ビーレフェルトが堂安律の退団を正式発表! 財政事情で買取OP行使ならず…

2021.06.09 22:38 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルミニア・ビーレフェルトは9日、クラブ公式『インスタグラム』で日本代表MF堂安律(22)の退団を発表した。オランダの強豪PSVで出番に恵まれず、昨夏に買い取りオプション付きの1年レンタルで、今季からブンデスリーガに昇格したビーレフェルトに活躍の場を移した堂安。初挑戦のドイツでリーグ戦全試合出場を達成するなど、公式戦35試合で5得点3アシストの活躍を披露した。

チームの1部残留にも大きく寄与した東京オリンピック世代のレフティーだが、買い取りオプションの行使額はビーレフェルトにとって高額な500万ユーロ(約6億6000万円)。来季も戦力としてとどめたい意向だが、その資金を用意できず、完全移籍での買い取りを泣く泣く見送ることになった。

現時点では2024年まで契約を残すPSV復帰が既定路線となっているが、堂安自身は先日のドイツ『シュポルト1』のインタビューでブンデスリーガ残留を希望する発言をしており、ドイツ国内でのステップアップを期待したいところだ。
関連ニュース
thumb

1カ月遅れの理由は「細部の調整」、ビーレフェルトがMF奥川雅也の獲得を正式発表

アルミニア・ビーレフェルトは26日、ザルツブルクの日本代表MF奥川雅也(25)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの3年間となる。なお、遺跡の条件は非公開とすることで両クラブが合意しているという。 なお、ザルツブルクは6月25日の段階で奥川がビーレフェルトへ完全移籍することをすでに発表。3年契約を結ぶことも、すでに発表されている内容と一致している。 ビーレフェルトは1カ月も発表が遅れたことについて「ザルツブルクとの間で最終的なポイントを明確にすることができたため、移籍が正式に成立した」と発表。細部の詰めが終わっていなかったとした。 またすでにトレーニングキャンプとプレシーズンマッチに出場していた奥川については、「許可を得て参加していた」としている。 京都サンガF.C.出身の奥川は2015年7月にザルツブルクのリザーブチームに当たるリーフェリングへと加入。2018年7月にザルツブルクへと移籍した。 2018-19シーズンはホルシュタイン・キールへレンタル移籍すると、2019-20シーズンはザルツブルクでプレー。2020年には日本代表にも招集されたが、チーム内での新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出たために辞退。2021年1月からレンタル移籍でビーレフェルトに加入していた。 ビーレフェルトでは、公式戦13試合に出場し1ゴール2アシスト。PSVからレンタル移籍していた日本代表MF堂安律とともにチームの攻撃を担い、ブンデスリーガ残留に貢献していた。 フランク・クラマー監督は奥川の正式契約について「マサヤはとても知的で勤勉で、闘争心が強い選手だ。中盤からゴールへの脅威を作り出せる。サッカーの試合において、彼を味方にしておきたいと思う」とコメント。奥川の能力を高く評価している。 2021.07.27 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルト、シャルケ退団のシェプフが加入!

アルミニア・ビーレフェルトは19日、シャルケを退団したオーストリア代表MFアレッサンドロ・シェプフ(27)の加入を発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。 昨シーズンにブンデスリーガ2部に降格したシャルケを離れ、ビーレフェルトを新天地に選択した27歳の攻撃的MFは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「アルミニアとクラブ関係者との会談では、僕のために熱心に話してくれて、感銘を受けたよ。クラブとしての考え方は首尾一貫しているし、僕はここでの新しいタスクを本当に楽しみにしているんだ。シャルケ時代に対戦した際、シュコアレーナの雰囲気を感じることができたし、街とファンに会うことを本当に楽しみにしているよ」 バイエルンの下部組織出身のシェプフは2014年に加入したブンデスリーガ2部のニュルンベルクで台頭。2016年1月にシャルケにステップアップを果たすと、2列目の準主力としてブンデスリーガ通算112試合に出場し10ゴールの数字を残していた。 また、2016年にデビューを飾ったオーストリア代表では通算28試合に出場し5ゴールを記録。ユーロ2020では2試合に出場していた。 2021.07.20 15:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトがポルトガル人CB獲得! 名門スポルティングのアカデミー育ち

アルミニア・ビーレフェルトは30日、ポルトガル2部のフェイレンセからポルトガル人DFギリェルメ・ラモス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 リスボン生まれでスポルティング・リスボンのアカデミーで7年間研鑽を積んんだギリェルメは191cmの屈強なセンターバック。過去にU-18ポルトガル代表招集歴はあるものの、トップチーム昇格には至らず、2019年夏にフェイレンセへ完全移籍した。 フェイレンセでは主力センターバックとして今季のリーグ戦30試合に出場し2ゴールを挙げていた。 2021.06.30 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ビーレフェルトがソショーからフランス人FWラスムを獲得、今季はフランス2部で9ゴールを記録

ビーレフェルトは27日、ソショーに所属するフランス人FWブライアン・ラスム(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 ラスムはソショーのユースで育ち、2017年1月にトップチームデビュー。2018-19シーズンはフランス3部のSOショレに武者修行に出されたが、復帰後は徐々に出場機会を掴み、今季はリーグ・ドゥ(フランス2部)で32試合に出場し9ゴール2アシストを記録していた。なお、フランスとコートジボワールの二重国籍となる。 ビーレフェルト加入の決まったラスムは、「ビーレフェルトと契約できたことをとても嬉しく思っている。僕の友人にも同じ道を歩んだ人がいるので、ブンデスリーガのことはよく知っているよ。クラブやファンの皆さんと会えることを楽しみにしているよ」と移籍を喜んだ。 また、ビーレフェルトを率いるフランク・クラマー監督[写真]は「ラスムは可能性を秘めたアタッカーであり、すぐにでも我々の力になることができるだろう。彼のさらなる成長のために一緒に働けることを嬉しく思うよ」と、若き才能に期待を寄せた。 2021.06.28 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川雅也も着用! ビーレフェルトが来季のホームユニフォームを発表

アルミニア・ビーレフェルトは24日、2021-22シーズンのホームユニフォームを発表した。 2020-21シーズンからイタリアのスポーツブランドであるマクロンとサプライヤー契約を結んだビーレフェルト。来シーズンのユニフォームはより環境に配慮したものになっている。 ビーレフェルトは「我々は2度目のチャンスを知っているが、2つ目の地球はない」とし、持続可能性に重点を置いて、ユニフォームの素材には100%リサイクル可能な500mlのペットボトル13本を使用しているとのことだ。 また、ユニフォームのパッケージも100%リサイクル素材が使用され、「GRS(リサイクル製品に関する第三者認証の要件を設定した国際的な基準)」認定も受けている。 ユニフォームのデザインは、クラブカラーの黒、白、青の3色で構成された縦ストライプになっている。ショーツに関しては黒基調。ソックスも黒基調だが、白と青も使われている。 そして、黒基調のアウェイユニフォームと赤基調の3rdユニフォームも合わせて発表されている。 2020-21シーズンは、MF堂安律とMF奥川雅也の2人の日本人プレイヤーがレンタル移籍で在籍したビーレフェルト。堂安についてはすでに退団が発表されているが、奥川は25日に完全移籍で加入することが発表されており、来季はこのユニフォームにそでを通すこととなる。 <span class="paragraph-title">【写真】ビーレフェルトの2021-22シーズンユニフォーム3種</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/01_dsc_Trikot202122-newsitoHP1920x1050-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/01_dsc_Trikot202122-newsitoHP1920x1050_awaythird-min.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.06.27 10:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly