ハムシクがトラブゾンスポルにフリーで加入!

2021.06.09 05:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トラブゾンスポルは8日、スロバキア代表MFマレク・ハムシク(33)の加入を発表した。

ハムシクは2004-05シーズンに母国の強豪スロバン・ブラチスラバでプロデビュー後、ブレシアを経て、2007年夏にナポリ入りした。

そのナポリでは歴代最多の公式戦520試合に出場して、史上2位の121得点を記録。100アシストも最多と、長らくバンディエラを担っていた。

2019年2月からは中国スーパーリーグの大連人職業に移籍。今年に入って契約を解消し、3月にはスウェーデンのヨーテボリに短期契約で加入していた。

なお、トラブゾンスポルは今夏の移籍市場でハムシクとセリエA時代にしのぎを削ったコートジボワール代表FWジェルビーニョ(34)、ブラジル人MFブルーノ・ペレス(31)を同じくフリートランスファーで獲得している。

関連ニュース
thumb

元ブラジル代表MFパウリーニョがアル・アハリと契約解除

サウジアラビアのアル・アハリは19日、元ブラジル代表MFパウリーニョ(33)との契約解除を発表した。 クラブの発表によると双方合意の上での契約終了とのこと。クラブは「最近経営陣と話をした緊急事態のためであり、これまでの技術的、精神的なピッチ上でのパフォーマンスを反映し、チームに望ましい追加要素を提供できないと表明した」としている。 パウリーニョはコリンチャンスでその名を挙げると、2013年7月にトッテナムへと完全移籍。2015年7月には広州恒大(現広州FC)へと完全移籍sる。 中国でのパフォーマンスが認められると、2017年8月にはバルセロナへと完全移籍。2018年7月に広州恒大へとレンタル移籍すると、2019年1月に完全移籍で復帰していた。 アル・アハリへは2021年7月に加入したばかり。ここまでリーグ戦で4試合に出場し2ゴールを記録していたが、わずか2カ月で退団となった。 <span class="paragraph-title">【動画】アル・アハリでのパウリーニョの日々</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"><a href="https://twitter.com/hashtag/%D8%A8%D8%A7%D9%88%D9%84%D9%8A%D9%86%D9%87%D9%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#</a> <a href="https://t.co/R1aMAjBwvU">pic.twitter.com/R1aMAjBwvU</a></p>&mdash; (@ALAHLI_FC) <a href="https://twitter.com/ALAHLI_FC/status/1440073451113304070?ref_src=twsrc%5Etfw">September 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0YmwzeUFTSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.21 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

フェレンツヴァローシュにマルコ・マリン&ベシッチが加入!

ハンガリーのフェレンツヴァローシュは、元ドイツ代表MFマルコ・マリン(32)と、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFモハメド・ベシッチ(29)の加入を発表した。 母国のブレーメンで台頭したマリンは、2012年7月にチェルシーへと完全移籍。しかし、チェルシーでは期待された活躍ができず、公式戦16試合に出場し1ゴール1アシストの数字に留まった。そして、セビージャ、フィオレンティーナ、アンデルレヒト、トラブゾンスポルへとレンタル移籍した後、2016年8月にオリンピアコスへと完全移籍していた。 その後、オリンピアコス、ツルヴェナ・ズヴェズダ、アル・アハリ・ジッダを経て、今年6月まではレンタル先のアル・ライードでプレーしていた。今夏の移籍市場では所属先が決まらなかったが、ヨーロッパリーグ(EL)にも参戦しているハンガリーの強豪への加入が決定した。 一方、ハンブルガーSVでプロキャリアをスタートしたベシッチは、2014年にエバートンにステップアップ。だが、エバートンでは加入初年度こそリーグ戦23試合に出場するなど、プレータイムを得ていたが、今夏に契約満了を迎えるまで公式戦56試合の出場に留まっていた。そして、在籍期間にはミドルズブラ、シェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍も経験していた。 なお、ベシッチは2012年から2014年までフェレンツヴァローシュに在籍しており、7年ぶりの古巣帰還となる。 2021.09.19 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、生え抜きMFガイガーと2023年まで契約延長

ホッフェンハイムは17日、ドイツ人MFデニス・ガイガー(23)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 11歳からホッフェンハイムでプレーするセントラルMFのガイガーは、2017年8月に19歳でプロデビュー。これまで公式戦72試合に出場して3ゴール9アシストを記録。今季は負傷で出遅れたが、第3節ドルトムント戦、第4節マインツ戦と先発していた。 ホッフェンハイムとの契約延長についてガイガーは以下のように述べている。 「自分にとってホッフェンハイムは適切な環境の揃う完璧なクラブだ。今後、成長していく上で最良の場所だと思っていた。契約延長したことで今季終了後にフリーでクラブを離れることがなくなった。それは避けたかったからね」 2021.09.17 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

金銭トラブルのサンパウロとダニエウ・アウベスが契約解除…クラブは5億円超のコストカットに

サンパウロは17日(現地時間16日)、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)との契約解除を発表した。 長年バルセロナで活躍を見せたダニエウ・アウベスは、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)を経て、2019年8月に16年ぶりに母国へと復帰。サンパウロへと加入していた。 サンパウロでは、右サイドバックだけでなくトップ下など中盤でプレーすることも多かったダニエウ・アウベス。公式戦通算95試合に出場し9ゴール14アシストを記録していた。 また、今夏はオーバーエイジとして東京オリンピックにも参加。見事に金メダルを獲得すると、9月にはカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に参加するなど、38歳でもフル稼働中と元気な姿を見せている。 しかし、サンパウロはダニエウ・アウベスとの間に金銭トラブルがあると発表。クラブからの給与が支払われていないことが問題となっていたが、クラブの申し出に対してダニエウ・アウベスの代理人が受け入れず、解決するまでプレーしないことが発表されていた。 2022年12月までサンパウロと契約が残っていたダニエウ・アウベスだが、サンパウロはこの問題を解決できず。最終的に契約解除となった。 なお、ブラジル『グローボ』によると、今回の契約終了により15カ月分の給与やボーナスなどが浮いたことで、サンパウロは2700万レアル(約5億6500万円)を節約できたとしている。 ダニエウ・アウベスは自身のインスタグラムで退団に向けたメッセージを発信しており、将来に目を向けているようだ。 「僕の人生の目標は、これまでも、そしてこれからも、人々が自分を持ち、自分に挑戦し、夢を持ち、達成することを鼓舞することだが、何よりも悪い感情を生み出さないということだ」 「なぜなら、人生は永遠の頂点であり、それがどんなものであっても、常に準備をしておかなければならない」 「僕は完璧ではなく、手の届かない存在でもなく、人間であり、単純な人間だ」 「そのため、失敗したり、上手くいかなかったりもするが、決してあきらめない」 「僕は生まれた時から人生の準備をしており、僕の心の中では「恐れを知らないことは偉大だ」と言っている」 「7種類のシャツを着たが、目標は1つだ」 <span class="paragraph-title">【写真】ダニエウ・アウベスが7つのユニフォームとトロフィーに囲まれる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT2FFoqFIpb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT2FFoqFIpb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT2FFoqFIpb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Dani Alves(@danialves)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.17 11:43 Fri
twitterfacebook
thumb

バーンリー、9年在任のダイチ監督が新たな4年契約にサイン

バーンリーは16日、ショーン・ダイチ監督(50)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 ダイチ監督は、2012年10月からバーンリーで指揮。ここまでの在任期間ではチームを2度のプレミアリーグ昇格に導いている。2016-17シーズンの再昇格後はボトムハーフが定位置も、お馴染みの[4-4-2]の手堅い堅守速攻スタイルで5シーズン連続でチームをプレミアに残留させている。 また、現在プレミアリーグを6シーズン連続で戦っている同監督は、プレミアリーグの現役指揮官の中で最も長期政権を築いている指揮官だ。 バーンリー史上最高の指揮官と言っても過言はないダイチ監督は、クラブ公式サイトを通じて、改めてクラブへの忠誠を誓っている。 「今回の新契約にサインし、このフットボールクラブの将来とその絶え間ない進化に目を向けることができるのは素晴らしいことだ」 「私はここで何年も過ごした後、この地域と我々のサポーターと強い親和性を持っている。クラブを正しい方向に動かし続けるために必要な努力をすることを楽しみにしているよ」 「チームに新たな才能と選手層に厚みを加えるということにおいて、我々にとってこの夏は重要だったが、仕事はそれだけではない。 クラブとして、プレーヤーの育成と向上に取り組んでおり、ここで育む環境はそのために非常に重要だ」 「私はこの環境を継続的に発展させ、素晴らしいプレーヤーやコーチたちと一緒に仕事をし、アラン率いる新しいオーナーとの良好な関係を築いていきたいと思っている」 2021.09.16 22:24 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly