フリーのウェルベックがブライトンに加入! 1年契約で背番号は“18”に決定!

2020.10.18 22:14 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブライトン&ホーヴ・アルビオンは18日、元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(29)の加入を発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。今月6日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードとの契約を双方合意の下で解消し、フリーとなっていたウェルベックの新天地はプレミアリーグのブライトンとなった。

同クラブを率いるグラハム・ポッター監督は、経験豊富なベテランストライカーの加入に満足感を示している。

「ダニーがこのクラブに加入してくれたことを嬉しく思う。彼は我々の既存の攻撃オプションを補完してくれるはずだ」

「これまでの所属キャリアが彼の能力を証明している。素早く、技術的にも非常に優れている。我々の攻撃に鋭さを提供してくれるだろう。経験とクオリティを兼ね備えた新たなプレーヤーを迎え入れられたことにワクワクしている」

マンチェスター・ユナイテッドとの下部組織出身のウェルベックは、2014年からプレーしたアーセナルを離れ、昨夏にワトフォードへ加入。昨シーズンはケガなく1年を過ごしたが、なかなか主力として扱われず、シーズン半ばにはベンチ入りすらままならない時期も。

最終的には公式戦20試合に出場し、プレミアリーグ最終節で1ゴール1アシストを記録した古巣アーセナル戦がワトフォードでの最後のプレーとなった。プレミアリーグ通算では224試合44ゴール27アシストを記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

ブライトンDFを巡って争奪戦か ユナイテッドやチェルシー、トッテナムが関心

ブライトン&ホーヴ・アルビホンに所属するイングランド人DFベン・ホワイト(23)に対して、プレミアリーグの複数のビッグクラブからの関心があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨季レンタルで加入したリーズ・ユナイテッドでチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝に貢献したホワイトは今夏にブライトンへ復帰。今季はここまでのプレミアリーグ全10試合にスタメン出場しており、『Wyscout's index rankings』によると、同選手はセンターバックにおいて、DFクル・ズマとDFチアゴ・シウバのチェルシーコンビとアーセナルのDFガブリエウに次ぐパフォーマンスを披露しているとのこと。 そのホワイトに興味を向けているクラブのひとつがマンチェスター・ユナイテッドだ。チームにはマルコス・ロホやDFフィル・ジョーンズなど、センターバックを主戦場とする選手の数は揃っているものの、いずれも今季未出場で構想外となっており、同ポジションの補強性が指摘されている。 また、トッテナムもホワイトを狙っており、今夏にスウォンジー・シティからDFジョー・ロドンを獲得したものの、DFトビー・アルデルヴァイレルトがケガがちなこともあり、新たなセンターバックのオプションとして国産の23歳を監視しているようだ。 さらに、上述したズマやチアゴ・シウバが好調を維持するチェルシーも将来的な投資の意味も含めてホワイトに注目している模様。 その一方で、DFヴィルヒル・ファン・ダイクの長期離脱により、今冬の移籍市場でセンターバックの補強に動くことが濃厚と見られているリバプールは「興味はない」と獲得の可能性を否定したという。 今夏にリーズが移籍金2500万ポンド(約34億9000万円)を提示してブライトンが拒絶していたが、ホワイトを巡る今後の動向に注目だ。 2020.12.02 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

南野今季リーグ初先発のリバプール、土壇場PK被弾で痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第10節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが28日に行われ、1-1のドローに終わった。なお、リバプールFW南野拓実は今季リーグ初先発を飾り、フル出場した。 リバプールは前節、首位のレスター・シティに3-0の完勝を収めて2位に浮上。しかし、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアタランタ相手にホームで枠内シュート0に終わる完敗となった。その敗戦からのバウンスバックが求められる今回のブライトン戦では先発6人を変更。南野が右インサイドハーフで今季リーグ初スタメンを飾ったほか、ロバートソンやジョタ、フィルミノがメンバー復帰した。 立ち上がりはリバプールが押し込む入りとなったが、時間の経過と共にホームのブライトンがハイラインの背後を狙うシンプルな形の攻撃で押し返していく。すると、10分にはハーフウェイライン付近でパスを受けたモペイの素早い裏へのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したコノリーがボックス付近でGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、ゴール右隅を狙ったシュートは枠の右に外れた。 相手の決定機逸に救われたリバプールだが、ここで気持ちを切り替えることができず、その後も相手にペースを握られる。そして、19分にはボックス左に抜け出したコノリーをDFネコ・ウィリアムズが後方から倒してしまい、痛恨のPK献上。しかし、ここはキッカーのモペイが枠の右にシュートを外して再び先制点献上を免れた。 その後、PKを外したモペイが直後に負傷し、トロサールが緊急投入されるアクシデントが起きたが、試合の流れ自体に大きな変化はない。フィニッシュの回数の少なさに加え、なかなかボールを持てない苦しい状況が続いたリバプールだが、30分過ぎにビッグチャンスが訪れる。 34分、GKアリソンからのロングボールを右サイドに流れたフィルミノがキープして浮き球のスルーパスを背後のスペースに送る。これに抜け出したサラーが冷静にGKとの一対一を制した。決定力の差を見せつける先制点かに思われたが、VARのレビューの結果、サラーがギリギリでオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。 試合終盤にかけてはより拮抗した展開となった中、42分には南野がボックス手前からミドルシュートを放つ場面もあったが、ややパワー不足のこのシュートはGK正面を突いた。 過密日程の続く中、厳しいランチタイムキックオフとなったリバプールは、ネコ・ウィリアムズに代えて負傷明けのヘンダーソンをハーフタイム明けに投入。この交代でミルナーが右サイドバック、ヘンダーソンがアンカーの位置に入った。しかし、この選手交代で一気に流れを変えるまでには至らず、54分にはボックス内で仕掛けたウェルベックに後半最初の枠内シュートを許した。 後半もなかなか決定機を作れずにいたリバプールだが、絶好調のポルトガル代表FWがチームを救う。60分、左サイドで仕掛けたロバートソンがペナルティアーク付近に横パスを入れると、サラーの短い落としを受けたジョタがそのまま右に運んでDFをかわして右足のシュート。ゴール前の密集を抜けたボールがゴール左下隅の最高のコースに決まった。 ジョタの今季初のアウェイでの得点で先制に成功したリバプールは、サラーを下げてマネを2枚目の交代カードとして投入。対するブライトンはコノリーに代えて古巣初対戦となるララナをピッチへ送り込んだ。 その後は拮抗した展開が続く中、互いに負傷者が出てしまう。ブライトンは投入されたばかりのララナがプレー続行不可能となり、ジャハンバクシュを投入。一方のリバプールはミルナーがハムストリングを痛めてカーティス・ジョーンズが右サイドバックでスクランブル起用されることになった。 ミルナーの負傷交代によって少し嫌な流れが漂うアウェイチームは83分に相手陣内左で得たFKの場面でロバートソンのクロスをマネが頭で叩き込むが、これは前半に続きVARのレビューの結果、オフサイドの判定となった。 すると、試合終盤にかけては急造のC・ジョーンズの右サイドを積極的に狙うブライトンに押し込まれる状況が続くと、試合終了間際にこの試合2つ目のPKを献上してしまう。ボックス内でクリアを試みたロバートソンがウェルベックの足を蹴ってしまい、オンフィールドレビューの結果、PK判定が下された。 そして、これをキッカーのグロスに中央へ蹴り込まれて土壇場で追いつかれた。その後、短い残り時間で勝ち越しを目指したものの、試合は1-1のままタイムアップ。微妙なVAR判定に泣いたリバプールは痛恨の勝ち点逸となった。 2020.11.28 23:35 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス人FWノッカールが完璧なコースに叩き込んだゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はノッティンガム・フォレストのフランス人FWアントニー・ノッカールがブライトン&ホーヴ・アルビオン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クノッカールが決めた完璧なゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGWXdDb1FsdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのデビューを経て、スタンダール・リエージュやレスター・シティでプレーしたノッカールは、2016年1月にブライトンに加入した。 ブライトンでは貴重な得点源として活躍したノッカールだが、2019年3月9日に行われたプレミアリーグ第30節のクリスタル・パレス戦では、見事なゴールを挙げている。 1-1の同点で迎えた74分、右サイドでボールを持ったノッカールは、ドリブルで仕掛け、ボックス手前まで侵入。鋭いカットインでシュートチャンスを作ると、ミドルシュートを放つ。 左足から放たれたシュートは、左上の完璧なコースにカーブしながら飛んでいき、ポストの内側に跳ね返ってゴールインした。 ノッカールのゴラッソで勝ち越しに成功したブライトン。試合には2-1で勝利している。 2020.11.23 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ熱視線のランプティ、9歳から過ごしたチェルシー退団の理由を明かす「何がベストかを考えた」

ブライトンのU-20イングランド代表DFタリク・ランプティ(20)が、11年過ごしたチェルシーを退団した理由について明かした。イギリス『90min』が伝えている。 9歳からチェルシーのアカデミーに所属していたランプティは、昨シーズンにトップチームでデビューを飾るも、2020年1月にブライトンへ移籍。ブライトンでは主軸としてポジションを掴んでおり、今シーズンはプレミアリーグ全試合に出場し1ゴールをマークしている。 その目覚ましい活躍ぶりに、バイエルンやアトレティコ・マドリーが獲得に興味を示すなど、波に乗っているランプティ。『90min』のインタビューで、キャリアの始まりとなるチェルシー加入の日を振り返った。 「僕はU-9としてチェルシーに加入したんだけど、元々は地元のトーナメントでプレーしていたU-7からキャリアは始まったんだ。試合後にスカウトが父のところに来て、『もう少し彼を見たいから、チェルシーのアカデミーセンターに来てくれないか』って言われてね」 「僕はいろんなポジションでプレーしていた。低い位置でボールを奪って走り始めたり、誰かがゴールに向かって突っ込んできたら戻ってタックルをしたりしたよ。右ウイングからのスタートだったけど、年を経るごとに中盤や右ウイング、右サイドバックとあらゆるポジションでプレーした」 「(トップチームでデビューを飾った日は)非現実的だったよ。素晴らしい試合だったし、自分と家族にとって誇りとなる、忘れられない瞬間だった」 チェルシーで待望のデビューを果たしたランプティだったが、クラブには同ポジションに大きな期待を集める同年代のDFリース・ジェームズ(20)がいたこともあり、出場機会を得られるかは不透明な状況だった。 こうした状況が、10年以上所属していたクラブを離れる原因だったとランプティは語っており、同時に新たなクラブとしてブライトンを選んだ理由についても明かしている。 「僕は野心家で、その瞬間は物事を楽しむけど、次の日に改善のため何が必要か、どうすればそのレベルに留まれるかを考えているんだ。プレーする機会は常に求めているし、デビューしたことでよりハングリーになった。試合に出られる味わいを、手放すつもりはなかったよ」 「監督や家族、代理人と一緒になって、何がベストかを考えたよ。本当に難しい決断だったと思う。9歳からクラブにいて、全てのシステムを経験し、トップチームデビューを果たせた。全てがあっという間だったけど、どこで最も多くプレーできるか、どうすれば自分をレベルアップできるか考える必要があったんだ」 「簡単な決断ではなかったし、毎日考えていた。でも、チームとして素晴らしいプランを持っているブライトンに移籍する機会が訪れたんだ。この移籍は大きな意味があった。移籍先の選択肢は多かったけど、家族で話し合った結果、ブライトンが自分を成長させてくれるベストなクラブだと思ったよ」 2020.11.13 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ブライトンの攻撃的SBに注目…バイエルン&セビージャも関心示す

ブライトン&ホーヴ・アルビオンに所属するU-20イングランド代表DFタリク・ランプティ(20)に対して、複数クラブからの関心が浮上した。 今年1月にチェルシーから3年半契約でブライトンに活躍の場を移したランプティ。今季はここまでプレミアリーグ7試合に出場して、豊富な運動量と鋭いドリブルを武器に1ゴール3アシストと攻撃センスを遺憾なく発揮している。 イギリス『デイリー・メール』によれば、そんなランプティには右サイドバックの補強が取り沙汰されているバイエルンやセビージャが関心を示している模様。さらにアトレティコ・マドリーからの視線も新たに浮上して、獲得レースが激化する可能性があるようだ。 その一方で、プレミアリーグのサイドバックのなかで、1試合平均4.8回と最もドリブルを成功させているランプティの慰留を目指すブライトンは、11月の代表ウィーク後に新契約締結に向けて、交渉の席に着くと予想されている。 2020.11.03 10:45 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly