「すべてクラブの不手際によるもの」浦和が無資格選手の出場を謝罪、柏戦欠場のGK鈴木彩艶について説明

2021.06.24 09:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
浦和レッズは23日、出場資格がない選手を出場させていたことを謝罪した。

当該選手は、U-24日本代表GK鈴木彩艶。Jリーグエントリー資格認定委員会への未申請により、リーグ戦の出場資格がない状態で試合に出場してしまった。

鈴木は6月にU-24日本代表として活動。そのためJリーグの公式検査(PCR検査)を受けることができなかった。しかし、日本サッカー協会(JFA)によるPCR検査結果をJリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要があったが、クラブがこれを実施していなかったとのことだ。

クラブの不手際により出場資格がなかった鈴木だが、20日(日)に行われた明治安田生命J1リーグ第18節の湘南ベルマーレ戦は先発フル出場。しかし、23日(水)の明治安田J1第19節 柏レイソル戦はベンチ外だった。

なお、浦和はJリーグへと報告し、詳しい調査と確認の上で、Jリーグとしての判断をしてもらうとのことだ。

23日に戸苅淳フットボール本部本部長がオンラインで記者会見。鈴木が柏戦を欠場したことを報告するとともに、今回の経緯を説明。クラブの認識不足が起こした事態だと説明し謝罪した。

「本日行われました明治安田生命J1リーグ第19節柏レイソル戦に弊クラブ所属のGKであります、鈴木彩艶選手が欠場しました理由についてですが、クラブからJリーグへエントリーに必要な申請が行われていなかったためであることをご報告させていただき、本人を含む全てのみなさまへ心よりお詫び申し上げます」

「このような状況でJリーグの本日の試合には出場できませんでした。それにつきまして、経緯を説明させていただきます」

「鈴木彩艶選手については、U-24日本代表に選出され、6月5日(土)と6月12日(土)に国内で行われました国際親善試合のためにチームを離れておりました」

「その期間、チームは定期的に実施しているJリーグ公式検査を行っており、代表活動のため公式検査が実施できなかった鈴木彩艶選手についてはJFAによるPCR検査の結果をもって、Jリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受けなければなりませんでした」

「今回、当該選手はJFAのPCR検査で、陰性判定であったものの、クラブの認識不足が原因でJリーグへの申請を怠ったことが判明し、その結果、本日の試合で本人は欠場せざるを得ない状況となりました」

「選手本人には瑕疵はなく、すべてクラブの不手際によるものです」

「また、6月20日(日)に開催されました明治安田生命J1リーグ第18節湘南ベルマーレ戦において、試合へのエントリー資格がないことを弊クラブが認識できておらず、鈴木彩艶選手をエントリー、出場させております」

「本案件についても、本日Jリーグに報告し、今後詳しい調査と確認の上で、Jリーグとしての判断をいただく予定です。なお、鈴木彩艶選手については、6月27日の試合に向けて、Jリーグエントリー資格認定委員会へ手続きを行う予定です」

「クラブとしては、今後このような事態が起きぬよう、再発防止に努めると共にJリーグを含む関係各所と連携して取り組んでまいります。改めまして、このたびはクラブの不手際により鈴木彩艶選手、対戦相手であります湘南ベルマーレさま、柏レイソルさまをはじめ、ファン・サポーターのみなさま、パートナー企業のみなさま、日ごろご支援いただいている全ての関係者のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます」


関連ニュース
thumb

ユンカーも「うどん屋開こうかな」、浦和の助っ人たちの“料理人姿”が大反響「似合いすぎ」

浦和レッズは8日、クラブのメンバーシップであるREX CLUB限定のアイテムを発表。2020年の「年越しそば」に続いて、埼玉県産の「年越しうどん」を用意した。 そのパッケージには、リカルド・ロドリゲス監督、DFアレクサンダー・ショルツ、うどん好きを公言しているFWキャスパー・ユンカーの3名が採用。法被や手ぬぐいを着用した和装姿がデザインされている。 監督を含む3名のピッチとは違う姿には「ここのうどん屋さん行きたい」、「埼スタで出店お願いします!」、「監督似合いすぎ」、「このクラブ最高」、「何をやらせとんねん」と多くのコメントが寄せられている。 さらに、ユンカーも自身のツイッターで、この投稿を引用する形で「うどん屋開こうかな」と冗談を飛ばしており、さらなる反響を呼んでいる。 「年越しうどん」は9日の16時から交換可能とのこと。メンバーの方は検討してみてはいかがだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】うどん職人に扮した浦和の助っ人コンビとロドリゲス監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">昨年大好評につき、瞬く間に交換申込終了となった「<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B4%E8%B6%8A%E3%81%97%E3%81%9D%E3%81%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#年越しそば</a>」ですが、今年は「<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#埼玉県</a> といえば <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#うどん</a>!」ということで「埼玉県産」の <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B4%E8%B6%8A%E3%81%97%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#年越しうどん</a> をご用意いたしました<br><br>♦️交換ポイント数<br>3,500ポイント<br><br>♦️交換申込可能日<br>12/9(木)19時~<br><br>詳細<a href="https://t.co/q39a1Un7wA">https://t.co/q39a1Un7wA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B5%A6%E5%92%8C%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#浦和レッズ</a> <a href="https://t.co/eMW3jhJuD8">pic.twitter.com/eMW3jhJuD8</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1468416276213411841?ref_src=twsrc%5Etfw">December 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.08 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

天皇杯の残り3試合は100%収容が決定! 声出しなど不可も、ついにスタジアムが満員に

日本サッカー協会(JFA)は8日、天皇杯の観客動員に関する声明を発表した。 昨シーズンから、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、スタジアムの観客動員に関しては制限がかけられ、当初はリモートマッチ(無観客)になる試合も生まれていた。 徐々に日本国内での感染状況が落ち着いたこともあり、徐々に観客動員を進めて行く中、それでもスタジアムが満員になることはなかった。 2021シーズンのJリーグも「収容人数の50%以下または1万人の少ない方」という日本政府の方針に従って制限を設けていた中、ワクチン接種や感染防止対策などの影響もあり、徐々に制限が緩和。「収容人数の50%」というところまで来ていた。 そんな中、準決勝の2試合と決勝を残す天皇杯に関して、JFAは観客収容率100%で運営していくと発表。マスクの着用や手指消毒などの感染予防対策をすることはもちろん、応援スタイルもチャントやコールなどの声を出しての応援をしないことを条件に、満員を目指すことで各自治体から承認を得たとのことだ。 なお、準決勝は12日に浦和レッズvsセレッソ大阪、川崎フロンターレvs大分トリニータの2試合が行われ、勝者が19日に国立競技場で決勝を戦う。 JFAは天皇杯実施委員長の須原清貴氏の声明を発表。観客への感染予防対策、観戦ルールの徹底をお願いした。 「天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会は、今週12日(日)に準決勝、19日(日)に決勝を迎えるステージとなりました。今年は従来のフォーマットで回戦を重ねてきました。ここまで素晴らしい戦いを繰り広げてきた各出場チーム、熱い応援で各会場を盛り上げてくださったサポーターの皆さまに実施委員長として心から感謝しています」 「ここからの3試合は、観客収容率100%で運営してまいります。日本サッカー協会は、政府の方針に則り、11月下旬に「感染防止安全計画」を開催自治体に申請しました」 「これは、満員のスタジアムにおいてどのように感染症が広がらないよう運営をするか、会場内外の動線、警備、感染対策、そして観客の皆さまの観戦ルールを中心に記したもので、順守することを前提に、各自治体に収容100%での開催をお認めいただきました」 「観戦ルールにつきましては、不織布マスクの着用や手指の消毒、コンコースや移動時のソーシャルディスタンスの確保から、自席以外では飲食をしない、チャントやコールなど声を出しての応援をしない、といった飛沫拡散防止のための項目が含まれています。また、会場内でアルコールの販売は行いません」 「各クラブのファン・サポーターの皆さま、ご来場の皆さまには、会場内でのルール徹底にご協力をお願いする次第です」 「「声」に関しましては、本来であれば、サッカーのゲームは選手、チームがピッチ上で魅せる攻防のみならず、サポーター・ファンの歓声やどよめき、チャントやコールが素晴らしい雰囲気を創り出し、さらにはチームのパフォーマンを引き出す非常に重要なものだと考えています。そういったスポーツの日常を取り戻したい、その気持ちは変わりません。どのような状況になれば心おきなく声を出して応援いただけるのか、日本サッカー協会は引き続き、政府、自治体、感染症の専門家の皆さまと連携しながら模索してまいります」 「現時点では、このサッカーの日常を取り戻すために段階を踏んでいるところです。準決勝、決勝には産業技術総合研究所にもご協力いただき、感染対策の各種調査が行われます。安心、安全にスポーツを楽しんでいただく環境があることを証明するためにも、しっかり協力してまいります」 「まずは、満員のスタジアムで観戦できる状況を取り戻す。この3試合はその第一歩になります。来年のJリーグ、そして各種イベントにおいて満員での開催につながるよう、我々も各対策を講じながら運営に努めてまいります。ぜひとも観戦ルール徹底へのご協力をお願いいたします」 2021.12.08 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和から酒井宏樹&江坂任が日本代表招集! 浦和の選手として初招集の江坂「持っているものを100パーセント出したい」

浦和レッズのDF酒井宏樹(31)、MF江坂任(29)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、浦和からは2人が招集された。 酒井は11月に続いての招集。江坂は初招集を受けた3月以来の招集となり、浦和の選手としては初の招集となった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF酒井宏樹 「新年一発目の勝負を埼スタで迎えられることは自分にとっても大事なことだと思うので、しっかりと考えてチームのために全力でプレーで表現したいと思います」 ◆MF江坂任 「日本代表に選ばれたことは、大変光栄に思います。自分が持っているものを100パーセント出したいと思います」 2021.12.07 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

今季で浦和を去る槙野、残り試合への熱き想いを語る「私にしか出来ないことを捧げながら戦います」

浦和レッズの元日本代表DF槙野智章が、ファンへの感謝と残り試合への強い思いを綴った。 2012年に浦和入りし、対人守備だけでなく、底抜けに明るい性格でチームを統率した槙野。チームとしてもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)や天皇杯、Jリーグカップなどのタイトルに貢献した。 在籍10年目の今季はシーズン当初こそメインポジションであるセンターバックでの出場が続いていたが、秋口あたりからサブに回る頻度が増加。11月16日に契約満了に伴う退団が発表されていた。 槙野は4日に行われた明治安田生命J1リーグ最終節、名古屋グランパス戦後に自身のインスタグラムでサポーターに向けたメッセージを発信。謝辞を述べるとともに、残っている天皇杯へかける熱き想いを以下のように綴り、最後には独特の槙野節で締め括っている。 「21年シーズンのリーグ戦が本日終わりました」 「今シーズンも熱いサポートありがとうございました」 「改めまして、10年間在籍した浦和レッズを退団します。辛く、寂しくて、たまらないです」 「ですが…リーグ戦は終わりましたが、我々の闘いはまだ続きます」 「来シーズン(私はクラブにはおりませんが)、浦和レッズがACLタイトルを獲得する為にも、次の天皇杯、私に出来ること、私にしか出来ないことを浦和レッズへ捧げながら残りの2試合を戦います」 「もう少し続く21年シーズン最後まで我々と戦ってください!」 「いつまでも泣いてられっかよ!俺はお祭り男、エンターテイナー槙野だ!」 12日に天皇杯準決勝を控える浦和は、埼玉スタジアム2002でセレッソ大阪と対戦。勝ち上がった場合は、19日に国立競技場で行われる決勝で川崎フロンターレvs大分トリニータの勝者と対戦する。浦和の槙野として、最後にタイトルを勝ち取ることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】槙野、残り2試合への想いを発信「俺はお祭り男、エンターテイナー槙野だ!」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXD8zpkl6Ly/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXD8zpkl6Ly/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXD8zpkl6Ly/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.05 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

MVPやベスイレは誰に!? Jリーグ優秀選手賞31名が決定! 連覇の川崎Fは最多10名、2位の横浜FMは上位で最少の3名

Jリーグは5日、2021シーズンの優秀選手賞31名を発表した。 J1の18クラブの監督、選手の投票結果をもとに決定した31名には、圧倒的な強さで連覇を達成した川崎フロンターレから最多の10名が選出。一方で2位の横浜F・マリノスからは3名と上位では最も少ない選出となった。 また、3位のヴィッセル神戸からは5名、4位の鹿島アントラーズからは4名、5位の名古屋グランパスからは5名が選ばれており、その他、浦和レッズから2名、北海道コンサドーレ札幌、サガン鳥栖から1名ずつが選出された。 この優秀選手賞31名から、6日に開催される「2021 Jリーグアウォーズ」で発表される最優秀選手賞、ベストイレブンはこの31名から選出されることとなる。 ◆2021 Jリーグ優秀選手賞(31名) GK チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ) ランゲラック(名古屋グランパス) DF 町田浩樹(鹿島アントラーズ) 登里享平(川崎フロンターレ) ジェジエウ(川崎フロンターレ) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 山根視来(川崎フロンターレ) チアゴ・マルチンス(横浜F・マリノス) 小池龍太(横浜F・マリノス) 中谷進之介(名古屋グランパス) 吉田豊(名古屋グランパス) トーマス・フェルマーレン(ヴィッセル神戸) 菊池流帆(ヴィッセル神戸) 酒井高徳(ヴィッセル神戸) エドゥアルド(サガン鳥栖) MF 金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌) 荒木遼太郎(鹿島アントラーズ) ディエゴ・ピトゥカ(鹿島アントラーズ) 江坂任(浦和レッズ) 脇坂泰斗(川崎フロンターレ) 橘田健人(川崎フロンターレ) 家長昭博(川崎フロンターレ) 稲垣祥(名古屋グランパス) 山口蛍(ヴィッセル神戸) アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) FW 上田綺世(鹿島アントラーズ) キャスパー・ユンカー(浦和レッズ) レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ) 旗手怜央(川崎フロンターレ) 前田大然(横浜F・マリノス) マテウス(名古屋グランパス) 2021.12.05 11:28 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly