元仙台のMF道渕諒平、韓国クラブ退団しセルビア1部のラドニチュキ・ニシュと加入合意「チームを導くリーダー」

2021.06.25 17:38 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セルビアのラドニチュキ・ニシュは24日、MF道渕諒平(27)の加入合意を発表した。道渕は、仙台の下部組織出身。明治大学卒業後の2017年からヴァンフォーレ甲府に入団。2019シーズンに仙台へと移籍していた。

しかし、2020年10月に交際女性へのDV疑惑が大々的に報道されると契約解除に。さらに、甲府時代にも暴行容疑で逮捕され、出場停止処分を受けていた過去もある。
それでも今年2月にKリーグ2(韓国2部)の忠南牙山FCへと加入。リーグ戦7試合に出場し2ゴール1アシストを記録していたが、日本での事件を問題視した市民団体が抗議。韓国警察を母体とするクラブからの退団を求めるなどし、5月1日の試合を最後にメンバー外となっていた。

今回の獲得には、クラブ幹部のネナド・ララトビッチ氏が熱心に動いていたとのこと。クラブの責任者に推薦し、獲得に至ったようだ。

「我々は、条件に合う素晴らしい選手を連れてきたと言える。我々は道渕を1年間追いかけ、ラドニチュキに来るように説得することができた。彼のさらなる成長にとって最高の環境だ」

「中盤でプレーし、何年もJリーグでプレーし、違いを生み出していた。Jリーグがどれだけ強いリーグかを理解している」

「また、彼は日本代表のためにプレーした(実際は世代別代表もなく大学選抜のみ)。ラドニチュキには、これほどクオリティの高い外国人はいなかった」

「私はイビチャ・トンチェフらラドニチュキの幹部に彼を勧めた。どんな選手であるかを見たとき、我々は代理人であるドラガン・ムルジャ(大宮アルディージャや湘南ベルマーレでプレー)と交渉を始め、合意に達した」

「セルビアには彼のような選手がほとんどいないと保証する。彼は違いを生める選手であり、設定された目標の実現に向けて、チームを導くリーダーだと期待している」

ラドニチュキには、青森山田高校出身のMF野間涼太が2017年から2019年まで在籍。キャプテンを務めるなど、公式戦89試合に出場し9ゴール4アシストを記録。道渕と同じ明治大学出身だった。

なお、ラドニチュキは今シーズンのセルビア・スーペルリーガで13位に終わっていた。


1 2

関連ニュース
thumb

セルティックMF井手口陽介は2度目の海外挑戦も1年で帰国か、G大阪や名古屋が興味と現地報道

セルティックのMF井手口陽介(26)だが、2度目の海外挑戦も1年で終わる可能性が高まっているようだ。スコットランド『サン』が伝えた。 ガンバ大阪の下部組織出身の井手口は、トップチームに昇格すると頭角を表し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下では日本代表に選出。ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選では豪快ミドルを決めるなど、活躍を見せた。 2018年1月にリーズ・ユナイテッドに完全移籍。そのままスペインのクルトゥラル・レオネサへレンタル移籍すると、2018年8月からはドイツのグロイター・フュルトへとレンタル移籍する。 しかし、ケガなどの影響もあり1度目の海外移籍は成功したとはいえず、2019年8月にG大阪に復帰。再びJリーグでプレーすると、2022年1月には2度目の海外挑戦となるセルティックへと完全移籍した。 FW古橋亨梧、MF旗手怜央、FW前田大然と共に、アンジェ・ポステコグルー監督の下で大きな期待をかけられた井手口だったが、ここでも早々と負傷。復帰後も出番がないと、今シーズンはプレシーズンで良い状態を見せていたものの、開幕前にコンディションを落とすと、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外される事態に。リーグ戦、カップ戦でも3度ベンチに入ったが、出場は1度もなかった。 セルティックの中盤は競争が激しく、『サン』の見立てでは、8番手という状況。他のポジションの選手も入ってきており、実質出番が回ってくる可能性は低い状況だ。 ポステコグルー監督はその才能を高く評価する一方で、移籍後はケガが絶えず、今季も足首を含めた足のケガでプレーができず、移籍する可能性が高まっているという。 『サン』によれば、古巣のG大阪や名古屋グランパスなど複数のJリーグクラブが興味を持っているとのこと。1月に入り動きがあると予想している。 セルティックはカタール・ワールドカップ(W杯)を戦ったフェレンツヴァーロシュのチュニジア代表MFアイサ・ライドゥニ(25)の獲得を狙っているという報道もあり、井手口の立場はますます厳しいものになりそうだ。 2022.12.09 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯帰りの浅野拓磨がさっそく所属先に合流…週末の練習試合にも出場か

日本代表の一員としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いがひと段落ついたばかりのFW浅野拓磨だが、早くも所属先のボーフムで活動に戻ったようだ。 まだ見ぬ景色“W杯ベスト8”の壁を乗り越えようとカタールで奮闘したが、クロアチア代表とのラウンド16でPK戦の末に涙をのんだ日本。選手の大半は一度帰国の途についたが、一部は現地で各々の所属先に戻った。 現地解散した1人の浅野だが、ボーフムは8日にクラブ公式ツイッターでさっそくチームに合流した旨を明らかに。ドイツ『キッカー』によると、10日に予定するカールスルーエSCとの練習試合にも出場見込みだという。 初戦のドイツ代表戦では見事なトラップから決勝弾をマークした28歳。5日のクロアチア戦からまだ4日しか経ってないが、すでに前を向いているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ボーフムに戻り早速始動した浅野拓磨</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl6D0IjN6aS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl6D0IjN6aS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl6D0IjN6aS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VfL Bochum 1848(@vflbochum1848.official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希を擁するバイエルンが今季無敗のバルセロナに土をつける、2万4000人の大声援が力に《UWCL》

なでしこジャパンのDF熊谷紗希を擁するバイエルンが、今季公式戦無敗だったバルセロナ女子に初めて土をつけた。 7日、UEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)のグループステージ第4節、グループDのバイエルンvsバルセロナがアリアンツ・アレナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利を収めた。熊谷は81分から途中出場を果たしている。 ホームのバイエルンは高い位置でのボール奪取から4分にクララ・ビュール、10分には長いボールを起点にリナ・マグルと立て続けにネットを揺らす。折り返して60分にはショートカウンターからレア・シューラーが追加点を挙げると、ジェイゼ・フェレイラに1点を返されながらも逃げ切り勝ちを収めた。 バルセロナは今季も国内リーグ戦で無双しており、45得点4失点で11試合全勝中。UWCLでも16得点1失点で3連勝中だった。バイエルンも第3節で0-3と敗れていたが、2万4000人のホームの大歓声を受けて借りを返した。 ボール保持率は43%でほぼ倍のパスを回され、シュート数「23」を数えながらも、ブロック8本にGKセーブが7つと粘りを見せたバイエルン。アレクサンダー・シュトラウス監督も「激闘の勝利であり、我々は自身を本当に誇りに思える。テクニカルエリアからも観衆の迫力が感じられた。それは間違いなく、選手たちの背中を後押ししただろう」と、詰めかけた大観衆と、それに応えた選手たちを称えた。 これでバイエルンとバルセロナはそれぞれ3勝1敗に。3位・ベンフィカは2勝2敗、ローゼンゴードが4敗で最下位に沈んでいる。今後は15日に第5節、21日に最終節が行われ、上位2チームがベスト8に進出する。 <span class="paragraph-title">【動画】熊谷紗希もクローザーとして出場、バイエルン女子vsバルセロナ女子のハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5kt7GfuvVo4";var video_start = 19;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.08 20:12 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズも日本代表MF鎌田大地に注目か、CL初得点の相手

日本代表MF鎌田大地(26)にトッテナム興味を持っているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 現在在籍しているフランクフルトで評価を高める鎌田。今季は中断前まで公式戦22試合12ゴール4アシストという成績を収めており、自身初のチャンピオンズリーグでは初ゴールから3試合連続でネットを揺らし、決勝トーナメント進出に大きく貢献した。 日本代表が旋風を巻き起こしたカタール・ワールドカップでは、個人としてはいまひとつの結果となってしまったが、ヨーロッパでの評価はうなぎ上りで、獲得に興味を示すクラブは後を絶たない。 その中で『ビルト』は、トッテナムやドルトムントが強い関心を示していると主張。トッテナムは鎌田がCLで初ゴールを挙げた相手で、プレミアリーグの強豪に印象を深く植え付けたようだ。 鎌田とフランクフルトの契約は今季限りで満了を迎えているが、クラブは延長オファーを出している状況。去就は鎌田次第ということになるが、サムライブルーのゲームメーカーはどのようなキャリアを選ぶのだろうか。 2022.12.08 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

遠藤航&伊藤洋輝擁するシュツットガルト、新監督にラッバディア氏 「ブンデスにとどまるのを助けたい」

シュツットガルトは5日、新監督にブルーノ・ラッバディア氏(56)を招へいしたと発表した。 契約期間は2025年6月30日まで。併せて、現在暫定監督を務めているミヒャエル・ヴィマー氏がチームを去ることも発表している。 現役時代はストライカーとして名を馳せたラッパディア氏。2003年に故郷のダルムシュタットで監督としてのキャリアをスタートさせた。 これまでレバークーゼンやハンブルガーSVなど、ドイツ国内のクラブを歴任し、2010年12月から2013年8月にはシュツットガルトを指揮。元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)らを指導している。 直近では2020年4月というシーズン終盤から下位に沈んでいたヘルタ・ベルリンを指揮し、残留を勝ち取ったが、翌年1月に成績不振で途中解任。現在はフリーとなっていた。 シュツットガルトには日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝のほか、U-21チームにDFチェイス・アンリとDF岡田怜が所属。昨季が劇的な残留を果たしたが、今季も開幕から苦しみ、9試合未勝利というクラブワースト記録を更新していた。 10月半ばには前・ペッレグリノ・マタラッツォ監督を解任し、ヴィマー氏が暫定監督に。現在もブンデスリーガで15試合を終えて3勝5分け7敗の16位に沈んでいる。 3日には敏腕スポーツ・ダイレクター(SD)として知られていたスヴェン・ミスリンタート氏が退任し、新たにファビアン・ウォールゲムート氏が就任。着々と改革が進んでいた。 古巣の再建を託されたラッバディア氏は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「ご存じのように、VfBは私にとってただのクラブではない。シュツットガルトで私は監督としてのキャリアの非常に重要な時期をほぼ3年間過ごした。今はただ、VfBがブンデスリーガにとどまるのを助けたいと思っている」 「すぐに業務を開始し、12月12日のトレーニング開始へ向けてすべての準備を整えようと思う。水曜日にはシュツットガルトに移動する。そうすれば、チームのパフォーマンスレベルをすぐに把握できるだろう。常に大きな喜びを持って懸命に取り組み、前進していく」 2022.12.06 13:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly