シュツットガルト、ベテランFWアル・ガディウィとの契約を2022年まで延長!

2021.06.14 00:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは13日、モロッコ人FWハマディ・アル・ガディウィ(30)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。2019年にSSVヤーン・レーゲンスブルクから当時2部のシュツットガルトに加入したアル・ガディウィは、主に試合の流れを変えるジョーカーとして起用され、ブンデス2部で28試合に出場し8ゴール4アシストを記録し、1部復帰に貢献。

今季は序盤から度重なるケガに苦しみ、ブンデスリーガ6試合の出場にとどまっていた。

新契約にサインしたアル・ガディウィは、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「シュツットガルト経営陣の信頼を得られたことをとてもうれしく思っているよ。チームはこの2年間で大きく成長しているね。ただ僕は、ケガの影響で思うようにチームの助けにはなれなかった。ここでは居心地の良さを感じるし、来季に向けて最高のモチベーションをもっている。ファンの前でプレーするのが待ち遠しいよ」
関連ニュース
thumb

デパイが衝撃ゴール! グリーズマン2アシストのバルサがシュツットガルトに快勝《プレシーズンマッチ》

7月31日、FCバルセロナがシュツットガルトとプレシーズンマッチを行い、3-0で勝利を収めた。 バルセロナはDFジェラール・ピケやFWアントワーヌ・グリーズマン、FWメンフィス・デパイ、MFフレンキー・デ・ヨングら主軸となる選手が揃って先発出場を果たした。 試合は11分、ボックス内で仕掛けたデパイが倒されるも、ファウルはなし。PKは与えられない。 それでも21分、そのデパイが衝撃のゴールを記録。ハーフウェイライン付近からのロングフィードに反応して抜け出すと、絶妙なトラップでコントロール。ボックス内でシュートモーションに入ると、ブロックに来た相手DFをボールを浮かせてかわし、落ち側をボレー。バルセロナが先制した。 先制したバルセロナは36分に追加点。ボックス左でパスを受けたデパイが相手を背負いながらキープ。ここから左サイドをオーバーラップしたグリーズマンに巧みにパスを出すと、グリーズマンがグラウンダーのクロス。最後はユスフ・デミルが合わせて追加点を奪う。 バルセロナが2点をリードして迎えた後半、チームはメンバーを入れ替えて戦うご73分にはカウンターから追加点。ボックス手前でパスを受けたグリーズマンのスルーパスにダイアゴナルランで裏に抜けたリキ・プッチがシュート。ポストを叩きながらもネットを揺らし、3-0でバルセロナが勝利した。 シュツットガルト 0-3 バルセロナ 【バルセロナ】 メンフィス・デパイ(21分) ユスフ・デミル(36分) リキ・プッチ(73分) <span class="paragraph-title">【動画】デパイの衝撃ゴール&グリーズマンの2アシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3Tk95akRIYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.01 12:03 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトのカライジッチが陽性反応…今日のバルセロナとのPSMは予定通り開催

シュツットガルトは29日、オーストリア代表FWササ・カライジッチがコロナウイルスに対するテストで陽性反応を示したと発表した。 カライジッチは今週初めに陽性が確認され、現在は自主隔離中。ほかの選手やコーチングスタッフら繰り返し陰性となっており、当局の協力の下でチームとしてのトレーニングは継続中だ。 これに際してスポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタットはカライジッチの体調を気にかけつつ、厳重な管理下でも気は抜けないと述べている。 「ササの陽性と隔離についてはとても残念だが、何よりもササの健康が第一だ。我々は一貫して衛生概念を順守し、感染リスクを最小限に抑える対策を実施した。ササが感染したということは、厳格な規制下でも決して油断はできないということだ」 なお、本日予定されているメルセデス・ベンツ・アレーナでのバルセロナとのプレシーズンマッチは予定通り開催する模様。2万5千枚のチケットはすでに完売となっている。 2021.07.31 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航、シュツットガルトの主将任命に「誇らしく思います」

シュツットガルト新主将の日本代表MF遠藤航が自身のツイッターに心境を綴った。 昨季までキャプテンを務めた元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロが契約切れで今夏に退団したシュツットガルト。ペッレグリノ・マタラッツォ監督は23日に行われ、5-2で勝利したビーレフェルトとのプレシーズンマッチ後、昨季のブンデスリーガで最多のデュエル勝利数を記録した28歳守備的MFを新キャプテンに指名した。 U-24日本代表の一員として東京オリンピックに参戦中の遠藤はその一報を受け、24日に自身のツイッターを更新。キャプテンとして挑む新シーズンに向け、決意を新たにした。 「シュツットガルトという素晴らしいクラブのキャプテンになることができ、本当に誇らしく思います。クラブのために自分ができるすべてを尽くしたいです。シュツットガルトファンのみなさん、オリンピック後に会いましょう!!」 遠藤は湘南ベルマーレでプロデビュー後、浦和レッズ、シント=トロイデンを経て、2019年夏にシュツットガルト入り。昨季もピッチ上で不可欠な存在として輝きを放つなか、カストロ不在時のゲームでキャプテンを務めてきた。 なお、日本人選手がブンデスリーガのクラブで正式にキャプテンを務めるのはハンブルガーSV時代の元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)に続く2人目となる。 2021.07.24 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航、シュツットガルトの新キャプテンに! 指揮官の指名理由は…?

日本代表MF遠藤航がシュツットガルトのキャプテンに就任した。 昨季までキャプテンを務めた元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロだが、今夏に契約切れとなり、退団。ペッレグリノ・マタラッツォ監督は23日に行われ、5-2で勝利したビーレフェルトとのプレシーズンマッチ後、U-24日本代表の一員として東京オリンピックに参戦中の28歳守備的MFを新キャプテンに指名した。 「私にとって、大事なのはキャプテンがみんなを先導したり、我々が求める価値観を体現したりして、模範的な存在であるということ。ワタルを選んだのは他の選手のためにも責任を負える存在だからだ」 遠藤は湘南ベルマーレでプロデビュー後、浦和レッズ、シント=トロイデンを経て、2019年夏にシュツットガルト入り。昨季はブンデスリーガでのデュエル勝利数でトップとなり、屈指の守備的MFとして評価を高めた。 ブンデスリーガでプレーする日本人選手の正式なキャプテン就任はハンブルガーSV時代の元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)に続く2人目。マタラッツォ監督は遠藤不在時のキャプテンとして、ドイツ人DFヴァルデマール・アントンを託す方針を示している。 過去に湘南やリオ・デ・ジャネイロ オリンピックの代表でも主将を務め、リーダーとしての実績も十分な遠藤。これまでピッチ上でのデュエル・キングとして存在感を放った遠藤だが、来る新シーズンは主将としての振る舞いにも注目が集まる。 2021.07.24 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがシュツットガルトGKグラールを3年契約で獲得

フランクフルトは19日、シュツットガルトのドイツ人GKイェンス・グラール(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。背番号は「40」をつける。 グラールは、シュツットガルトの下部組織出身で、グロイター・フュルトへと移籍。その後、ホッフェンハイム、パーダーボルンへと移籍。2016年7月にシュツットガルトへと完全移籍していた。 シュツットガルトでは試合に出場することはなく5シーズンを過ごしていた。 シュツットガルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は「来シーズンのGKチームの重要なメンバーとして、イェンスを計画していたので、手放すことはとても消極的だった」とコメントしている。 現在のフランクフルトは、ドイツ代表GKケビン・トラップが正守護神を務めている状況。グラールも「ケビン・トラップは明らかにナンバーワンだ。それについて疑いの余地はない」とコメントしている。 2021.07.20 12:40 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly