ウェルベック、ブライトンと契約を1年更新!

2021.06.24 16:36 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトンは23日、元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(30)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。

マンチェスター・ユナイテッドやアーセナルを渡り歩いたウェルベックは、昨夏のワトフォード退団後にブライトンへ加入。今季リーグ戦では24試合に出場し6ゴール3アシストをマーク。チームは16位でフィニッシュし、4シーズン連続でプレミアリーグ残留を果たしていた。

今回の発表に際し、グラハム・ポッター監督は「最優先事項だった」という契約延長の実現に喜びのコメント。「彼は素晴らしいお手本であり、彼のトップレベルでの経験は、我々はチームとして向上し続けるために非常に貴重なものだ」と称賛を浴びせている。

また、ウェルベック自身は「幸せを感じていることが鍵だった」と、ブライトンでの満足感を強調。加えて、ファンのスタジアム帰還を待ちわびながら、「彼らの幸せそうな顔を見るのを楽しみにしているよ」と、来季への意気込みを語った。


関連ニュース
thumb

バルサ関心と噂のククレジャ、古巣復帰を夢見る「カンプ・ノウに立ちたい」

バルセロナからの関心が噂されているブライトンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)が、復帰への意思を示した。 新たにチャビ・エルナンデス監督が就任したバルセロナでは、既存戦力の選定が始まっており、補強についても様々な噂が上がっている状況だ。 最新の情報では、ククレジャもリストの中の一人。バルセロナのカンテラーノである同選手は、2020年夏にヘタフェに完全移籍し、今季からプレミアリーグに活躍の場を移している。 チームはここまで9位と好調で、ククレジャはそんなシーガルズで主力としてプレーしている。 しかし、古巣バルセロナで活躍する夢を諦めていないようで、『DAZN』のインタビューで将来的な復帰の希望を明かした。 「僕は長い間バルセロナで過ごし、ホームと言えるほどの場所になった。家族もパートナーもみんなバルセロナ出身なんだ」 「帰省するたびに、エスピニータ(ビール)を飲みながらトップチームでのデビューや、バルサの選手としてカンプ・ノウのピッチに立てなかったことを考える」 「それは遅かれ早かれ、僕のキャリアの中で絶対に果たしたいことなんだ」 なお、ククレジャの契約解除金は1800万ユーロ(約23億円)と見込まれている。 2021.11.27 20:21 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア初陣を白星で飾ったジェラード監督「夢見たことが現実になった」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード新監督が、白星で飾った初陣に喜びのコメントを残した。クラブ公式サイトが伝えている。 成績不振でディーン・スミス前監督を解任し、その後任にジェラード監督を招へいしたビラ。20日に行われたプレミアリーグ第12節のブライトン戦がその初陣となった。 新監督の下、チームはプレミアらしい強度とスピードでもって積極的な入りを見せる。しかしながら、好調のブライトンも徐々にペースを掴み始めるなど、どちらに転んでもおかしくない展開に。 終盤までゴールレスで進んだものの、迎えた84分、ビラは自陣のゴール前からカウンターを発動。DFアシュリー・ヤングから左のFWオリー・ワトキンスにパスが繋がると、そのままドリブルでボックス中央まで切り込み、見事な右足のコントロールシュートを突き刺した。 ジェラード新監督に初ゴールを捧げたビラ。さらに89分には、セットプレーの二次攻撃からMFジョン・マッギンがクロスを入れると、そのこぼれ球を主将DFタイロン・ミングスが豪快に蹴り込み勝負あり。新体制初戦を白星で飾るとともに、前体制下で続いていたリーグ連敗を「5」でストップした。 会心のパフォーマンスではなかったものの、勝利という結果にジェラード監督も安堵している様子。記念すべき初陣に大きな満足感をあらわにした。 「我々にとって重要な日となった」 「この試合の前に5連敗していたこともあり、選手たちは少し緊張していたが、観客も同じように緊張していたと思う」 「前半にはGK(エミリアーノ・マルティネス)のビッグセーブやマット・ターゲットの見事なブロックもあり、重要な場面を切り抜けることができた。後半はより落ち着いて良い試合ができたと思う」 「そのおかげで試合に勝つことができた。この試合に臨むにあたって、私が夢見たことが全て現実になった。選手たちのおかげだよ」 「少しの安心感と大きな満足感がある。最後にファンの反応を見ると、数カ月間感じていなかった全く違う感覚がある」 「しかし、これはスタートに過ぎない。試合中にあった小さな問題を解決し、学び、成長し、良くなって、来週もまたより多くの勝ち点を得なければならない」 2021.11.21 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

後半終盤の2ゴールでジェラード率いる新生ビラが白星発進! ブライトン撃破で連敗を「5」でストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第12節、アストン・ビラvsブライトン&ホーヴ・アルビオンが20日にビラ・パークで行われ、ホームのアストン・ビラが2-0で勝利した。 直近のリーグ5連敗で16位に低迷するビラは、ディーン・スミス前監督を解任し、リバプールのレジェンドであり、昨シーズンにスコットランドのレンジャーズでリーグ無敗優勝に導いたスティーブン・ジェラード監督を新指揮官に招へい。その注目の初陣となった今節はホームに7位のブライトンを迎え撃った。 このプレミアリーグ初陣に[4-3-3]の布陣を採用したブエンディア、イングス、ワトキンスを前線に配置。ホームサポーターの後押しを受け積極的な入りを見せる。12分にはターゲットの左クロスに逆のサイドバックのキャッシュが飛び込む形で惜しい場面も作り出した。 以降はアウェイのブライトンにボールを握られる展開を強いられ、31分には左サイドの深い位置に抜け出したククレジャの折り返しからゴール前のトロサールに決定的なシュートを許すが、ここはGKマルティネスのファインセーブで凌いだ。 劣勢ながらも0-0で試合を折り返したビラは後半立ち上がりにセットプレーの流れからミングスがゴールに迫ったが、以降はブライトンの安定したパスワークに押し込められて耐える時間帯が続く。 それでも、冷静にピンチの芽を摘み続けるホームチームは、ベイリー、ヤング、エル・ガジとフレッシュな選手の投入で徐々に流れを引き戻す。すると、84分には自陣深くからロングカウンターを発動。中央で粘りの突破を見せたヤングから左サイドで背後のスペースを狙うワトキンスにパスが繋がると、そのままドリブルでボックス中央まで切り込んだワトキンスが見事な右足のコントロールシュートをゴール右上隅に突き刺した。 見事なカウンターの流れからエースがゴールをこじ開けたビラは、その勢いに乗って89分にもセットプレーの二次攻撃からボックス手前右のマッギンが入れたクロスのこぼれ球を攻め残っていた主将DFミングスが豪快に右足で蹴り込んで試合を決定づける2点目とした。 その後、ブライトンの反撃をきっちり凌ぎ切ったビラがジェラード監督の初陣を劇的勝利で飾り、前体制下で続いていたリーグ連敗を「5」でストップしている。 2021.11.21 02:29 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール相手に2点差追いついたブライトン、ポッター監督も「アメイジング」と絶賛

ブライトンのグレアム・ポッター監督が、ドローに持ち込んだリバプール戦に満足感を示している。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 ブライトンは30日、プレミアリーグ第10節でリバプールとのアウェイ戦に臨んだ。試合は24分までに2失点する厳しい展開となるものの、リバプールのFWサディオ・マネやFWモハメド・サラーのゴールがハンドやオフサイドで取り消されるなど、なんとか首の皮一枚つながった状態で試合は推移していく。 すると1点を追う中で迎えた65分にFWレアンドロ・トロサールが値千金の同点弾。2点差を追いついたブライトンはその後もリバプール相手に一進一退の攻防を続けながらゴールに迫ったが、惜しくも逆転には至らず、2-2のドロー決着となった。 前節のマンチェスター・シティ戦に続いてビッグクラブ相手にハイパフォーマンスを見せたブライトン。ポッター監督も、判定に救われる場面もあったものの全体を通じて素晴らしい試合だったと、大きな満足感をあらわにした。 「選手たちは素晴らしいパフォーマンスを披露してくれた。全員が勇気を持って激しくプレーし、最高の試合を演出してくれたと思う。両チームとも一進一退の攻防を繰り広げたが、このようなパフォーマンスで勝ち点を獲得できたのは本当に良かったよ」 「仮に3-0になっていたら我々にとって非常に難しい状況になっていただろう。だからあれは重要な瞬間だった。しかし、それ以降の我々は素晴らしい相手にアメージングだった。あのパフォーマンスが発揮できたことを嬉しく思うよ」 「彼らはお互いを信じていて、それは素晴らしいことだと思う。この1週間は厳しいものだったが、良い経験となった。望んでいた結果は得られなかったとはいえ、パフォーマンスはとても良かったよ」 「この方向性は気に入っているが、改善を続けなければならない」 2021.10.31 14:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ブライトン戦のドローを悔いるクロップ「負けたような気分」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ドローに終わったブライトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは30日、プレミアリーグ第10節でブライトンと対戦した。前節はマンチェスター・シティを苦しめたブライトンだが、リバプールは開始4分にMFジョーダン・ヘンダーソンのゴールで先制すると、24分にはFWサディオ・マネの追加点が生まれ、余裕の試合運びを見せる。 しかし、前半のうちに1点を返されると、後半は立ち上がりにFWモハメド・サラーがネットを揺らしたもののオフサイドで認められず、一転して暗雲が立ち込める展開に。すると65分に同点に追いつかれ、その後もブライトンペース。試合は結局2-2の引き分けに終わった。 クロップ監督は試合後、2点リードを追いつかれ悔しさをあらわに。それでも逆境を跳ね除けたブライトンを称賛する姿勢を見せた。 「負けではないとわかっていても敗北のように感じているよ。ブライトンにとっては当然の勝ち点だが、その理由は様々だ。ある時間帯の我々は本当に良い試合をしていたし、ブライトンに対する正しい戦い方ができていた。しかし、そうでない時の我々は彼らに対して扉を開けてしまっていた」 「ブライトン戦の最も適切な守り方はボールを保持することだが、それが十分にできなかった。だからこそ、信じられないような2つのゴールが生まれたんだと思う。サディオのゴールは私のリバプールでの6年間でもお気に入りのひとつだ」 「それから、相手は2ゴールで追いついた。クロスかどうだったかはわからないが、ゴールが決まってしまったのだから気にすることではない。その時の我々はもう十分なサッカーができず、正しいサッカーもできなかった」 「後半のモー(サラー)のゴールが認められなかった後の我々は多くのチャンスは作れていなかったと思う。最後の4、5分はもう一度前に出たが、それまでは、ボールを持った時は試合を落ち着かせ、持たれた時は守りに徹していた。ただ、彼らの2点目は素晴らしかった。それが勝ち点に値する理由だ」 クロップ監督はまた、ブライトンを指揮するグレアム・ポッター監督に対しても称賛の言葉を述べている。 「彼は必要なものを全て揃えている。私に言えるのは、彼はイイ奴で、チームは彼の能力を反映しているということ。それはとても素晴らしいことだ。フットボールに対する明確な考えを持ち、素晴らしい仕事を実践しているよ」 2021.10.31 14:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly