元コロンビア代表FWバッカがグラナダに加入、昨季はビジャレアルでプレー

2021.07.14 08:53 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダは13日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカ(34)の加入を発表した。

バッカは2012年1月に母国のフニオールからクラブ・ブルージュへと加入し、ヨーロッパに活躍の場を移すと、その後はセビージャ、ミラン、ビジャレアルでこれまでプレーした。

これまでラ・リーガでは通算182試合に出場し62ゴール26アシストを記録。ミラン時代には公式戦77試合で34ゴール8アシストを記録していた。

ビジャレアルでは最も試合に出場し公式戦144試合で43ゴール15アシストを記録。2020-21シーズンはラ・リーガで23試合5ゴール、ヨーロッパリーグで9試合3ゴール2アシスト、コパ・デル・レイで3ゴール1アシストを記録していたが、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。

またコロンビア代表としても52試合で16ゴールを記録。2018年10月を最後に招集されておらず、今夏のコパ・アメリカ2021もメンバー外だった。



1 2
関連ニュース
thumb

終盤CB2枚にL・デ・ヨングの力業で土壇場同点弾もバルセロナがホームで痛恨ドロー…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、バルセロナvsグラナダが20日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。 開幕2勝1分けの上々のスタートを切ったバルセロナだが、チャンピオンズリーグ(CL)初戦のバイエルン戦では0-3のスコア以上の完敗を喫し、今シーズンの公式戦初黒星を喫した。負傷者の多さというエクスキューズはあるものの、就任2年目のクーマン監督に対する風当たりは強く、今回のホームゲームでは解任論を払しょくする勝利が求められた。 その重要な一戦ではバイエルン戦から先発4人を変更。負傷のペドリとジョルディ・アルバに加え、ベンチスタートのピケとルーク・デ・ヨングに替わってデストと、今季初スタメンのコウチーニョ、デミル、プリメーラデビューのアレックス・バルデが起用された。 ホームで勢いを持って試合に入りたいバルセロナだったが、いきなり出ばなを挫かれる。開始2分、グラナダの左CKの流れから左サイド深くのエスクデロにあっさりとクロスを上げられると、これをファーサイドでフリーのドゥアルチに頭で叩き込まれた。 3トップに右からデミル、デパイ、コウチーニョを配置したフレッシュなアタッキングユニットですぐさま反撃を目指すホームチームは、失点直後にボックス内で仕掛けたコウチーニョが倒されるが、VARのレビューが入ったものの、ノーファウルの判定となった。 以降は最前線にモリーナを残して[4-5-1]の後ろに重い布陣で、中央を徹底的に締めるアウェイチームに対して、デストとバルデを常に高い位置に張らせながらサイドを起点に攻略を図っていく。18分には右CKの流れからボックス中央のセルジ・ロベルトが狙いすました右足のコントロールシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 以降はバルセロナが70%を超えるボール支配率で、相手を完全に押し込んでハーフコートゲームを展開。だが、最後の局面で粘りを見せるグラナダの守備を崩し切れない。 前半終了間際の42分には腰を痛めたバルデに替えてミンゲサを投入し、ミンゲサを右サイドバック、デストを左サイドバックに配置を変更。前半アディショナルタイムには制空権を握ったセットプレーからアラウホ、ミンゲサと打点の高いヘディングシュートから三度決定機を作り出すが、GKマクシミアーノのビッグセーブなどに阻まれて前半のうちに追いつくことはできなかった。 クーマン監督は逆転を期す後半に向けてセルジ・ロベルトを下げてL・デ・ヨングをハーフタイム明けに投入。この交代でデパイが左ウイング、コウチーニョが左のインテリオールと配置を変えた。 早い時間帯にゴールがほしいホームチームは、左サイドのデストとデパイを起点に個人の仕掛けとシンプルなクロスに攻め手を見出すが、セットプレーからのアラウホのヘディング、ボックス内でルーズボールに反応したデパイと続けざまの決定機をモノにできず。 60分にはコウチーニョを諦めてガビを投入したバルセロナは、以降も相手を押し込み続けるが、専守防衛の構えを見せるグラナダの守備をこじ開けることができない。 これを受けてクーマン監督は75分、デミルとブスケッツを下げてリキ・プッチとピケを投入。ピケをL・デ・ヨングと共に最前線に配置し、ここからクラブの攻撃哲学を捨ててクロスの雨を降らしていく。だが、L・デ・ヨングが絶好機を逸するなど、この試みも機能しない。 それでも、試合終盤に入ってアラウホまで空中戦のターゲットとして前線に残したバルセロナは、90分にストライカーと化したピケとアラウホのボックス内でのポストワークからボックス右でガビが上げた柔らかなクロスを、最後はアラウホが頭で押し込み、土壇場で同点に追いついた。 しかし、ここから徹底的に時計を進めるプレーで勝ち点1奪取を目指すグラナダ相手に逆転ゴールを奪うまでには至らず。タイムアップを告げるホイッスルと同時にブーイングが吹き荒れるカンプ・ノウでの一戦は、1-1のドローに終わった。 2021.09.21 06:13 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダ、セビージャ退団のエスクデロ獲得を発表

グラナダは8月31日、スペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は明かされていない。 レアル・ムルシアの下部組織出身で、2010年夏に加入したシャルケではDFBポカール優勝に貢献したエスクデロは、2013年のヘタフェ移籍を経て、2015年夏にセビージャに加入した。 セビージャではすぐに主力定着とはならなかったが、2年目から出場機会が伸びると、3年目には主将まで務めるようになった。 しかし、フレン・ロペテギ監督が就任した2019-20シーズンから出番が激減。昨季はケガによる長期離脱の影響もあり、公式戦14試合の出場にとどまった。 そして、シーズン終了後に契約満了をもってセビージャを退団。SNSで感動的なメッセージを残していた。 2021.09.01 15:31 Wed
twitterfacebook
thumb

グラナダがアトレティコからDFアリアスをレンタルで獲得! 昨季は大ケガでほとんどプレーせず

グラナダは30日、アトレティコ・マドリーからコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となっている。 2011年に母国リーグのクラブ・デポルティボ・ラ・エキダ・セグロスからポルトガルのスポルティング・リスボンへ移籍したアリアスは、その後2013年にオランダのPSVに加入。在籍5年間で公式戦172試合出場10ゴール21アシストを記録すると、2018年にアトレティコへ移籍した。しかし、アトレティコでは出場機会を確保することができず、昨年夏にレバークーゼンへレンタルで加入している。 ドイツの地での活躍が期待されていたアリアスだが、昨年10月の代表戦で左腓骨の骨折と足首のじん帯断裂という重傷を負い、その後のシーズンは全休。レバークーゼンでは公式戦1試合のみの出場に留まり、今夏にアトレティコへ復帰したものの、再び移籍先を探していた。 グラナダは昨シーズン公式戦46試合に出場していた右サイドバックのフランス人DFディミトリ・フルキエ(28)が、バレンシアに移籍。後釜となる選手の確保が急務となっていた。 2021.08.31 16:12 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアがグラナダからDFフルキエを4年契約で獲得! 昨季はELでも活躍

バレンシアは30日、グラナダからフランス人DFディミトリ・フルキエ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間となる。『transfermarkt』によると、移籍金は250万ユーロ(約3億2000万円)とのことだ。 レンヌの下部組織出身であるフルキエは、2013-14シーズンにグラナダへレンタル移籍。その後完全移籍を果たし3年間プレーをしたあとで、ワトフォードに活躍の場を移した。 しかし、ワトフォード時代はレンタル生活が続いたこともあり、公式戦5試合にしか出場できず。昨夏に出場機会を求め、グラナダへ復帰していた。2度目のグラナダで主力に定着したフルキエは、昨シーズン公式戦46試合出場1ゴール6アシストの成績を残しており、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でもプレーしている。 フルキエは右サイドバックのほか左サイドバックでプレーした経験も持っており、ユーティリティ性の高さを備えたデンマーク代表DFダニエル・ヴァスの去就が不透明だったバレンシアが着目。これまで獲得の交渉を続けていた。 2021.08.31 15:21 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダがスポルティング生え抜きGKマクシミアーノを完全移籍で獲得

グラナダは17日、スポルティング・リスボンから元U-21ポルトガル代表GKルイス・マクシミアーノ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 マクシミアーノはスポルティングの下部組織出身。生え抜き選手として下部組織を順調に昇格し、2018年7月にファーストチームへと昇格を果たした。 これまでファーストチームでは36試合に出場し14試合でクリーンシートを達成。2019-20シーズンはプリメイラ・リーガで23試合、ヨーロッパリーグで4試合などに出場していたが、2020-21シーズンは公式戦5試合の出場に終わっていた。 世代別のポルトガル代表にはU-16からU-21まで招集を続けられてきた。2017年、2019年のU-20ワールドカップではメンバー入りを果たしたが、出場機会はなかった。 2021.08.17 21:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly