1年での1部返り咲きを目指すレガネス、ガリターノ監督「我々の良さをもう一度証明する」

2021.06.03 17:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レガネスのアシエル・ガリターノ監督が2日、昇格プレーオフ準決勝1stレグに向けての意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。

1年での1部返り咲きを目指す、日本代表MF柴崎岳の所属するスペイン2部のレガネスは、サラゴサとのリーグ最終節で5-0の大勝。3位でレギュラーシーズンを終え、3日に控えるラージョとの一戦に向けてはずみを付けた。

ラスト2節を連勝で締めた指揮官は「昇格するのは容易ではない」と気を引き締めつつも、今のチーム状況が上向きであることを示唆。自分たちの戦いができるか否かが、大事な一戦をものにするためのカギだと考えているようだ。

「明日(3日)の試合が最も重要で、次に進めるかどうかが決まる。我々は最善を尽くさねばならない」

「ラージョは明確なゲームプランを持っていて、とても強い。彼らは経験もスピードもあり、点も取れる。我々はすべてのバランスを取らなければならない。自分たちの強みやできること、競争力があってバランスが取れるというのはわかっているので、それをもう一度体現する必要がある」

「難易度はかなり高くなるだろうが、我々はもう一度うまくやって、良いゲームができることを確かめたい。3 位で得られるアドバンテージはほとんどないかもしれないが、ここを乗り切れると、証明して見せる」

「サラゴサ戦でプレーした選手も、前の試合でプレーした選手も、チームのレベルはとても良い。全員がうまくやれているからこそだ。再びそれを証明しなければならないが、我々はそれに取り組んでいる」

関連ニュース
thumb

柴崎不在のレガネスが敵地で3発敗戦…1年での1部復帰に黄色信号が灯る《ラ・リーガ昇格プレーオフ》

柴崎岳の所属するレガネスは3日、ラ・リーガ昇格プレーオフ準決勝1stレグでラージョ・バジェカーノと対戦し、0-3で敗戦した。柴崎はケガの影響でベンチ外となった。 ラ・リーガ2部で3位となったレガネスが、6位ラージョのホームに乗り込んだ一戦。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半だった。73分、右サイドでパスを受けたイシがバイタルエリアまで持ち上がりクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したアルバロ・ガルシアが左足ボレーで流し込み、ラージョが先制した。 さらにラージョは、76分にも中盤でバレンティンがパスカットすると、こぼれ球を拾ったべべがペナルティーアーク内まで持ち上がりシュート。やや甘いコースに飛んだシュートだったが、GKリエスゴが処理しきれずそのままゴールネットを揺らした。 2ndレグに望みをつなぐために1点でも返しておきたいレガネスだったが、後半アディショナルにベベに直接FKを決められ万事休す。結局、試合はそのまま3-0でラージョが完勝した。 なお、プレーオフ決勝進出を懸けたレガネスホームの2ndレグは6日に行われる。 ラージョ・バジェカーノ 3-0 レガネス 【ラージョ】 A・ガルシア(後28) ベベ(後31) ベベ(後49) 2021.06.04 06:12 Fri
twitterfacebook
thumb

エスパニョールが最終節敗戦も2位マジョルカが引き分けスペイン2部優勝、柴崎岳のレガネスは3位で昇格POに《セグンダ・ディビシオン》

30日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節が行われた。 すでに自動昇格の2チームはエスパニョールとマジョルカに決定していた中、2チームによる優勝争いは最終節の結果に委ねられた。 首位のエスパニョールはアウェイで17位のアルコルコンと対戦。下位チーム相手の試合となり、勝利が予想された中、33分にウーゴ・フライレにゴールを許してしまう。 逆転を目指したエスパニョールだったが、5月に入ってからの5試合で2勝2分け1敗と調子を落としていたのもあり、そのまま1-0で敗戦。マジョルカに逆転優勝のチャンスを与えてしまった。 一方のマジョルカもアウェイで8位のポンフェラディーナと対戦。勝てば逆転で優勝できるチャンスが巡ってきた中、43分にオスカル・シエルバにPKを決められ先制を許す。 しかし、前半アディショナルタイムにカルドナのゴールで追いつくと、75分にはアブドン・プラッツのゴールで逆転に成功。逆転優勝が見えてきた中、87分にクーロ・サンチェスにゴールを許し、2-2のドロー。この結果、エスパニョールとマジョルカは勝ち点で並んだものの、エスパニョールが首位を守り、なんとか優勝を果たした。 なお、3位には日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが入り、4位のアルメリア、5位のジローナ、6位のラージョ・バジェカーノと共に、昇格プレーオフに臨む。 2021.05.31 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎岳が1G1Aの活躍! レガネスの逆転勝利に貢献「自信を得ることが重要だった」

レガネスの日本代表MF柴崎岳が好パフォーマンスでチームの勝利に貢献した。 レガネスは25日、セグンダ・ディビシオン第36節でアルコルコンとアウェイで対戦。柴崎いは先発出場を果たした。 [4-2-3-1]のボランチの一角で出場した柴崎。しかし、チームは9分にPKを与えると、ケレチ・ヌワカリに決められて先制を許す。 しかし44分、右サイドからのハビエル・アビレスのグラウンダーのクロスに対し、ボックス内に飛び込んだ柴崎が滑り込みながらシュート。これが決まり、同点に追いつく。 1-1で迎えた60分には、ボックス手前でボールを持った柴崎が左へ展開。これを受けたホセ・アルナイスが冷静に決め、レガネスが逆転に成功。柴崎の1ゴール1アシストの活躍でレガネスが1-2で勝利した。なお、ラ・リーガへの昇格を目指すレガネスはこの勝利で4位をキープした。 試合後、柴崎はチームのインタビューにスペイン語で応じ「チームのためになるゴールを決められてとても嬉しいです」と語り、「試合で逆転し、自信を得ることが重要でした」と振り返った。 <span class="paragraph-title">【動画】柴崎岳がスペイン語でインタビューに応じる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> FLASH <a href="https://twitter.com/hashtag/Alcorc%C3%B3nLegan%C3%A9s?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlcorcónLeganés</a><br><br> <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_?ref_src=twsrc%5Etfw">@GakuShibasaki_</a> : &quot;Muy contento por el gol para ayudar al equipo. Hemos dado la vuelta al partido y era importante para coger confianza&quot; <a href="https://t.co/srQycLQZUd">pic.twitter.com/srQycLQZUd</a></p>&mdash; C.D. Leganés (@CDLeganes) <a href="https://twitter.com/CDLeganes/status/1386390268027547659?ref_src=twsrc%5Etfw">April 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.26 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎岳がチームメイトと一騎打ち! 絶妙なキックチャレンジで高精度キックを披露!

レガネスに所属する日本代表MF柴崎岳が、チームメイトと“ミニゴール・チャレンジ”で勝負した。 柴崎が対戦したのはチームメイトのMFルベン・パルド。トレーニング場でキックの精度を試すチャレンジとなった。 ハーフウェイライン場に3つのミニゴールを間隔をあけて並べて行うチャレンジ。2人はタッチラインにボールを置き、縦に並ぶ3つのミニゴールを狙う。 得点は何も邪魔されない手前のゴールが1点、真ん中が5点、最後の3つ目は10点という配点で行われ、両者持ち球は5球ずつとなった。 先行のパルドは、いきなり真ん中のゴールに決めて「5点」をゲット。これをプレッシャーに感じたのか柴崎は一気に奥を狙ったがわずかに外れる。 2本目、パルドは落ち着いて真ん中に決めて「5点」を追加。10vs0となる。 すると柴崎は2本目も果敢に奥を狙うと、絶妙なコースを通ったボールが決まり、10vs10の同点となる。 3本目はパルドがカーブを狙ったが、力が入りすぎたのか一番手前のゴールに入り「1点」。その後も柴崎は奥を狙い続けるが、互いに失敗を繰り返す。 そして迎えた5本目、パルドはなんと2番目のゴールを射抜いて合計16点に。10点の柴崎は一番奥を狙うしかない状況だが、パルドがちょっかいを出して集中を削ぐ姑息な手に。 そんな中、柴崎はギリギリのコースを狙ってボールを蹴るが、微妙なキックはわずかに2つ目のゴールに当たりはずれ。パルドが勝利を収めた。 互いに惜しいキックを見せ続けた柴崎とパルド。チームはラ・リーガ昇格を目指せる4位に位置。その精度の高いキックで、昇格を掴めるかにも注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】柴崎vsパルドの繊細なキック対決をチェック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJBZ1hkYklWbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.23 22:15 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎岳所属のレガネス、クラブ史上初の1部昇格に導いたガリターノ監督が再任

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のレガネスは28日、アシエル・ガリターノ監督(51)の招へいを発表した。 契約期間は2022年夏までの1年半。2021-22シーズンまでにラ・リーガへ昇格した場合、自動的に契約更新となるようだ。 日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスはリーグ戦10勝4分け7敗でプレーオフ圏内の6位に位置してた状況で、2020年8月から指揮を執っていたホセ・ルイス・マルティ監督(45)を26日に解任していた。 その後任となったガリターノ監督は、2008年にアリカンテCFで指導者キャリアをスタートさせると、CDカステリョン、オリウエラCF、CDアルコヤーノを経て、2013年夏からレガネスを5年間指揮した。 就任1年目でセグンダ・ディビシオンB(3部)からセグンダ・ディビシオンへ昇格させると、2015-16シーズンには2位フィニッシュでクラブ史上初のラ・リーガへ導いた。そこから2シーズン連続で1部残留を果たし、クラブ最多の222試合を指揮した後、レアル・ソシエダとアラベスの監督を歴任していた。 2021.01.28 16:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly