フランクフルトで8シーズン目に臨む長谷部誠は心身ともに充実! 去就や主将の役割にも言及

2021.07.20 21:09 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が新体制でのプレシーズントレーニングを振り返っている。クラブ公式サイトが8シーズン目を戦う重鎮MFのコメントを伝えた。

ニュルンベルク時代に仕事をした経験があるオリバー・グラスナー新監督の下で新シーズンに向けた準備を進めるフランクフルト。

その中でピッチ内外のリーダーとして存在感を示すことが期待される37歳のMFは、ここまでのチームの歩むに満足感を示している。

「個人的に良い気分ですし、チーム自体も非常にうまくやっています。昨日は完成したProfiCampと新しいトレーニングエリアを見ることもできました。トレーニング環境は本当に素晴らしいと思います」

「新しい監督が来て、すべての選手がゼロからのスタートになっています。競争は熾烈で、僕自身もチームの一員として一生懸命努力しなければならないです。ただ、僕らはそういったことに慣れていますし、毎シーズンの初めはそういうものですね」

久々の再会となったグラスナー監督の下では2週間程度トレーニングを行っている段階だが、良いコミュニケーションを取れているようだ。

「僕らは彼の下でまだ2週間半しかトレーニングをしていません。彼は攻撃面、守備面的の両方の細部について僕らと考えを共有しています。これまでは守備的な仕事により注意を払ってきましたが、今は攻撃の部分の仕事に取り組んでいます」

「個人的に彼の性格に非常に感銘を受けています。それは僕にとって非常に重要な要素です。彼はとてもオープンでコミュニケーションがうまく取れています」

「僕らは彼のゲーム哲学とアイントラハトのスタイルについて広く話しをしています。(グラスナー監督の前所属先の)ヴォルフスブルクは昨シーズン、ほとんどゴールを与えなかったので、その安定性をここでもゲームに取り入れたいと考えています。僕らは昨シーズンにたくさんのゴールを決めましたが、あまりにも多くの失点を喫していました。それを変えたいと思っています」

また、プレシーズンの時期には多くの若手プレーヤーとトレーニングを共にすることが多いが、長谷場は「自分の息子でもおかしくない」と自身がプロキャリアで過ごしてきた年月の長さを実感しながらも、ベテランプレーヤーとして良いお手本になりたいと考えている。

「少しおかしな気分ですね。16歳の若手は僕の息子であってもおかしくないです。(笑) たとえば、(19歳のトルコ人MF)アリ・アクマンはいつも僕の後ろでウォームアップし、僕のエクササイズをじっと見守っています。彼は同時に僕がロッカールームで何をしているのかを観察しています。だから、ピッチとロッカールームのどちらでもロールモデルになりたいと思っています」

さらに、新シーズンに向けて気になるポジションに関しては昨シーズンと同様に3バックの一角、ボランチの2ポジションで試されていることを明かしている。

「ヴィースバーデン戦では6番(ボランチ)でプレーし、土曜日の試合では3バックの一角でプレーしました。監督は、僕らがどのフォーメーションでプレーし、どのポジションで自分を起用したいかをまだ決めていないと思っています」

「僕らはすべてのオプションを試している最中で、個人的には2つのポジションでプレーすることができると思っています。いつでも準備ができていますし、僕自身驚いているところですが、自分の年齢にも関わらず、昨シーズンは6番でも良いプレーができました。体調はすこぶる良いと感じています」

また、前体制ではキャプテンを任されていた長谷部だが、現時点では新シーズンも引き続きキャプテンを務めるかは不透明な状況だ。長谷部自身はキャプテンの役割を気に入っているが、若い選手たちにより責任を持ったプレーすることも求めている。

「キャプテンになるのは本当に楽しいことですが、監督がそれを決めなければなりません。また、若い選手はもっと責任を持って取り組むべきだと思っています。私はその役割を対処することができますが、一部の若い選手はまだそれを対処できません。おそらく、それは次の世代が引き継ぐときだと感じています。そして、候補者はたくさんいます。ただ、現時点で自分が誰かを推すことはできませんし、そうしたくないですね」

最後に、昨夏にも現役引退の可能性が伝えられ、来年1月に38歳となるベテランMFは、自身の引き際に関しても言及。

「僕は自分自身をさらに成長させ、チームでのポジションを獲得したいと思っています。ほぼ一年前、僕は実際に夏にキャリアを終えることを計画していました。だけど、計画は常に変わる可能性があるものです。 自分が健康で、気分が良い限りサッカーを続けられると思っています」

新生フランクフルトにおいて心身ともに充実の様子を見せる長谷部。今シーズンのブンデスリーガでもチームをけん引する仕事が期待できそうだ。

関連ニュース
thumb

トッテナムDFラングレ、CLラウンド16進出へ意気込み「次の2試合は落とせない」

トッテナムのフランス代表DFクレマン・ラングレが、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16進出へ向けて意気込みを語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ラングレはバルセロナで出場機会が減少し、今夏に1年レンタルでトッテナムへと加入。今季の開幕直後はやや出遅れたものの、9月以降に3バックの一角で定位置を確保し、プレミアリーグ4試合とCL2試合に出場している。 そんななか、加入から約3か月が経ち、新天地にも慣れ、充実した日々を送っていると語ったラングレ。4日にアウェイで行われたCLのグループD第3節フランクフルト戦も振り返り、ラウンド16進出へ向けて意気込みを口にしている。 「いまはとても調子が良い。シーズンの初めは少し疲れていた。準備と適応が本当に大変でね。プレミアとこのクラブの激しさはとてつもないよ。日に日に良くなっている実感がある」 「フランクフルトはとても良いチームだね。バルサにいた昨季はカンプ・ノウでやられたよ。本当に、本当に大変だった。この経験から、今回もとにかくインテンシティで彼らを凌駕しようと心がけた。僕自身はうまくいったと思う」 「CLでラウンド16に進むためには、次からの2試合を落とすことは考えられない。勝利が目標。とても明確だよ。(フランクフルト戦は)本当にタフなゲームだったから、次もそうなるだろうね」 アウェイでのフランクフルト戦はスコアレスドローに終わったトッテナム。12日にはホームでのリターンマッチを控えている。 2022.10.06 16:53 Thu
twitterfacebook
thumb

「マコトは僕たちの模範」ドイツ代表GKがケインを封じた38歳の長谷部誠を称賛「2度も引退しそうになっていた」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップが、MF長谷部誠を称えた。ドイツ『DW』が伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムと対戦。ホームに迎えた中、ゴールレスドローで引き分けた。 この試合で注目を浴びたのは、長谷部。3バックの一角として先発出場すると、イングランド代表FWハリー・ケインを完封。トッテナムに枠内シュートを打たせないなど、高いレベルでの守備を披露した。 38歳になり、現役引退も近づいていく中での高パフォーマンスにはオリバー・グラスナー監督が試合後に「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした」と称賛していたが、チームメイトも驚きを隠さなかった。 トラップは長谷部について「マコトは僕たち全員にとっての模範だ」とコメント。ワールドクラスのトップストライカーを封じた点を称えた。 「今日、ハリー・ケインに対して、彼はフィジカル的にはおそらくそれほど強くはないが、彼はしっかりとコントロールしていた」 「彼にボールを預けることで、チームに必要な自信を与えてくれることを知っている」 「彼は2度も引退しそうになっていたが、幸いにも引退せずに済んだ。僕たちにとってとても重要な選手だ」 「38歳で、彼は自分の体に必要なことをやっている」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部誠がケインを封じる!相手の枠内シュートはゼロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

11月来日の長谷部誠が『シュート!』とコラボ! 来日を記念して書き下ろしの特別漫画『長谷部誠物語』の制作が決定

11月に来日するフランクフルト。スカパーJSAT株式会社は、11月に行われる「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by のスカパーJSAT」の開催を記念し、伝説のサッカー漫画『シュート!』とコラボすることを発表した。 今回のコラボでは、『シュート!』掛川高校の伝説のプレイヤー・久保嘉晴とフランクフルトの長谷部誠が一対一で勝負するシーンをジャパンツアー全体KVとして制作。また、今回対戦する浦和レッズ戦、ガンバ大阪戦の盛り上げとして、久保嘉晴がそれぞれのクラブのユニフォームを着用した特別verも制作。当ビジュアルはジャパンツアー特設HPほか、当日の試合会場にて展示を予定している。 さらに日本凱旋となるフランクフルト所属・長谷部誠のサッカー人生にフォーカスした、大島司先生書き下ろしの特別漫画『長谷部誠物語〜Never change & Keep glowing〜』の制作が決定。無料配信することが決定した。配信日、配信媒体に関しては詳細決定次第発表される。 今回の件を受け、長谷部と大島先生がコメントしている。 ◆長谷部誠(フランクフルト) 「子どもの頃に漫画が擦り切れるほど繰り返し読んでいた作品で自分を描いていただけるという事を大変光栄に思います。『トシ、サッカー好きか?』のフレーズをチームメイトと言い合いながらサッカーをしていた子ども時代を昨日のように思い出します。完成をとてもとても楽しみにしています!多くの方々に読んでいただけると嬉しいです!」 ◆大島司先生 「みなさん、こんにちは。大島司です。久保嘉晴は中学時代、ドイツ・フランクフルトのジュニアユースでプレーしてました。そのご縁で、今回の企画が進みました。ドイツで15年にもわたりトップで活躍を続けられている長谷部誠選手の物語を描けることは、運命的なものを感じます。絶賛執筆を進めておりますので楽しみにお待ちください」 「ブンデスリーガジャパンツアー2022 powered by スカパーJSAT」では、フランクフルトは11月16日(水)に埼玉アムスタジアム2002で浦和レッズと、11月19日(土)にパナソニック スタジアム吹田でガンバ大阪と対戦する。 <span class="paragraph-title">【写真】長谷部が久保嘉晴とコラボした『長谷部誠物語』のポスター!浦和&G大阪バージョンも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/sky20221005_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.05 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「マコトは素晴らしいプレー」トッテナムを枠内シュート0に抑えた長谷部誠を指揮官が絶賛「選手のみんなを称えたい」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督が、トッテナム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムをホームに迎えた。 日本代表MF鎌田大地、そしてMF長谷部誠も先発出場した試合。トッテナムがボールを握る中、フランクフルトも反撃に出る展開となる。 後半はフランクフルトも攻撃的に出ると、トッテナムはカウンターで応戦。しかし、互いにフィニッシュの精度を欠き、ゴールを奪えないまま試合は終了した。 ホームで引き分けに終わったものの、トッテナムの枠内シュートは0。長谷部を中心に高いパフォーマンスを見せた中、グラスナー監督は試合後に選手たちを称えた。 「選手のみんなを称えたい。とても良いパフォーマンスだった。誰もがトッテナムのクオリティを見ただろう。どちらのチームにもチャンスがあり、引き分けは問題ない」 「我々は長い間立ち向かい、勇気を持ち、何度もプレッシャーから解放された。そこに上手く対応できた」 「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした。トッテナムの守備の強さは我々に多くの要求を課していた。これらのゲームに慣れるには、こういったゲームをしなければいけない」 「後半は前半よりも上手くやれる部分があった。このグループは、全てのコーチが言うことを確認する。とてもバランスが取れており、全てが可能となる」 「最終的には直接対決が重要になる場合がある。トッテナムに勝つためには、ロンドンで勝ち点3を獲得したい」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部、鎌田も活躍のトッテナム戦は互いに譲らずドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ドローでCL2戦未勝利のトッテナム、コンテ監督「パフォーマンスはポジティブだった」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がチャンピオンズリーグ(CL)でのドローに一定の満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは敵地で4日に行われたCLグループD第3節でフランクフルトと対戦した。先週末の“ノースロンドン・ダービー”で完敗を喫した直後の試合となり、立ち上がりから主導権を握ったものの、先制点を奪えないままハーフタイムへ。後半はよりオープンな展開となり、カウンターからゴールを狙うが、最後まで相手の集中した守りを崩せず、ゴールレスドローに終わった。 これでCL2試合未勝利となったが、コンテ監督はチームのパフォーマンスぶりをポジティブにとらえているようで、ダービーでの手痛い敗戦から立ち直った選手たちの姿勢を称えている。 「パフォーマンスはポジティブだった。高い強度で良いゲームができたと思うし、ピッチのどのゾーンでもプレッシャーをかけ、チャンスを作れていた」 「改善すべき点を見つけるとしたら、より冷静になる必要があるのは確かだ。このタイプの試合でチャンスを作ったなら、冷静になって得点まで繋げなければならない。点を取らなければ、勝利はないのだからね」 「アーセナル戦後に選手たちが良い反応を示すことには確信があった。ただ、試合中にこうした努力をすれば勝つべきであり、少しがっかりする必要はあるだろう。繰り返しになるが、勝ちたいなら得点を決めなければならない」 「とはいえ、今日は少なくとも0-0で試合を終えられた。(前節の)スポルティングCP戦では均衡した展開で得点するチャンスを失い、終了間際に2失点を許したからね」 「私は常に、このグループDには素晴らしいバランスがあると言ってきた。すべてのゲームですべてのチームがポイントを獲得することも失うこともできるだろう。我々はホームで2試合を戦った後にマルセイユでプレーする必要がある。ホームのファンと共に、決勝トーナメントに進むために最善を尽くせると確信しているよ」 2022.10.05 11:26 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly