カジェホンとサッリ監督がラツィオで再会か

2021.07.23 15:34 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表FWホセ・マリア・カジェホンマウリツィオ・サッリ監督が再会する可能性があるようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。

カジェホンは昨夏にナポリからフィオレンティーナに加入。公式戦349試合で82ゴール78アシストというナポリでの成績から主力としての活躍が期待されたが、シーズンが終わってみればセリエA出場は20試合にとどまり、そのうち先発出場は6試合のみだった。

チームは不調に陥り、二度の監督交代を敢行するなど落ち着かなシーズンだった中、カジェホンが不遇をかこったのも事実。システム上ウインガーが使いづらかったというのもあるが、本人にとっては期待外れの1年だった。

そうした中、34歳の獲得の噂があがっているのが、昨夏にも獲得に動いたラツィオだ。同クラブでは先月、シモーネ・インザーギ監督がインテルに引き抜かれ、後任としてサッリ監督が着任。カジェホンはナポリでそのサッリ監督の寵愛を受けた一人だった。

どのチームにおいても自身の信念を貫いたサッカーを展開するサッリ監督にとって、そのスタイルを知るカジェホンの存在は重要になってくるかもしれない。なお、ラツィオではすでに、ナポリからアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイをフリーで獲得している。ヒサイもまたサッリ監督の手解きを受けた一人だ。

関連ニュース
thumb

終始劣勢のラツィオが土壇場PK弾でトリノとドロー…公式戦4戦未勝利で今季初のデルビーへ《セリエA》

セリエA第5節、トリノvsラツィオが23日にスタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノで行われ、1-1のドローに終わった。 ラツィオは開幕連勝スタートも、第3節のミラン戦で今季初黒星を喫すると、直後のヨーロッパリーグ(EL)でもガラタサライに敗戦。さらに前節はカリアリとドローに終わり、公式戦3試合未勝利と急失速となった。 今週末にローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”を控える中、2連勝中の好調トリノを相手に、4戦ぶりの白星を目指した。ミラン戦での退席処分によって引き続きサッリ監督が不在のチームは、カリアリ戦から先発4人を変更。ラッツァーリ、ルーカス・レイバ、ミリンコビッチ=サビッチ、ペドロをベンチに置き、マルシッチ、アクパ・アクプロ、カタルディ、18歳FWモロを初スタメンで起用した。 立ち上がりからホームチームの勢いに押されるラツィオだが、ボックス内で粘りの対応を見せてピンチを凌ぐ。11分にはGKヴャンヤ・ミリンコビッチ=サビッチの前目のポジションを確認したインモービレが、ロングシュートを放つも、これは枠の左に外れる。 以降は相手の強度の高い守備に苦戦を強いられ、思うように相手陣内でボールを繋げないラツィオ。最終ラインと積極的に駆け引きを繰り返すインモービレにも良い形でボールが入らず、攻撃は完全に停滞する。 前半終盤にかけては簡単に前進を許す場面が目立って押し込まれる状況が続いていく。その流れの中で38分にはボックス左に抜け出したサナブリアに際どい左足のシュートを打たれると、42分にはアイナからの左クロスをゴール前のサナブリアにドンピシャのヘディングで合わせられるが、ここはGKレイナが見事な反射神経で枠外にはじき出して事なきを得た。 試合内容では劣勢も0-0のイーブンで試合を折り返したラツィオは、モロとルイス・アルベルトを下げてペドロとミリンコビッチ=サビッチを後半頭から投入。すると、キックオフ直後の47分には右サイドを突破したフェリペ・アンデルソンからの斜めのグラウンダークロスに、ファーで反応したペドロが飛び込んでいきなり決定的な場面に絡んだ。 ここから攻撃のギアを上げたいラツィオだが、立ち上がり以降はトリノに押し返されてイーブンの展開に持ち込まれる。幾度か得たカウンターチャンスも前線の選手たちの呼吸が合わず。逆に、相手の鋭い縦への攻撃に晒されると、69分にはボックス左で仕掛けた途中出場のアンサルディに枠のわずか右に外れる際どいシュートも打たれる。 何とか流れを変えたいアウェイチームはマルシッチ、カタルディを下げてラッツァーリ、ルーカス・レイバを続けてピッチに送り出す。だが、この交代も流れを引き戻す効果的な一手とはならず。 すると、76分には右サイド深くに侵攻したシンゴからの正確なクロスを、直前に投入されたばかりのピアツァに完璧なヘディングで叩き込まれ、痛恨の先制点献上となった。 これを受け、ラツィオベンチは失点直後にアクパ・アクプロを下げて長身FWムリキを投入。この交代で[4-3-3]から[4-4-2]に布陣を変更する。だが、勢いづくホームチームの攻勢に晒され、ピアツァ、ジジと続けてあわや2失点目というピンチを招いた。 その後も攻め手を欠くラツィオは試合終了間際の88分に左CKの流れからインモービレにチャンスも、ゴール右角度のないところから放ったヘディングシュートは相手GKのセーブに遭う。 これで万事休すかに思われたが、最後の最後に幸運な形から劇的な同点ゴールが生まれる。91分、ボックス内でルーズボールに反応したムリキがDFジジと交錯した際に太ももを蹴られてPKを獲得。これをキッカーのインモービレが冷静にゴール左隅へ流し込んだ。 このゴールで辛くも敗戦を逃れたラツィオだったが、終始劣勢の振るわないパフォーマンスで公式戦4戦未勝利に。ホーム開催となる今季最初のデルビーに向けて不安を残す結果となった。 2021.09.24 03:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオMFザッカーニ、太もも負傷でローマ・ダービー欠場へ

ラツィオは22日、イタリア人MFマッティア・ザッカーニが左足の太ももを痛めたことを発表した。復帰までの期間に関しては今後の検査を経て、判明するとのことだ。 ザッカーニは19日に行われたセリエA第4節カリアリ戦で後半20分から出場。この試合で負傷したとのことだ。 今夏、ヴェローナから1000万ユーロの移籍金で加入したザッカーニは、ここまでセリエA4試合に出場して2ゴールを挙げていた。 この負傷により26日に行われるローマとのダービーを欠場することが確実となった。 2021.09.22 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

サッリ監督の2試合ベンチ入り禁止処分決定! ラツィオの異議申し立ては棄却

ミラン戦で退席処分となったマウリツィオ・サッリ監督の2試合のベンチ入り禁止処分が決定した。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 サッリ監督は、12日に行われたセリエA第3節ミラン戦終了後にミランのFWアレクシス・サーレマーケルスが行ったジェスチャーに激昂。同選手に詰め寄ったことで主審からレッドカードを受け、2試合のベンチ入り禁止処分を受けていた。 サーレマーケルスが先に挑発したと主張するラツィオは、サッリ監督の処分軽減を求めて先日にイタリアサッカー連盟(FIGC)に対して異議申し立てを行っていた。 しかし、FIGCは21日にラツィオの異議申し立てを棄却し、同監督の2試合のベンチ入り禁止が確定した。 なお、サッリ監督は19日に行われたカリアリ戦で1試合を消化しており、23日に行われるトリノ戦で今回の処分は完了するため、今週末に行われるローマとの“デルビー・デッラ・カピターレ”ではベンチ入りできるとのことだ。 2021.09.22 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

試合中露わになったインモービレの逞しい“筋肉”に海外注目「馬の足かと思った」

16日に開幕した2021-22シーズンのヨーロッパ・リーグ(EL)。グループEのラツィオはガラタサライ相手にアウェイで敗れたが、この試合にキャプテンマークを巻いて先発出場したイタリア代表FWチーロ・インモービレの逞しい筋肉が注目を浴びている。 『Bleacher Report』の公式ツイッターが注目したのは、インモービレの太ももともも裏の筋肉だ。試合中に審判へとアピールするインモービレのショーツの裾が上がり、お尻の方まで筋肉が露わになっている。 特にお尻の大殿筋、大腿四頭筋の外側に当たる外側広筋、そしてもも裏のハムストリングスの筋肉が見事で、そのサイズはさながらサラブレッドの脚のようだ。 筋肉をつけるためには、腕、胸、肩など日ごとに鍛える部位を変えることが多いが、『Bleacher Report』が「インモービレは“脚の日”を決してスキップしない」と間接的にその凄さを伝えると、ファンからも「太い!」「馬の足かと思った」「さすがサッカー選手」「男の憧れだ」といった声が上がった。 裏への抜け出しやそのシュートと決定力を武器にゴールを量産し続けてきたインモービレだが、日々の筋トレもそれに一役買っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】正面からじゃわからない!インモービレの太すぎるお尻と太もも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/ciro.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.09.17 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

痛恨の失点で敗戦のラツィオ、サッリ監督はミスよりも攻撃面の改善を説く「偶然の結果に左右されてはならない」

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、ガラタサライ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループE第1節でトルコのガラタサライとアウェイ戦に臨んだラツィオ。試合は均衡状態が続いていたものの、66分に相手のクロスをDFマヌエル・ラッツァーリがクリアしようとしたところ、ボールは真上に高く上がって中途半端な形に。これをGKトーマス・ストラコシャがファンブルしオウンゴールとなり、痛恨の失点で0-1の敗戦を喫した。 サッリ監督はミスは起こりうるものと擁護し、内容も悪くないものだったとする一方で、攻撃面に関しては改善が必要であると振り返った。 「まさかこんな結果になるとは思わなかった。だが、私の考えでは一歩前進したつもりだ。このチームとここで対戦すると、いつも難しい試合になる。あまりリスクを冒さずに試合を読み、コントロールできていると思っていたよ。サッカーで起こりうるミスの代償を払ったまでだ」 「カウンターで失点することはなかったし、中盤でボールを失うことも少なかった。最少失点だったが、もっと積極的に前へ行かなければならないし、ゴール前の質をもっと改善しなくてはならない。ミスによる偶然の結果に左右されてはならないのだ」 「我々は前線に何かが足りておらず、スペースを上手く活用できていない。ワイドにとる選手がいれば、ボールを持たずとも動きを加えることができ、相手により危険な状況を強いることができる」 「ただ、今は休むべきだ。それ以外にない。このスケジュールでは仕事の話はあまりできない。このようなサッカーでは、私はだんだん好きではなくなっているよ」 2021.09.17 15:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly