カリウスが美人彼女と破局…別の女性とのキス写真撮られ「離れていたのは事実」

2021.06.20 12:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンの元ドイツ代表GKロリス・カリウスが、自身の恋愛事情について語った。カリウスは2018年夏にリバプールからベシクタシュにレンタル移籍。その後の2019年頃からソフィア・トマラさんと交際を開始すると、2人でトルコに引っ越しするなど関係を深めた。

しかし、休暇先のギリシャでボートに乗って別の女性と親密にしているところを撮影され、弁解に追われることに。カリウスは18日、自身のツイッターを更新。トマラさんとの関係が終わりを迎えていたことを明かした。

「昨日、僕は休暇中に別の女性と一緒に写っている写真を撮られた。残念ながら、僕たちが長い間離れていたのは事実だ。すでに関係が終わっていることについて謝罪する」

イギリス『サン』によると、カリウスがトマラさんとの関係に終止符を打つ前に新しい女性と交際をしたのかは分かっていないとのこと。ただ、カリウスの報告を考えるとすでに破局していた可能性が高い。

カリウスは今シーズン、レンタル先のウニオン・ベルリンでプレー。公式戦5試合に出場していた。なお、所属元のリバプールとの契約は後1年残っている。

1 2
関連ニュース
thumb

原口元気に遠藤渓太!ウニオン・ベルリンが来季のホームユニフォームを発表

ウニオン・ベルリンは29日、2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。 2020-21シーズンからアディダスが手がけているウニオン・ベルリンのユニフォームだが、新キットは赤がベースでわずかにジャガードのストライプが施されている。 袖口や首回りは白色になっており、昨シーズンのものには袖に黄色のアクセントが施されていたが、新シーズンは赤と白の2色で構成されている。 シャツ背面には「U.N.V.E.U」「1.FC UNION BERLIN」の文字が刻まれ、ショーツとソックスも赤ベースに白が配色されたカラーリングになっている。 ウニオン・ベルリンにはMF遠藤渓太に加え、ハノーファーからMF原口元気も加入。このユニフォームに袖を通すこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】ウニオン・ベルリンの2021-22シーズンホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/fcunion?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcunion</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/adidasfootball?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#adidasfootball</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/createdwithadidas?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#createdwithadidas</a> <a href="https://t.co/l5j8NIxy8v">pic.twitter.com/l5j8NIxy8v</a></p>&mdash; 1. FC Union Berlin (@fcunion) <a href="https://twitter.com/fcunion/status/1420655342590074881?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> 3/3<a href="https://twitter.com/hashtag/fcunion?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fcunion</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/adidasfootball?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#adidasfootball</a> <a href="https://t.co/JoXkBfRGaF">pic.twitter.com/JoXkBfRGaF</a></p>&mdash; 1. FC Union Berlin (@fcunion) <a href="https://twitter.com/fcunion/status/1420656413186080770?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.31 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「もう青ではなく、今は赤」ベルリン2クラブで初めてプレーする原口元気「直接移籍なら大変なことに」

ウニオン・ベルリンに加入した日本代表MF原口元気が、現在の心境を語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 2014年7月に浦和レッズからヘルタ・ベルリンへと完全移籍した原口。ドイツでのキャリアをスタートさせると、2018年1月にはデュッセルドルフへとレンタル移籍。同年7月にハノーファーへと完全移籍した。 これまでブンデスリーガでは119試合に出場し4ゴール12アシストを記録している原口。しかし、ここ2シーズンはブンデスリーガ2(ドイツ2部)で戦い、66試合に出場し15ゴール12アシストを記録していた。 本職はサイドアタッカーだった原口だが、ハノーファーではトップ下でもプレー。自身のプレーの幅が広がっていたと語っていた中、3シーズンぶりに1部の舞台へと戻ってきた。 かつて所属したヘルタと同じベルリンに本拠地を構えるウニオン・ベルリン。実は、日本人の原口が同じ街のライバルである両チームでプレーした最初の選手になるという。 原口はその点に触れ「僕はすでにウニオナーです。ヘルタナーでしたが、今はウニオナーです。もう青ではなく、今は赤です」と身も心もウニオンのものだと語った。 また自身がヘルタ時代に指導を受けたパル・ダルダイ監督には連絡はしなかったとコメント。「それは考えていなかったです。直接ウニオンに移籍していたら大変なことになっていたと思います。でも、その間に僕はハノーファー、デュッセルドルフにいました。僕の考えでは問題ないと思っています」と、直接の移籍ではなく、間を経ての移籍となったので問題ないだろうとの見解を示した。 久々の1部でのプレーには「自分のクオリティを再び見せなければいけないです。自分に自信が持てるようになりました」とコメント。2部での経験を1部でも見せたいと意気込んでいる。 また久々にベルリンに戻ってきたことについては「ヘルタでもたくさん助けてもらいましたが、ウニオンでは特別です。家族のように感じます」と語り、同じ日本人のMF遠藤渓太とも助け合っているとのこと。「彼とはとても良い関係です。お互いに助け合うことができます」と、お互いに助け合えていると語った。 2021.07.24 12:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、リバプールFWアウォニーを完全移籍で再獲得

ウニオン・ベルリンは20日、リバプールのナイジェリア人FWタイウォ・アウォニー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 2013年に行われたU-17ワールドカップでナイジェリア代表の優勝に貢献し、2015年夏にリバプールに加入したアウォニー。 しかし、リバプールではトップチーム出場を果たせずこれまでフランクフルト、NEC、ムスクロン、ヘント、マインツにレンタルに出されていた。 そして昨季はウニオン・ベルリンにレンタル移籍し、ブンデスリーガ21試合に出場して5ゴール3アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場に貢献していた。 2021.07.21 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フェリックス・クロースが現役引退…ドイツ代表引退の兄より先にスパイクを脱ぐ

レアル・マドリーの元ドイツ代表MFトニ・クロース(31)を兄に持つ、MFフェリックス・クロース(30)が現役引退を決断した。ドイツ『スカイ』が伝えている。 ハンザ・ロストックの下部組織で育ったフェリックスは、2010年にブレーメンに加入。2016年1月に当時ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンへレンタル移籍すると、翌シーズンから完全移籍に移行した。 そのウニオンでは主力の一人としてブンデスリーガ昇格に貢献したが、2019-20シーズン限りで契約が終了。昨シーズンはブンデスリーガ2部のブラウンシュヴァイクへ2年契約で加入していた。昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し、2ゴール1アシストの数字を残していたが、チームは3部に降格。これに伴い、契約が解消されていた。 そういった中、フェリックスは兄と共に毎週放送しているポッドキャスト『Einfach mal Luppen』の中で、このタイミングでスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。 「これは冗談ではなく、僕は自分の完全な信念のもとでこの決定を下した。この数週間と数カ月の間にそういった感情が生じたんだ」 「今、それを言うときが来たんだ。フットボールでの僕の活発な日々は終わりを迎えた」 なお、今夏の移籍市場においては幾つかのクラブからの関心も伝えられていたが、引退を決断した幾つかの理由については精神面の大きな負担、復帰を希望した古巣から声がかからなかったことにあったという。 「僕がプロフットボーラーとして過ごしたこの13年間は、肉体的にだけでなく精神的にもどこかにその痕跡を残したんだ。この絶え間ない圧力と戦うことに関してもどこかでストレスを感じていたんだ」 「(ブレーメンやウニオンからのオファーに関して)何も起こらなかったから、僕の考えは明らかとなった。この時点で終わりだってね。ただ、健康上の理由で立ち止まる必要がなく、自分自身で判断できたことを嬉しく思うよ。僕のキャリアは終わった。それに満足もしているよ」 プロキャリアを通じて、ブンデスリーガ80試合を含む、公式戦350試合以上に出場してきたフェリックスだが、先日にドイツ代表からの引退を発表した兄より一足先にスパイクを脱ぐことになった。 2021.07.20 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、フランクフルトからデンマーク代表GKを獲得!

ウニオン・ベルリンは20日、フランクフルトからデンマーク代表GKフレデリク・レノウ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ウニオンで正GK争いに挑む28歳は、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「ウニオンへの移籍にとても満足しているよ。昨シーズンは僕にとって簡単ではなかったけど、すべてを過去のものとし、ベルリンでの新しいチャレンジを楽しみにしているよ」 「昨シーズン、チームが見せたものは印象的だった。今シーズンも成功するために自分の力を発揮し、3つのコンペティションで良い役割を果たしたいと思っているよ」 母国のACホーセンスでプロキャリアをスタートしたレノウはエスビャウへのレンタル、ブレンビーを経て2018年夏にフランクフルトへ完全移籍。当初はフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーの後釜候補だったが、同時期に加入したドイツ代表GKケビン・トラップとのポジション争いに敗れ、セカンドGKに甘んじていた。 昨シーズンはシャルケに1年間のレンタル移籍で加入し、公式戦11試合に出場していた。 なお、出場機会はなかったものの、デンマーク代表としてユーロ2020に参加していたレノウの合流は7月30日となる。 2021.07.20 18:52 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly