FC東京が秋田の右SB鈴木準弥を完全移籍で獲得、背番号は「28」

2021.06.24 11:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC東京は24日、ブラウブリッツ秋田のDF鈴木準弥(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「28」となる。

鈴木は静岡県出身で、清水エスパルスのユースで育った。早稲田大学に進学すると、そのままドイツのアーレンに加入。2019年に藤枝MYFCへと完全移籍すると、2020年から秋田でプレーしていた。

J2では通算18試合1得点、J3では通算62試合5得点を記録。また天皇杯でも3試合に出場していた。

U-16やU-17など世代別の日本代表も経験しており、右サイドバックが不足している東京にとっては大きな補強となる。

鈴木は両クラブを通じてコメントしている。

◆FC東京
「ブラウブリッツ秋田から移籍することになりました鈴木準弥です。FC東京という素晴らしいクラブでプレーする機会を与えていただきとても嬉しく思っています。チームの勝利の為に全身全霊をささげます。FC東京に関わる全てのみなさまよろしくお願い致します!」

◆ブラウブリッツ秋田
「この度、FC東京へ移籍することになりました。夏のタイミングでチームがなかなか勝てていない中ということもあり悩みましたが、J1のステージへの挑戦したい気持ちが強く、決断しました」

「この移籍はブラウブリッツ秋田があったからこそ実現しました。1年半という短い間でしたが、本当にありがとうございました」

「僕は秋田、ブラウブリッツ秋田が大好きです。移籍にあたって快く背中を押してくれたクラブの全ての皆様には感謝しかありません」

「J1の舞台で活躍し秋田の子供達の夢や希望となれるよう闘ってきます。是非秋田からも引き続き応援して頂けたらと思います。本当にありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いします!」

関連ニュース
thumb

FC東京のユニフォーム姿で平祐奈さんが姉・愛梨さんと2ショット! 長友佑都の復帰喜ぶ

11年間にわたりイタリア、トルコ、フランスとヨーロッパの一線でプレーを続けてきた日本代表DF長友佑都。35歳の誕生日であった12日に、古巣のFC東京への復帰が発表された。 ヨーロッパでのプレーを希望しながらも、古巣への復帰を決めた長友。FC東京ファンの多くが喜んだが、長友の復帰を大きく喜んだのは親族も一緒だったようだ。 それは、長友の義理の妹に当たる女優の平祐奈さん。妻の平愛梨さんの妹だが、自身のインスタグラムではFC東京のユニフォームを着用し、姉の愛梨さんとの2ショットを掲載。長友の復帰に合わせて日本へと戻ってきた姉との再会を喜ぶと共に、長友の誕生日へのメッセージ、そしてサポートすることを誓った。 「ひゃっほーーーーい おかえりーーーーー!!もういつでも会えるやん。あぁ嬉しすぎる。待ってました」 「そしてゆっにーぃのお誕生日おめでとう」 「これからは傍で私もいつだってサポート出来ちゃいます」 「やっぱ愛ちゃんは近くに居てくれないとね」 この投稿には姉の愛梨さんも「祐ちゃんありがとう。離れ離れになるあの時を思い出す。もう近くだね 。たっだいまー」と返信していた。 <span class="paragraph-title">【写真】長友の日本復帰を喜びFC東京ユニで平祐奈さんが姉と2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTuRU3wBKyJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTuRU3wBKyJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTuRU3wBKyJ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">平 祐奈(@yunataira_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.13 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

細谷の先制点を守り抜いた柏が3連勝、FC東京は味スタ凱旋で勝利できず【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、FC東京vs柏レイソルが12日に味の素スタジアムで行われ、1-0でアウェイの柏が勝利を収めた。 ルヴァンカップでは北海道コンサドーレ札幌を破り、準決勝進出を決めたFC東京。日本代表DF長友佑都の加入決定というホットな話題を提供するホームチームは、6月27日以来となる味スタでの勝利を目指す。 対する柏は前々節は徳島ヴォルティス、前節は横浜FCと、残留を争うライバルから確実に勝ち点を奪い、2連勝と好調をキープ。前節と同じ11人を先発に並べた。 様子を見合うような入りを見せた両チームだったが、1つのミスで試合は動く。8分、柏はハーフウェイ付近からクリスティアーノが浮き球を送ると、渡辺と波多野の間に落ちたボールを競り合いながらも細谷が先に触り、最後は右足で流し込んで先制に成功した。 追い掛ける展開となったFC東京のビッグチャンスは22分、ゴール正面でFKを得ると、やや距離はあるもののレアンドロが直接狙う。ブレ球がゴールを強襲するも、GKキム・スンギュが冷静にパンチング。その後のフィニッシュも防がれてしまった。 互いに裏を狙う長いボールが増え始めた前半の終盤は、ラインの駆け引きとタイトな守備の応酬に。ボックス内への決定的なパスが許されないなか、前半の終了間際にはボックス手前からクリスティアーノがミドル。これはGK波多野がセーブする。 後半の頭からメンバー交代を行ったのは、ビハインドで折り返したFC東京。永井と青木を送り込むと、58分にはその永井の左クロスが流れてディエゴ・オリヴェイラの下へ。ボックス右手前から左足で巻いたシュートを狙ったが、これは左のポストを叩く。 73分にFC東京がカウンターを仕掛け、抜け出した田川がボックス左まで持ち込んで左足で狙う。しかし、この絶好機を枠の右に外すと、直後のヘディングシュートも枠の左へ。87分にも永井が裏を取り、高萩からのパスを引き出したが、わずかにオフサイドの判定を取られた。 終盤はシンプルなプレーに徹した柏は交代カードも駆使して時計の針を進めると、戸嶋のクリアがブロックされ、タッチラインを割ったところでタイムアップ。序盤の1点を守り切った柏が3連勝を達成した。 FC東京 0-1 柏レイソル 【柏】 細谷真大(前9) 2021.09.12 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs柏】共に目指すは3連勝、東京は味スタ帰還&長友復帰に華を添えられるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月12日(日) 19:00キックオフ FC東京(9位/42pt) vs 柏レイソル(14位/30pt) [味の素スタジアム] ◆久々の味スタ、3連勝へ【FC東京】 中断期間中はYBCルヴァンカップの準々決勝で北海道コンサドーレ札幌と対戦し、2戦合計3-2で勝利。ベスト4に駒を進めた。 東京オリンピックの影響で本拠地の味の素スタジアムが使えなくなって早2カ月半。7試合連続のアウェイゲームを3勝2分け2敗で戦いぬいた。 久々のホームゲームはここから4連戦。チームとして一気に3位争いに加わりたいところだ。 この試合の目玉は久々のホームゲームにあるが、1人の男の帰還により特別なものに。海外を渡り歩いた日本代表DF長友佑都が11年ぶりに復帰。35歳の誕生日に復帰という粋な演出だが、ホームサポーターへもお披露目されることだろう。長友を歓迎する意味でも3連勝を納めたい。 チームとしての底上げがされることは間違いなく、サイドバックの選手にとっては強烈すぎるライバルが出現した。ここでしっかりアピールしておきたいところだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:鈴木準弥、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 ◆残留争いから抜け出すための3連勝を【柏レイソル】 前節は最下位の横浜FCとの大事な一戦で2-1と勝利。前々節は残留争い中の徳島ヴォルティスに0-1と連勝を納めた。 降格圏との勝ち点差は「7」まで開き、少し抜け出した感はある。ただ、気を抜けないのは当然のこと。このまま安全なところまで浮上していきたい。 この2試合は負けられない一戦だったこともあり、リアリストになって戦えていた部分があるだろう。守備はセーフティファースト、攻撃はカウンターから素早くしっかりと仕留めるというハッキリした戦い方を見せていた。その結果が2連勝へとつながった。 今季の柏は守備陣の出来が結果に繋がっていると言っても過言ではない。失点するときは大半がミスが絡んでいる状況。悪い取られ方をした結果、整う前にゴールを許してしまうという展開だ。 しかし、勇気を持って前に出ること、そしてカウンターを完結させることで、失点のリスクは減らせる。跳ね返す守備をし、中盤以前はしっかりとゴールへと向かう戦い方をすれば、自ずと結果はついてくる。 今回のポイントはFC東京のブラジル人トリオをどう抑えるか。想像を超えるパフォーマンスを見せることもあり、集中力が求められるだろう。ずるずると下がって失点せず、しっかりとカウンターで押し戻せるか。その点にも注目したい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:キム・スンギュ DF:大南拓磨、上島拓巳、古賀太陽 MF:川口尚紀、ヒシャルジソン、三丸拡 MF:クリスティアーノ、戸嶋祥郎 FW:細谷真大、瀬川祐輔 監督:ネルシーニョ 2021.09.12 16:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「心が震える」11年ぶりのFC東京のユニフォームに感動の長友佑都、復帰の決め手は「愛するクラブだから」

FC東京に11年ぶりに復帰した日本代表DF長友佑都が、入団会見を行い、Jリーグでのプレーへの意気込みを語った。 12日、FC東京は長友の復帰を発表。この日は、長友の35歳のバースデーでもあり、メモリアルな入団発表となった。 明治大学在学中にFC東京とプロ契約を結んだ長友は、2010年7月にセリエAのチェゼーナへとレンタル移籍。2011年1月には完全移籍し、インテルへとレンタル移籍した。2018年1月からはガラタサライ、2020年8月からはマルセイユでプレー。チャンピオンズリーグなどでもプレーし、多くの経験を積んできた。 日本代表としてもワールドカップに3度出場した長友は、背番号「50」をつけることが決定。入団会見の冒頭では「FC東京の長友佑都です。とにかく嬉しいです。心から僕の愛するクラブに戻ってこれて嬉しく思います」と語り、「11年間海外で、イタリア、トルコ、フランスと培ってきた経験をクラブにしっかり還元し、貢献できるように頑張っていきたいと思います。みなさんよろしくお願いいたします」とチームに貢献していきたいと語った。 11年ぶりのFC東京のユニフォームを着た感想は「自分自身感動しています。心が震えるとはこういうことなのかという感情でいます。と同時に、11年前の色々な思いが蘇ってきていて、若い時も野心があったなと振り返って思いますが、今の方がより一層の野心や情熱が湧き上がってきて、自分自身このクラブに必ず貢献できるなと確信しています」と、感慨深いと語った。 海外でのチャレンジを続けたい意向を示しながらも、Jリーグへと復帰した長友。復帰の経緯については「移籍期限の中で国外、国内と興味を示してくださったチームはありましたけど、その中でも僕の大好きなFC東京から熱烈なオファーをいただき、ビジョンだったり思いを僕自身感動して、このクラブに帰ってきたいと決意しました」と語り、FC東京の熱意に応えたいと考えたようだ。 その中でも決め手となったのは「決め手は愛するクラブだから」と、クラブへの愛を語り「それ以外にはないぐらいです。クラブとしてどこを目指していくのかというビジョンもそうですが、それ以上に愛ある心あるクラブ、スタッフ、選手含めた人に僕の心が動かされたということです」と、再びFC東京でプレーしたいと感じたことが大きかったとした。 11日にはチームに合流し、選手たちへのあいさつを行った長友。「昨日帰ってきて、初めて挨拶しました。若手選手は緊張というか、硬い感じはしましたが、一緒にプレーしていた選手やスタッフもいるので、凄く良い雰囲気が作れたんじゃないかなと思います」と、良い空気だったとした。 自身の経験を還元したいと語った長友だが、「厳しい戦いをしてきました。11年間。チェゼーナから始まり、インテル、ガラタサライ、マルセイユで。特にインテル、インテル、ガラタサライ、マルセイユは、国内、世界的にも強豪のチームで、本当に上手くいかないときは凄い批判をされながらも立ち向かってきて、確実に自分は成長してきたなと確信を持っています。そういう経験やパーソナリティをFC東京とJリーグに還元して、貢献できるようにしたいです」と、海外で得たものを全て還元するつもりであると意気込んだ。 今夏は海外でプレーしてきた選手が多く復帰。マルセイユの同僚であったDF酒井宏樹(浦和レッズ)や日本代表で同僚のFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、W杯も共に戦ったMF乾貴士(セレッソ大阪)、サイドバックのライバルでもあるDF安西幸輝(鹿島アントラーズ)、同じFC東京出身のFW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)も戻ってきた。 長友が対戦したい選手については「代表だと酒井宏樹や大迫、乾、武藤も帰ってきていますし、たくさんの代表選手たちが帰ってきているので、そういった選手たちと対戦したいなと思います」と語り、同じ海外組と呼ばれていた選手たちとの対戦を楽しみにしているようだ。 そのFC東京は、2020シーズンはYBCルヴァンカップを制したものの、今シーズンの明治安田生命J1リーグでは、現在9位に位置しており、優勝は厳しい状況に。カップ戦のタイトルに懸ける状況だ。 長友は目標について「僕はこのチームで優勝したいと思っています。今シーズンはリーグ戦の優勝は正直厳しいと思っていますが、ACLの出場権を獲得できる位置にいますし、ルヴァンカップも優勝を狙えるので、そこに向けて戦いたいなと思います。来年はJリーグで優勝できるようにという目標を持っています」と、来季のJ1優勝を掲げた。 また、チーム内での存在については「プレーで魅せることはもちろんですが、モチベーターというか、精神的にもチームを支えるような、メンター的な存在になりたいと思います」とコメント。精神的にもプレー面でも支えたいと意気込んだ。 入団発表が35歳の誕生日という異例の状況だが、抱負としては「35歳の記念すべきこんな最高の日に、FC東京と契約ができて、非常に嬉しいです。35歳、サッカーの世界ではベテランと言われる歳ですが、自分は20歳ぐらいだと思っているので、そのぐらいのエネルギーを持って、野心を持って戦います」とコメント。また、「合わせるつもりはなかったんですが、誕生日が近くて、今日は味の素スタジアムでホームゲームなので、ここが最高の日だなと」と語り、結果として誕生日での発表となったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】11年ぶり復帰の長友佑都、FC東京時代のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E5%8F%8B%E4%BD%91%E9%83%BD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長友佑都</a> 選手 <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%A6%EF%BC%A3%E6%9D%B1%E4%BA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC東京</a> 復帰決定<br>\<br><br>2008年 <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%A6%EF%BC%A3%E6%9D%B1%E4%BA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC東京</a> 時代の<br>アツいプレーとインタビューをどうぞ<a href="https://twitter.com/YutoNagatomo5?ref_src=twsrc%5Etfw">@YutoNagatomo5</a><a href="https://twitter.com/fctokyoofficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@fctokyoofficial</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> <a href="https://t.co/78glBHnucL">pic.twitter.com/78glBHnucL</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1436838214778585091?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.12 14:48 Sun
twitterfacebook
thumb

長友佑都が11年ぶりにFC東京復帰、背番号は「50」、バースデー加入 「11年ぶりに僕の愛するこの場所に」

FC東京は12日、日本代表DF長友佑都(35)の完全移籍加入を発表した。背番号は「50」を付ける。 長友はクラブを通じて、復帰へのコメントを寄せている。 「ボンジョルノ! FC東京ファミリーのみなさんお久しぶりです。11年ぶりに僕の愛するこの場所に帰ってくることができとても嬉しく思います。この間にイタリア、トルコ、フランスと様々な国でそれぞれのチームと自分の成長のために戦ってきました」 「そこで得た経験全てを東京の勝利のために還元していきたいです。ふと目を閉じて11年前を思い出してみると野心あふれていた当時が思い出されます。そして今、それ以上の想い、情熱を持って日々取り組んでいく覚悟です」 「感染症の影響で困難な状況は続いていますが、青赤のユニフォームを着てプレーする姿を見ていただき、少しでも元気になってもらえるように取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします!味スタで会いましょう!」 長友は2007年5月に明治大学に在籍しながらFC東京に特別指定選手として登録。7月にはナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)でデビュー。2008年にはサッカー部を退部し、大学に籍を置いたままプロサッカー選手となった。 同年の開幕戦からいきなりレギュラーとしてプレーすると、5月には日本代表に初招集され、そのままデビュー。2008年の北京オリンピックにも出場すると、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)にも出場した。 2010年7月にはW杯での活躍が認められ、セリエAのチェゼーナへとレンタル移籍。2011年1月に完全移籍すると、そのままインテルへとレンタル移籍。2011年7月にインテルへと完全移籍した。 世界有数のビッグクラブであるインテルでもレギュラーを掴むと、2018年1月にガラタサライへとレンタル移籍するまで6シーズン半プレー。インテルでは公式戦210試合に出場して11ゴール18アシストを記録し、チームメイトやファンからも愛された。 ガラタサライには2018年7月に完全移籍するも、2020年1月には選手登録を抹消され、半年間プレー機会を失うなどし、2020年8月にマルセイユへと完全移籍。日本代表DF酒井宏樹(浦和レッズ)と両サイドバックを形成するなどしたが、1シーズンで退団していた。 長友にはセリエAへの復帰などが噂され、本人も「僕の哲学としては過酷な環境で勝負したいというのがあるので、そこは変わらずに持っています」とJリーグ復帰ではなく、海外でのプレーを希望すると9月の日本代用活動中に発言していたが、この度11年ぶりに日本へ復帰することとなった。 Jリーグでは72試合に出場し5得点4アシストを記録。日本代表としても127試合に出場し4得点と経験豊富。FC東京はサイドバックが手薄になっていたが、チームにとって非常に大きな補強となった。 なお、これで今夏はDF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF安西幸輝(鹿島アントラーズ)、FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)、FW武藤嘉紀(ヴィッセル神戸)、MF乾貴士(セレッソ大阪)に続いて6人目のJリーグ復帰。ヨーロッパでのプレー経験を経た選手としては、FW宮市亮(横浜F・マリノス)もJリーグに加入しており、多くの選手が欧州から帰還する異例のシーズンとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】インテル時代の長友佑都ゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3NHZtSHYyYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.12 09:01 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly