カーン氏がバイエルンの新CEOに就任決定、ルンメニゲ氏は今月末で退任

2021.06.01 21:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは1日、カール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が6月30日をもって退任することを発表した。

また、新たなCEOにはクラブOBで元ドイツ代表GKのオリバー・カーン氏(51)が就任することも発表された。

ルンメニゲ氏は、バイエルンとの契約を2021年12月31日まで結んでいたが、半年早く退任。その理由について「戦略的に最も賢明で論理的なタイミングだ」とクラブを通じてコメント。「会計年度末であると同時に、新たなコーチングチームによる新たなフェーズが始まる。新シーズンは、新たなCEOとなったオリバー・カーンが、最初から責任をもって取り組むべきであり、関係者の面でも、バイエルンの未来の面でも同様だ」とコメントした。

また「私は2年前に、すでに慎重な移行を計画していると言ったが、それが実現した」とコメント。予てから計画していたことが実行に移されたとかたった。

ルンメニゲ氏は1974年から1984年まで10年間在籍。引退後の1991年11月に副社長に就任すると、2002年2月からCEOに就任していた。

CEO就任後は、ブンデスリーガで14度の優勝を達成した他、チャンピオンズリーグで2度、DFBポカールで10度優勝していた。

新CEOに就任するカーン氏は、1994年から2008年までバイエルンでプレー。2020年1月から取締役会のメンバーとなっていた。

カーン氏は「バイエルンのトップで責任を負う時がきた。この18カ月間で、クラブのあらゆる側面を知ることができ、バイエルンがどのように機能し、どんな課題に直面しているかをよく理解している。この任務とそれに伴う責任を認識しており、とても楽しみにしている」とクラブを通じて意気込みを語った。

バイエルンは、新シーズンからユリアン・ナーゲルスマン監督が就任。新体制でブンデスリーガ10連覇を目指す。



1 2
関連ニュース
thumb

グロイター・フェルト戦で退場のパヴァールが2試合の出場停止

ドイツサッカー連盟(DFB)は27日、バイエルンに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァールに対し、2試合の出場停止処分を下したことを発表した。 24日に行われたブンデスリーガ第6節のグロイター・フェルト戦に先発出場したパヴァールは、後半開始早々の48分にスルーパスに反応したFWジュリアン・グリーンへ後方から危険なタックルを見舞い、レッドカードを受けていた。 そして、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は、パヴァールに対して2試合の出場停止処分を言い渡した。 なお、バイエルンは今回の処分を受け入れており、同選手は10月3日に行われるブンデスリーガ第7節のフランクフルト戦と、同17日に行われる第8節のレバークーゼン戦を欠場することが確定している。 2021.09.27 23:22 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル入団時にエンブレムにキスしたアラバが弁明「バイエルンのファンを挑発する意図はまったくなかった」

レアル・マドリーのオーストリア代表DFダビド・アラバが入団セレモニー時の行動について弁明した。スペイン『アス』が伝えている。 アラバは、2010年にプロデビューを果たしたバイエルンとの契約を満了し、今夏にマドリーに加入。7月に入団セレモニーも行われた。 そこでは、新加入選手の慣習ともなっているクラブエンブレムへのキスも披露していたが、バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長「私たちとたくさんの時間を一緒に過ごした後で、レアル・マドリーのエンブレムにキスした時、私は驚いた。ただ、それも人生だ」と語っていた。 『Bayern Insider』とのポッドキャストでその件について問われたアラバは、誰かを傷つけるつもりはなかったと弁明している。 「とても特別な日だった。それは新しいステージの始まりであり、バイエルンのファンを挑発する意図はまったくなかった。僕はそこで13年間も素晴らしい時間を過ごした」 「人として、そして選手として成長する機会を与えてくれたファンとクラブに常に感謝している。ミュンヘンは僕の第二の故郷になった。誰かの気持ちを傷つけたくはなかった」 「マドリッドとミュンヘンを比較することはできない。僕の第二の故郷になった。そして常に僕の心の中にある」 <span class="paragraph-title">【写真】確かにアラバはマドリーのエンブレムにキスしている</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> El PRESIDENTE del BAYERN, Herbert Hainer, también ha hablado sobre ALABA (Vía Bild):<br><br> &quot;Me sorprendió que besará el escudo del Real Madrid después de estar tanto tiempo con nosotros, pero así es la vida&quot;. <a href="https://t.co/c9M5x8SsYj">pic.twitter.com/c9M5x8SsYj</a></p>&mdash; ChiringuitoChampions (@chirichampions) <a href="https://twitter.com/chirichampions/status/1429425508224208897?ref_src=twsrc%5Etfw">August 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

絶好調のバイエルン支えるキミッヒ、チームの姿勢に満足感 「ハングリーで向上心ある選手が揃っている」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが数的不利の試合で勝利を収めたことを誇った。クラブ公式サイトが伝えている。 キミッヒは24日に行われたブンデスリーガ第6節のグロイター・フュルト戦で先発出場。公式戦7連勝中と波に乗るチームは10分にFWトーマス・ミュラーのゴールで先制すると、31分にはFWレロイ・サネの落としを受けたキミッヒがコントロールシュートを決め、リードを広げることに成功した。後半に入るとDFバンジャマン・パヴァールが一発退場となり数的不利となったが、チームは動揺することなく3-1で勝利を収めている。 フル出場を果たし、1ゴールを決める活躍を見せたキミッヒは試合後のインタビューで、公式戦8連勝を達成したチームの姿勢を称賛。多くのタイトルを獲得してきたチームであっても、ハングリー精神を持ち続けていると語った。 「輝かしいパフォーマンスではなかったと思うけど、僕たちは常にゲームをコントロールできていたね。1人少なくなった後でもそれは変わらず、あらゆることをコントロールできていた」 「ただ、ミスも少なくなく、特に前半の終盤はそれが目立ったと思う。その結果、グロイター・フュルトからのプレッシャーを招き続けてしまった。とはいえ、全体的に見れば、僕たちが勝利に値するよ」 「チームのキャラクターは最高さ。ハングリーで向上心のある選手が揃っているからね。すでに優勝候補と言われているが、僕たちはトロフィーを勝ち取りたい、試合に勝ちたいと思っている」 「現在、僕たちは良い順位にいる。ただ、これまでのところ、すべての試合で今日のレベルの確信を持って戦ってきたわけではないと思う」 2021.09.25 10:57 Sat
twitterfacebook
thumb

退場者出すも公式戦8連勝のバイエルン、ナーゲルスマン監督はチーム称賛 「万事順調だ」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは24日に行われたブンデスリーガ第6節でグロイター・フュルトと対戦した。公式戦7連勝中と絶好調のチームはこの日も前半にFWトーマス・ミュラーとMFヨシュア・キミッヒのゴールで2点を先取。後半開始早々にDFバンジャマン・パヴァールが一発退場となるアクシデントがあったにもかかわらず、オウンゴールでリードを広げると、終盤に1点を返されたものの、3-1で勝利した。 昇格組相手に盤石の強さを見せ、公式戦の連勝も「8」まで伸ばしたチームについて、試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督も満足感を露わに。グロイター・フュルトの戦い方を称えつつ、勝利を収められたことを喜んでいる。 「最終的には昇格したばかりのチームに勝てたこと、そして10人でプレーすることになった試合で勝てたことが重要だ。我々のスタートはとても良かったと思う」 「我々がゴールを決めた後、グロイター・フュルトは我々に対する恐れを振り払い、とても良いプレーをしてきた。私は勝ち点3という結果に満足しているが、相手チームは我々に多くを要求してきたと思う」 「できることなら、クリーンシートを達成したかった。とはいえ、我々は終始リードをしていたのだ。だから、万事順調だよ」 2021.09.25 10:39 Sat
twitterfacebook
thumb

パヴァール退場も…10人バイエルンがフュルトに快勝で5連勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは24日、ブンデスリーガ第6節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節ボーフム戦を7-0と圧勝したバイエルンは、ニャブリとミュージアラがベンチスタート。[3-4-2-1]で臨み、レヴァンドフスキを最前線に2シャドーにミュラーとサネが入った。 1分け4敗スタートの最下位グロイター・フュルトに対し、立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは10分に先制する。アルフォンソ・デイビスが左サイドを持ち上がってクロス。ミュラーが左足ダイレクトで合わせた。 先制後、ミュラーやゴレツカがミドルシュートで追加点に迫ると、31分にリードを広げる。サネの落としをボックス手前中央のキミッヒがコントロールシュート。これが枠の右に決まった。 ハーフタイムにかけてもバイエルンが危なげなく時間を消化。40分には左CKからレヴァンドフスキのヒールシュートがバーに直撃。2-0で前半を終えた。 しかし迎えた後半開始3分、バイエルンに退場者。グリーンにディフェンスライン裏を取られたところをパヴァールがスライディングタックルで止めにかかるもファウルとなり、一発退場となった。 それでも68分、バイエルンに3点目。右サイドからのキミッヒのFKがグリースベックのオウンゴールを誘った。 終盤、イッテンに1点を返されたものの3-1で10人のバイエルンが快勝。5連勝としている。 2021.09.25 05:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly