大迫勇也、堂安律がチャリティーイベントに出席! 互いに来季を見据える…大迫「少しでも力になれれば」、堂安「よりハングリーに」

2021.06.20 20:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
20日、日本代表の大迫勇也堂安律が「ウブロ 大迫勇也×堂安律 チャリティーイベント」に参加した。

現在開催されているUEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権のオフィシャルタイムキーパーを務めるスイスの高級腕時計ブランド「ウブロ」は、限定コネクテッドウォッチ 「ビッグ・バン e UE FA EURO 2020TM」の発売を記念し、イベントを開催。大迫と堂安のほか、元日本代表MF前園真聖氏も登場した。

今回発売された「ビッグ・バン e UE FA EURO 2020TM」は、世界で1000本しかない限定モデル。なんと言ってもすごいのは、ユーロの試合とリアルタイムで連動するサッカー専用アプリが搭載されており、ハーフタイムやアディショナルタイム、試合終了に加え、審判が出したカードや選手交代、PK、ゴールなどの情報をリアルタイムで通知されるものとなる。

そのほか、チームのメンバーやランキング、フィールドでのポジションなどの情報も見られるオプション機能があるとのことだ。

現在は日本代表の活動も終わり、オフを過ごしている大迫と堂安。改めて今シーズンを振り返った大迫は「個人的にはなかなか厳しいシーズンでしたけど、代表では充実したシーズンでしたし、また来年ワールドカップもあるので、しっかりと活躍できるように次のシーズンを過ごしたいと思います」とコメント。「悔しい思いもたくさんしたので、この悔しさを次のシーズンに繋げたいと思います」とすでに来シーズンに目を向けている。

一方の堂安は、初めてドイツでプレーしたシーズンとなったが「僕にとってドイツのブンデスリーガに挑戦したシーズンとなりましたけど、新しい発見も多かったですし、自分の課題も見つかったので、来シーズンもっと活躍できるように頑張りたいと思います」と手応えを掴みながらも、来季のさらなる飛躍を誓った。

堂安はブンデスリーガで日本人として2人目となる全試合出場を果たしたが「シーズン中はあまり意識していなかったですが、ケガなくプレーできたのは良かったですし、もう少し結果を残したかったなと思います」とコメント。もっと数字を残したかったと語った。

大迫と堂安はともに日本代表でもプレーするが大迫は堂安について「この若さで日本代表にずっと入っていますし、ブンデスリーガでもずっと試合に出ていますし、さらに日本代表をレベルアップさせてくれる存在だと思うので、切磋琢磨して、次のワールドカップに向けて頑張っていければと思います」と頼りになる後輩だとコメント。堂安は大迫について「先日の日本代表の試合を観てもわかるように、得点能力は僕が説明する必要ないと思います。近くで一緒にプレーする選手としては、ボールを凄くキープしれくれるというのは、2列目の選手としてありがたいです」と頼れる先輩であると語った。

9月からは最終予選に臨むことになるが大迫は「最終予選でも一緒にプレーできればと思います」とコメント。堂安も「最終予選始まるので、日本代表を引っ張れるように頑張っていきたいと思います」と2人でピッチ上でタッグを組むことを期待させた。

このイベントにはオンラインで11名の子供も参加。コロナ禍で直接会うことがかなわなかったが、大迫は子供たちに「このコロナ禍で大変な状況が続いていますが、サッカーを楽しんでほしいです」とエール。堂安も「この状況で思い切りサッカーを楽しむことが難しいですが、大きな夢を持って、日本代表目指して海外で大きな選手になるという夢を持ってプレーしてほしいと思います」とエールを送った。

その子供達からは質疑応答のコーナーがあり、お手本にしているFWを問われた大迫は、「お手本ではないですけど、よく見ているのはレヴァンドフスキです」と語り、同じブンデスリーガで得点を量産しているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの名前を挙げた。

また、堂安は今年決めた中で最も印象に残るゴールを聞かれると、「最終節で決めたゴールです」とコメント。アルミニア・ビーレフェルトを残留に導いたゴールを挙げ「形も良かったですが、チームに貢献できた一番」と、チームを助けられたことが一番印象に残っているとした。

イベントはその後クイズコーナーが行われ、子供達の頑張りによりキックターゲットチャレンジのボールを20個ゲット。

このキックターゲットチャレンジでは、射抜いた的の分の獲得金額がウブロよりJFAサッカーファミリー支援に寄付されるという大事なものとなった。

キックターゲットチャレンジでは、前園氏が2球、大迫と堂安が9球ずつという中で前園氏からスタート。すると、前園氏は20万円と40万円のボードに当てる素晴らしいプレーを見せ、会場を沸かせた。

残り7枚のボードに対し、大迫と堂安が狙っていくが、最終的には1枚残ってしまい終了。それでも、180万円が寄付されることとなった。

イベント終了後には囲み取材が行われ、2選手が揃ってのイベント参加について大迫は「普段と変わらず、律も凄く元気なので、助かりました」とコメント。堂安は「代表活動の時からブンデスリーガで共にプレーしているということもあって、コミュニケーションは取らせて貰っていたので、ピッチ外で仕事することは新鮮でしたけど、楽しくやらせてもらいました」と語り、普段通り楽しめたと振り返った。

現在オフを過ごしている大迫と堂安だが、大迫は「昨日まで実家の鹿児島に帰っていたので、家で両親とゆっくり過ごしました」とコメント。堂安も「両親、家族と一年会えなかったので、家族と多く時間を費やしてオフでリフレッシュしている状況です」と語り、家族との時間でリラックスしたようだ。

束の間のオフも終われば新シーズンへと入っていく2人。新シーズンへの意気込みについて大迫は「僕は所属チームで存在感を出すことが大事ですし、最終予選が始まるので日本代表の少しでも力になれればと思うので、良い準備をしてシーズンに臨みたいと思います」とコメント。日本代表の力になるためにも、チームで結果を残していきたいと語った。

一方で堂安は「大きな大会が待っていますし、そこでまず活躍することを目標に、より貪欲に、よりハングリーに日々生活していきたいと思います」とコメント。こちらも、より結果を求めていきたいと意気込んだ。



1 2
関連ニュース
thumb

メキシコとの3位決定戦。53年前を再現/六川亨の日本サッカー見聞録

いよいよ五輪男子サッカーも3位決定戦と決勝戦を残すのみとなった。日本の3位決定戦の相手はご存じのようにグループリーグで2-1と勝ったメキシコだ。 両チームが五輪で対戦するのは、53年前の68年メキシコ五輪の3位決定戦が初対戦で(2-1)、その後は12年ロンドン五輪の準決勝(1-3)と今回のグループリーグ、そして3位決定戦で4回目となる。そのうち3回がメダルを賭けた戦いだけに、因縁の相手と言えるかもしれない。 そこで今回は53年前の大会を振り返ってみたい。 64年東京五輪に続き2大会連続の出場となった日本は、初戦でナイジェリアをエース釜本邦茂(メキシコ五輪得点王、元JFA副会長、元G大阪監督)のハットトリックで3-1と一蹴した。五輪でナイジェリアと対戦したのもメキシコ五輪が初めてだったが、その後も96年アトランタ五輪(0-2)、08年北京五輪(1-2)、16年リオ五輪(4-5)と日本の行く手を阻んできた因縁の相手である。 第2戦はブラジルだ。初戦で主将のMF八重樫茂生(故人)が相手のラフプレーでその後のプレーが続行不可能となったため、釜本を中盤に起用。しかしブラジルに左CKから先制を許したため、釜本を前線に上げて反撃に転じる。 そして長沼健監督(故人。元JFA会長)は残り15分で松本育夫(元川崎F、鳥栖の監督などを歴任)に代えて渡辺正(故人。元日本代表監督)を投入。この交代策が的中し、2分後に渡辺は値千金の同点ゴールを決めた。 グループリーグ最終戦の相手はスペインだった。2試合を終えて日本は1勝1分けの勝点3(当時は1勝で勝点2だった)、スペインは2勝の勝点4。日本がスペインに勝てば勝点は5になりスペインを抜いてB組の1位になる。 もしも日本が引き分ければ勝点は4で、スペインが勝点5のB組1位となる。準々決勝の相手はA組で、1位のフランスか2位のメキシコだった。 ここで長沼監督は岡野俊一郎コーチ(故人。元日本代表監督、JFA会長)と相談し、「準々決勝の相手としてはフランスが望ましい」としながらも、同じB組のブラジル対ナイジェリア戦の結果次第では「日本が準々決勝に進出できなくなる可能性もある」ので、「まずスペインに勝つこと」を前提にスペイン戦に臨んだ。 スペイン戦は序盤こそ相手の個人技に苦戦したが、徐々に日本も盛り返す。そして前半を終了してナイジェリアがブラジル相手に3-0とリードしていることが日本ベンチに伝わった。日本が勝つと準々決勝の相手はメキシコだ。ホームの利があること、1位抜けすると移動の負担が大きいこと、チームのタイプとしてフランスの方が戦いやすいこと。 こうした判断から残り25分となったところで、ベンチは交代選手に「点を入れるな。しかし点を取られるな。引き分けにしろ」と全員に伝えるよう指示した。 ところが、その後は日本が一方的に攻めだした。森孝慈(故人。元日本代表監督、元浦和、福岡監督)のシュートがポストを叩き、釜本がGK1対1から放ったシュートはバーに阻まれる。それでも0-0でタイムアップを迎え、日本は2位で準々決勝に進出した。 フランス戦では再び釜本が輝いた。先制点に続き逆転の決勝点を決め、渡辺のダメ押しの3点目をアシストした。ブラジルとフランスに勝ち、スペインを圧倒しながら引き分ける。今なら大健闘といったところだが、当時の対戦相手はいずれもアマチュアの代表だ。 大会中、地元メキシコやブラジル、コロンビアにはプロの選手も含まれていると話題になったが、FIFAは「五輪はアマチュアの大会であり、東欧の選手についても我々はアマと考えている。それでもプロがいるという非難があるが、それは国内オリンピック委員会の問題だ」として関与しなかった。 しかし、準々決勝の相手であるハンガリーは間違いなくワールドクラスのチームだった。前半こそ1失点と健闘したものの、後半は4連続失点で0-5と完敗した。 そして迎えた3位決定戦(メキシコは準決勝でブルガリアに2-3と敗戦)、日本は左ウイング杉山隆一(元ヤマハ監督)と釜本の黄金コンビで2点を奪いリードを広げた。メキシコは後半に獲得したPKもGK横山謙三(元日本代表監督、浦和監督)にストップされるなど拙攻が目立つ。するとスタンドの観衆もメキシコの拙い試合運びに「ハポン(日本)・ハポン・ラ! ラ! ラ!」と日本を応援するようになった。 試合は2-0のまま終了し、日本は五輪で初めてのメダルを獲得した。 あれから半世紀以上の時が過ぎ、今度は日本がホームでメキシコと銅メダルを賭けて対戦する。明日の埼玉スタジアムではどんなドラマが待っているのかわからないが、53年前を思うと無観客試合ということが残念でならない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.08.05 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-24日本代表 0-1 U-24スペイン代表《東京オリンピック》

3日、東京オリンピック準決勝のU-24日本代表vsU-24スペイン代表の一戦が埼玉スタジアム2002で行われ、0-0で90分を終了。延長戦の末、0-1でスペインが勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210803u24jpn_esp_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 6.5 バックパスの際には上手く時間を作るなど冷静なプレー。しっかりと判断して飛び出しセーブも見せる。失点はノーチャンス。 DF 2 酒井宏樹 6.5 ダニ・オルモ相手に安定した守備を見せ続ける。相手との守備の駆け引きでも勝利し巧みなプレー。 3 中山雄太 6.5 安定したプレー。絞るプレーやサイドでの対応も冷静。相手に囲まれても落ち着いて運ぶなど良さを見せた。 4 板倉滉 6.5 空中戦ではしっかりとラファ・ミルの対応。シュートブロックも含めて粘りの守備を見せた。最後アセンシオに寄せられなかったことだけが悔やまれる。 5 吉田麻也 6.5 冷静に対応しシュートブロック。落ち着いたプレーを見せ続けた。後半には大ピンチを救う難しいタックル。最後は最前線でおゴールを目指すも実らず。 MF 6 遠藤航 6.5 しっかりと危険な瞬間を予測してピンチの芽を摘む。攻撃でも機を見て前線に攻め上がる。 7 久保建英 6.5 チャンスと見るや積極的な仕掛け。周りが見えている。堂安とのコンビで崩しを見せた。 (→8 三好康児 6) フレッシュなことを生かしてしっかりと守備対応からの攻撃参加。 10 堂安律 6.5 体の強さを生かしてキープ。判断に優れたプレーで攻撃を牽引。ドリブルで運ぶ姿も負けていなかった。 (→9 前田大然 6) スピードを生かしてスペインを押し込む。もう少しスペースへのボールを呼び込みたかった。 13 旗手怜央 6 前半はあまりボールに関与できていなかったが、後半は積極的にボールに絡む。守備でも1列前で貢献。 (→16 相馬勇紀 6) 判断遅くボールロストからピンチに。その後は落ち着いてプレー。延長戦では積極的に仕掛けてチャンスメイク。 17 田中碧 6 今日もしっかりとバランスを取る。ビルドアップに参加し、守備でも強度高くプレー。ボール奪取後も落ち着いていた。 FW 19 林大地 6 前線で身体を張ったプレー。最終ラインへの果敢なプレスでリズムを崩すシーンも。 (→18 上田綺世 5.5) オフ・ザ・ボールの動きを見せるもなかなか良い形でボールが来ず。シュートシーンもなかった。 監督 森保一 6.5 勝負を決したのはワンプレー。それ以外の部分は選手たちがしっかりとファイト。我慢して戦ったが、またしても決勝には進めず。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! FWマルコ・アセンシオ(スペイン) 後半途中から出場。右に左にポジションを移しながら日本の守備を崩しに。一振りで試合を決めてしまう力はさすが。 U-24日本代表 0-1 U-24スペイン代表 【スペイン】 マルコ・アセンシオ(延後10) 2021.08.03 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

スペインとの死闘を繰り広げた日本、最後はアセンシオの左足に泣く《東京オリンピック》

U-24日本代表は3日、東京オリンピック準決勝でU-24スペイン代表と対戦し、0-1で敗れた。 唯一のグループ全勝で決勝トーナメントに進出した日本は、準々決勝でニュージーランドをPK戦の末に撃破し、4位に終わった2012年のロンドン大会以来のベスト4入りを決めた。史上初の決勝進出のかかる準決勝は、大会前に行った親善試合で1-1で引き分けたスペインとの再戦となった。 スターティングメンバーは、出場停止の冨安に代わって板倉がセンターバックに入り、右サイドバックにはニュージーランド戦を累積警告で欠場した酒井が復帰。その他では、左サイドバックに中山、その前方に旗手を配置。布陣は変わらず[4-2-3-1]となった。 対するスペインは、準々決勝のコートジボワール戦で途中出場からハットトリックを達成したラファ・ミルが今大会初先発。右サイドバックには出場停止となっていたオスカル・ヒルが復帰している。 ポゼッションサッカーを志向するチーム同士の対戦は、序盤からスペインが優勢に立つ。5分、ラファ・ミル同様に初先発のククレジャが左サイドからクロスを供給。板倉がクリアし損ねたボールをファーサイドでメリノが押し込みにかかったが、ヘディングシュートは枠を捉えられなかった。 10分には右サイドのクロスからラファ・ミルがシュート。直後にはダニ・オルモもボックスの外からシュートを放つが、日本も冷静なブロックで失点を回避する。 ここまで劣勢の日本は、どうにかパスを繋ぎながらリズムを作っていくが、前線へのキラーパスはことごとく潰され、ゴールに近づくことができない。20分までに2度、林が味方のパスに反応するシーンがあったが、いずれもオフサイド。スペインは守備でも強かに対応する。 その後もチャンスを生み出すのは一方的にスペイン。30分過ぎには浮き玉のパスでボックス右に抜け出したペドリの折り返しをオヤルサバルが合わせる攻撃を見せる。 対する日本の初シュートは34分。左サイドでボールを持った久保が中へ切り込んで右足を振り抜いたが、ここはすぐ手前のDFに当たってGKウナイ・シモンの脅威とはならず。 一方、守勢ながらもGK谷まで相手の攻撃を届かせていなかった日本だが39分に大ピンチを迎える。一瞬の隙を突いたメリノのスルーパスがゴール前に抜け出すラファ・ミルの下へ。最後の砦はGK谷一人となったが、好判断の飛び出しでシュートコースを絞り、見事一対一を制した。 ニュージーランド戦から続く谷の好セーブも光り、押し込まれながらも無失点で試合を折り返した日本は、その立ち上がりに堂安を使って特攻を仕掛けて相手の出鼻を挫く。52分には、ロングボールに抜け出した旗手のラストパスを林がボックス手前からダイレクトシュート。惜しい場面だったが、わずかに右に逸れた。 しかしながら55分、ゴール前に侵入したメリノに対する吉田のスライディングタックルがファウルを取られPKの判定に。だが、VARで確認した結果、吉田のタックルが先にボールに触れていたため、主審は判定を覆し、PKは取り消しとなった。 その後、スペインはハーフタイムのオスカル・ヒルからバジェホへの交代に続いて、メリノとダニ・オルモを下げてソレールとハビ・プアドを投入。日本も林と旗手に代えて上田と相馬をピッチへ送り込む。 するとスペインは、ソレールがドリブルシュートで日本ゴールを脅かせば、ハビ・プアドもボックス右から強烈なシュートを放つなど、交代選手が早速見せ場を作る。75分にはラファ・ミルが再びを牙を剥き、日本は劣勢を強いられる展開に。 スペインはこの間にペドリを下げてアセンシオを投入。87分の左CKの場面では、混戦の中からスピメンディとそのアセンシオが立て続けにシュートを放つが、スピメンディのシュートは板倉がブロック。アセンシオのシュートはGK谷が止めた。 谷の獅子奮迅の活躍もあり、水際で失点を凌ぐ日本。試合は延長戦に突入し、久保と堂安を下げて三好と前田を投入する大胆な手に打って出る。これにより、カウンターに重点を置いた日本は、守勢に回りながらもGK谷の安定したセービング、板倉の体を張ったシュートブロックでしぶとく食らいついていく。 攻撃では右サイドに入った前田がスピードを生かして存在感を発揮。延長前半12分には、中山の左からのクロスを頭で合わせてチャンスを迎えたが、惜しくも枠を捉えられず。 延長後半の6分にはドリブルで仕掛けた相馬がFKを獲得し、日本はその流れから波状攻撃を見せるが、スペインも必死の守りを見せる。 そして迎えた延長後半10分、ついに試合が動いた。右サイドの深い位置でのスローインからスペインの攻撃。オヤルサバルのボールキープからボックス右のアセンシオにボールが渡ると、ここで一瞬フリーとなっていたアセンシオは、得意の左足で左隅を狙ったシュートを流し込み、スペインが先制した。 ここでゴールを割られてしまった日本。残された手段は攻撃のみ。相馬のスピードを生かして左サイドから何度か攻略を試みるが、クロスはなかなかシュートに繋がらない。ラストプレーのCKでは、GK谷もゴール前に上げてパワープレーを敢行するも、最後までネットは揺らせず試合終了。 土壇場で涙を飲んだ日本は、3位決定戦でブラジルに敗れたメキシコと対戦する、 U-24日本 0-1 U-24スペイン 【スペイン】 アセンシオ(延後10) 2021.08.03 22:41 Tue
twitterfacebook
thumb

日本の前に立ちはだかった数々の壁、阻まれ続けた“あと一歩”を踏み出し歴史を変えられるか

3日、U-24日本代表が東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦する。 1968年のメキシコ・オリンピック以来、53年ぶりのメダル獲得を目指す日本。ここでスペインに勝利すればメダル獲得は決定。目標である金メダルを獲得するにも勝利は必要だ。 対戦相手のスペインは、ユーロ2020に出場したメンバーを含め、ヨーロッパのビッグクラブでプレーする選手たちが多数呼ばれており、市場価値にして7倍もの差があるという状況だ。 実力的に見ても、日本よりスペインが優位な戦いであることは認めざるを得ないが、ここの勝負に勝てるかどうかが、日本サッカーの今後を大きく変えると言っても過言ではない。 日本代表はこれまでここぞという勝負で勝ち切れない歴史を繰り返してきた。その歴史をストップするチャンスが再びやってきた。ワールドカップでのベスト8以上を目指す上でも、乗り越えておきたい壁と言える。今回はこれまで日本が惜しくも越えられなかったいくつかの壁を紹介する。 ◆2002年 日韓ワールドカップ ラウンド16 vsトルコ代表 日本が初めてワールドカップでグループステージを突破した大会。ラウンド16の相手はこの当時は警戒されていなかったトルコだった。 雨が降る中での試合は12分にウミト・ダバラのゴールで失点。日本はしっかりと攻め込み、勝ち上がりに向けてプレー。三都主アレサンドロのFKがポストを直撃するなど、惜しいシーンもいくつかあった中、結局そのまま0-1でトルコに敗れた。 初めて世界と渡り合えたと感じられた大会。ここから、日本の惜しくも難しい歴史がスタートしていく。 ◆2010年 南アフリカ・ワールドカップ ラウンド16 vsパラグアイ代表 ワールドカップで2度目のグループステージ突破を果たした日本。その前に立ちはだかったのは、同じくワールドカップ常連国ながら、なかなかベスト16の壁を越えられなかったパラグアイだった。 堅守が特徴の南米の実力国を相手に、日本は攻勢をかけるが、堅い守備を崩すことができない。パラグアイもリスクを冒さずに試合を進めるとゴールレスのままPK戦に。互いに成功を重ねるが、日本は3人目の駒野友一が失敗し、ラウンド16で敗退となった。 堅守の前にゴールを奪えず、それを打破する策も当時は持ち合わせていなかった。パラグアイの作戦勝ちとも言えるだろう。 ◆2012年 ロンドン・オリンピック 準決勝 vsU-23メキシコ代表 9年前のロンドン五輪。グループステージではスペインを下すなど好スタートを切った日本。今回と同じ準決勝まで勝ち進むと、メキシコと対戦する。 この試合では12分で大津祐樹がネットを揺らして日本が幸先良く先制。メダルの期待が高まった中31分に失点。後半も粘っていたが、65分、そして後半アディショナルタイムと失点を重ね、3-1で敗戦を喫した。 先制して勢いづいた日本だったが、逆転を目指すメキシコの圧に負け押されると、失点してからは浮き足立ってしまい盛り返すことができなかった。 なお、この準決勝の敗戦を引きずったチームは、3位決定戦でU-23韓国代表を相手に為す術なく2-0で完敗。メダルを逃すこととなった。今回はこのパターンだけは避けてもらいたい。 ◆2018年 ロシア・ワールドカップ ラウンド16 vsベルギー代表 最も直近で日本が越えられなかった壁。それはロシアW杯のラウンド16だ。誰もが記憶にある試合だろう。壁を半分越えかけた中で、最後は弾き返されてしまった試合だ。 FIFAランキングで1位に立つベルギーを相手に、難しい試合が予想された日本だったが、原口元気、乾貴士のゴールでまさかの2点を先行するスタートとなった。 この試合も慎重に入ると、前半は0-0とスコアが動かず。しかし、後半の立ち上がりに2点を奪い、リードを広げた。 しかし、明暗を分けたのは采配だった。ロベルト・マルティネス監督は日本のウィークポイントである高さをチームに与えると、それを生かしてヤン・フェルトンゲン、マルアン・フェライニと連続ゴール。2-2とすると、延長戦に入ると思われた中で後半アディショナルタイムに日本のCKからカウンター。ナセル・シャドゥリが仕留めて、ベルギーが大逆転勝利を収めた。 悲願のベスト8に近づきかけた中で引き摺り下ろされた試合。今の日本が生まれたキッカケとなった試合だけに、今回こそはしっかりとスペインの壁を越えてもらいたい。 振り返れば、1993年のアメリカ・ワールドカップ アジア最終予選で起きた“ドーハの悲劇”も、ある種越えられなかった壁の1つだ。 一方で、1998年のフランス・ワールドカップ出場を決めたジョホールバルの歓喜、2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン代表とのPK戦、2011年のアジアカップ決勝のオーストラリア代表戦など、乗り越えられた壁がないわけではない。ただ、いずれも越えたのはアジアの壁。世界の壁を越えられるか。歴史が変わる瞬間を、東京五輪で見られるか注目だ。 2021.08.03 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

運命の準決勝、スペイン戦の日本代表スタメン発表! 久保&堂安のコンビに1トップはFW林大地

3日、東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージを唯一の3連勝で勝ち上がった日本は、準々決勝では延長戦、そしてPK戦までもつれ込み、U-24ニュージーランド代表を下して準決勝進出した。 日本のスターティングメンバーは、出場停止のDF冨安健洋(ボローニャ)の代役にDF板倉滉(フローニンヘン)を起用。1トップにはFW林大地(サガン鳥栖)が入った。また2列目の左はDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が起用された。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、旗手怜央 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:橋岡大樹、瀬古歩夢 MF:三好康児、相馬勇紀 FW:前田大然、上田綺世 2021.08.03 19:02 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly