ルーニーが半裸の女性たちとホテルで熟睡している写真が流出…本人は警察に通報

2021.07.26 21:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ダービー・カウンティ(イングランド2部)のウェイン・ルーニー監督(35)が女性トラブルに見舞われた。イギリス『サン』が伝えている。

問題となっているのはSNSなどで出回ってしまった複数の写真。そこには「Mooney Rooney(居眠りルーニー)」のキャプションとともに、ホテルの一室で眠りこけるルーニーと下着姿で尻を突き出した若い女性の姿が映っていた。

他にも、「Sleepy Wayne(眠そうなウェイン)」のキャプションとともに寝ているルーニーのすぐ近くのベッドで寝ている薄着の女性と、カメラに向かってピースサインを向ける女性が映った写真のほか、ナイトクラブで女性とキスするルーニーの姿が収められた写真があった。

『サン』によるとルーニー監督は24日に行われたサルフォード・シティとの親善試合後、2人の男性の友人とともにマンチェスターで過ごしていた模様。ナイトクラブを訪れた後、友人たちとともに、女性たちが泊っているホテルに向かったという。

また、女性の1人はインスタグラムのフォロワーが1万3000人いるインフルエンサーのテイラー・ライアンさん(21)ということだ。ただ、ルーニー監督は女性たちと関係を持ってはいないだろうとのことだ。

なお、ルーニー監督はこの事態を受けて、寝ている間に恥ずかしい写真を撮られたとしてすでに警察に通報しているという。

現役時代から喫煙や不倫などスキャンダルが多かったルーニー監督。現在はコリーン夫人との間に4人の息子をもうけているが、再びの女性トラブルとなった。



1 2
関連ニュース
thumb

39歳ジャギエルカ、新天地は元チームメイトのルーニー率いるダービーに!

元イングランド代表DFフィル・ジャギエルカ(39)が、ダービー・カウンティ加入で合意した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 スリーライオンズで40キャップを誇るジャギエルカは、2007年から2019年にかけてエバートンで活躍したセンターバック。同クラブでは公式戦385試合に出場しており、その後、12年ぶりに復帰した古巣のシェフィールド・ユナイテッド時代も含めて、プレミアリーグで通算376試合に出場するなど、長らく第一線に立っていた。 だが、昨季はプレミアリーグ10試合の出場にとどまり、シェフィールド・ユナイテッドも最下位でチャンピオンシップへ降格。今夏でフリーとなっていた。 加入が正式に決まれば、ダービーを率いるウェイン・ルーニー監督とは、エバートンで共闘した2017-18シーズン以来の再会に。今度は3歳年下のルーニーが監督という奇妙な立場となる。 なお、ジャギエルカがチャンピオンシップでプレーするのは、シェフィールド・ユナイテッドに在籍していた05-06シーズン以来、16年ぶりとなる。 2021.08.17 14:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーニー長男がユナイテッドのアカデミーで初めての遠征!お父さんも「幸運を」とエール

ダービー・カウンティ(イングランド2部)のウェイン・ルーニー監督(35)が息子の初遠征にエールを送った。 マンチェスター・ユナイテッドでは559試合に出場し、クラブ記録となる253ゴールを挙げたルーニー。その息子のカイ君(11)は、昨年12月にレッドデビルズのアカデミーに加わった。 カイ君は今年5月のU-11のストーク・シティ戦でハットトリックを達成する大活躍を見せ、6-3での勝利に貢献。そして今月、初めてのアウェイ遠征を迎えることになった。 ルーニー夫妻は、息子が初遠征に向けて準備する姿をそれぞれのインスタグラムで投稿。ルーニーは「マンチェスター・ユナイテッドで初めてのアウェイ遠征だ。カイ、幸運を!」と述べ、妻のコリーンさんも「私の長男の最初の旅。 頑張ってカイ」とエールを送った。 すでに父親と同じく点取り屋しての才能を開花させているカイ君。トップチームでプレーするのもそう遠くはないかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】ユナイテッドのジャージに身を包み初めての遠征に向かうルーニーの息子・カイ君</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSbwYZujG1M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSbwYZujG1M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSbwYZujG1M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Wayne Rooney(@waynerooney)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.12 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

モリソンが漢気を見せた!加入後、即先発でルーニー監督の期待にこたえるスーパーミドルをたたき込む

ダービー・カウンティのジャマイカ代表MFラベル・モリソン(28)が加入後のデビュー戦で鮮烈なゴールを決めた。 モリソンはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2010年10月にU-18チームに所属しながらファーストチームデビュー。EFLカップのウォルバーハンプトン戦でプロデビューを果たした。 各年代のイングランド代表に名を連ねていた逸材だったが、そのキャリアは移籍の連続だ。レンタル移籍も含めて通算11クラブを転々とし、直近ではオランダのADOデン・ハーグと2020年9月に1年契約を結んだものの、今年1月に契約を解除。5試合の出場にとどまり、以降はフリーの状態が続いていた。 そんなモリソンに手を差し伸べたのが、ユナイテッドで短期間ながらチームメイトだったダービーのウェイン・ルーニー監督だった。トライアウトに招待し、7日には来年夏までの1年契約を締結。すると、モリソンはその恩義にすぐさま結果でこたえた。 10日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)1回戦のサルフォード・シティ(イングランド4部)戦に先発起用されると、2-3と1点のビハインドで迎えた82分に見せ場を作る。ダービーはゴール正面でFKを得ると、モリソンが直接狙う。これは壁に当たるも、セカンドボールに自ら反応。凄まじい弾丸ミドルを右隅に突き刺し、試合を振り出しに戻した。 試合はその後PK戦までもつれ込み、5-3でダービーが勝利。土壇場でチームを救ったモリソンには、ファンからも今後に向けて多くの期待の声が寄せられている。開幕2週間前にはファーストチーム登録が9名という状況だったダービーだが、モリソンは今後もチームの救世主となれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ルーニー監督の期待にこたえたモリソンの漢気弾丸ミドル!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHUU9GUHhLcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.12 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

事件収束せず?ルーニーとのセクシーなスナップを公開した女性が殺人の脅迫に怯える

ダービー・カウンティ(イングランド2部)のウェイン・ルーニー監督(35)との写真を公開した女性が脅迫を受けているようだ。 先日、女性トラブルに見舞われたルーニー監督。ホテルの一室で眠りこけるルーニーと下着姿で尻を突き出した若い女性が映った写真やナイトクラブで女性とキスするルーニーの姿が収められた写真などがSNSに流出していた。 ルーニー監督はこの事態を受けて、寝ている間に恥ずかしい写真を撮られたとして警察に通報。警察は声明を発表し「恐喝の可能性があると報告を受けた」が「犯罪は起きていない」として捜査を行わないとした。 これで事件は収束したかに思われたが、どうやらそうでもない様子。イギリス『サン』によると、写真を掲載したインフルエンサーのテイラー・ライアンさん(21)をはじめとする女性たちが、今度は殺人の脅迫を受けているというのだ。 彼らの近くの情報筋は「彼らに殺害の脅迫があり、とてもおびえている」と話し、次のように加えている。 「彼女らは封鎖後の夜に、ウェインのような誰かと一緒に時間を過ごしたいと思っていたのは確かだ」 「けど、彼女らは何も悪いことをしなかったし、脅されるいわれはないと思う」 とはいえ、ルーニーや彼の周囲の人が脅迫を行ったという示唆はないとのこと。すでにリーグはスタートしており、7日の開幕戦はハダースフィールドとドローに終わったダービー。ルーニー監督としてもクラブとしても、これ以上のごたごたは避けたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ネットに出回ったルーニーと若い女性の写真の数々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is harassment &amp; intrusion of privacy, imagine genders were switched &amp; Wayne Rooney was a female &amp; this was a man taking &amp; sharing these pictures <br><br>This needs to be investigated by the police not only by Coleen Rooney <br><br>But you’re not ready for that conversation. <a href="https://t.co/jVxXx7gyWF">pic.twitter.com/jVxXx7gyWF</a></p>&mdash; Mr B (@mrbhalili) <a href="https://twitter.com/mrbhalili/status/1419265955998445570?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> | NEW: Old Photos have emerged of Wayne Rooney having a mad one <a href="https://t.co/lTt9aYRfHJ">pic.twitter.com/lTt9aYRfHJ</a></p>&mdash; Football For All (@FootballlForAll) <a href="https://twitter.com/FootballlForAll/status/1419278352913948673?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.09 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ルーニー指揮のダービー、元ユナイテッドのラベル・モリソンを獲得! 招待選手から契約勝ち取る

ジャマイカ代表FWラベル・モリソン(28)のダービー・カウンティ入りが決定した。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービー・カウンティは7日、モリソンとの1年契約締結を発表。背番号は「11」を着用する。 モリソンはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格。各年代のイングランド代表にも名を連ねる逸材だったが、そのキャリアは移籍の連続で、2012年1月に当時チャンピオンシップのウェストハム移籍でユナイテッドを離れると、その後はレンタル移籍も含めて通算11クラブを転々とした。 渡り歩いた国々も多岐にわたり、イタリアのラツィオをはじめ、メキシコのアトラス、スウェーデンのエステルスンド、そして最近だとオランダのADOに移籍。ADOとは2020年9月に1年契約を結び、同年11月にルーツを持つジャマイカのフル代表デビューも遂げたが、今年1月に契約を解除となり、以降はフリーの状態が続いている。 そんなモリソンに救いの手を差し伸べたのがユナイテッド時代に短期間ながらチームメイトでもあったダービーの監督を務めるウェイン・ルーニー氏。クラブによると、先月7月のプレシーズン初期からモリソンをチームに招き入れたというルーニー氏はいくつかのテストマッチでのプレーぶりに感銘を受け、獲得に熱心だったという。 2021.08.08 13:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly