トッティはモウリーニョを歓迎 「世界最高の監督を迎え入れた」

2021.06.25 00:36 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏が、ジャッロロッシの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督を称賛している。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。

インテル時代にイタリア史上初のトレブルを達成したモウリーニョ監督だが、直近のマンチェスター・ユナイテッド、トッテナムでは思うような結果を残せず。その守備的なスタイルや歯に衣着せぬ発言といったチームマネジメントの部分でも、“終わった監督”との指摘もある。

ロマニスタやクラブOB、セリエAの識者の間でも今回の新指揮官招へいは賛否両論となっているが、ローマ屈指のレジェンドは「世界最高の監督」とポルトガル人指揮官の招へいを歓迎しているようだ。

ミラノとコルティナ・ダンペッツォで開催される2026年の冬季オリンピックのアンバサダーを務めるトッティ氏は、その会見の場で古巣のモウリーニョ監督招へいについて言及した。

「彼が到着したら、彼は自分自身の考えを言うはずだ」

「我々は世界最高の監督を迎え入れた」

「彼の指導を受けたかったかって? 私が若ければ、イエスと答えるだろうね」

また、犬猿の仲と言われたジェームズ・パロッタ前オーナーが去り、現フリードキン体制移行後はクラブに復帰する可能性が噂されているが、現時点でローマに帰還する可能性は低いようだ。

「ローマについては誰とも話していないし、そこに私の役割はないだろう。電話はオフになっているよ」


関連ニュース
thumb

ローマ加入のメイトランド=ナイルズが意気込む 「ローマで何ができるかということだけに集中」

アーセナルからローマにレンタル移籍で加入したイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが新天地での意気込みを語った。 ミケル・アルテタ監督の信頼を得られず、アーセナルで燻ぶっていたメイトランド=ナイルズは、出場機会を求めて、今月8日に買い取りオプションが付かないドライローンでローマに半年契約で加入。その翌日にはユベントスとのビッグマッチで早くもスタメンデビューを飾っていた。 慌しい数日間を経て、一区切りを付けた24歳のMFは、13日に行われた加入後初の公式会見の場で新天地での意気込みを改めて語っている。クラブ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。 「今は、自分自身とクラブのことだけを考えているよ。自分がここにいる意味を証明し、できる限り高い順位でシーズンを終えたい。そして、チャンピオンズリーグの出場権を獲得したいと思っているよ」 「自分の契約状況や(将来の)居場所にはこだわっていない。自分がどこにいても、今いるクラブで何ができるかということだけに集中しているよ」 また、個人としては右サイドバックで上々のパフォーマンスを見せながらも、後半7分間で3失点を喫した末に3-4で敗れた自身のデビュー戦については、自身を含め「90分を通して集中すること」を課題として挙げた。 「浮き沈みがあるのは、フットボールの一部さ。あの7分間に集中力を欠いたことで、それが敗因となった。だから、もし僕らが考え方を変えて、90分を超えてさらに7分間集中することができれば、多くの試合に勝てるチームになるはずだ。だから、その考え方を変えて、90分を通して集中するチームになりたいと思っている」 また、ローマには同い年で旧知のFWタミー・エイブラハム、DFクリス・スモーリングと2人のイングランド人プレーヤーが在籍している。その同胞との関係と共にセリエAに対する印象についても語っている。 「ここは素晴らしいリーグだと思う。イングランドとはちょっと違っていて、こっちの方がより戦術的で、技術的なんだ。前の試合のように、常にピッチ内で意識的に、集中し続けなければならないんだ」 「タミーはここに来る前からよく知っていたよ。クリスのことはあまり知らなかったけど、ここに来てから親しくなったよ。ピッチ上ではイタリア語を話すことになるけど、最終的にはフットボールを理解することが大事なんだ」 「監督はチーム全体にイタリア語で話しているけど、僕はフットボールを理解しているし、どうプレーすればいいのかも分かっているから、少しは理解できるよ。周囲の人が助けてくれる部分もあるけれど、何を言われているのか、何を求められているのか、十分理解しているんだ」 最後に、自身のプレーヤーとしての長所と課題についても言及。ユーティリティ性への自信を見せつつ、ハイパフォーマンスの継続という部分を課題に挙げている。 「自分には複数の能力があると思っているよ。走れるし、ピッチ上におけるエネルギーもあるし、速くて強いし、技術的な能力も高い。ゲームもよく理解していると思う」 「だから、僕にとっては、毎週10点満点で9点のプレーをするのが当たり前になるように、毎試合それを実践することが大事と思っている。6点、7点という平均的なパフォーマンスではなく、9点、10点というパフォーマンスを毎週発揮することを目指しているよ」 「だから、僕が改善しなければならないのは、自分のパフォーマンスの水準を常に高くすること。そして、(ピッチ上での)すべての行動が明確な意図と目的を持って行われるようにすることだ」 2022.01.14 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、ビジャール&マジョラルのヘタフェへのレンタル移籍を発表!

ローマは13日、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(23)、スペイン人FWボルハ・マジョラル(24)のヘタフェへのレンタル移籍を発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。 しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられていなかった。 一方、昨シーズンにレアル・マドリーからの2年レンタルで加入したマジョラルは、加入1年目に公式戦47試合に出場し、17ゴール7アシストを記録。 しかし、2年目の今季はイングランド代表FWタミー・エイブラハム、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフの加入もあり、センターフォワードの3番手に甘んじると、ここ最近ではプリマヴェーラに所属するガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャンにも序列で抜かれることに。ここまで公式戦11試合1ゴールの数字も、プレータイムは250分以下に限られている。 その2選手に関してはこれまで幾つかの新天地候補が報じられていたが、共に出場機会を最優先とした中、今シーズンのラ・リーガで残留圏内ギリギリの17位に位置するヘタフェを選択した。 なお、マジョラルはマドリード出身で、ビジャールに関しては実弟であるU-19スペイン代表MFハビエル・ビジャール(18)がレアル・マドリーのフベニールA(U-19チーム)でプレーしており、そういった環境面が移籍を後押しした可能性もありそうだ。 2022.01.13 22:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがポルトMFセルジオ・オリベイラを獲得! 昨季は20G7Aの大活躍

ローマは12日、ポルトからポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)を買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ローマはレンタル料として100万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、買い取りには追加で1300万ユーロ(約17億円)を支払う必要があるようだ。 同胞ジョゼ・モウリーニョ監督からのラブコールを受け、ローマ加入が決定した29歳MFは新天地での意気込みを語った。 「この偉大なクラブに来られたのは素晴らしいことだ」 「ローマはこれまで常に本気の関心を示してくれていたんだ。今はすぐにでもチームの目標達成に貢献し、正しいメンタリティを育み続けたいと思っているよ」 「新しいチームメイトと一緒に仕事をすることが待ち遠しく、自分も成長し続けられると確信しているよ」 一方、指揮官同様に同胞MFを高く評価するゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏は、大きな期待を口にしている。 「セルジオ・オリベイラは、我々のチームにクオリティと個性を加えてくれるプレーヤーだ」 「彼はキャリアにおいて多くの勝利を収め、クラブと国の代表として世界で最も重要な大会に参加し、最高レベルの経験を積んできた」 「ローマに参加したいという彼の願望は、我々の合意に向けて決定的なものだった。我々はこのクラブでプレーすることを熱望しているプレーヤーを迎え入れ続けることが非常に重要であると信じている」 ポルトの下部組織出身のセルジオ・オリベイラは2009-10シーズンにトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得られず、国内外のクラブへの武者修行を経験。その後、2019-20シーズンから徐々に出場機会を増やし、ここ2シーズンでは完全な主力に定着している。 セントラルMFを主戦場に高精度の右足、戦術眼に長けた“8番”タイプのMFは、運ぶドリブル、局面を変えるパス、強烈なミドルシュート、プレースキックを特長としており、昨シーズンは公式戦48試合20ゴール7アシストという圧巻のスタッツを叩き出していた。 イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニへの依存が顕著なチームにおいてビルドアップ、崩しの局面でアクセントが付けられるポルトガル代表MFの加入は、巻き返しを狙うローマにとって良い補強となるはずだ。 2022.01.13 06:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマのスペイン人2選手がヘタフェにレンタルへ!

ローマのスペイン人2選手がヘタフェにレンタル移籍することが濃厚となった。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 今シーズンからローマの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督は、プレシーズンから現有戦力の評価を行ってきた中、前半戦の早い段階で数選手を自身の構想外とした。 その中でアメリカ代表DFブライアン・レイノルズ(20)、ギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)と共に、構想を外れていたのが、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(23)、スペイン人FWボルハ・マジョラル(24)だ。 そして、今冬の放出が既定路線となっていたビジャールとマジョラルは、奇しくもヘタフェという同じ移籍先を選択したようだ。 2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。 しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられていなかった。 一方、昨シーズンにレアル・マドリーからの2年レンタルで加入したマジョラルは、加入1年目に公式戦47試合に出場し、17ゴール7アシストを記録。しかし、2年目の今季はイングランド代表FWタミー・エイブラハム、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフの加入もあり、センターフォワードの3番手に甘んじると、ここ最近ではプリマヴェーラに所属するガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャンにも序列で抜かれることに。ここまで公式戦11試合1ゴールの数字も、プレータイムは250分以下に限られている。 その2選手に関してはこれまで幾つかの新天地候補が報じられていたが、共に出場機会を最優先とした中、今シーズンのラ・リーガで残留圏内ギリギリの17位に位置するヘタフェを選択したようだ。 なお、マジョラルはマドリード出身で、ビジャールに関しては実弟であるU-19スペイン代表MFハビエル・ビジャール(18)がレアル・マドリーのフベニールA(U-19チーム)でプレーしており、そういった環境面が移籍を後押しした可能性もありそうだ。 2022.01.12 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスに打ち負け連敗のローマ…モウリーニョ監督は不満露わに 「我々は精神的に崩れた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、敗れたチームへの不満を露わにした。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは9日に行われたセリエA第21節でユベントスと対戦した。試合は11分にFWタミー・エイブラハムのゴールで幸先良く先制するも、7分後に同点とされハーフタイムへ。後半開始早々にMFヘンリク・ムヒタリアンのゴールで勝ち越すと、MFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで突き放しに成功したが、その後守備が崩れて3失点。終盤に得たPKを決めることもできず、3-4で敗れた。 リーグ2連敗となったチームに対して、試合後にモウリーニョ監督は不満を露わに。問題点を指摘したうえで、それでも選手たちの助けになっていきたいと強調した。 「残念ながら、私は選手たちを批判することができる。我々は70分間、プレーをコントロールしようという気持ちを持ち、絶対的にゲームを支配していた。前後半にわたり、戦術面でも組織面でも、ゲームをコントロールするため正しい姿勢を示したと思う。70分間は本当に良くやっていた。しかしその後、我々は精神的に崩れた」 「強い個性と姿勢を持ったチームであれば、失点して3-2となっても問題はない。3-1と3-2では違うスコアラインとなるが、その違いは私にとっては問題ではないのだ。しかし、選手にとっては問題となったのだろう。あの瞬間、精神的な脆さ、恐怖心、心配事が忍び寄ってくるのが分かった」 「もし試合が70分で終わっていたら、並外れたパフォーマンスとして語り継がれただろう。しかしその後、我々はベンチの限界を目の当たりにした。このようなメンバー構成には慣れていないから、心が痛むよ。それでも私は、選手たちの成長を助けるためここにいるのだ」 「(自分のキャラクターだけでチームを立て直せるとは)決して思っていない。もう少し簡単かもしれないとは思っていたがね。ここではレギュラーでプレーしている選手でさえ、感情や試合をコントロールする能力が必ずしも備わっているわけではない。私はここで3年間の時間を与えられた以上、すべてをやり遂げようと思う。クラブからの助けも必要だが、必要なレベルには到達できるはずだ」 2022.01.10 11:34 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly