元ドイツ代表クルーゼが東京オリンピックに参戦か

2021.06.30 18:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンの元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(33)が東京オリンピックにオーバーエイジ枠として参加するようだ。

各国が続々と東京オリンピックのメンバーを発表する中、まだ発表がなされていないドイツ。その中でドイツ『キッカー』が、オーバーエイジでの招集選手についてクルーゼの名を挙げている。

同紙によればクルーゼ自身も今年の1月に「東京に行ってオリンピックに参加したい。これは素晴らしい経験だと思う」と語っていたとのことで、U-21ドイツ代表の指揮官を務めるシュテファン・クンツ監督とドイツサッカー協会(DFB)の担当者との間ではすでに話が行われた模様だ。

ウニオン・ベルリンでは前線で自由を与えられているクルーゼ。持ち前の攻撃センスをいかんなく発揮し、負傷離脱もありがながらも今季のブンデスリーガで22試合11得点5アシストの結果を残している。

U-21ドイツ代表は今年のユーロ2021を制しており、クルーゼの参加が決まれば、金メダルも現実味を帯びてくるだろう。

なお、同紙によればもう1人のオーバーエイジ枠として、2015-17年のU-21ユーロ優勝メンバーである、ヴォルフスブルクのMFマキシミリアン・アルノルト(27)が確実視されているようだ。

関連ニュース
thumb

ベッカーの劇的弾でウニオン・ベルリンが2勝目!日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第6節のウニオン・ベルリンvsビーレフェルトが25日に行われ、1-0でウニオン・ベルリンが勝利した。ウニオン・ベルリンの原口元気は81分からプレー、遠藤渓太はベンチ入りも出場せず、ビーレフェルトの奥川雅也は78分までプレーしている。 前節のドルトムント戦で今季初黒星を喫したウニオン・ベルリンは、その試合から先発を2人変更。原口と遠藤はドルトムント戦に続きベンチスタートとなった。 一方、今季いまだに勝利のないビーレフェルトは、前節ホッフェンハイム戦の先発からヴィマーをラズミに変更。奥川はトップ下で6試合連続の先発出場となった。 立ち上がりから拮抗した展開が続く中、先に決定機を迎えたのはウニオン・ベルリン。19分、右サイド高い位置でボールを受けたアウォニーのクロスをゴール前フリーのクルーゼがドンピシャのヘディングで合わせたが、これはGK正面を突いた。 やや押し込む時間帯が続いたウニオン・ベルリンだったが、31分にアクシデント。左クロスをクリアしたバウムガルトルが飛び込んできたクロスと頭同士で接触。バウムガルトルは担架に乗せられピッチを後にし、代わりにイェッケルが投入された。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、ビーレフェルトは60分にチャンス。シェプフのパスをボックス右で受けたクロスがカットインからシュートを放ったが、これは相手GKがキャッチ。さらにその1分後にはボックス右手前から中央に切り込んだハックがミドルシュートを狙ったが、これは相手GKの好セーブに防がれた。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、膠着状態が続く。そんな中、ビーレフェルトは78分に奥川を下げてクルーガーを投入。一方のウニオン・ベルリンは81分にプロメルに替えて原口をピッチに送り出した。 すると85分、ロングパスをボックス内のベッカーが胸で落とすと、ボックス手前に走り込んだ原口がダイレクトシュートで合わせたが、このシュートは枠 の上に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、ウニオン・ベルリンが88分に試合が動く。サイドチェンジから左サイドでボールを拾ったクルーゼがボックス左へパスを送ると、ベッカーの落としから最後はベーレンスが難しい角度からのシュートをゴールにねじ込んだ。 結局、これが決勝点となりウニオン・ベルリンが1-0で勝利。ウニオン・ベルリンが今季2勝目を飾った。 2021.09.26 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーランド2発のドルトムント、原口&遠藤途中出場のウニオンに4発勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsウニオン・ベルリンが19日に行われ、4-2でドルトムントが勝利した。ウニオンのMF原口元気は71分から、MF遠藤渓太は77分から出場している。 前節レバークーゼンとの派手な打ち合いを4-3で制したドルトムントは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ初戦ではベシクタシュ戦を2-1で制した。そのベシクタシュ戦のスタメンから負傷したブラントに代えてヴィツェルのみを変更した。 一方、ウニオンは前節、原口が前半半ばに味方の負傷交代を受けて緊急出場となった中、0-0の引き分けに終わった。1勝3分けと無敗を維持している中、3日前に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグではスラビア・プラハと対戦し、原口が先発したものの1-3で敗戦。原口と遠藤は共にベンチスタートとなった。 ハーランドとロイスの2トップで臨んだドルトムントが立ち上がりからボールを握ると10分、ボックス左からラファエウ・ゲレイロの放った強烈なシュートがネットを揺らし先制する。 その後も敵陣でのプレーを続けたドルトムントは、24分にリードを広げた。右サイドからのムニエのクロスにハーランドが頭で合わせた。 ハーランドの今季6ゴール目で加点したドルトムントがハーフタイムにかけても主導権を握ったまま前半を終えた。 迎えた後半、52分にドルトムントが3点目を奪いきる。ベリンガムのスルーパスでボックス右に侵入したロイスがグラウンダーのクロスを送ると、フリードリッヒのオウンゴールを誘った。 しかし4分後、ウニオンはクルーゼがボックス内でヴィツェルに倒されるとVARの末にPK判定に。これをクルーゼが決めて1点を返した。そして71分、原口が中盤インサイドの位置に、さらに77分、今季初出場の遠藤が右サイドに投入された。 すると81分、ウニオンが1点差に詰め寄る。遠藤と共に直前に投入されていたホグルサマーが右CKから打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。 それでも83分、ドルトムントが決定的な4点目を挙げる。フンメルスからのロングフィードを受けたボックス左のハーランドがループシュートを決めた。4-2で打ち勝ったドルトムントが4勝目を挙げている。 2021.09.20 02:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【ECL第1節まとめ】ウニオンMF原口が唯一の先発出場も黒星スタート…AZのDF菅原も途中出場

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージの第1節が行われた。 今シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティション。 注目の開幕節では日本人選手4名の内、ウニオン・ベルリンのMF原口元気が唯一のスタメン出場を飾った。 グループE初戦でスラビア・プラハと対戦したウニオンは、開始直後にボックス内に侵入した原口がダイビングヘッドを試みるなど、敵地でアグレッシブな入りを見せる。だが、徐々に押し込まれると、18分には相手のセットプレーの二次攻撃からボックス手前でクリアボールに反応したバーにゴール前の密集を抜けるダイレクトシュートを決められた。 何とか前半のうちに追いつきたいウニオンは原口が果敢にフィニッシュに絡むなど、反撃の姿勢を見せる。だが、前半終了間際にはイェッケルがこの試合2枚目のカードをもらい痛恨の退場となった。 1点ビハインドに加え、数的不利を背負ったウニオンだが、後半も粘りの戦いを見せて追加点を与えない。すると、70分には前線へのロングボールをうまく繋いで右サイドのスペースに飛び出したベッカーの折り返しをゴール前のベーレンスが冷静に流し込み、途中出場2選手の連携から同点ゴールを奪う。 だが、84分にはスタンチュのミドルシュートのこぼれ球をゴール前のクフタに流し込まれ、勝ち越しを許す。これで集中の糸が切れてしまったか、88分には相手のスローインからのシンプルな攻めに後手を踏み、シュランツにトドメの3点目を奪われた。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、原口がフル出場でハードワークを見せたものの、ECL初陣は1-3の敗戦スタートとなった。 また、グループDに入ったAZのDF菅原由勢は、ラナース戦に63分から右サイドバックで途中出場した。2-1の1点リードで投入された菅原だったが、チームは直後にセットプレーからゴールを割られる。 以降は一進一退の攻防が続いた中、菅原は幾度か良い攻撃参加を見せてチャンスに絡んだものの、試合はこのまま2-2のスコアでタイムアップ。AZは敵地から勝ち点1を持ち帰るに留まった。 また、MF田中亜土夢とFW中村敬斗による日本人対決に注目が集まったヘルシンキvsLASKリンツは、アウェイのLASKが0-2で勝利している。なお、田中は負傷でベンチ外、中村はベンチ入りも出場機会はなかった。 MF香川真司が所属するPAOKはリンカーンを相手に敵地で2-0の勝利を収めた。なお、香川は今グループステージは登録メンバー外となっている。 その他では優勝候補のローマがCSKAソフィア相手に5-1の快勝スタートを飾った一方、同じく優勝候補のトッテナムはスタッド・レンヌ相手に苦戦を強いられ、敵地から勝ち点1を持ち帰るに留まった。 また、コペンハーゲンやヘント、パルチザン・ベオグラードといった欧州大会の常連も白星スタートを飾った。 ◆ECL第1節 結果一覧 【グループA】 マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 4-1 アラシュケルト(アルメニア) ヘルシンキ(フィンランド) 0-2 LASKリンツ(オーストリア) ※田中亜土夢は負傷でベンチ外 ※中村敬斗はベンチ入りも出場せず 【グループB】 アノルトシス(キプロス) 0-2 パルチザン・ベオグラード(セルビア) フローラ(エストニア) 0-1 ヘント(ベルギー) 【グループC】 ローマ(イタリア) 5-1 CSKAソフィア(ブルガリア) ボデ/グリムト(ノルウェー) 3-1 ゾリャ(ウクライナ) 【グループD】 ラナース(デンマーク) 2-2 AZ(オランダ) ※菅原由勢は63分から途中出場 ヤブロネツ(チェコ) 1-0 クルージュ(ルーマニア) 【グループE】 マッカビ・ハイファ(イスラエル) 0-0 フェイエノールト(オランダ) スラビア・プラハ(チェコ) 3-1 ウニオン・ベルリン(ドイツ) ※原口元気はフル出場 ※遠藤渓太は登録メンバー外 【グループF】 スロヴァン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 1-3 コペンハーゲン(デンマーク) リンカーン(ジブラルタル) 0-2 PAOK(ギリシャ) ※香川真司は登録メンバー外 【グループG】 スタッド・レンヌ(フランス) 2-2 トッテナム(イングランド) ムラ(スロベニア) 0-2 フィテッセ(オランダ) 【グループH】 カイラト(カザフスタン) 0-0 オモニア(キプロス) カラバフ(アゼルバイジャン) 0-0 バーゼル(スイス) 2021.09.17 06:17 Fri
twitterfacebook
thumb

原口が前半に緊急出場のウニオン、アウグスブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは11日、ブンデスリーガ第4節でアウグスブルクをホームに迎え、0-0で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は22分から出場し、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前の前節ボルシアMG戦で先制点をアシストして今季初勝利に貢献した原口がベンチスタートとなり、遠藤が今季初めてベンチ入りした一戦。 1分け2敗スタートのアウグスブルクに対し、ウニオンが押し込む流れで立ち上がった中、アクシデント。メーヴァルトの負傷を受けて22分、原口が[3-5-2]の右インサイドの位置に入った。 前半唯一の決定機はアウグスブルク。33分、CKの流れからオックスフォードのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルセが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 後半は一進一退の攻防が続いた中、ウニオンは56分にジーベルマンのボレーシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに阻まれた。 さらに74分、原口のパスを受けたアウォニー、ボグルサマーが立て続けにGK強襲のシュートを浴びせれば、続く79分にはボグルサマーのコントロールシュートでゴールに迫ったが、ウニオンはゴールをこじ開けられずに0-0で決着。勝ち点1を分け合っている。 2021.09.12 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンから若手2選手がサンダーランドへ移籍

バイエルンは9月1日、ドイツ人GKロン・トルベン・ホフマン(22)の2023年までの契約延長とサンダーランドへのレンタル移籍を併せて発表した。 ホフマンはヘルタ・ベルリンやRBライプツィヒの下部組織を経て2015年夏にバイエルンに入団。U-17、U-19と着実にステップアップを重ね、2017年12月にはトップチームのベンチ入りも果たした。 しかし、ここまで肝心の出場はなく、今季はリーグ1(イングランド3部)のサンダーランドへ武者修行に出かけることになった。 バイエルンはまた、同時にU-20ドイツ代表FWレオン・ダヤク(20)のウニオン・ベルリン移籍も発表。シュツットガルトの下部組織出身の同選手は2019年夏にバイエルンに加入。同年12月にトップチームデビューを果たしたが、今年1月からはウニオン・ベルリンへレンタルしていた。 そして、ウニオンは推定100万ユーロのオプションを行使しダヤクを買い取り。さらに今季はホフマン同様にサンダーランドへレンタルされることになった。 2021.09.01 17:19 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly