ウルブスDFヴィナグレ、古巣スポルティング・リスボンにレンタル

2021.07.10 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スポルティング・リスボンは9日、ウォルバーハンプトンのポルトガル人DFルベン・ヴィナグレ(22)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。

ユース時代にスポルティング・リスボンで3年プレーし、モナコでプロデビューを飾った左サイドバックを本職とするヴィナグレ。ウルブスには2017年夏にレンタルで加入し、翌シーズンに完全移籍していた。

そのウルブスではバックアッパーとして公式戦70試合に出場した中、2020年10月にオリンピアコスにレンタル移籍し、今年1月には母国ポルトガルのファマルカンにレンタル移籍し、リーグ戦20試合に出場して3アシストを記録していた。


関連ニュース
thumb

ヒザの手術で長期離脱中のレナト・サンチェスにウルブスが注目! レンタルで獲得か

ウォルバーハンプトンが、リールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ベンフィカ在籍時代に逸材として名を馳せ、2016年夏に18歳でバイエルン入りしたレナト・サンチェス。しかし、バイエルンの3年間ではその輝きを見せることはできず、2019年夏からリールを活躍の場に移している。 そのリールではここまで公式戦60試合に出場する中で、昨季はリーグ・アン制覇を果たした。ケガによる欠場も少なくなかったが、優勝の行方を左右する最終節のアンジェ戦で1アシストを記録し、10シーズンぶり5度目の優勝に貢献した。 王者として迎えた今シーズンは開幕節のメス戦こそフル出場したものの、その後は右ヒザの半月板の損傷が確認され、16日に手術を実施。離脱期間は6週間と伝えられ、今夏の移籍の可能性は消滅したと見込まれていた。 しかし、その才能にウルブスが注目。同クラブはプレミアリーグ開幕3試合で0ゴール0ポイントと最悪のスタートを切っており、汚名返上を期する状況。その一手として、ポルトガル代表MFのレンタルを画策しているようだ。 すでにクラブ間合意に近づいているとのことで、移籍期限となる8月31日までに取引は完了すると見込まれている。 2021.08.31 16:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバは「彼には触れていない」決勝ゴール直前のタックルシーンに両者が見解、ネヴェスは「僕がボールに触れた」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバとウォルバーハンプトンのポルトガル代表MFルベン・ネヴェスが物議を醸したシーンについてそれぞれ見解を示した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 両者は29日に行われたプレミアリーグ第3節にそれぞれ先発。唯一のゴールシーンに絡んだ。 ゴールシーンとなったのは80分、ネヴェスとポグバのイーブンボールの競り合いの場面でポグバのファウルとセルフジャッジして一瞬動きを止めたウルブスに対して、そのままプレーを継続したユナイテッドはDFラファエル・ヴァランから右サイドに張るFWメイソン・グリーンウッドにパスが繋がる。ここで強引に切り込んだグリーンウッドが右足を振ると、GKジョゼ・サの手を弾いたボールがゴール左隅に決まった。 その後、ネヴェスに対するポグバのファウルがVARで確認されるが、お咎めなしの判定となりゴールが認められた。 ポグバのタックルについては、イギリス『スカイ・スポーツ』の解説者であるグレアム・スーネス氏とロイ・キーン氏もファウルだと主張していたが、2人も『スカイ・スポーツ』のインタビューで言及した。 ポグバは「僕は彼に触れていない。ここはプレミアリーグで、毎週末フェアに行われている。僕たちはボールを奪い、ゴールを奪った」とコメント。 一方のネヴェスはVARに苦言を呈しつつ、ファウルだったと主張している。 「そのプレーを見て、僕の足を見た誰も理由は分からない。僕たちは常にVARについてレフリーとミーティングやすべてを行っている」 「彼らはシーズンが始まる前に接触を探すと言った。接触が十分に強ければ、彼らはファウルを与えるはずだ。僕は彼らに足を見せた」 「前回の試合はサウサンプトンのゴールの前にファウルがあったのかもしれないが、今回はその逆だった可能性がある。僕は主審に足を見せ、副審に見せた。これ以上何も言えない」 「試合後、主審は『あなたたちは2人ともボールに行った』と言い、僕は『はい、僕たちは両方ともボールのために行くが、僕がボールに触れた』と言った。あれはファウル、明らかなファウルだ」 <span class="paragraph-title">【動画&写真】接触はあったか?ポグバのタックルシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/rCka_wQSj2w?start=93" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Pogba’s studs over the ball for that tackle on Neves.<br><br>Foul or not? <a href="https://t.co/M91RTC0o76">pic.twitter.com/M91RTC0o76</a></p>&mdash; Owuraku Ampofo (@_owurakuampofo) <a href="https://twitter.com/_owurakuampofo/status/1432037560470102023?ref_src=twsrc%5Etfw">August 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.31 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「足にレンガがついてる」“フィジカルお化け”スペイン代表FWのえげつない筋肉が再び脚光

サッカー選手とは思えない筋骨隆々な肉体と圧倒的なスピードを武器に、2020年にはスペイン代表デビューも果たしたウォルバーハンプトンのFWアダマ・トラオレ。今シーズンも変わらぬ筋肉が話題になっている。 『433』が注目したのは、トラオレの脚の筋肉だ。トラオレは29日に行われたプレミアリーグ第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発出場していたが、キックのモーションに入ったトラオレのパンツとソックスの間からは見事な大腿四頭筋が顔を覗かせている。 筋肉があるだけでなく体脂肪率も低いため、筋肉が部位ごとにしっかりと別れ、境目がハッキリしている。そして、脚の太さも圧巻だ。 『433』が「今シーズンも同じ」と投稿したこの規格外の筋肉には「足にレンガがついている」「ボディビルダーの様だ」「モンスター」と感嘆する声が多く上がっている。 ユナイテッド戦ではゴールに直結する結果こそ残せなかったものの、そのスピードと突破力で幾度もユナイテッドゴールを脅かしていたトラオレ。今シーズンもその筋肉で自らの武器を存分に披露してくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ボディビルダーのようなトラオレの大腿四頭筋</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">New season, same <a href="https://twitter.com/AdamaTrd37?ref_src=twsrc%5Etfw">@AdamaTrd37</a> <a href="https://t.co/P3ffzzM9lz">pic.twitter.com/P3ffzzM9lz</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1432434853098795011?ref_src=twsrc%5Etfw">August 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.31 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

決勝ゴール直前のポグバのタックルに解説者が「レッグ・ブレイカー」と苦言…キーン氏は相手のリアクションに言及

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが繰り出したタックルが論争の的になっている。 ユナイテッドは29日、プレミアリーグ第3節でウォルバーハンプトンとホームで対戦。ポグバはボランチで先発出場する。 試合はウルブスがペースを握りながらも先制点を奪えないまま試合終盤を迎えると、80分にこの試合最初のゴールが生まれる。 相手陣内でポグバのトラップが大きくなったところで、相手MFルベン・ネヴェスとポグバがイーブンボールを競り合った。この場面でポグバのファウルとセルフジャッジして一瞬動きを止めたウルブスに対して、そのままプレーを継続したユナイテッドはDFラファエル・ヴァランから右サイドに張るFWメイソン・グリーンウッドにパスが繋がる。 ここで強引に切り込んだグリーンウッドが右足を振ると、GKジョゼ・サの手を弾いたボールがゴール左隅に決まる。その後、ネヴェスに対するポグバのファウルがVARで確認されるが、ノーファウルの判定によってゴールが認められた。 しかし、このタックルと判定についてイギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるリバプールOBのグレアム・スーネス氏が痛烈に批判した。 「あれはレッグ・ブレイカーだよ。これまでに試合をプレーしたことがある人なら誰もが、あれは危険なチャレンジだと言うだろう」 「それはファウルだ。ポール・ポグバはボールとはまったく接触しない。彼はすね、すね当てと接触する。ポール・ポグバの足がどれくらい高く上がっているかを見て、審判の位置(タックルの目の前だった)を見てほしい。彼はそれを見ていないだけだ!」 「彼らはその1ゴールで逃げ切った」 ユナイテッドのOBであるロイ・キーン氏もこれはファウルと断言。一方でネヴェスのアクションも判定の一因だとした。 「それはファウルだと思うが、ネヴェスは正直すぎたと思う」 「明白なファウルだ。彼がタックルの直後に倒れた場合、レフリーはFKを与えただろう。しかし、ネヴェスはレフリーの反応を遅らせた」 「レフリーがFKを与えたとしても、ユナイテッドの選手が不満を言ったとは思わない」 確かにネヴェスはタックルからワンテンポ遅れて倒れており、これがノーファウルと判断される1つの材料になったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】レッグ・ブレイカーとまで言われたポグバのタックルはノーファウルに</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/rCka_wQSj2w?start=93" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Pogba’s studs over the ball for that tackle on Neves.<br><br>Foul or not? <a href="https://t.co/M91RTC0o76">pic.twitter.com/M91RTC0o76</a></p>&mdash; Owuraku Ampofo (@_owurakuampofo) <a href="https://twitter.com/_owurakuampofo/status/1432037560470102023?ref_src=twsrc%5Etfw">August 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.30 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWファン・ヒチャンがウルブス加入! 買取OP付きのレンタル移籍

ウォルバーハンプトンは29日、RBライプツィヒから韓国代表FWファン・ヒチャン(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「26」に決定した。 浦項スティーラースの下部組織出身もレッドブル・ザルツブルクでプロキャリアをスタートしたファン・ヒチャン。オーストリアの地で着実にプレーヤーとしてのレベルを上げた韓国代表はリバプール、ドルトムントへステップアップを果たした日本代表FW南野拓実やノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと共に攻撃を牽引していた。 その活躍が評価され、昨夏には系列クラブであるライプツィヒへのステップアップを果たしたが、新型コロナウイルス感染の影響によるコンディション不良などもあり、思うように出場機会を得ることができず。昨シーズンは途中出場をメインに公式戦26試合に出場し、3ゴール3アシストの数字に留まった。 今シーズンはザルツブルクで指導を受けたジェシー・マーシュ監督がライプツィヒの新指揮官に就任したことで、より出場機会を得られるかに思われたが、昨夏にも獲得に動いていたウルブスへの移籍を決断した。 2021.08.30 06:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly