広州退団のパウリーニョ、新天地はサウジアラビアに!

2021.07.23 13:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアのアル・アハリは22日、元ブラジル代表MFパウリーニョ(32)を獲得したと発表した。契約期間は3年となる。

コリンチャンスやトッテナムなどでプレーしたパウリーニョは、2015年に広州恒大(現・広州FC)に移籍。2年間を過ごした後、2017年に4年契約でバルセロナへ完全移籍するも、翌年の夏にレンタル移籍で広州FCに復帰していた。

さらに、2019年1月には買取オプションが行使され、2度目となる完全移籍を果たすと、その後は2シーズンに渡ってプレー。しかし、昨季終了後に母国に帰国すると、新型コロナウイルスの影響で中国への再入国が叶わなかったことから、先月20日に双方合意の上で契約を解除していた。

4年半を過ごした広州FCでは、公式戦172試合に出場し74ゴール29アシストを記録。3度の中国スーパーリーグ制覇に加え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、中国FAカップ優勝など8つのタイトル獲得に貢献していた。

加入が決まったアル・アハリは、サウジ・プロフェッショナルリーグで3度の優勝を誇る強豪。しかし、昨季は8位と低迷したことから、パウリーニョにはチームの立て直しというミッションが科せられることとなりそうだ。


関連ニュース
thumb

韓国代表FWイ・スンウ、水原FCで再起! 地元クラブでKリーグ初挑戦

水原FCは3日、韓国代表FWイ・スンウ(23)の獲得を正式発表した。 マジョルカの韓国代表MFイ・ガンインと並び、韓国の将来を背負って立つ存在として、10代の頃から注目されるイ・スンウ。マジョルカの日本代表MF久保建英と同じくバルセロナのカンテラ出身だが、なかなか才能を輝かし切れずにいる。 ヴェローナでもいまいちに終わると、2019年8月にシント=トロイデン入り。今年2月にシーズンローンでポルティモネンセに移り、今季からシント=トロイデンに戻ったが、ジュピラー・プロ・リーグ3試合でベンチ入りしたのみだった。 そうしたなか、先月23日に契約を解除。新天地として、にわかにJリーグの可能性なども浮上したが、最終的に地元クラブの水原FCで再起を期す決断を下した格好だ。キャリア初の母国でのプレー決定を受け、クラブで意気込みを語った。 「水原FCを通じて初めてKリーグのファンと会えると考えると感慨深い。チームに早く適応して、来季に水原FCが名門クラブとなれるよう最善を尽くす」 2021.12.03 12:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド暫定指揮のキャリック、逆転勝利を置き土産に退団…ラングニック新体制に残らず

マンチェスター・ユナイテッドが2日、アシスタントコーチを務めるマイケル・キャリック氏(40)の退団を発表した。 キャリック氏は現役時代の2006年夏にトッテナムから加わり、2017-18シーズン限りで引退。それからもユナイテッドにとどまり、指導者に転身すると、オーレ・グンナー・スールシャール前体制のコーチスタッフに入閣した。 今季もコーチとして従事したが、先月にスールシャール監督が解任され、暫定指揮官に。チャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦、プレミアリーグのチェルシー戦、そして2日のアーセナル戦と公式戦3試合で指揮を振るった。 チェルシー戦こそ1-1のドローに終わったが、続くアーセナル戦で3-2の逆転勝利。監督就任が決定済みのラルフ・ランゲニック氏もスタンド観戦するなか、大一番を制したキャリック氏だが、退団を決心しての指揮だったようだ。 労働許可書の取得を済ませ、次戦のクリスタル・パレス戦から指揮を執るラングニック新監督に良い流れでバトンを受け渡し、現役時代を含めて15年間を過ごしたユナイテッドを去る決断を下したキャリック氏。別れの挨拶をした。 「この偉大なクラブでの時間は私のキャリアにとっても常に最高の年月として位置づけられることだろう。15年以上も前に契約したとき、これほど多くのトロフィーを掲げられるなんて夢にも思っていなかった。選手としても、コーチとしても、このファンタスティックな思い出を決して忘れない」 「しかし、考えに考え抜いた結果、今こそがこのクラブを去るのに適したタイミングだと決断した。選手全員はもちろん、バックルームのスタッフにも感謝している。このような素晴らしいグループと長く仕事をともにするのは本当に楽しく、末永い友情も築けた」 「私は今も、そしてこれからもマンチェスター・ユナイテッドのファンであり、できる限り多くの試合を観戦したい。ラルフ、スタッフ、選手、そしてファンの今後の活躍を祈るとともに、いちファンとしてスタンドから彼らを応援することを楽しみにしている」 2021.12.03 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

カリアリがD・ファリアスと契約解消…セリエA昇格貢献も近年レンタル繰り返す

カリアリは2日、ブラジル人FWジエゴ・ファリアス(31)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ブラジル出身のファリアスは2005年にキエーボの下部組織に加入。2009年にトップチームに昇格を果たしたが、プロデビューはレンタル先のエラス・ヴェローナ(当時セリエC)に。その後、フォッジャ、ノチェリーナ、サッスオーロへのレンタル移籍を繰り返した中で、2014年にカリアリへ完全移籍。 カリアリでは通算144試合に出場し、33ゴールを記録。2015–16シーズンのセリエBでは14ゴールを挙げて1年でのセリエA復帰の立役者となったが、近年はエンポリ、レッチェ、スペツィアへのレンタル移籍を繰り返していた。 スペツィアからのレンタルバックとなった今シーズンはここまでセリエA4試合に途中出場していた。 2021.12.03 01:16 Fri
twitterfacebook
thumb

かつて日本代表監督候補にもあがったペケルマン氏、W杯南米予選最下位のベネズエラ代表監督就任

ベネズエラサッカー連盟(FVF)は、ベネズエラ代表の新指揮官にホセ・ペケルマン氏(72)が就任することを発表した。 ベネズエラ代表は、ホセ・ペセイロ監督が今年8月に解任。レオ・ゴンサレス氏が率いていた。 カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選を戦うベネズエラだが、ゴンサレス監督の下では8試合を戦い1勝7敗と大不振。予選最下位に位置している。 ペケルマン氏は、世界的な名将として知られ、アルゼンチン代表やコロンビア代表を指揮。コロンビアでは、2度のW杯に出場するなど、代表チームの復活に寄与していた。 過去には日本代表監督の候補にも浮上したことがあり、引くて数多の指揮官だったが、ロシアW杯後に退任。その後はフリーだった。 契約期間は5年間。2026年に行われるアメリカ、カナダ、メキシコが共催するW杯まで指揮を執ることとなる。 ペケルマン氏は監督就任に際してコメントしている。 「歓迎していただき、ありがとうございます。自分が正しい場所にいることがわかりました」 「我々は熱意を持つことから始めている。希望は我々が持っている目標で開かれる。代表チームに明日はない。選手は今日のことを考えなければならない」 2021.12.02 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがGKの更なる強化へ…94年W杯王者の元ブラジル代表GKタファレル氏のGKコーチ就任合意を発表

リバプールが新たなサポートを手にすることなった。 11月30日、リバプールは新たなGKコーチと合意したことを発表。元ブラジル代表GKのクラウディオ・タファレル氏(55)が就任することとなった。なお、労働許可が降りた後からとなる。 現役時代はインテルナシオナウやパルマ、レッジアーナ、アトレチコ・ミネイロ、ガラタサライでプレーしたタファレル氏。ブラジル代表として101試合に出場し、1990年、1994年、1998年と3度ワールドカップ(W杯)に出場した。 3大会ともに正守護神としてW杯を戦い、1994年のアメリカ大会ではイタリア代表とのPK戦を制して優勝。1998年のフランス大会は決勝まで進むも、フランス代表の前に準優勝に終わっていた。 クラブレベルでもガラタサライ時代にUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を制するなど、多くのタイトル獲得を経験した名守護神は、ガラタサライでGKコーチや暫定監督を経験。現在はブラジル代表のGKコーチとして2014年から働いており、リバプールと兼任することとなる。 リバプールにはそのブラジル代表のGKアリソン・ベッカーが在籍。GKコーチにはオランダ人のジョン・アフテルベルグ氏、アシスタントGKコーチにはイギリス人のジャック・ロビンソン氏がいるが、タファレル氏が加わることで、更なるGK強化に動くことになる。 ユルゲン・クロップ監督はタファレル氏を迎えることについて言及。GKを強化し、リバプールというクラブで強化を進めていきたいと語った。 「我々はGKについて独自の哲学を築きたいと思っている。GKが独自のゲームを持っていることは誰もが認めるところだが、だからこそ我々はGKについて全く異なる見解を持ってもらいたいと思った」 「世界最高のGKの2人がブラジル人であることから、アリに相談したところ、タファレルをコーチングスタッフに加えることで解決することができた。タファレルを迎えることで、また違った視点で物事を見ることができると考えている」 「我々は世界のサッカー界で、正しいGKスクールになることを目指している」 また、現在の2人のGKコーチにも影響があると語り、GK以外にもブラジル人選手の助けになるだろうと語った。 「タファレルがここにいることは、ジョン(・アフテルベルグ)にとっても、ジャック(・ロビンソン)にとっても、アイデアや分析結果を交換するのに適している」 「トレーニンググラウンドでは、異なる文化を持つことが重要だ。オランダ人、イギリス人、ドイツ人。そして今では、コーチングスタッフにブラジル人も加わっている。それは確かな助けになる」 2021.12.02 12:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly