リバプールが控えGKアドリアンとの契約延長を発表

2021.06.15 00:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは14日、スペイン人GKアドリアン(34)と新たな契約を結んだことを発表した。契約期間は発表されていない。2019年の夏にウェストハムを退団しフリーでリバプールに加入したベテランGKは、絶対的守護神アリソンのバックアッパーとして2シーズンで公式戦24試合に出場。今季は若手GKクィービーン・ケレハーとバックアッパーの役割を分担したため、公式戦6試合に出場にとどまっていた。

新契約にサインしたアドリアンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「リバプールに残ることができて、とても嬉しいよ。まず第一に、これは2年前に契約して以来僕の努力に対するクラブからのご褒美だと思っている。クラブ、監督、そしてチームに関わるすべての人からの信頼にとても感謝しているよ」

「そして第二に、何よりもリバプールに残れることができて嬉しい。リバプールはとても大きなクラブだけど、同時に家族のようなクラブでもあるんだ。どの選手にとってもここに留まることはとても特別なことで、僕は恵まれているね」
関連ニュース
thumb

ワイナルドゥムがリバプール退団の経緯明かす 「愛や感謝を感じない瞬間があった」

今夏、リバプールからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがリバプール退団の経緯に初めて言及した。 2016年にニューカッスルから加入して以降、ユルゲン・クロップ監督の厚い信頼を得てリバプールの中盤の主力として活躍したワイナルドゥム。 しかし、昨シーズン限りまでとなっていた現行契約を延長することなく今夏のタイミングで退団。一時バルセロナ行きが有力視された中、最終的にPSGを新天地に選択した。 ここまでリバプール退団の経緯について沈黙を貫いてきたオランダ代表だが、イギリス『タイムズ』のインタビューで初めてその理由について言及。 クロップ監督やチームメイトとは良好な関係性を築けていたものの、SNS上での一部サポーターによる敬意を欠いた対応が退団を決断させたと語っている。 「毎日のトレーニングでも試合でも、僕はすべてを捧げた」 「リバプールは僕にとってとても大切な存在だった。だけど、そこには愛や感謝を感じない瞬間もあったんだ」 「チームメイトやメルウッドの人々に関しては、彼らが僕を愛してくれ、僕も彼らを愛していた。それは決して一方的なものではなく、双方向からのものだった」 「スタジアムのファンとソーシャルメディアのファンは、2つの異なるものだったよ」 「スタジアムでは、彼ら(ファン)から酷いことを言われたことはなかった。そして、彼らはいつも僕をサポートしてくれた」 「その一方、ソーシャルメディアでは、僕はチームが負けたときに非難される中の1人だった」 「そういったこともあり、僕はここを出たいと思ったんだ。健康を維持して毎試合出場するために自分が何をしているのか、彼らが知っていれば…と思ったこともあったよ」 「それが自分の仕事だから、文句を言うことはできない。だけど、他のプレーヤーが話していたかもしれないけど、僕のコンディションは万全ではなかった。契約最終年のプレーヤーに関してはケガのリスクを回避するためにプレーしないというような話もあるけど、僕は全くその逆だった」 「いつも良いプレーができたわけではないけど、試合後に鏡に写る自分に対して、良くなるために一生懸命トレーニングしたと自信を持って言うことはできたよ」 また、ワイナルドゥムは自身の去就を巡るメディアの報道に対しても苦言を呈している。 「メディアは助けてくれなかった」 「もっとお金がほしかったから(リバプールからの)オファーを受け入れなかったとの報道があり、ファンには『オーケー、オファーを受けなかったから試合に勝つためにベストを尽くさないんだな』という風に受け取られた。すべてが僕に不利なように見えたよ」 「『また、俺かよ』ってことが幾度もあったよ」 2021.07.25 16:49 Sun
twitterfacebook
thumb

レンタル繰り返したリバプールMFハリー・ウィルソンがフルアムへ、トッテナム退団のGKガッサニーガも加入

フルアムは24日、リバプールのウェールズ代表MFハリー・ウィルソン(24)とトッテナムのアルゼンチン代表GKパウロ・ガッサニーガ(29)の獲得を発表した。 契約期間に関しては、ウィルソンは2026年夏までの5年間、ガッサニーガは2023年夏までの2年間となる。なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によるとウィルソンの移籍金は1200万ポンド(約18億2500万円)になるとのことだ。 ウィルソンはリバプールのアカデミー出身。ファーストチーム昇格前にクルーやハル・シティへのレンタル移籍を経験すると、2018年7月に昇格。その後も、ダービー・カウンティ、ボーンマス、カーディフとレンタル移籍を繰り返していた。 右ウイングを主戦場とし、左ウイングやトップ下でもプレーできるウィルソンは、リバプールのファーストチームではわずか2試合の出場に。それでも、レンタル先では出場機会を得ており、プレミアリーグで31試合7ゴール、チャンピオンシップ(イングランド2部)で90試合29ゴール19アシストを記録していた。 また、ウェールズ代表としても29試合に出場し5ゴール。ユーロ2020でも3試合に途中出場していた。 ガッサニーガは、バレンシアのユース出身で、ジリンガムやサウサンプトン、ラージョ・バジェカーノを経て、2017年8月にトッテナムへ加入。しかし、フランス代表GKウーゴ・ロリスがいるため、トッテナムではカップ戦を中心に37試合に出場するにとどまった。 2021年2月からはスペインのエルチェへとレンタル移籍し、8試合に出場していたが、シーズン終了後に退団していた。 フルアムは2020-21シーズンはプレミアリーグで戦っていたが、チームは1年で降格。プレミアリーグ昇格を目指すため、マルコ・シウバ監督を招へいしていた。 2021.07.25 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク&ジョー・ゴメスが練習復帰もクロップ「リスクは冒さない」

負傷者が回復しつつあるリバプールだが、ユルゲン・クロップ監督はプレシーズン中にリスクを冒すつもりはないとしている。 昨季は序盤戦から故障者が相次ぎ、シーズンを通して苦戦を強いられたリバプール。守備陣がとりわけ悲惨で、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクはヒザ前十字靭帯損傷、イングランド代表DFジョー・ゴメスも手術を必要とするヒザのケガに見舞われた。 なんとかリーグ3位でシーズンを切り抜け、名誉挽回に向けてプレシーズンがスタートしている中、上述の2名はケガから復帰しキャンプに合流。全快に順調に進んでいるようだ。 だが、23日に行われたマインツとのプレシーズンマッチは欠場。さらにクロップ監督は、リバプールの公式動画サイト『LFCTV』にて、29日に行われるヘルタ・ベルリン戦にも出場しないことを明かしている。 「残念だが、(彼らがヘルタ戦に出場したら)それは驚きだね。それでも本当に調子は良さそうだ。彼らはサッカーもトレーニングもできることは何でもやっている。やり過ぎない程度にね」 「我々は、プレシーズンのためではなく、フルシーズンのために準備をしている。ここでリスクを冒すつもりはない。まだまだプレシーズンマッチは続くが、彼らが次の試合に出場することはない」 2021.07.24 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

やはりクロップ監督は熱い男だ!故障から復帰し、リバプール加入後初出場のベン・デイビスに粋な計らい!

リバプールのユルゲン・クロップ監督が男気を見せた。 昨季のリバプールはオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクやイングランド代表DFジョー・ゴメスらを筆頭に、守備陣に故障者が相次いだ。 そこで2021年冬にチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドからイングランド人DFベン・デイビスを獲得。しかし、ベン・デイビスはトレーニング中に負傷し、加入後1度も試合に出場することなくシーズンを終えた。 そのベン・デイビスは21日、プレシーズンのキャンプ中に行われたオーストリア2部のヴァッカー・インスブルックとの練習試合にスタメンで出場。30分の非公式ゲームだが、彼にとっては大きな瞬間だったに違いない。そして、その時クロップ監督が見せた行動が話題を呼んでいる。 試合開始前にピッチへ向かうイレブンを通路で待つクロップ監督。その中にベン・デイビスの姿を見つけると、ちょいと呼び止めて温かい抱擁を交わしたのだ。 クロップ監督が見せた選手を想う熱い行動にサポーターも感動。「なんて監督だ!絶対的な伝説」、「涙じゃない、汗だよ。とても暑いね」などのコメントが寄せられた。 戦術家として以上に、モチベーターとして知られるクロップ監督。今季故障者が復帰し、ベン・デイビスが5番手のセンターバックであったとしても、彼にはアンフィールドでの未来があるだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】ベン・デイビスを呼び止め抱擁を交わすクロップ監督!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Jurgen knew how much pulling that shirt on meant to Ben Davies.<br><br>It’s been a tough few months for him, trying to settle into a new team mid-season during COVID while having a reoccurring injury was hard.<br><br>Positive minutes yesterday. Hope to see more soon for <a href="https://twitter.com/BenDavies1108?ref_src=twsrc%5Etfw">@BenDavies1108</a>. <a href="https://twitter.com/hashtag/LFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LFC</a> <a href="https://t.co/p58WyDVtYA">pic.twitter.com/p58WyDVtYA</a></p>&mdash; Anfield Effect (@AnfieldEffect) <a href="https://twitter.com/AnfieldEffect/status/1417917189546561536?ref_src=twsrc%5Etfw">July 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.23 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールのプレシーズンは順調と語るケレハー「シャープさやフィットネスは確実に戻ってきている」

リバプールのアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーがプレシーズンでの充実ぶりを口にした。 ケレハーは2015年夏からリバプールの下部組織に在籍し、2019年9月のEFLカップでトップチームデビュー。昨シーズンは守護神のGKアリソン・ベッカーが負傷したこともあり、公式戦5試合に出場すると、チームを救うスーパーセーブを何度も見せ、GKアドリアンを序列で抜き、2ndキーパーの座を掴んだ。 さらなる出場機会の増加を狙い、オーストリアでのプレシーズンキャンプに参加しているケレハーだが、20日に行われたヴァッカー・インスブルックやシュツットガルトとのプレシーズンマッチ2試合を欠場している。 クラブ公式サイトのインタビューに応じたケレハーは欠場の理由について、打撲によるものですでに回復していると説明。同時に、ここまでプレシーズンのトレーニングが順調に進んでいることも強調した。 「膝に少し打撲を負ってしまったんだ。でも幸い、大事には至らなかったよ。(23日の)マインツ戦には出場できると思う」 「チームはとても良い感じだ。しっかりとしたトレーニングができており、チームメイトを知ることもできた。トレーニングを再開した後は、皆に追いつくこともできている。ほとんどの日に2部練習をして、たくさんの仕事をこなすことができているのでとても良いね」 「シャープさやフィットネスは確実に戻ってきていると思う。プレシーズンが始まって最初の数日間はただ元の状態に戻るため、自分の足を見つけようとしている状態だった。今は11日目になり、足元が見えてきていると思う」 「僕は今、基本に立ち返っているところだね。シャープさを取り戻すため、すべてのメニューをこなしているよ。すべてをシーズンが終わる前の状態に戻そうとしており、鋭さや決断力は取り戻していきたい」 また、アリソンがコパ・アメリカ2021への出場後休暇に入っている影響で、ケレハーは現在、チームのGK内で序列のトップに立っているが、そのことに満足しているとコメント。大きくなった責任を楽しんでいると語った。 「今の役割については楽しんでいるよ。自分にとっては新しい挑戦であり、課せられる責任も少し大きくなる。でも、僕はそれを楽しんでいるんだ。本当に、この事実をそのまま受け止めている」 2021.07.23 13:02 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly