マフレズが美人モデルと婚約!お相手は元プレミアリーガーの娘

2021.06.23 07:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
関連ニュース
thumb

フォーデン、ゴールレスでも前向き 「ポジティブなものを得ることができた」

マンチェスター・シティのイングランド代表MFフィル・フォーデンがポジティブな要素を得られたと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦したシティ。チャンスこそ作りながら、相手GKアレックス・マッカーシーの前に仕留められずの展開が続き、ゴールレスドローに終わった。 フォーデンは負傷離脱からの復帰戦となった15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節のRBライプツィヒ戦に続いて、このサウサンプトン戦にも途中出場。救世主とはならなかったが、後半アディショナルタイムに惜しい場面を演出するなど、精力的な働きが光った。 チームとしては3連勝が止まり、残る今節の結果次第で上位勢から遅れを取る結果に終わったが、フォーデンは試合後、前向きなコメントをした。 「最後にゴールを決めて勝ったと思ったんだけど、VARで(ノーゴールと)判定されてしまったんだ。今日はサウサンプトンに苦しめられたよ。この結果を受け止めて、次の試合に向けて前進するだけだ」 「プレミアリーグの試合はどれもフィジカルを押し出したものになるけど、この試合からポジティブなものを得ることができた。僕らは最後まで諦めずにすべてを出し切ったんだ」 「このメンタリティを次の試合でも維持する必要がある」 2021.09.19 17:10 Sun
twitterfacebook
thumb

セインツ戦ゴールレスのシティ、ペップ「センターフォワードがいなかったからではない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はビルドアップでの問題を指摘した。クラブ公式サイトが伝えている。 18日に行われたプレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦したシティ。チャンスを生かせない戦況が続くなか、後半アディショナルタイムにネットを揺らしたが、これもビデオアシスタントレフェリー(VAR)の結果、ゴールが認められず、0-0に終わった。 これで3連勝が止まり、FWラヒーム・スターリング、FWガブリエル・ジェズス、FWジャック・グリーリッシュの3トップも振るわなかったグアルディオラ監督だが、試合後にその原因として後ろから前線にうまくボールを入れられなかったことを挙げた。 「今日、勝つことができなかったのはセンターフォワードがいなかったからではない。勝てなかったのはビルドアップ、クリエイト、前線に選手に良いボールを配球するというプロセスがうまくいかなかったからだ」 「良い状態であれば、走ることができ、より良いポジションをとることができる。枠内シュートは1本だけだったが、6ヤードのボックス(ゴールエリア)内では4、5回ほどブロックされる場面もあり、そこそこ良い位置にいたとは思う」 「勝てなかった理由はそれではないが、4バックと(MF)フェルナンジーニョのところでプロセスを行わなかったからだ。他の選手にボールを運ばなくてはならない5人が今日は良くなかった」 続けて、スペイン人指揮官はサウサンプトンの守備を称賛。相手のハードなディフェンスによってゲームプランが崩れたことを認めた。 「ゴールを決める方法はたくさんある。後ろに引いてカウンターを狙うこともできるし、ダイレクトに攻めることもできる」 「我々のプロセスはGKがセンターバックにパスを出し、そのセンターバックがサイドバックに繋ぐ。そして、サイドバックが守備的MFにパスを出し、攻撃的MFがウイングにパスを出すというものだ」 「その過程で旅をしたり、飛行機に乗ったり、一緒に生活していくんだ。これが我々のやり方だよ。今回のプロセスは我々が最初から望んでいたものではなかった。相手が良かったから難しかった。彼らはよく守っていた」 「時には困難なこともあるし、それは相手も関わってくる。それを忘れてはいけない。トレーニングの時間がもっと必要なときもある。今日はそんな感じだ。各ハーフの最初の15分は苦労したが、最後の30分は良くなっていた」 2021.09.19 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

善戦セインツにホームで大苦戦のシティ、枠内シュート1本でゴールレスドロー…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsサウサンプトンが18日にエティハド・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 シティは前節、レスター・シティとの強豪対決を1-0で制してリーグ3連勝を達成。さらに、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではRBライプツィヒとの打ち合いを6-3で制し、目下公式戦4連勝中だ。 ここまで3分け1敗と開幕未勝利が続くサウサンプトンをホームで迎え撃った一戦では、ライプツィヒ戦から先発5人を変更。ジンチェンコとロドリ、デ・ブライネ、マフレズ、フェラン・トーレスに替えてウォーカー、フェルナンジーニョ、ギュンドアン、スターリング、ガブリエウ・ジェズスが起用された。 戦前の予想とは異なり、立ち上がりからアウェイのセインツがボールの主導権を握って押し込む入りとなる。決定機には至らないものの、序盤からシティのプレスをいなしながら再三ボックス付近まで運んでいく。15分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのウォード=プラウズが右足インスウィングで入れたボールがそのままファーポストに向かうが、これはGKエデルソンの好守に阻まれる。 予想外に押し込まれる入りとなったものの、20分を過ぎた辺りから攻守両面で相手の戦い方にアジャスト。相手のプレスをいなしながらギュンドアンの2列目からの飛び出し、左サイドで個の優位性をもたらすグリーリッシュを起点に再三の惜しい場面を作り出す。だが、最後のクロスの質やシュート精度を欠く。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るシティとカウンターで応戦するセインツという、当初の想定通りの形で一進一退の攻防が続く。だが、両チームともに最後の局面で高い集中力を発揮する相手の守備を上回ることができず、前半の枠内シュートは前半終了間際にエルユヌシが放った力のないシュート1本のみとなった。 後半もセインツの攻勢に晒されるシティはカウンターからアダムスに決定機を許すなど、難しい入りに。63分には自陣でのボールロストからアダム・アームストロングにボックス内に抜け出されると、DFウォーカーがボックス内で交錯。このファウルに対して主審はPKを与えると共にレッドカードを掲示した。しかし、オンフィールドのレビューの結果、判定がノーファウルに覆り事なきを得た。 流れを変えたいグアルディオラ監督は65分を過ぎてフェルナンジーニョ、ジェズス、ベルナルド・シウバを下げてデ・ブライネ、マフレズ、フォーデンと3人の技巧派レフティを続けてピッチへ送り込む。 この交代をキッカケにより相手陣内の深い位置でのプレーが増え始め、前がかった相手に対して、前半はあまりなかったカウンターを繰り出す場面も出てくる。だが、連戦の疲れか、スターリングが最後の局面でタッチミスや判断ミスを犯すなど、集中したセインツの守備を前に決定機はおろか、枠内シュートさえも放つことができない。 試合終了間際の90分には左CKの流れからデ・ブライネのピンポイントクロスに反応したフォーデンがボックス左でダイビングヘッド。この試合、チーム初の枠内シュートはGKの好守に阻まれるが、こぼれ球をスターリングが押し込む。 これが試合終了間際の劇的決勝点になるかに思われたが、VARのレビューの結果、スターリングのオフサイドを取られてゴールは認められず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、圧倒的な強さを誇るエティハドで2017年3月のストーク戦以来の枠内シュート1本に終わったシティは、連勝が「3」でストップした。 2021.09.19 01:29 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、難敵セインツを警戒「我々を最も苦しめたチーム」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、サウサンプトン戦に向けて警戒を強めている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 シティは18日、プレミアリーグ第5節でサウサンプトンと対戦する。開幕節でトッテナムに敗れて以降、ここまで公式戦4連勝を挙げているシティ。15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループAの第1節では、RBライプツィヒを相手に6-3と爆発的な攻撃力を見せつけており、勢いをそのままにホームで更なる勝ち星を狙う。 グアルディオラ監督は試合を前に、昨季の同カードを引き合いにしセインツへの警戒を強調。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督の手腕を称賛している。 「彼らはホームのマンチェスター・ユナイテッド戦では本当によく戦っていたし、勝利に値するものだった」 「昨シーズン、最もタフな試合のひとつがサウサンプトン戦だった。ホームで5-2と勝利したが、最初の30分の間は、昨シーズンにおいて我々を最も苦しめたチームだった」 「私はラルフを知っている。ライプツィヒ戦と似たような試合になるだろう。彼らは素早い動きでトランジションを行い、チームのために自分たちが何をすべきかを知っている」 「我々がCLでプレーし、一方で相手が一週間という長い準備期間を過ごす場合、試合はとても厳しいものになる。だからこそ、選手やサポーターなど、みんなの力が必要だ」 2021.09.18 17:59 Sat
twitterfacebook
thumb

シティDFアケの父親が逝去…息子のCL初ゴール直後に天国へ旅立つ

マンチェスター・シティに所属するオランダ代表DFナタン・アケが、15日に父親が逝去したことを明かした。同選手が16日に自身の公式『インスタグラム』で最愛の父モイズ氏の訃報を伝えた。 アケは15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のRBライプツィヒ戦に先発出場。前半の16分に左CKの場面でMFジャック・グリーシュが上げた浮き球のクロスを豪快なヘディングで合せ、待望のCL初ゴールを挙げ、チームの6-3の勝利に大きく貢献していた。 しかし、そのCL初ゴールは天国へと旅立った最愛の父へのはなむけとなっていた。 アケは16日、自身の公式SNSを通じて、闘病生活が続いていたモイズ氏が15日夜に逝去したことを明かした。 「この数週間は、僕の人生の中で最も厳しいものでした。僕の父は非常に重い病気にかかり、これ以上の治療は不可能でした。幸運なことに、僕らは婚約者や家族、友人たちからたくさんのサポートを受けることができました」 「困難な時期を経て昨日、僕はチャンピオンズリーグで初ゴールを決めました。そして、その数分後に母と兄弟がそばにいる中、父は静かに息を引き取りました」 「父はいつも自分のプレーを見て、それを誇りに思い、喜んでくれていました。あなたはいつも僕と一緒にいて、心の中にいます。このゴールは父さんのためのものだったんだ」 今回のCL初ゴールは困難な日々を過ごす中、ピッチ上で懸命なパフォーマンスを続けたアケに対するフットボールの神様からの計らいだったのかもしれない。そして、愛息のゴールを見届けて天国へ旅立ったモイズ氏も、心から息子を誇りに思っているはずだ。 <span class="paragraph-title">【写真】アケが父の死にメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT4h-16oQWR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT4h-16oQWR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT4h-16oQWR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Nathan Aké(@nathanake)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.17 06:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly