重要な白星飾ったチェコ、指揮官は2Gのストライカー称賛 「あれが最後のゴールではないと信じている」

2021.06.15 11:34 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェコ代表のヤロスラフ・シハビー監督がユーロ2020初戦の勝利を喜んだ。チェコサッカー協会(FAČR)が伝えている。

チェコは14日に行われたグループD第1節でスコットランド代表と対戦。久々の大舞台でホームスタジアムの声援を受け勢いに乗る相手に対し、序盤は主導権を握られる展開に。しかし、前半終了間際にFWパトリック・シックのゴールで先制に成功すると、後半にもシックが見事な超ロングシュートを決めて点差を広げる。その後はGKトマシュ・ヴァツリークの好セーブでリードを守り抜き、2-0のスコアで勝利した。

この結果、チェコはグループステージ首位に浮上。まだ1試合を終えた段階ではあるものの、決勝トーナメント進出に向け幸先の良いスタートを切っている。

試合後の会見に臨んだシハビー監督は、厳しい戦いを制したチームを称賛。決勝トーナメント進出に近づいたことを喜んでいる。

「ホームチームに2-0で勝利した後であれば、素晴らしい気持ちになるものだ。開始直後からの相手の猛攻は予想しており、我々はそれを乗り切ると先制することができた。ロングボールの脅威にさらされたが、なんとか弾けていたと思う。通ってしまったものは、ヴァツリークがキャッチしてくれたしね」

「後半に入ると、パトリックの天才的なプレーで2点にリードが広がった。我々にも、そして相手にもさらにチャンスがあったと思う。それでも結局、我々は勝利をものにすることができた」

「試合前に今日が重要な試合だと言ってはいたが、まだ始まったばかりだ。我々の目標はグループステージ突破だ。もしかすると勝ち点3で十分かもしれないが、私は最低でもあと1ポイントは必要だと思っている」

「たくさんのデュエルがあった。スコットランドが非常に攻撃的なのはわかっており、準備ではメンタル面に重点を置いていたんだ。我々はスタートを乗り切り、時間の経過とともに彼らを上回るようになった」

「次の試合を前にホッとしている。重要な試合だったからね。もし勝てなかったら、次の試合は難しいものになっていただろう。まだ決着がついたとは言わないが、決勝トーナメント進出にだいぶ近づいたと思う」

また、シハビー監督はハーフライン付近からの超ロングシュートを決めたシックに言及。これからも活躍を続けていくことを期待している。

「ああいう形での得点は嬉しい。パトリックが特別な選手であることはわかっていたよ。1点目では素晴らしいフィニッシュを見せてくれた。そして2点目だ。長い間、あんなゴールは見たことがなかった。ただ、彼はトレーニングで試していたし、最近の試合でも試していたはずだ」

「彼は素晴らしい選手であり、あれが最後のゴールではないと信じている。これからも得点していくはずだ。交代前にはチャンスでシュートをゴールキーパーに当ててしまっていたが、決めていれば簡単にハットトリックを達成できただろう」


関連ニュース
thumb

スウェーデンがチェコとの120分の激闘制す! ポーランド待つ決勝では出場停止明けのズラタン復帰《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のプレーオフ準決勝、スウェーデン代表vsチェコ代表が24日に行われ、120分の激闘を1-0で制したスウェーデンが決勝進出を決めた。 グループBを2位通過したスウェーデンと、グループIを2位通過したチェコによるプレーオフ準決勝。 主砲イブラヒモビッチをサスペンションで欠くホームチームは、イサクとクルゼフスキを2トップに配した[4-4-2]を採用。対するチェコはシックやツォウファルら多くの主力を負傷で欠く中、ソウチェクやバラク、フロジェクといった選手をスタメンで起用してきた。 試合は立ち上がりから一進一退の攻防となる。立ち上がり数分はスウェーデンがイサクのスピードを生かした攻めで、フォルスベリらがフィニッシュのシーンを作り出す。 一方、チェコはバラクやヤンクトらの縦への推進力を生かしたカウンターを起点に応戦。11分にはセットプレーの二次攻撃からゴール前のクフタがゴールネットを揺らす。だが、VARが介入した一連のプレーは最終的にオフェンスファウルを取られてゴールは認められず。 以降はスウェーデンがボールを握りながら押し込む形を作り出すが、チェコの強度の高い守備を前にクルゼフスキの個人技で幾度か打開を図るが、決定機まであと一歩という状況が続く。対するチェコも前半半ばまではカウンターから相手を引っくり返す場面を作り出したが、最後のところで粘るホームチームを相手にこちらも決め手を欠いた。 結局、試合は0-0で後半に突入。互いに失点したくない気持ちが強く、中盤での潰し合いが目立つ。 流れを変えたいスウェーデンは負傷したマルティン・オルソンに代えてベングソンをスクランブル投入したほか、クラーソン、エクダルに代えてクアイソン、スヴァンベリとより攻撃的なカードを切る。一方、チェコもヤンクト、マソプスト、クフタと前線を下げてマテユ、ハヴェル、ペクハルトと選手交代で攻撃の活性化を図る。 後半は互いに枠内シュートを放てずにいた中、79分にはスウェーデンに決定機。フォルスベリの左CKをゴール前で競り勝ったスヴァンベリが頭で合わすが、これは惜しくもGKヴァツリークの正面を突いた。 試合終盤にかけてもゴールの匂いがしないクローズな展開が続く。後半アディショナルタイムの93分にはボックス右でソウチェクのクロスに反応したフリーのハヴェルにビッグチャンスも、左足のダイレクトボレーは枠を捉え切れず。互いに枠内シュート1本ずつに留まった睨み合いの一戦は0-0のまま延長戦へ突入した。 消耗戦色濃い延長戦では全体が間延びし、よりオープンな展開が期待されたが、互いに大きくバランスを崩すことなく時間だけが過ぎていく。 しかし、延長後半に入ってホームチームがようやくゴールをこじ開ける。110分、リンデロフのクサビを起点にカールストレームからの縦パスをバイタルエリアで引き出したクアイソンがボックス左に走り込むイサクにボールを預けてゴール前に飛び込むと、背番号9からの絶妙なリターンパスをクアイソンが右足で流し込んだ。 土壇場でこの試合を通じて最高のアタッキングハーモニーを奏でてリードを手にしたスウェーデンは、殊勲のイサク、フォルスベリを下げて屈強なDFヘランデル、これがA代表デビューのエランガの投入で試合をクローズに入る。そして、残り時間はチェコのパワープレーを危なげなく撥ね返し続け1-0の勝利。 チェコとの接戦を見事に勝ち切ったスウェーデンは、ロシア代表の追放によって不戦勝となったポーランド代表が待つ29日の決勝に駒を進めた。 2022.03.25 07:26 Fri
twitterfacebook
thumb

スウェーデン指揮官、昨夏のダークホースと激戦を予想「全力を尽くす」

スウェーデン代表のヤンネ・アンデション監督がチェコ戦に向けて意気込みを語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。 24日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ(PO)の準決勝でチェコと対戦するスウェーデン。グループBでは首位のスペインに1勝1敗と互角の戦いをしていたものの、勝ち点で及ばず、2位通過でPO進出となった。 この試合に勝利すると、ロシア代表の出場停止により決勝進出が先に決まっていたポーランド代表と対戦。次なる相手が確定しており、W杯まであと2勝となるなか、アンデション監督は高いレベルの相手に全力で臨むと語った。 「チェコはフィジカルが強くとても組織的な素晴らしいチームだ。最近だと、昨年の夏にオランダとの試合を制してユーロ2020の準々決勝に進出した。チェコには、ヨーロッパの高いレベルでプレーする選手が多くいる。とても激しい戦いになるだろう。我々は試合で勝つために全力を尽くすつもりだ」 また、スウェーデンは攻撃の中核であるFWズラタン・イブラヒモビッチが1月23日に右足アキレス腱を負傷。スタメンとしてフル出場させることはできないものの、アンデション監督はピッチ外でのリーダーシップにも期待を寄せているようだ。 「ズラタンはいくつかのケガに悩まされてきたが、今は回復に向かっている。私は彼を90分間プレーさせようとは考えていないが、ズラタンがこのチームの一員になりたいと望んでいることは、彼と話す中ではっきりと聞いた。彼のフィールド上での資質とフィールド外でのリーダーシップは、チームを助けてくれることだろう」 2022.03.24 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

スウェーデンとのPOに臨むチェコ代表DFブラベツがチームメイトへの期待語る「力を発揮してくれる」

チェコ代表のDFヤクブ・ブラベツが同胞のプレーに期待を寄せている。『UEFA.com』がコメントを伝えている。 24日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ(PO)の準決勝でスウェーデン代表と対戦するチェコ。グループEではウェールズ代表にあと一歩及ばず3位に終わったものの、UEFAネーションズリーグ2020-21の戦績上位2チームに入ったため、POへの出場権を獲得した。 しかし、POという重要な試合を前にチーム内では負傷者が相次ぎ、FWパトリック・シックに加え、GKイリ・パブレンカの代表不参加が決定。難しい状況にはなるものの、ブラベツはこれが他の選手にとってチャンスだとし、チームの選手たちに期待していると語った。 「重要な試合を前に多くの負傷者が出たことは残念だけど、他の選手にとっては自分の力を発揮するチャンスだ。ダビド・ジマやトマシュ・ホレシュとはまだ一緒にプレーいたことがないけど、よく知っている選手だよ」 「トマシュ・ヴァツリークが自分の力を発揮してくれると信じているよ。例え僕らが攻撃していても、守備に切り替わった瞬間からスウェーデンにシュートを撃たれないように最善を尽くさないといけない。代表チームに合流することやクラブではなく代表という環境に変わること、そしてこの試合そのものをみんなで楽しんでいきたいと思うよ」 2022.03.24 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

チェコ、好調シックがふくらはぎのケガで欧州予選POを欠場…

チェコサッカー協会(FACR)は22日、レバークーゼンに所属するFWパトリック・シックの同国代表不参加を発表した。 今季ブンデスリーガで20ゴールを記録しているシックだが、18日に行われたブンデスリーガ第23節のマインツ戦にてふくらはぎを負傷。以降の公式戦6試合を欠場し、治療に専念していたがインターナショナルマッチウィーク中の復帰は困難と判断され、代表への不参加が決定した。 また、FACRは同日にブレーメンに所属するGKイリ・パブレンカの不参加を発表。その代役としてスパルタ・プラハに所属するGKミラン・ヘカとスロヴァツコに所属するFWヴァクラフ・ジュレシュカを追加招集することを明かしている。 今月末に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選・プレーオフに臨むチェコ。24日にスウェーデン代表と対戦し、勝てばロシア代表に不戦勝となったポーランド代表と29日にW杯本戦行きのチケットを懸けて決勝戦を行う。 2022.03.23 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランドも追随…ロシアとの代表戦を全面拒否 「残虐行為を心から非難」

フットボール界でもウクライナに軍事侵攻のロシアに対する牽制が相次ぐなか、イングランド代表も動いた。 イングランドサッカー協会(FA)は27日、ロシアの武力行使を非難するとともに、ウクライナに連帯を示す声明を発表。その姿勢を示すものとして、ロシア代表との対戦拒否を表明している。 「ウクライナに対する連帯とロシアの指導者による残虐行為を心から非難するため、FAは当面、いかなる試合でもロシアと対戦しない」 そのロシアを巡ってはカタール・ワールドカップ欧州プレーオフで対戦、あるいは後にぶつかり得るポーランド代表、スウェーデン代表、チェコ代表がすでに拒否の姿勢を打ち出している。 イングランドはそれに追随した格好に。なお、甘さも指摘されるが、国際サッカー連盟(FIFA)もロシアに対する制裁措置を講じる旨を発表している。 2022.02.28 12:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly