「パフォーマンスに納得がいっていない」クラブでトップ下、代表でサイドと異なる起用法に原口元気が言及

2021.06.13 14:55 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF原口元気が、現在の自身の立場について言及した。海外組は5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー代表戦から、国内組は3日のU-24日本代表戦から始まった今回の活動。合計で5試合行われる中、残すところ15日のカタールW杯アジア2次予選最終戦のキルギス代表戦が最後の試合となる。

13日、原口がオンラインのメディア取材に応対。現在の自身の立ち位置などについて語った。

11日のセルビア代表戦は後半からの出場となった原口。7日のタジキスタン代表戦では、キャプテンマークを巻くと、セルビア戦も長友佑都からキャプテンマークを引き継ぐ形となっていた。

キャプテンを任されたことについては「キャプテンというところで、気持ち的に少し変わった部分があるというか、引っ張ろうと常に思っていますが、より思うようになりました」とコメント。大きな変化はないものの、多少なりとも心境の変化があったと語った。

一方で、チーム内での立ち位置については「自分のパフォーマンスに納得がいっていないので、出場時間を含めて仕方ないかなと思っています。あと1試合あるので、自分自身も結果を残して、今シーズンを締めくくれたら最終予選に迎えるかなと。前線に良いタレントがいる中で、結果を残したいと思います」と語り、ゴールやアシストといった結果を残したいと語った。

具体的に納得いっていない部分としては、自身が起用されているポジションも影響しているという。「自分が1つの難しさとして、シーズン通してほぼ真ん中でプレーしていた」と語るように、ハノーファーではトップ下としてプレー。しかし、日本代表では2列目のサイドを任されている状況だ。

ポジションの違いは戦い方以上に、フィジカル面で必要なものが違うといい「サイドではフィジカル的な部分で求められているのが違うので、真ん中で慣れている自分としてサイドのアップダウンは厳しいです」とコメント。「ウニオン・ベルリンでも多分真ん中でプレーしますが、代表ではサイドなのでその辺のコンディション調整も必要になると思います」と語り、クラブと代表でのポジションの違いに合わせた準備がシーズンを通して必要だと語った。

残り1試合で見せたいものについては「1本、2本成功させたいなと」とゴールに繋がるプレーを見せたいとし、「それが一番印象に残るプレーだと思いますし、ポジション争いや評価を高める上で大事だと思うので、しっかりリスクかけてその中で1本、2本成功させたいと思います」と、評価を高めるための数字を残したいとした。

以前には真ん中でもプレーをしたいと語っていた原口。トップ下でのプレーについては「真ん中でのプレーも気に入っていて、すごく面白いです。色々な仕事ができるので、サッカー選手として深みが出ていると思います」と、自身のプレー幅が広がっているとコメント。「フィジカル的にも戦術的にも大きく違うので、どっちでも高い水準bでプレーできないといけないです」と語り、「代表もチームも大事なので、戦術的にもフィジカル的にもどっちも準備しないといけないなと」と、シーズンを通して準備することの大事さがあるという。

次の試合も出場となればキャプテンを任されるであろう原口。森保一監督からは「元気が引っ張っていく力をすごく評価している」と言われたとのこと。一方で「うまくいっていないときに感情的になるということは言われて、僕も納得していました」とし、うまく進んでいない時に感情を抑える必要もあると指摘されたようだ。

それでもキャプテン指名は驚きもなかったとし「特に驚きはなかったですけど、キャップ数もヨーロッパでの年数も一番長かったので、小学生ぶりにキャプテンやったので、キャプテンマークを巻くとか、試合前のミーティングで声を出すのは慣れない部分がありましたが、1つ大きな意味はあると思っています」と、20年ぶりぐらいキャプテンにも意味を感じたとのこと。それでも「その試合で自分のパフォーマンスがあまり出せなかったので、そこじゃなくてパフォーマンスに集中することが大事かなと。そっちで引っ張っていかないと居場所がなくなるので」と、プレーでチームをけん引できるようにしたいと語った。
関連ニュース
thumb

レーティング: U-24日本代表 0-0(4 PK 2) U-24ニュージーランド代表《東京オリンピック》

#1日、東京オリンピック準々決勝のU-24日本代表vsU-24ニュージーランド代表の一戦が県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。PK戦の末、4-2で日本が勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210731u24jpn_nzl_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 7.5 ボックス外に出ての対応も冷静。クロス対応の判断も素晴らしかった。PK戦では1本 セーブし勝利に貢献。 DF 5 吉田麻也 6.5 ウッドの対応もしっかりと遂行。カバーリング、危険なところへ顔を出すなど守備を統率。勝利を決めるPKで締めくくる。 13 旗手怜央 6.5 機を見て攻撃のサポート、守備でもしっかりと間合いを詰めて対応。攻撃のポジションに入ってもしっかりとプレーする。 (→11 三笘薫 5.5) 延長戦からの出場でフレッシュな状態で積極的に仕掛ける。上田への決定的なスルーパスを出すがあまり良さが出ず。 14 冨安健洋 6 クリス・ウッドとのマッチアップでは負けず。良い守備を見せていたが、イエローカードをもらい準決勝は出場停止。 15 橋岡大樹 6.5 積極的なプレーでチームメイトであるカカーチェとのマッチアップでも負けず。守備も我慢強く守った。 MF 6 遠藤航 6 前半最大の決定機をまさかのミスショット。それでも攻守にしっかりと強度を持ってプレーを保った。 7 久保建英 6 強度の高い相手をうまくいなしてプレー。積極的に仕掛け、4試合連続ゴールを目指した。前線の連携がなかなか上手くいかなかった。 10 堂安律 6 積極的に仕掛けてチャンスメイク。決定は作ったが決め切れず。強度の高い相手に苦しんだ。 (→8 三好康児 -) 出場時間が短いため採点はなし。 16 相馬勇紀 5.5 仕掛けるプレーは良いものの、連動した動きはなかなか見られず。何度か相手のファウルを誘った。 (→3 中山雄太 6) 守備の対応として入るも攻撃のシーンが多い状況。少し迷いがあるプレーは気になったが、落ち着いたプレーを見せた。 17 田中碧 6 遠藤とのバランスをとってこの試合もプレー。なかなか前を向いてプレーできず、攻撃の良さがあまり出ず。 (→4 板倉滉 6) 守備をハメにいくために延長戦から出場。高さでは負けずしっかりと試合に入って力を発揮した。 FW 19 林大地 5.5 前線でこの日も体を張るプレー。体格差もありあまりボールが入らず、攻撃で良いシーンは見られず。 (→18 上田綺世 5.5) なかなか良いボールが来ないなかでもポジション取りで攻撃の起点に。決定機を1つ決められなかったのは痛かった。 監督 森保一 6 強度の高い相手に対してなかなか選手を変えずに粘る采配。それでも守備面を改善してPK戦に持ち込み、勝利を掴んだ。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! GK谷晃生(日本) 空中戦が多くなる中で冷静な判断と対応を見せる。PK戦ではシュートを1本セーブ。相手のコースを読み失敗も誘う。 U-24日本代表 0-0(4 PK 2) U-24ニュージーランド代表 2021.07.31 20:52 Sat
twitterfacebook
thumb

谷晃生が勝利に導くスーパーセーブ! PK戦でNZを下した日本、スペインの待つ準決勝へ《東京オリンピック》

U-24日本代表は31日、東京オリンピック準々決勝でニュージーランドと対戦し、0-0で迎えたPK戦の末に勝利を収めた。 南アフリカ、メキシコ、フランスと同居したグループAを今大会唯一の全勝で突破した日本。最終節のフランス戦では、グループ最大の強敵と目された相手を4-0で一蹴する力を見せ付けた。 一方のニュージーランドは、韓国、ルーマニア、ホンジュラスのグループを1勝1分け1敗で乗り切り、史上初のグループステージ突破を決めた勢いのあるチーム。ここまで守備的な戦い方が功を奏している印象だ。 スタメンに関して日本は、フランス戦でイエローカードを受けた酒井が累積警告で出場停止。代わりに橋岡が右サイドバックを務め、左サイドバックには旗手が起用された。また、2列目で久保と堂安と組むのは相馬。ワントップに林を配置する[4-2-3-1]となった。 試合は下馬評通り、5バックを敷くニュージーランドに対して日本がボールを保持する展開に。混雑しているゴール前を避けてサイドにパスを散らしつつ、適度に縦パスも刺していく。 10分にはCKの流れから、ボックス右で久保の縦パスを受けた林がグラウンダーのクロスを供給。これにファーサイドでマークを外した遠藤が飛び込んだが、シュートを大きくふかしてしまい至近距離で外してしまった。 その後もハーフコートゲームを展開するものの、決定的な場面が作れない日本。シンプルなクロスではことごとく跳ね返されてしまい、辛抱を強いられる時間が続く。 それでも31分に相馬のドリブル突破から右の久保へ渡り、ボックス右から縦へ突破。折り返しを堂安が合わせるチャンスシーンを作ると、34分には相馬が遠藤とのワンツーでボックス左に侵入し、再び堂安に合わせたが、こちらも枠を捉えられず。 結局、試合は0-0のまま後半へ。狙い通りのニュージーランドは4バックに切り替えて攻勢をかけていく。 守備に回る時間が増えてきた日本は69分にベンチが動く。林と相馬を下げて上田と中山を投入。中山は左サイドバックに入り、旗手が左ウイングにポジションを上げた。 この直後に田中のミドルシュートが飛び出すと、76分には旗手のヘディングシュートがクロスバーを掠めるなど、勢いが出てきた日本。82分にはボックス右の堂安の折り返しをゴール前で上田が合わせて決定機を迎えたが、ここはGKウードのビッグセーブに遭ってしまう。 続く85分にも、今度は上田のパスから堂安に決定機。ドリブルで持ち運び、ボックス手前から左足を振り抜いたが、ウードに防がれた。 なかなか得点が生まれない中、ニュージーランドも途中出場でフレッシュなチャンプネスが日本ゴールに迫る。ここを止めにいった冨安だったが、そのプレーでイエローカードを貰ってしまい累積2枚目。これにより、勝ち上がっても準決勝には出られなくなった。 大きな痛手となってしまったが、まずは目の前の勝利に集中する日本。延長戦から田中と旗手に代えて板倉と三笘を投入すると、三笘は上田へのスルーパスで早速チャンスを演出する。延長前半はその左サイドからの攻撃が増えていく。 延長後半にはニュージーランドが好機を迎える。ファウルを受けて得たボックス手前右のFK。クレイトン・ルイスのシュートは壁に当たったものの、こぼれ球を拾いボックス右から折り返すと、エライジャ・ジャストにお大チャンス。ワントラップからシュートに繋げたが、ここは日本もDFが身体を張ってゴールを許さなかった。 そして、試合はPK戦へ。日本が後攻となった中、ニュージーランドの2人目のキックをGK谷がしっかり読み切ってビッグセーブ。さらに3人目は谷のプレッシャーに飲まれたか、上に外してしまう。 対する日本は、上田、板倉、中山がきっちり決めて、運命の4人目はキャプテンの吉田。だが、ここは流石キャプテンと言ったところ。あいてGKに逆を突くコースに沈めて、5人目のキッカーを待たずして日本が勝ち上がりを決めた。 8月3日に行われる準決勝では、開幕前に親善試合を行ったスペインと対戦する。 U-24日本代表 0-0(PK:4-2) U-24ニュージーランド代表 2021.07.31 20:48 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表スタメン発表! 1トップはFW林大地が復帰、2列目にはMF相馬勇紀が起用

31日、東京オリンピックの準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージを唯一の3連勝で勝ち上がった日本は、グループBを2位で通過したニュージーランドと対戦。ニュージーランドは1勝1分け1敗でグループステージを突破した。 日本のスターティングメンバーは、出場停止のDF酒井宏樹(浦和レッズ)の代役にDF橋岡大樹(シント=トロイデン)を起用。また左サイドバックにはDF旗手怜央(川崎フロンターレ)を起用し、3試合連続先発していたDF中山雄太(ズヴォレ)はベンチスタートとなった。 また、2列目はMF久保建英(レアル・マドリー)、MF堂安律(PSV)らが継続して先発し、左にはMF相馬勇紀(名古屋グランパス)を起用。1トップにはFW林大地(サガン鳥栖)が戻った。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:橋岡大樹、吉田麻也、冨安健洋、旗手怜央 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、相馬勇紀 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:板倉滉、中山雄太 MF:三好康児、三笘薫 FW:前田大然、上田綺世 2021.07.31 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.81】U-24フランス戦MVPとも言われる存在感。マルチタスクで東京五輪金メダルに貢献へ/旗手怜央(川崎フロンターレ/MF)

東京五輪1次リーグ突破のかかった7月28日のU-24フランス戦(横浜)。三好康児(アントワープ)、相馬勇紀(名古屋)と、試合ごとに左サイドアタッカー要員を入れ替えてきた森保一監督が大一番に抜擢したのが、旗手怜央(川崎F)だった。 右太ももの張りで別メニュー調整が続いていた三笘薫(川崎F)ではなく、旗手を選んだことは、傍目から見てもサプライズに映ったが、背番号13をつける男は序盤からグイグイと飛ばした。開始早々の8分にペナルティエリア手前から強烈シュートをお見舞いし、対面に位置するランダル・コロ・ムアニ(ナント)に激しく寄せていく。 そして前半27分の久保建英(レアル・マドリード)の先制弾のシーンでは、上田綺世(鹿島)の強烈シュートを相手GKポール・ベルナルドーニ(アンジェ)が弾いた瞬間、いち早くこぼれ球に反応した。DFを引きつける鋭い動きで久保がフリーになったのは確か。黒子の仕事で彼は1点目をお膳立てしたのだ。 旗手の活躍はこれだけではなかった。前半34分の酒井宏樹(浦和)の追加点の場面では、久保との連携で起点となり、後半25分の三好の3点目をアシスト。前田大然(横浜)が入ってきた後半34分以降は左サイドバック(SB)に下がってプレーした。 今回のフランスがU-24世代のベストチームではないにせよ、これだけ屈強で大柄な面々と対峙しても全く動じず、互角以上の強度と運動量を発揮し、4-0勝利の原動力になれるとは、本人も想像していなかったかもしれない。日頃、辛口のサッカー解説者・セルジオ越後氏もサッカー専門誌上で「フランス戦のMVP」に挙げるほど、旗手は大きなインパクトを残した。 疲労蓄積が進み、出場停止やケガ人が出る可能性も高い決勝トーナメント以降は彼のような“伏兵"がさらに効果的な働きをしなければいけない。その布石を打てたことで、本人も大いに自信を深めたに違いない。 振り返れば1年半前の2020年1月。旗手はAFC・U-23選手権(タイ)惨敗の屈辱感を胸に秘め、川崎フロンターレの大卒新人として新たな一歩を踏み出していた。その時点で半年後の東京五輪は遠く、彼自身も「五輪は夢のまた夢」と発言していた。 しかしながら、新型コロナウイルスの影響で1年延期が決定。その間、彼は川崎で力を蓄えた。同期の三笘が華々しい活躍を見せる傍らで、旗手自身は試合に出られないことも多かったが、シーズン終盤に左SBで起用されてから状況が一変。「攻撃から守備まで柔軟にこなすマルチタスク」として評価を一気に上げ、森保監督と横内昭展コーチに認められる形になった。 僕は試合に出られるなら何でもいい。SBにしても、前のポジションにしても、見えるものも毎試合変わりますし、それに対して臨機応変に対応していかないといけない。今はその対応がうまくいっているんじゃないかと思います」と本人も語っていたが、前目のポジションで五輪に出ることはあまり考えていなかったはず。あくまでSBとして世界と対峙することを主眼に置いていたはずだ。けれども、ふたを開けてみれば、アタッカーとしての存在感を大いに発揮する形になっているのだから、サッカーはどう転ぶか分からない。ポリバレント性が評価されていなかったら、18人のメンバー入りもなかったわけだから、本当に幸運の男だ。こういうラッキーボーイが出現してこそ、日本は高いステージまで勝ち上がり、53年ぶりのメダルに手が届くのだ。 決勝トーナメント以降の旗手の起用法は森保監督の胸先三寸だろう。ただ、遠藤航(シュツットガルト)と田中碧(デュッセルドルフ)、中山雄太(ズヴォレ)が1枚ずつ警告をもらっていることを考えると、この先は左SBでの出場が増えそうだ。遠藤か田中に何かあれば、中山は板倉滉(フローニンゲン)とともにボランチをこなさなければいけなくなる。そういった状況が31日の準々決勝・ニュージーランド戦(カシマ)で起きないとも限らない。だからこそ、万能プレーヤーには最高の準備をしてもらう必要がある。 「対戦相手がどこであろうと僕自身は試合ができることが毎回楽しみ。国際舞台を経験できる機会というのはなかなかないこと。今回、五輪という素晴らしい場なので、そこでしっかりやりたいと思ってます。 どこで出ても重要になるのは、連携やプレー1つ1つの精度。自分のやりたいことと周りにいる選手のやりたいことを意思疎通し、個人的なミスやパスミスを減らしていくこと。そういった基本的なことをしっかりやれれば、得点失点にしっかりつながるんじゃないかと思ってます」 大会直前に地に足の着いたコメントをしていた旗手。そんな言い回しを聞いていても、人間的に一皮剥けた印象もある。今、ここで頂点まで突き進み、彼自身もステップアップのチャンスをつかめれば、静岡学園高校時代の恩師・川口修監督から託された「UEFAチャンピオンズリーグに出るような選手になれ」という高みにも手が届くかもしれない。 いい流れが来ている今のタイミングを逃す手はない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.07.31 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー|準々決勝】不安材料は酒井宏樹が不在のSB、気をつけたいNZの高さ/vsU-24ニュージーランド代表【東京五輪】

31日、東京オリンピックの男子サッカー準々決勝が行われる。我らがU-24日本代表は、U-24ニュージーランド代表と対戦する。 勝てばベスト4入り。2012年のロンドン・オリンピックと同じ舞台にまでたどり着く。目指す金メダルまではあと3つ。その第一歩を踏み出す。 <span class="paragraph-title">◆唯一の3連勝、状態は良好</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210731_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 中2日での難しい日程、そして高温多湿というサッカー以外の競技でもアスリートたちに多くの影響を出しているこの気候。そんな中、開催国のプレッシャーもある日本だったが、グループステージでは16チーム中唯一の3連勝で突破を果たした。 大会前から森保一監督をはじめ選手たちも公言していた金メダルに向けて、グループステージ突破は必須だったが、3連勝という結果を残せたことは大きな力となっているはずだ。 南アフリカ、メキシコ、フランスと苦しいグループとも言われたが、各国が調整や選手招集に大きく苦しむ中、日本は大きなバックアップも受けてチーム作りを進めてきた。その結果が出たグループステージだったと言えるだろう。 ここまでの戦いで失点もU-24メキシコ代表戦のFKが直接入ったもののみ。流れの中からの決定機は3試合を通じてほとんど作らせていない。結果だけでなく、内容を見ても大きな手応えを感じているはずだ。 フランス戦ではリードを奪ったこともあり、選手をわずかでも休ませることができた。その辺りのマネジメントが上手くいっていることも金メダルへの好材料といえるだろう。 気にすべきは出場停止にリーチがかかっている選手が多いという点か。すでにフランス戦でDF酒井宏樹(浦和レッズ)がイエローカードをもらい、このニュージーランド戦を欠場する。現在、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF堂安律(PSV)、DF中山雄太(ズヴォレ)、MF田中碧(川崎フロンターレ)、DF冨安健洋(ボローニャ)が1枚もらっている状態。このニュージーランド戦が終われば一度リセットされるが、勝ち上がらなければ意味をなさない。ハードに行きつつも、カードはもらわない戦いが求められることとなる。 <span class="paragraph-title">◆危険なのは高さと強さ</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210731_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するニュージーランドは、グループBを2位で通過。1勝1分け1敗という成績だった。 初戦のU-24韓国代表戦では、難しい試合をしながらもワンチャンスをものにして1-0で勝利。勝ち切る強さを持っており、最終戦のU-24ルーマニア代表戦もしたたかに引き分けて勝ち上がりを決めた。 一方で、第2戦のU-24ホンジュラス代表戦では2-3と敗戦。終始リードして戦っていながらも、終盤に押し込まれて敗れたという稚拙な試合運びも見せていた。 そのホンジュラス代表は、大会前に日本が対戦。調整もまだしっかりできていない状態だったとはいえ、3-1で日本が勝利した相手だ。チーム力という観点から行けば、日本の方が優位に立てるだろう。 しかし、気をつけなければいけない相手でもある。それは高さと強さ。ヨーロッパでも戦っている選手がいるニュージーランドにおいては、その強度は低くなく、油断しては足元をすくわれる可能性はある。 特に警戒すべきはオーバーエイジで参加しているバーンリーのFWクリス・ウッドだ。プレミアリーグでも通用している高さを持つウッド。A代表が二ユージーランドと対戦した直近の2試合は、2014年に4-2、2017年に2-1と日本が勝利しているものの、ニュージーランドの3点は全てウッドが決めたものだ。 クロスからの失点、セットプレーの対応など、流れを無視した得点も奪える相手。CKなどの対応にはしっかりと行いたい。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210731_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:橋岡大樹、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三笘薫 FW:上田綺世 監督:森保一 これまでから大きなメンバー変更はないと見る。GKは4試合連続でGK谷晃生(湘南ベルマーレ)だろう。徐々に落ち着いたプレーが増え、安定感も増してきた。3試合目のクリーンシートを目指してもらいたい。 最も懸念されるのが酒井の不在だ。フランス戦で見せたFWアンドレ=ピエール・ジニャックへの対応はニュージーランドも狙ってくるはず。中に絞ってしっかりと競り合えるSBが不在であることは、日本の唯一の不安材料と言っても良い。 代役は間違いなくDF橋岡大樹(シント=トロイデン)だろう。フランス戦も酒井に代わって途中出場し、予行演習は行えた。高精度のクロスで何度か決定機を生み出した点もプラス。ジニャック対応も本来の橋岡の強みである対人の強さを見せていた。クリス・ウッド相手にどういう対応を見せられるか。橋岡の真価が問われるだろう。 センターバックはDF吉田麻也(サンプドリア)とDF冨安健洋(ボローニャ)だろう。安定感は抜群。2人の連携でしっかりと対応してクリーンシートを目指してもらいたい。 左サイドバックもDF中山雄太(ズヴォレ)で変わりないだろう。3試合連続での先発で、徐々に安定してきている状況。前の組み合わせが変わった中でどういう動きを見せるかに注目だ。 ボランチはともに累積警告がリーチだが、MF遠藤航(シュツットガルト)とMF田中碧(デュッセルドルフ)で間違いない。安定したパフォーマンスを見せている中で、休みを与えられる試合展開にできるのが理想だ。 2列目も右にMF堂安律(PSV)、中央にMF久保建英(レアル・マドリー)が入ることは間違いなさそうだ。久保は4戦連発に期待がかかる。フランス戦は休めただけに、万全の状態で勢いづけるゴールを期待したい。 そして注目の左サイドだが、満を辞してMF三笘薫(川崎フロンターレ)と予想する。ここまで三好康児(アントワープ)、相馬勇紀(名古屋グランパス)、旗手怜央(川崎フロンターレ)と唯一3試合とも違う選手が先発したポジション。4枚目のカードとして三笘が相手の守備網を切り裂くことを期待したい。 1トップも悩ましいところだが、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)と予想する。フランス戦を休んだFW林大地(サガン鳥栖)という手もあるが、ゴールへ向かうクオリティという点では上田はフランス戦で素晴らしいものを見せた。自身のゴールはなくとも2点につながるシュートを打てたことが大きな違いだ。林のポストプレーで2列目を生かすという選択肢もあるが、上田のゴールへ向かう動きで2列目を生かすという戦い方を期待したい。 負ければ敗退の一発勝負。なでしこジャパンの無念を晴らすために勝利が期待される一戦。U-24ニュージーランド代表戦は31日の18時にキックオフを迎える。 2021.07.31 14:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly