暴行で仙台と契約解除のMF道渕諒平、韓国警察母体の韓国2部クラブに加入「社会的な物議を醸した点を否定することはできないが…」

2021.02.22 18:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Kリーグ2(韓国2部)の忠南牙山FCは22日、昨シーズン途中にベガルタ仙台と契約を解除していたMF道渕諒平(26)の加入を発表した。道渕は、仙台の下部組織出身。明治大学卒業後の2017年からヴァンフォーレ甲府に入団。2019シーズンに仙台へと移籍していた。


しかし、2020年10月に交際女性へのDV疑惑が大々的に報道されると、契約解除に。さらに、甲府時代にも暴行容疑で逮捕され、出場停止処分を受けていた。

道渕はJ1で45試合出場6得点、J2通算27試合出場2得点、リーグカップ通算24試合出場1得点を記録していた。

忠南牙山FCは「主に右MFとしてプレーし、スピードを生かして相手側を崩すプレーが特徴。状況に応じて、直接ゴールを決める能力も備えている」と紹介している。

忠南牙山FCは韓国警察を母体とするクラブ。そのため、韓国国内では道渕の素行に関して不安視される声が上がっていた。

クラブは「2人の選手を迎え入れる上で、クラブ内部でも深みのある議論を行い、多角的に検討した上で、入団を進めた」と声明。「社会的な物議を醸した点を否定することはできないが、トレーニング期間中に態度を継続的に見せていた。面談を通じて選手の確実な変化の意志を感じ、社会に問題を起こし、選手とクラブの品位を落とす行為はしないという確証を受け、契約することになった」と道渕の契約経緯について説明していた。

なお、道渕とともに韓国人DFイ・サンミン(23)の獲得も発表。2019シーズンは蔚山現代からV・ファーレン長崎へ期限付き移籍しプレー。昨シーズンは蔚山現代に所属していた。

関連ニュース
thumb

韓国2部へ移籍した元仙台MF道渕諒平が大暴れ! 2戦目で初ゴール含む2得点で4-0勝利に貢献

韓国へと活躍の場を移したMF道渕諒平が大暴れだ。 Kリーグ2(韓国2部)の忠南牙山FCは13日、Kリーグ2第3節で釜山アイパークと対戦した。 2月27日の試合で韓国デビューを果たしていた道渕だが、釜山アイパーク戦では2ゴールの活躍を見せている。 2列目の右サイドで先発出場した道渕は、1-0で迎えた43分にカウンターから抜け出したイ・スンジェがボックス内に持ち込み中央へ折り返すと、猛然と上がった道渕がこれを無人のゴールへと蹴り込み、韓国移籍後初ゴールを記録する。 さらに3-0で迎えた85分には、キム・チャンが左サイドからドリブルでカットインすると、ボックス内で倒されPKを獲得。このキッカーを任されると、豪快に蹴り込み2点目を記録。87分に交代したが、チームは4-0で勝利を収めていた。 ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台時代にはアタッカーとして才能を発揮していたものの、2020年10月に交際女性へのDV疑惑が大々的に報道されると、契約解除。大きな問題となっていた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiN3cyTXhIdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2021.03.14 21:35 Sun
twitterfacebook
thumb

松本で4シーズン過ごしたMFセルジーニョが韓国の大邱FCへ加入、ACLでは川崎Fと同組の可能性

Kリーグ1の大邱FCは26日、松本山雅FCでプレーしていたMFセルジーニョ(30)の完全移籍加入を発表した。 セルジーニョはサントスやオエステ、パウメイラスなど母国のクラブでプレー2017年1月にセアラーから松本に完全移籍で加入した。 松本で4シーズンを過ごしたセルジーニョは、公式戦通算113試合で27得点14アシストを記録。2020シーズンは明治安田J2で33試合に出場し9得点4アシストを記録していた。 シーズン後半戦はゲームキャプテンも務めていたセルジーニョは日本でのプレーを望んでいたものの、2月7日に退団が発表されていた。 大邱FCは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグのプレーオフに出場しており、タイのチェンライ・ユナイテッドに勝利すれば本戦に出場。川崎フロンターレが所属するグループIに入ることとなる。 セルジーニョは「試合ごとに美しい応援とチームを思う心があると聞きました。皆さんのために最善を尽くし、良いプレーで応えます」とコメントしている。 2021.02.27 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

群馬、交渉中のMF磐瀬剛が韓国2部の安山グリナースFCへ完全移籍

ザスパクサツ群馬は1日、MF磐瀬剛(25)がKリーグ2(韓国2部)の安山グリナースFCへと完全移籍することを発表した。 磐瀬は、市立船橋高校から2014年に京都サンガF.C.へ入団。2016年にはFC岐阜へ期限付き移籍すると、2019年に群馬へ期限付き移籍で加入した。 2019シーズンは明治安田J3で14試合に出場すると、2020シーズンからは完全移籍で加入。明治安田J2で5試合に出場していた。 磐瀬は群馬と新シーズンに向けて交渉中だったが、韓国への移籍を決断。クラブを通じてコメントしている。 「ご報告が遅くなってすみません。このたび韓国のチームに移籍することになりました!群馬で過ごした時間は一年半という短い間でしたが、たくさんの事が学べた時間だったと思っています」 「これからの人生を「群馬でサッカーしたから成長できました」と言えるように頑張っていきます。ありがとうございました」 2021.02.01 15:25 Mon
twitterfacebook
thumb

J3から海外へ、福島MF田村亮介が韓国2部のFC安養へ完全移籍「自らを信じ突き進んで行きます」

福島ユナイテッドFCは28日、MF田村亮介(25)がKリーグ2(韓国2部)のFC安養へ完全移籍することを発表した。 田村は京都サンガF.C.の下部組織出身で、2014年にトップチーム昇格。2015年にはサガン鳥栖への期限付き移籍を経験した。 2018年まで京都でプレーすると、2019年に福島へ完全移籍。2シーズンを過ごした。 田村は福島でJ3通算68試合に出場し16得点を記録。レギュラーとして2シーズンを過ごしたが、初の海外挑戦となる。 田村はクラブを通じてコメントしている。 「どうも!タムです!福島ユナイテッドを愛し応援してくださる全ての皆様、2年間お世話になり本当にありがとうございました。2020シーズンはキャンプテンを任せていただき、なかなか勝てない事に責任を感じていました」 「このクラブを強くしたい、大きくしたいと願うばかりで結果が出ず申し訳なく思っています。自分をクラブに加入し使ってくださったフロントスタッフをはじめ、監督、コーチ、会社の方々には本当に感謝しております」 「そして、いつも声援を送ってくださるファン、サポーターの皆様、昨年は応援にも制限がありもどかしい気持ちの中でも僕達を励まし、支えてくださりありがとうございました。皆様の声援は選手に聴こえていますし、背中を押してくれます。今後とも福島ユナイテッドをよろしくお願いします!」 「これから先、違うチームでのプレーになりますが、自分はこの福島の土地に縁を感じておりますし、福島ユナイテッドを愛しています。必ず大きな素晴らしいチームになる事を祈っています!僕も自らを信じ突き進んで行きます!」 「2年間本当にありがとうございました!」 2021.01.28 10:48 Thu
twitterfacebook
thumb

“韓国のレジェンド”パク・チソンが初めてKリーグクラブに、リーグ4連覇中の全北現代のアドバイザー就任

韓国の英雄であるパク・チソン氏(39)が、Kリーグ1(韓国1部)の全北現代モータースのクラブアドバイザーに就任した。クラブが発表した。 パク・チソン氏は、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でプロキャリアをスタート。その後ヨーロッパへと渡り、PSVやマンチェスター・ユナイテッド、QPRでプレーした。 プレミアリーグでは153試合に出場し20ゴール25アシスト、チャンピオンズリーグでも54試合に出場し4ゴール3アシストを記録。プレミアリーグで4回、チャンピオンズリーグで1回など、多くのタイトルを獲得していた。 クラブアドバイザーとして、トップチームやユースチーム、育成、スカウティング、トレーニングについてのアドバイスする役割を務めることになる。 パク・チソン氏は「Kリーグの初めて関わることができて嬉しい。このような機会を提供してくれたクラブに感謝している。全北現代とこれから良い結果を得られることができるように努力する」とコメントした。 全北現代はKリーグ1で8度の優勝を経験。現在はリーグ4連覇中の強豪クラブ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2度優勝している。 パク・チソンは韓国でプロの経験はないものの、ヨーロッパでの多くの経験。「日本、オランダ、イギリスと様々なリーグを経験しながら、ヨーロッパの先進的なシステムをたくさん見て学び、引退後は勉強をたくさんしてきた」とし、「これまで見て学んだ全てのものを基に、全北現代が今後進む方向を提示し、クラブがより健全に進むことができるように最善を尽くしたい」と意気込んだ。 言葉通り経験を還元し、クラブの発展に寄与することが期待されている。 2021.01.20 10:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly