ハムシクがトラブゾンスポルにフリーで加入!

2021.06.09 05:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トラブゾンスポルは8日、スロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)の加入を発表した。ハムシクは2004-05シーズンに母国の強豪スロバン・ブラチスラバでプロデビュー後、ブレシアを経て、2007年夏にナポリ入りした。

そのナポリでは歴代最多の公式戦520試合に出場して、史上2位の121得点を記録。100アシストも最多と、長らくバンディエラを担っていた。

2019年2月からは中国スーパーリーグの大連人職業に移籍。今年に入って契約を解消し、3月にはスウェーデンのヨーテボリに短期契約で加入していた。

なお、トラブゾンスポルは今夏の移籍市場でハムシクとセリエA時代にしのぎを削ったコートジボワール代表FWジェルビーニョ(34)、ブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)を同じくフリートランスファーで獲得している。
関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、レバークーゼンのジャマイカ代表FWベイリーの獲得で合意

アストン・ビラは7月31日、レバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)の獲得で合意に達したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は3000万ユーロ(約39億円)、ボーナスが500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。 ベイリーは2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍。以降、公式戦156試合に出場し39ゴール26アシストを記録して、主力として活躍していた。 アストン・ビラでは今夏、クラブ記録の移籍金3300万ポンド(約50億3000万円)でアルゼンチン人MFエミリアーノ・ブエンディアを射止めたが、シンボルプレーヤーのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュにマンチュエスター・シティへの移籍が囁かれている。 2021.08.01 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ザルツブルクのガーナ代表DFメンサー、ボルドーに買取OP付きレンタル

ボルドーは7月31日、ザルツブルクのガーナ代表DFギデオン・メンサー(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 2017年にザルツブルクに加入した左サイドバックのメンサーは、これまでオーストリアのシュトゥルム・グラーツ、ベルギーのズルテ・ワレヘム、そして昨季はポルトガルのヴィトーリアにレンタル移籍。昨季はヴィトーリアでリーグ戦22試合に出場していた。 また、2019年11月にデビューしたガーナ代表ではこれまで5試合に出場している。ボルドーは新シーズン、スイス代表を率いていたウラジミール・ペトコビッチ監督が指揮を執る。 2021.08.01 00:20 Sun
twitterfacebook
thumb

マインツ、U-21ドイツ代表MFシュタハを獲得

マインツは7月31日、グロイター・フュルトのU-21ドイツ代表MFアントン・シュタハ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年間で、オプションでさらに1年更新される契約になっている。移籍金は350万ユーロ(約4億5000万円)とのことだ。 昨年夏にヴォルフスブルクからグロイター・フュルトに移籍した守備的MFのシュタハは昨季、ブンデス2部で30試合に出場。グロイター・フュルトの1部昇格に貢献していた。 また、3月と6月に変則開催で行われたU-21欧州選手権では5試合(うち先発は1試合)に出場してドイツの優勝に貢献していた。 マインツでは昨季まで守備的MFのポジションで主力を担っていたドイツ人MFダニー・ラツァが古巣のシャルケに移籍していた。 2021.07.31 23:45 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタがヴェローナの逸材CBロヴァート獲得! スパーズ行き望むロメロ後釜に?

アタランタは31日、エラス・ヴェローナからU-21イタリア代表DFマッテオ・ロヴァート(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は800万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 パドヴァの下部組織出身のロヴァートはジェノアのプリマヴェーラでのプレーを経てセリエCのパドヴァでプロキャリアをスタート。その後、2020年1月にヴェローナに引き抜かれると、同年7月のアタランタ戦でセリエAデビューを飾った。 昨シーズンはアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(ローマ)、コソボ代表DFアミル・ラフマニ(ナポリ)と2人の主力の移籍によって出場機会を掴むと、セリエA24試合に出場。 高い戦術眼を生かしたカバーリングセンス、ラインコントロールを軸に地対空安定した対人対応、的確な配球と、総合力の高いセンターバックとして評価を高めていた。 なお、昨シーズンまでヴェローナを率いていたイバン・ユリッチ前監督はアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の愛弟子として知られており、両指揮官の志向するスタイルは非常に近い。 そのため、ロヴァートのアタランタへの順応は非常にスムーズに進むはずだ。 なお、ロヴァートの獲得を受け、トッテナム行きを熱望するアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)の交渉に動きが出てくるかもしれない…。 2021.07.31 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

1月に相模原を退団したDF中村龍雅がラトビア1部へ移籍

SC相模原は31日、今年1月に退団していたDF中村龍雅(20)がラトビア1部のヴァルミエラへ完全移籍することを発表した。 中村は湘南ベルマーレU-15、U-18を経て、相模原のU-18に加入。2020シーズンにトップチームへ昇格していた。 クラブ史上初なるアカデミーからのトップチーム昇格選手として注目を集めた中村だが、出場機会はなかった。 そして2021シーズンを迎えるにあたり、1月に退団が発表。そこからは無所属となっていた。 2021.07.31 18:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly