしなければならない。ブンデスリーガでは、ほんの少しでも気を抜くとすぐに足元をすくわれるのだ」 2021.09.25 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

奥川が今季初ゴールもビーレフェルトが今季初黒星…《ブンデスリーガ》

奥川雅也の所属するビーレフェルトは12日、ブンデスリーガ第4節でボルシアMGと対戦し1-3で敗戦した。奥川は77分までプレー、47分に今季初ゴールを記録している。 開幕から3試合連続ドロー中のビーレフェルトが、2連敗中のボルシアMGのホームに乗り込んだ一戦。奥川は4試合連続のスタメン出場となった。 積極的な入りを見せたビーレフェルトは3分、奥川のパスをボックス左横で受けたハックがダイレクトクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだヴィマーがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠を捉え切れない。 一進一退の時間が続く中、ボルシアMGがゴールネットを揺らす。20分、最終ラインにプレスをかけたJ・ホフマンがインターセプトからショートカウンターを仕掛けると、J・ホフマンのラストパスからプレアがゴールネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 判定に助けられたビーレフェルトだったが、35分に失点を許す。バイタルエリア右でボールを受けたシュティンドルがミドルシュートを放つと、ラウルセンにディフレクトしたボールが絶妙なループシュートとなりゴールネットに吸い込まれた。 先制されたビーレフェルトは前半終了間際に決定機を迎える。47分、プリートルの縦パスに反応した奥川がDFの裏に抜け出すと、ボックス内まで持ち上がりシュート。一度目はGKゾマーに弾かれたが、跳ね返りを再び奥川が冷静にゴールに流し込んだ。ゴール直後はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、ボルシアMGはJ・ホフマンを下げてヴォルフを投入。すると51分、敵陣左サイドでパスを受けたプレアがノイハウスとのワンツーでボックス左手前まで切り込みシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。 対するビーレフェルトは、61分にハックのミドルシュートの跳ね返りからシェプフがダイレクトシュート。62分には左CKからヴィマーがゴールに迫ったが、ともにシュートはGKゾマーの好守に防がれた。 膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。69分、ザカリアのパスをボックス右横で受けたヘアマンがダイレクトクロスを上げるとボックス内のシュティンドルがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。 勝ち越しに成功したボルシアMGは、直後の72分にもシュティンドルのパスで右サイドを抜け出したヘアマンの折り返しを中央で受けたザカリアがトラップでボックス内に侵入し、すべり込みながらシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 2点差となったビーレフェルトは、77分に奥川とクロスを下げてクルーガーとセッラを投入したが、最後までGKゾマーの牙城を崩すことが出来ず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。ビーレフェルトの今季初勝利はお預けに、ボルシアMGはホームで待望の今季初勝利となった。 2021.09.13 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

原口が先制点アシスト、ボルシアMGに逃げ切り勝利のウニオンが今季初白星《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは29日、ブンデスリーガ第3節でボルシアMGをホームに迎え、2-1で逃げ切った。ウニオンのMF原口元気は61分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。 前節ホッフェンハイムに引き分けたウニオンは2試合連続ドロースタートとなった中、原口が[3-5-2]のインサイドMFの位置で先発となった。 1分け1敗スタートのボルシアMGに対し、鋭いボールホルダーへの寄せでショートカウンターを狙うウニオンは開始3分、トリメルのボレーシュートでゴールに迫ると、22分に先制する。 思惑通りのショートカウンターの形から、クルーゼのパスを受けた原口がボックス右から正確なクロスを送ると、ファーサイドのジーベルマンがヘッドで押し込んだ。 続く34分にアウォニーがボックス内に進入して決定的なシュートに持ち込んだウニオンだったが、GKゾンマーにセーブされる。 直後の36分にはピンチを迎えたが、こちらもヴォルフの決定的なシュートをGKルセが好守で凌ぎ、リードを保った。 すると41分、2トップの連係で加点する。アウォニーが持ち上がってクルーゼにパス。クルーゼがリターンスルーパスを通すと、ディフェンスライン裏を取ったアウォニーがGKとの一対一を制してシュートを決めきった。 アウォニーの3戦連発弾でリードを広げたウニオンは、43分に再びピンチを迎えるも、ノイハウスのシュートミスに救われ、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、ヘアマンとザカリアを投入してきたボルシアMGに対し、ウニオンが集中した守備ではね返す流れで推移していく。 61分に原口がピッチを後にした中、66分にFKからジーベルマンが際どいヘディングシュートに持ち込むと、直後にもエツナリが決定的なシュートを放っていった。 終盤にかけてもウニオンが隙を見せずに時間を消化していたが、追加タイムにJ・ホフマンにゴールを許してしまう。それでも2-1で逃げ切ったウニオンが今季初白星を飾っている。 2021.08.30 00:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ワクチン2回接種も…ボルシアMG主力ギンターがコロナ感染

ボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンターが新型コロナウイルスに感染してしまったようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ここまでブンデスリーガ開幕2試合とDFBポカール1回戦で先発出場していたギンターだが、24日に行われたレバークーゼン戦では60分過ぎに何らかの支障をきたし、ピッチを後にしていた。 『ビルト』によると、この時に循環器系の問題が発生していたようで、その後24日のトレーニングも欠席している状況だった。 そして、最近のコロナ検査でギンターは陽性が判明。上記の問題が関係しているかどうかは不明だが、同選手はワクチンを二度接種した状態だった。 ただ、幸いにも無症状のようで、毎日検査で陰性が確認され次第、チームに戻るとのことだ。それでも、29日に予定されているブンデスリーガ第3節のウニオン・ベルリン戦については欠場は確定のようだ。 2021.08.25 18:29 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly