リバプールが控えGKアドリアンとの契約延長を発表

2021.06.15 00:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールは14日、スペイン人GKアドリアン(34)と新たな契約を結んだことを発表した。契約期間は発表されていない。

2019年の夏にウェストハムを退団しフリーでリバプールに加入したベテランGKは、絶対的守護神アリソンのバックアッパーとして2シーズンで公式戦24試合に出場。今季は若手GKクィービーン・ケレハーとバックアッパーの役割を分担したため、公式戦6試合に出場にとどまっていた。

新契約にサインしたアドリアンは、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「リバプールに残ることができて、とても嬉しいよ。まず第一に、これは2年前に契約して以来僕の努力に対するクラブからのご褒美だと思っている。クラブ、監督、そしてチームに関わるすべての人からの信頼にとても感謝しているよ」

「そして第二に、何よりもリバプールに残れることができて嬉しい。リバプールはとても大きなクラブだけど、同時に家族のようなクラブでもあるんだ。どの選手にとってもここに留まることはとても特別なことで、僕は恵まれているね」

関連ニュース
thumb

リバプールと契約延長のアリソン、新シーズンの目標はタイトル奪取「すべてのものを勝ち取りたい」

リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが、昨シーズンの振り返りと新シーズンの目標を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 アリソンはチームの絶対的な守護神として、昨シーズン公式戦42試合に出場。数多くのスーパーセーブでチームを救ったほか、プレミアリーグ第36節のWBA戦では試合終了間際に劇的なヘディングシュートを決め、勝ち点3をもたらすことに成功。負傷者が続出しながらもリーグ3位で終えたチームで、絶大な存在感を放った。 こうした活躍もあり、クラブはアリソンに契約延長をオファー。4日に2027年までの長期契約が正式に発表されている。 契約延長後初のインタビューに応じたアリソンは昨シーズンを振り返り、困難な時期を乗り越えられたとコメント。母国でリフレッシュして臨む新シーズンは、より大きな目標を成し遂げたいと語った。 「昨季はいろいろなことがあったね。多くの負傷者が出て、誰にとっても悪い時期だった。それでも僕らはすべてに上手く対処できたと思う。ピッチ内外で、チームは一つになっていた」 「僕も(2月に父親が事故死するなど)人生で最も困難な瞬間を過ごしたけど、このクラブでは皆の愛を感じられたんだ。おかげで前進を続け、ハードワークを続け、トレーニングを続け、ハイレベルなプレーを続けることができた。リーグラスト10試合は、チャンピオンズリーグ(CL)に戻るため本当に重要だったと思う。3位はシーズン初めに望んでいた結果ではなかったけど、シーズンの終わりには良い結果だと思えたよ」 「(母国での休暇は)必要なことだった。2年ほど帰れていなかったからね。前回の休暇では、新型コロナウイルスの影響で飛行機にも乗れなかった。今回は兄や母、友人たち、祖母など、皆に会うことが大切だったよ。短い時間だけど、家族と一緒に過ごせた。次のシーズンに向けて、少しだけ充電できたと思う」 「(実家に帰ると)皆がWBA戦のゴールの話をしていたよ! あれは本当にクレイジーだったと思う。昨シーズンで一番クレイジーだったんじゃないかな。いろいろなことがあったと思うけど、僕自身もゴールを決めるとは思っていなかった」 「新シーズンはCL、プレミアリーグ、カップ戦と自分たちが戦う全てでトロフィーを勝ち取りたい。もちろん、勝つためにはピッチで何をするかにかかっていて、少なくとも100%の力を出す必要がある。そしてさらに力を発揮できるなら、それに越したことはないね」 また、アリソンはインタビューの中で、一時期口ひげのみを生やすスタイルだったことに言及。好評だったため再びするかもしれないと語りつつ、他人にはおすすめしなかった。 「あれは良かったね。多くの人がツイッターやインスタグラムで『口ひげを復活して』と言ってくれたよ。多分、またするかもしれないね」 「他の人にはおすすめしないよ。あれは誰にでもできることではないと思うんだ。口ひげを生やしたいなら、ちゃんと生やした方が絶対良い!」 2021.08.05 10:47 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、守護神アリソンと2027年まで契約延長

リバプールは4日、ブラジル代表GKアリソン・ベッカー(28)と長期契約を結んだことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば2027年6月まで延長したとのことだ。 2018年夏にローマからリバプールに加入したアリソンは、これまでリバプールで公式戦130試合に出場。59試合のクリーンシートを達成し、加入初年度にチャンピオンズリーグ優勝、2年目にプレミアリーグ優勝に貢献していた。 アリソンは契約延長についてリバプールの公式サイトで以下のように述べている。 「あまり無駄なことは考えずに決められた。この3年間で積み上げてきた自信、信頼があったからだと思う。私と家族はここで幸せに過ごせている。リバプールで仕事が続けられること、良い仕事ができることを嬉しく思っている。この決断を本当に喜んでいる。難しい決断じゃなかった」 2021.08.05 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍の噂も、リバプールでの新シーズンに意気込み語るシャキリ「勝つためあらゆることに挑戦する」

リバプールのスイス代表MFジェルダン・シャキリが、新シーズンへ向けた意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2018年夏にリバプールへ加入したシャキリは、これまで公式戦63試合出場8ゴール9アシストを記録。しかし、ユルゲン・クロップ監督から全幅の信頼を得るまでには至らず、昨季のプレミアリーグでは先発出場がわずか5試合にとどまっている。 一方で、スイス代表として6月に開催されたユーロ2020に参加すると、5試合3ゴール1アシストをマーク。母国を史上初のユーロベスト8に導くことに貢献し、良い状態でシーズンを終えた。 シャキリに対してはラツィオを始め多くのクラブが今夏の獲得に興味を示しており、本人も「新たなチャレンジがしたい。リバプールはこの夏に僕を引き留めないだろう」と発言するなど、移籍希望を明言。しかし、今月チームに合流したシャキリは、一転して新シーズンへの気合いを語っている。 「状態はとても良いね。ここで再びチームに合流できて嬉しい。良いプレシーズンを過ごして、良いシーズンを始めていきたい。ユーロやコパ・アメリカに参加していた選手たちは休暇を取っていた。だからここ数日で、100%の状態に戻りたいね。気分は良いよ」 「個人的にも、そしてもちろん国にとっても、とても良いユーロだったと思う。僕たちが成し遂げたことは歴史的であり、国にとって特別だった。このことをとても誇りに思っている」 「新シーズンが楽しみだ。このクラブで目標を実現させたいね。僕たちの目標は常に勝つこと、タイトルを目指してプレーすること、そしてピッチ上で100%の力を発揮することだ。その後に何が起こるかはわからないけど、勝つためあらゆることに挑戦するよ」 また、シャキリはチームに負傷者が戻っただけでなく、今シーズンはスタジアムにファンが戻ってくることにも言及。チームにとって重要な後押しになると語った。 「ケガをしていた選手が戻ってきてくれて、さらにパワーアップしたのは間違いない。それにファンも戻ってきてくれるからね。それが今シーズンの目標を達成するため、新たな原動力になると思う」 「僕らは試合のときのアンフィールドがどのようなものか、どれだけ試合中に後押ししてくれるかを知っている。おかげで何度も試合に勝ったり、ファンの皆と共にカムバックを果たせたりした。今回も僕たちに特別な力を与えてくれるはずだ」 「僕らには最高品質のグループと非常に優秀な若手がいる。そして、優れたキャラクターがあることも本当に重要だ。クラブとして成功するためには、チームとして団結する必要がある。ピッチ上で自分たちの才能をすべて出し切り、チームと一緒に戦えば、今シーズンは多くのことを達成できると思うよ」 2021.08.04 10:33 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、ファビーニョと2026年まで契約延長

リバプールは3日、ブラジル代表MFファビーニョ(27)と長期契約を結んだことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば2026年6月まで契約を延長したとのことで、これまでの契約から3年更新した格好だ。 2018年夏にモナコから加入したファビーニョは、これまで公式戦122試合に出場して3ゴール7アシストをマーク。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ優勝、2019-20シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献した。そして昨季はDFヴィルヒル・ファン・ダイクら守備陣にケガ人が相次いだ中、センターバックも無難にこなす器用さを見せた。 そのファビーニョは契約延長について「リバプールのためにプレーすることを望んでいたから嬉しいよ。この3シーズン、本当に幸せにプレーできている。監督やスタッフ、チームメートから多くのことを学べた。リバプールは自分にとって最高の場所で成長できる。今後も何かを成し遂げられれば良いね」と公式サイトでコメントした。 2021.08.04 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールがリールの主力FWデイビッドに関心?

リバプールがリールのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(21)獲得に興味を示しているようだ。カナダ『TSN』が報じている。 驚異的なスピードと得点能力を兼ね備えた万能型アタッカーのデイビッドは、2019-20シーズンのジュピラー・プロ・リーグ27試合で18ゴール8アシストという圧巻のスタッツを記録。プレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガの複数クラブが関心を示した逸材。 昨夏にヘントから2700万ユーロ(約35億円)で加入したリールでは、昨シーズンのリーグ戦で37試合13ゴール3アシストを記録。開幕から初ゴールを奪うまでに11試合を要したものの、今年に入ってチームとリーグ・アンに適応すると、ゴールを量産して10年ぶりのリーグ制覇の立役者の一人となった。 『TSN』が伝えるところによれば、現在財政面の問題を抱えるリールは今夏に数人の主力の売却を余儀なくされる見込みで、デイビッドが換金対象の一人となっているという。 そして、前線の複数ポジションで可能な伸びしろ十分の若手アタッカーに対して、以前から関心を示していたリバプールが移籍先の候補に挙がっているとのことだ。 現時点ではあくまで獲得候補の一人に過ぎないようだが、今夏のマージーサイド行きはあるのか…。 2021.08.03 21:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly