開始8分で2点先取の鳥栖、終盤にPK献上でC大阪と痛恨ドロー【明治安田J1第22節】

2021.07.24 21:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第22節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が24日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。

現在4位に位置している鳥栖は、直近の名古屋グランパス戦で勝利し、5試合ぶりの白星を挙げた。3位のヴィッセル神戸との勝ち点差は1試合少ない状態で4ポイントとなっており、上位に食らいつく為にも重要な一戦となる。前節からスタメンの変更はなく、オリンピックで林を欠く中、小屋松と酒井の2トップで試合に臨む。

一方のセレッソ大阪は、前節のFC東京戦では2点ビハインドから一時は逆転したものの3-3のドロー。なかなか勝ち切ることができずリーグ戦8試合未勝利となっている。こちらも前節からスタメンの変更はせず、大久保と加藤による大ベテランと若手の2トップを組んだ。

鳥栖のキックオフで開始された試合は、1分足らずでいきなりネットが揺れる展開となる。センターバックのエドゥアルドがバックラインから右前線へロングフィード。これを受けた小屋松がドリブルで中央へ持ち込み、駆け上がってきた酒井へスルーパスを送ると、酒井はトラップから倒れ込みながらもゴール右下にシュートを決めた。

開始45秒のゴールで先制した鳥栖は、8分にもC大阪のゴールに襲い掛かる。サイドを広く使ったパスワークから、左の高い位置でボールを受けた中野がグラウンダーのクロスを送る。これはC大阪ディフェンスにクリアされたものの、大畑がボックス左手前でこのボールを拾い再度グラウンダー性のクロス。これをファーでフリーとなっていた小屋松がゴールへ流し込み追加点を奪った。

ここまで鳥栖にチャンスを確実に決められていたC大阪は、18分に反撃の狼煙を上げる。右サイドの高い位置で鳥栖のディフェンスにプレスをかけ、クリアボールを身体に当てた坂本。このこぼれ球をボックス右で加藤が拾うと、DFを1人はがしてシュートを放つ。グラウンダー性でゴールへ向かっていたボールは、DFに当たり跳ね上がってゴールイン。C大阪が1点を返し、打ち合いの様相を呈してきた。

試合開始早々から2点を奪って以降は、C大阪にゴールを封じられていた鳥栖。このまま試合を折り返すかに思われた前半アディショナルタイム、背番号10が相手を突き放す。ミドルサードでボールを奪ったエドゥアルドからパスを受けた樋口は、ハーフラインからドリブルを開始。フリーでバイタルエリア右までボールを運びシュートを選ぶと、グラウンダー性の強烈なミドルシュートが対角のゴール左下に突き刺さり、再び2点差とした。

後半になっても鳥栖の勢いは衰えず、56分にもC大阪ゴールへ迫る。仙頭の左CKにエドゥアルドが反応し、相手ディフェンダーを抑えながら胸トラップ。やや大きくなったものの、身体を捻りながら振り向きざまにシュートを放つと、これが相手DFに当たりゴールへ吸い込まれた。

しかい、ここで主審がオンフィールドレビューに入る。VARチェックの結果、エドゥアルドのトラップ時にハンドがあったとみなされ、ノーゴールの判定となった。

ここまで鳥栖のペースに飲まれ続けていたC大阪だが、68分に敵陣中央からの原川のFKがクロスバーを直撃すると、ここから怒涛の波状攻撃を見せる。セカンドボールを拾った高木のシュートはゴールライン上で相手DFにクリアされるも、今度は左サイドから清武が右足クロス。これは鳥栖GK朴にキャッチされるも、着地と同時にファンブルしたところを坂本が粘り強く繫ぎ、最後は加藤がボックス中央から豪快にシュートを突き刺した。

これで同点まであと1点と迫ったC大阪。根気強く攻撃を仕掛けていると、86分にビッグチャンスが訪れる。鳥栖陣内中央でボールを受けた坂本が、相手を抑えながらボックス内までドリブルで前進。ここで仙頭に腕を引っ張られる形で転倒し、PKを獲得する。

一度はオンフィールドレビューが入ったものの、PKの判定は変わらず、キッカーの坂本が冷静にゴール中央へグラウンダーで流し込み、アウェイチームがついに同点に追いつく。

試合開始早々から2点を挙げた鳥栖だったが、終わってみればドロー。C大阪は前節に続けて3-3のドローで9戦未勝利となっており、ACLのグループステージ突破とは裏腹に厳しいリーグ戦を強いられている。

サガン鳥栖 3-3 セレッソ大阪
【鳥栖】
酒井宣福(前1)
小屋松知哉(前8)
樋口雄太(前46)
【C大阪】
加藤陸次樹(前18)
加藤陸次樹(後24)
坂元達裕(後42)【PK】

関連ニュース
thumb

台風14号の影響で中止の鳥栖vs大分、18日の19時に開催

Jリーグは17日、中止が決定していた17日開催予定の明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vs大分トリニータに関して、代替日が決定したことを発表した。 現在日本列島に近づいている台風14号の影響で、来場者の安全確保や安全な試合進行が困難と判断し、中止となった一戦。代替日は明日18日(土)の19時から鳥栖の本拠地である駅前不動産スタジアムでキックオフとなる。 台風14号は、九州西側の海上を東に進んでいる状況。夕方にも九州北部に上陸することが見込まれており、すでに九州や四国では非常に激しい雨が降っている状況だった。 2021.09.17 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

台風14号の影響で、17日開催の鳥栖vs大分が中止

Jリーグは17日、同日開催予定の明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vs大分トリニータに関して、中止とすることを発表した。 19時から鳥栖の本拠地である駅前不動産スタジアムでキックオフを迎える予定だった一戦。Jリーグによると、現在日本列島に近づいている台風14号の影響で、来場者の安全確保や安全な試合進行が困難と判断し、中止としたとのことだ。 なお、代替日に関しては決定次第発表されるとのことだ。 台風14号は、九州西側の海上を東に進んでいる状況。夕方にも九州北部に上陸することが見込まれており、すでに九州や四国では非常に激しい雨が降っている状況だった。 2021.09.17 13:08 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪がユース所属のMF中村仁郎、FW坂本一彩と仮契約、来季昇格内定を発表

ガンバ大阪は16日、ユースに所属するMF中村仁郎(18/左)、FW坂本一彩(18/右)との仮契約を発表した。来シーズンからの加入が内定している。 中村は大阪府出身で、166cm、60kgの左利きのMF。ジュニアユースからG大阪に所属している。2019シーズン、2020シーズンはG大阪U-23として通算33試合に出場し5得点を記録。2020シーズンは明治安田生命J1リーグでデビューも果たしていた。 坂本は熊本県出身で、174cm、69kgの右利きのFW。JFAアカデミー福島U-15に所属し、ソレッソ熊本からG大阪ユースに加わった。2020シーズンはG大阪U-23として明治安田生命J3リーグで11試合に出場し3得点を記録していた。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆MF中村仁郎 「3歳の時からの夢であったガンバ大阪でプロサッカー選手になることができ、非常に嬉しく思います。これまで多くの壁に当たってきましたが、家族、友達、指導者、そしてサポーターの皆さんなど、今まで私が出会ってきた全ての方々のおかげで成長し、乗り越えてくることができました」 「今までもこれからも感謝の気持ちを忘れず、謙虚にひた向きにサッカーを楽しみますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW坂本一彩 「幼い頃から憧れていたこのガンバ大阪でプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまで関わっていただいた方々にプレーで恩返しできるように、そしてガンバ大阪の勝利に貢献できるように全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2021.09.16 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

柏が日本体育大学柏高校のDF土屋巧の来季加入内定を発表

柏レイソルは16日、日本体育大学柏高校のDF土屋巧(17)の来季加入内定を発表した。 土屋は、当時柏日体高校だった頃のMF広庭輝(2004年)以来となる2人目の入団となる。なお、アカデミー選手育成における相互支援契約締結後は初の入団となる。 土屋はクラブを通じてコメントしている。 「自分の夢だったプロサッカー選手になることができて、本当に嬉しく思います」 「今まで支えてくれた家族をはじめ、多くの方々への感謝を忘れることなく、柏レイソルの勝利やタイトル獲得に貢献できるような選手になれるよう全力でプレーしていきます。これから応援をよろしくお願いします」 2021.09.16 17:08 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和がタイの強豪クラブ、ムアントン・ユナイテッドとパートナーシップ契約

浦和レッズは16日、タイのムアントン・ユナイテッドとのパートナーシップの覚書を締結したことを発表した。 今回のパートナーシップ締結については「『さいたまと世界をつなぐ窓になる』という、浦和レッズ理念を具現化するきっかけになると考えており、異文化の中でも他者を理解し、スポーツを通して互いによりよい社会を形成し、そして次世代につなげていくような活動をクラブとして目指してまいります 」としている。 また、「同時に、『あらゆる分野でアジアナンバー1になる』というクラブのビジョン達成に向けて、クラブが持続的に発展していくためにアジア圏でのプレゼンス向上を目指し、3度目のACL制覇という大きな目標と共に実現していきたい」とし、4つの点で提携していくとのことだ。 (1)選手・コーチを含む人材の知識、アイデア、技術・トレーニング手法の学び等を通じて、連携を強め、発展を目指す。 (2)ニーズに応じた、若手選手を中心とした人材交流 (3)フットボールセミナーやフレンドリーマッチ等のイベント開催 (4)事業開発等の新たなビジネス機会の検討 ムアントン・ユナイテッドは、タイの強豪クラブ。浦和と同じ「赤・白・黒」のカラーをチームアイデンティティの一つとしており、過去には元日本代表DF青山直晃や元イングランド代表FWロビー・ファウラーなどが在籍した。 また、横浜F・マリノスのDFティーラトンや北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ、セレッソ大阪のGKダン・バン・ラムも所属していたことがあり、サンフレッチェ広島や清水エスパルスでプレーしたFWティーラシンも所属していた名門だ。 浦和とは2013年のAFCチャンピオンズリーグでも対戦。さらに、タイ国内の大手メディア企業であるサイアム・スポーツ・シンジケートがオーナーを務めていることでも知られ、Jリーグのタイ国内放映権を取得し、毎節放映をするなど、アジアサッカー全体の発展に非常に熱心であり、多くの取り組みをしている。 今回のパートナーシップ契約について、浦和、ムアントンの代表がコメントしている。 ◆立花洋一 代表(浦和レッズ) 「ムアントン ユナイテッドというタイ王国屈指のクラブとの提携を非常にうれしく思っております。ACLやFIFAクラブワールドカップなど、数多くの国際舞台での盛り上がりや経験を通して感じたこととして、浦和レッズや日本サッカー界が国内の人口減少という今後の課題と向き合う中で、永続して成長していくためには、アジア全体を見据えていかなければならないということがありました。今回の提携で、両クラブのノウハウや人材交流を通して、また新たに成長できる可能性が両クラブ、そして両国に広がると確信しています」 ◆ウィラック・ロートン代表(ムアントン・ユナイテッド) 「日本、そしてアジアでトップクラブのひとつである浦和レッズとの提携を心からうれしく思っています。今回、2つのクラブは共通のビジョンを共有しました。これから共にフットボールの発展と、強い未来をつくっていけることを楽しみにしています。コロナウイルス感染症によるクラブの課題はありますが、我々はその壁を乗り越え、目的を果たすことができるでしょう。この提携は両クラブが持つ可能性をさらに広げ、すべての人にとって新しく、より良いフットボールの体験をつくる絶好の機会になると確信しています」 2021.09.16 16:23 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly