カバーニがカタールW杯後の代表引退示唆 「もうひとつの夢を実現し、身を引きたい」

2021.06.15 23:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が2022年カタール・ワールドカップ(W杯)後の代表引退を示唆した。『ESPN』が伝えている。

カバーニは2008年のフル代表デビュー以降、歴代3位の118試合に出場し、歴代2位の51ゴールを記録。長らくFWルイス・スアレスと共にラ・セレステの攻撃をけん引し続けている。

しかし、今年2月に34歳となったエル・マタドールは、来年に控えるカタールW杯が自身にとって最高の引き際になると考えているようだ。

「すべての人間の人生というものは、目的に基づいていて、ある場所に到達するための欲求、目標、目的があるものなんだ」

「フットボールの場合、代表チームでの僕の目標は、カタールでのワールドカップ出場になる。そのもうひとつの夢を実現し、その後は身を引いて家族や仲間、自分のことに専念したいと思っている。僕らはすでにそのラストダンスに参加している状態だね」

また、先日にユナイテッドとの契約延長にサインしたカバーニだが、依然としてボカ・ジュニアーズ行きの可能性が伝えられている。その点について34歳のベテランストライカーは、南米でキャリアを終える可能性を否定していない。

「いつかは南米に戻って、この地で戦うことになるだろうけど、今はその時ではないね」

なお、自身最後の参加となるコパ・アメリカに参戦中のカバーニは、18日にグループA初戦のアルゼンチン代表戦に挑む。

関連ニュース
thumb

五輪はサッカーの世界大会にあらず? FIFAがウルグアイのユニフォームから星2つの削除を要求か

国際サッカー連盟(FIFA)は、ウルグアイ代表のユニフォームに描かれた4つの星のうち、2つを取り除くよう指示したようだ。ウルグアイ『Ovacion』が伝えている。 ウルグアイ代表はこれまで、1930年と1950年のワールドカップ(W杯)、そして1924年と1928年のオリンピックで優勝。通算4度の国際大会制覇を誇り、その称号としてユニフォームの左胸には4つの星が輝いている。 しかしFIFAは、オリンピックは管轄下の大会ではないとして、2つの星を削除するよう、ウルグアイ代表のユニフォームサプライヤーであるプーマ社に要請したという。 FIFAは過去にW杯の予選及び本大会に出場した選手にオリンピックへの参加資格を与えなかったこともあり、国際オリンピック委員会(IOC)とは対立していた時期もあった。 ウルグアイサッカー協会(AUF)のホルヘ・カサレス競技部長は、地元のラジオ番組に出演した際にこの件に言及。星の数が減らないように精力的に活動をしているようだ。 「我々はFIFAの意思を覆すか、オリンピックがサッカーの世界大会と認められるよう活動している」 「ウルグアイはFIFAの決定に抗議すべく、論拠を示して主張していくつもりだ。今のところは、W杯の予選に向けてユニフォームを修正するための物流に取り組んでいるよ」 カサレス氏は、第1回のW杯が開催された1930年以前のオリンピックをサッカーの世界選手権大会としてみなしてもらえるよう、動いていくとのこと。クラブレベルにおいて、かつてのインターコンチネンタルカップの優勝と、現在のクラブ・ワールドカップの優勝が同等と認識されていることを強調していくようだ。 2021.08.04 21:18 Wed
twitterfacebook
thumb

38歳の元ウルグアイ代表DFが自殺…6月には新型コロナ感染

ウルグアイ代表歴もあるDFウィリアムス・マルティネスが38歳で他界した。自殺したものとみられている。 マルティネスは、母国のデフェンソールでキャリアをスタート。その後、WBAやヴァランシエンヌ、スタッド・ランスでもプレー。キャリアの大半はウルグアイ、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ベネズエラと南米で過ごした。 今年4月からは母国ウルグアイ2部のビジャ・テレサに所属。リーグ戦3試合に出場していた中、6月23日に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。その後は試合に出場していなかった。 所属のビジャ・テレサは公式ツイッターを通じて「ウィリアムス・マルティネスの死をとても残念に思います。彼の家族、ご友人、ご親族の皆様に、深くお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を示した。 またウルグアイサッカー連盟(AFU)も哀悼の意を示すとともに、18日に予定されてたリーグ戦に関して、ウルグアイプロサッカー選手協会(MUFP)の要求に基づき、中止していた。 なお、ウルグアイは自殺率が世界的にみても高い国であり、2020年は718件があり、10万人あたりの自殺者数が20.3人という高い数字を残していた。その80%以上が男性でありながら、自殺未遂に関しては女性が圧倒的に多いとのこと。マルティネスが自殺した日は、奇しくもウルグアイが自殺予防のために定めた記念日だった。 2021.07.19 11:27 Mon
twitterfacebook
thumb

スアレスがW杯で繰り出した“神の手セーブ”に海外再脚光「一生忘れられない」

『ESPN』の公式ツイッターが、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)でのワンシーンを再び取り上げた。 そのシーンとは、今からちょうど11年前。2010年7月3日に行われた南アフリカW杯準々決勝のガーナ代表vsウルグアイ代表の一戦。1-1で迎えた延長後半終了間際の場面だ。 ガーナのFKの流れからゴール前で混戦になると、ガーナFWアサモア・ギャンがヘディングで押し込む。GKフェルナンド・ムスレラは前に出ており、決まったかと思われたが、ウルグアイのFW ルイス・スアレスが手を使ってシュートをストップ。スアレスは一発退場となり、ガーナがPKを獲得した。 これを決めればアフリカ勢初となるW杯ベスト4進出となる状況だったが、PKキッカーのギャンのシュートは無情にもクロスバーを叩き失敗。その後のPK戦でガーナは敗れ、ベスト8で敗退していた。 『ESPN』は「試合後、彼は『大会で最高のセーブをした』と語った」と題して一連のシーンを公開。「スアレスがもっと好きになった」「これ以上思い出させないでほしい」「一生忘れられない」と様々な声が寄せられている。 なお、この件についてスアレス本人は、後に出版した自伝の中で「ガーナ代表には気の毒だと思うが、その責任を俺が感じる必要はない。その場にいた選手としてできることをしたまで」と語っている。 噛みつき、ダイブ、人種差別発言など、多くの問題を起こしてきたスアレスだが、この“神の手セーブ”はスアレスを物語る代表的なエピソードとして記憶されているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】スアレスの“神の手セーブ”をもう一度…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">11 years ago today, Luis Suarez’s blatant handball prevented Ghana from becoming the first Africa nation to reach a World Cup semifinal.<br><br>After the match, he said: “I made the best save of the tournament.” <br><br>(via <a href="https://twitter.com/FIFAWorldCup?ref_src=twsrc%5Etfw">@FIFAWorldCup</a>)<a href="https://t.co/fMJ5JGIFsy">pic.twitter.com/fMJ5JGIFsy</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1410870827973763072?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXZ3E2TnlIcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.03 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表DFマルティン・カセレスがフィオレンティーナを退団…新天地はカリアリorトリノ?

フィオレンティーナは1日、ウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(34)の退団を発表した。 バルセロナやユベントス、セビージャにラツィオと多くのクラブを渡り歩いたカセレス。2019年夏に前所属のラツィオからフリーでフィオレンティーナへ移籍し、キャリア通算10クラブ目となった。 イタリアでは4クラブ目のフィオレンティーナでは、加入初年度からスタメンを勝ち取ると、昨季はセリエA29試合に出場し、2ゴール1アシストを記録した。 クラブは同日に元フランス代表FWフランク・リベリの退団も発表しており、公式ツイッターではリベリ同様に「Grazie」とシンプルな言葉で送り出している。 また、34歳の新天地としては、カリアリとトリノが候補に挙がっているが、同選手の代理人はコパ・アメリカ終了後に去就を決めるとコメントしている。 そのコパ・アメリカでは、カセレスはグループA第2節と最終節に途中出場。チームはグループステージを2位で通過し、3日に行われる準々決勝でコロンビアと対戦する。 2021.07.01 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

今大会初勝利でGS突破のウルグアイ、指揮官は「自信になったと思う」

ウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督は勝利に満足しているようだ。『balonlatino』が伝えている。 コパ・アメリカ2021の2試合を終えて1分け1敗のウルグアイ。1試合消化数が少ないといえど、いまだ未勝利と苦しむなか、現地時間24日にグループA第4節でボリビア代表と対戦した。 立ち上がりから押し込み続けるウルグアイは21分に裏を取ったFWエディンソン・カバーニがFWルイス・スアレスのリターンを受けてゴール正面でGKをかわしにいくが、フィニッシュの形まで持ち込めず。 以降も攻めあぐねあぐたものの、40分にスアレスのクロスがOGを誘発すると、79分にはカバーニが追加点。危ない場面を作られることはほぼなく、今大会初勝利を挙げるととともに、決勝トーナメント進出を決めた。 終始ゲームを支配しながらなかなか試合を決められなかったウルグアイ。指揮官は試合後、21分のチャンス逸に対して「やっちゃったね」としながらも、「今日はこれまでの戦いを改善して勝つことを目指した」と何より勝利が重要だったと述べた。 「(もっと点を取るチャンスがあり)スコアボードには反映されていないけれど、2点が取れたので良かったと思う。次の試合まで4日あるので、できるだけ上位でグループステージを終えたい。ボリビアにはほとんどチャンスがなかったので守備の面ではエラーはなかった。満足だ」 「前線にボールを運ぶことはできるので、最後の場面での集中に重点を置いた。選手たちはよくやってくれた。かなり批判はされたが、目標を達成できて自信になったと思う」 「パラグアイ戦も難しい試合になるだろう。きっ抗したゲームで僅差になると思う。チリ戦を見て対策を考えるよ」 2021.06.25 15:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly