シティのサポーターが人種差別で罰金&3年間の出禁、2019年のダービーでフレッジが被害

2021.06.04 12:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのファンが、人種差別的虐待の罪で罰金を科されることとなった。イギリス『BBC』が報じた。事件が起こったのは2019年12月7日。マンチェスター・ユナイテッドとの“マンチェスター・ダービー”でのことだった。

ホームのエティハド・スタジアムで行われた一戦。この試合中にアンソニー・バークさん(42)がユナイテッドの3人の黒人選手に向けて猿真似のジェスチャーと音を立てていることがテレビに映し出されていた。

これは試合の後半、ユナイテッドのブラジル代表MFフレッジがキッカーを務めようと右CKフラッグに歩み寄った際、シティサポーター側のスタンドから差別的な言葉が飛び、物も投げ込まれる事態に。その物の1つがフレッジに直撃していた。

明白な人種差別行為が証拠に残っていたバークさんは、公共秩序違反の罪でテームサイド治安判事裁判所にて有罪判決を受けることに。罰金500ポンド(約7万8000円)が科されることとなった。

また、300ポンド(約4万7000円)の費用と、50ポンド(約8000円)の被害者追加金も支払うことに。加えて、全てのサッカー場において、3年間の入場禁止処分も言い渡されている。

なお、試合は1-2でユナイテッドが勝利を収めていた。
関連ニュース
thumb

シティ、ベンフィカのグリマルドに関心か バルセロナ育ちの左SB

マンチェスター・シティが、ベンフィカのスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(25)に関心を持っているようだ。 グリマルドはバルセロナのカンテラ出身の左サイドバック。2016年1月にベンフィカに移籍し、バルセロナ育ちらしいテクニックや攻撃センス、セットプレーにおける飛び道具を武器に2016-17シーズンからレギュラーとしてプレーしている。 ここまで公式戦201試合に出場している同選手には、以前はバルセロナも復帰を検討していた模様。最近ではラツィオやシャフタール・ドネツクが注目しているとポルトガル『O Jogo』が報じていたが、両クラブともベンフィカの求める2000万ユーロ(約26億円)の移籍金を用意できなかったと言われている。 しかし、ポルトガルの移籍市場に詳しいペドロ・アウメイダ氏は、現在はマンチェスター・シティもその争奪戦に参加したと主張している。また、これに伴い、ベンフィカではより高い利益が得られると見込んで、移籍金を3000万ユーロ(約39億円)に引き上げようとする動きが見られているようだ。 昨季は左サイドバックのほか、左サイドハーフも努めながらリーグ戦31試合に出場し、2ゴール10アシストを記録したグリマルド。果たして、今後シティの動きは活発化していくのだろうか。 2021.08.01 17:31 Sun
twitterfacebook
thumb

依然としてシティ行き望むケイン、来週にレヴィ会長に直談判か?

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)がマンチェスター・シティ移籍に向けて、週明けのチーム合流後にダニエル・レヴィ会長に直談判を行う模様だ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 昨シーズンにプレミアリーグの覇権を奪還した一方、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇を逃したシティは、新シーズンに向けて大型補強を敢行する構えだ。 現在は、今夏の目玉補強の一人としてアストン・ビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得に向け、イングランド史上最高額の1億ポンド(約152億円)のオファーを掲示し、獲得に迫っていると言われる。 そして、グリーリッシュの獲得に成功したあかつきには、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロのバルセロナ移籍によって手薄となったストライカーのポジションにケインを加えることを画策している。 先日には1億6000万ポンド(約243億円)の移籍金で獲得の可能性が報じられたが、トッテナムは今夏に関してエース売却を否定し続けており、現時点では残留が既定路線だ。 しかし、ユーロ2020前に行われたYouTubeチャンネル『The Overlap』でのギャリー・ネビルとの対談の際に、シティ移籍、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとの共演を希望する趣旨の発言を行っていたケインは、依然としてマンチェスター行きを諦めていないと見られている。 そして、『テレグラフ』によると、ケインは来週に行われるレヴィ会長との話し合いの場で、自身がグリーリッシュと共にシティ加入を希望していることを改めて主張することになるようだ。 フットボール界屈指のタフなネゴシエーターとして知られるレヴィ会長が、ケインの直訴を簡単に受け入れる可能性は低いが、ケインサイドとしては今夏以降のタイミングでの売却による市場価値の低下など、様々な条件を掲示し、移籍許可を得ようとする構えだ。 一方、規格外の予算を持つシティだが、ケインの獲得には前述のイングランド史上最高額を再び更新する必要があり、主力数人の売却を必要とするが、ここまで売却に関しては目立った動きは出てきていない。 2021.08.01 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

出場減のラポルテ、強硬手段を使ってクラブに退団を要求?

マンチェスター・シティのスペイン代表DFアイメリク・ラポルテが退団を希望しているようだ。 2018年1月にビルバオから推定6500万ユーロの移籍金でシティに加入したラポルテ。当初は守備力の低さが指摘されることも少なくなかったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、強みである左足のビルドアップ能力を引き伸ばし、次第に守備も改善していったことてセンターバックとしてレギュラー確保に至った。 ところが、昨シーズンはポルトガル代表DFルベン・ジアスの台頭でその立場が揺らぐことに。また、イングランド代表DFジョン・ストーンズも調子を維持したことで、ラポルテの序列は次第に低下。結局、プレミアリーグでは16試合、チャンピオンズリーグでは4試合の出場にとどまった。 そのような状況から、スペイン代表DFは退団を要求しているという。スポーツジャーナリストのダンカン・キャッスル氏によると、「ラポルテはクラブに解決策を見つけるよう圧力をかけるため、問題を引き起こしている」というのだ。 そんなラポルテの望みはスペインに戻ること。以前はバルセロナからの関心が伝えられていたが、同クラブがシティからスペイン代表DFエリック・ガルシアを獲得して以降はその噂も途絶えている。 一方、シティではストーンズが売却候補に挙がっているという情報もあるが、果たして今夏のセンターバック事情はどうなるのだろうか。 2021.08.01 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

あとはグリーリッシュ次第…ビラがシティの152.5億円オファーを受け入れか

マンチェスター・シティとアストン・ビラの間でイングランド史上最高額の移籍が成立するかもしれない。 今夏の移籍市場でバルセロナにフリー移籍したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに代わるストライカーの獲得を目指すシティ。その動きと平行して獲得に乗り出しているとされるのがジョゼップ・グアルディオラ監督も長らく称賛するビラのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)だ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、そのシティは7月30日に移籍金1億ポンド(約152億5000万円)のオファーを打診。要求額を満たす入札を受けたビラはまだ正式な返事をしていないようだが、キャプテンの移籍を認める見込みで、あとは選手本人の決断次第というところまできている模様だ。 上記の額でシティ行きとなれば、イングランド史上最高額の移籍金に。従前の最高額は2016年夏にフランス代表MFポール・ポグバがユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに再加入する際に記録した8900万ポンド(現レートで約135億7000万円)で、実現すれば大幅更新となる。 そんなグリーリッシュとビラの契約は昨年9月に更新されたばかりで、2025年まで。だが、シティの宿敵マンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰された昨夏に続いて、今夏もシンボルプレーヤーの引き留めを狙うビラは条件面を改善した新契約を提示している状況だったという。 なお、シティは新たなストライカーとして、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(28)にも着眼。今夏の早い段階で1億ポンドのオファーを打診したが、グリーリッシュとの両獲りとなれば、現有戦力から数名の売却が必要になっているとみられる。 2021.08.01 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

マフレズ活躍のシティがバーンズリーに4発快勝《プレシーズンマッチ》

マンチェスター・シティは7月31日、プレシーズンマッチでバーンズリーと対戦し、4-0で快勝した。 3日前に行われたプレストン戦をマフレズとエドジーのゴールで勝利していたシティは、ルベン・ディアスやカンセロ、フェルナンジーニョにマフレズらがスタメンとなった。 そのシティは23分に先制する。マフレズが右サイドを抜け出してクロスを上げ、ファーサイドのエドジーが押し込んだ。 さらに30分、マフレズのスルーパスでボックス右のスペースを突いたカンセロがクロスを送り、最後はナイトが押し込んだ。 止まらないシティは4分後、メンディの左サイドからのクロスをマフレズがボレーで蹴り込んで3-0。 マフレズが3ゴールに絡んで迎えた後半にはアケのゴールも生まれたシティが4-0で快勝としている。シティは8日に行われるレスター・シティとのコミュニティー・シールドで新シーズンをスタートさせる。 マンチェスター・シティ 3-0 バーンズリー 【マンチェスター・シティ】 エドジー(前23) ナイト(前30) マフレズ(前34) アケ(後23) 2021.08.01 06:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly