ハーランド活躍の秘訣は肉体改造!体重は86kgから大きく増量

2021.06.02 05:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが活躍の秘訣を明かした。スペイン『アス』が伝えている。

2020年1月にザルツブルクからドルトムント入りしたハーランドはドイツでも類稀な得点力を発揮して、ここまで公式戦59試合の出場で57得点15アシストを記録。ドルトムントで初のフル稼働となる今季も41試合の出場で41得点12アシストと驚異的な数字を叩き出した。

ノルウェー代表として、2日にルクセンブルク代表、6日にギリシャ代表との国際親善試合に臨むハーランドは、進化の秘訣を語った。

「僕の体や足を見れば、大きく変化したことが分かるだろう。まったく違う。僕は本物の男になった。それに加え、スピードも速くなった」

「最も重要なことは、体重が86 kgから 94 kgになったけど、これはビール腹ではなく総筋肉量の問題だ。食べるものには細心の注意を払っている」

194cm、94kgの巨体に加えて、大きなストライドから繰り出される速さを併せ持つハーランドだが、それには本人の努力と徹底した栄養管理があったようだ。



1 2
関連ニュース
thumb

冨安不在のボローニャに3発快勝のドルトムントがPSM2勝目を飾る!

ドルトムントは30日、プレシーズンマッチでボローニャと対戦し、3-0で勝利した。 3試合目のプレシーズンマッチとなるドルトムントは、ダイアモンド型の[4-4-2]の布陣の採用。2トップにハーランドとティゲスを起用し、中盤はトップ下にロイス、右にレイナ、左にブラント、アンカーにダフードを据えた。 一方、東京オリンピックに参加してしている日本代表DF冨安健洋が不在のボローニャは、オルソリーニやサンソーネ、デ・シルベストリらが先発に名を連ねた。 試合は立ち上がりからドルトムントが攻勢をかけると8分、敵陣左サイドでブラントがボールをカットすると、これをボックス左横で拾ったハーランドがティゲスとのワンツーでボックス左深くまで切り込みゴールネットを揺らしたが、これはハーランドのオフサイドを取られ、ノーゴールとなった。 攻勢を続けるドルトムントは、22分にもロイスのパスでボックス左まで駆け上がったブラントがダイレクトクロスを供給すると、最後はゴールエリア右のハーランドが頭で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 チャンスを逃したドルトムントだが、直後にスコアを動かす。24分、ボックス右手前でパスを受けたハーランドが縦への突破からシュート。これは飛び出した相手GKに弾かれたが、こぼれ球をレイナがゴールに突き刺した。 先制後もドルトムントが敵陣で試合を進めて主導権を握ると、42分に追加点が生まれる。右CKのセカンドボールをパスラックが左に展開すると、ロイスのダイレクトをクロスをマロニーが頭で合わせると、これがゴール左に吸い込まれた。 さらに前半終了間際の45分にも、ドリブルでボックス内まで持ち上がったダフードのシュートのこぼれ球をティゲスが流し込み、ドルトムントが3点のリードで前半を終えた。 迎えた後半も主導権を握るドルトムントは、63分にボックス左から侵入したロイスの折り返しをハーランドがダイレクトで合わせたが、これはわずかにゴール左。さらに78分には、中盤で獲得したFKをカマラが素早くリスタートすると、これを受けたロイスがボックス外からミドルシュート狙ったが、これはクロスバーを直撃した。 結局、19本のシュートを放つなどボローニャを圧倒したドルトムントが3-0で完勝。プレシーズンマッチ2勝目を飾った。 ドルトムント 3-0 ボローニャ 【ドルトムント】 レイナ(前24) マロニー(前42) ティゲス(前45) 2021.07.31 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

複数ポジションでの起用に前向きなエムレ・ジャン「必要とされるならノーとは言わない」

ドルトムントのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、新シーズンへ向けた意気込みを語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 2020年1月にユベントスからドルトムントにレンタル移籍で加わり、同年7月に完全移籍を果たしたジャンは、ここまで公式戦55試合出場4ゴール6アシストを記録。2020-21シーズンも公式戦40試合に出場しており、センターバックやサイドバックのポジションもこなすなどユーティリティ性の高さでチームを支えた。 こうした活躍もあり、ジャンは6月に開催されたユーロ2020にもドイツ代表の一員として参加。3試合に出場したもののチームはラウンド16で敗れ、不本意な成績で大会を後にしている。 ユーロ大会後は休暇に入っていたジャンだが、現在は既にチームに合流。8月の開幕に向けた準備期間が足りないことは認めつつ、それでもチームから任される役割を全うしたいと語った。 「チームが最適な準備をできていないことは誰もが知っていると思う。だからといって、嘆いてもいられない。多くのクラブが同じような状況にあるのだから。僕らはアクセルを踏み込み、良いスタートを切る必要がある。まだ100%の体調ではないとしてもね」 「自分が必要とされているのであれば、どこのポジションであってもノーとは言わないよ。僕のバッテリーは今、最大限に充填されている」 「休暇を終えた後で再び走り出し、ウェイトルームでエクササイズをしていた。遅くとも数週間以内には、100%の状態に戻ると思うよ。今は何もゼロからのスタートというわけではないからね」 また、ジャンはドイツ代表でのこれからについてもコメント。来年開催される予定のカタール・ワールドカップ(W杯)に出場して、チームがかつての栄光を取り戻すサポートがしたいと意気込んだ。 「クラブで自分をしっかり主張して、再び代表チームに名乗りを上げたいね。来年のW杯で活躍できるようになっていたい。代表の仲間と共にまた良いサッカー、成功したサッカーがしたいと思う。ここ2、3年は期待を裏切ることが多かったからね」 2021.07.30 15:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ドイツ代表MFダフードとの契約を2025年まで延長

ドルトムントは29日、ドイツ代表MFマハムド・ダフード(25)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 ボルシアMGの下部組織出身のダフードは、2014年8月にトップチームデビュー。2017年の夏に加入したドルトムントでは、在籍4シーズンで公式戦101試合で3ゴール9アシストを記録していた。 また、U-18から世代別のドイツ代表でプレーしており、2020年10月にフル代表デビュー。ここまで2試合に出場していた。 新契約にサインしたダフードは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ドルトムントのようなビッグクラブでは忍耐強く、自分を主張しなければならない。ここ数年、僕にとって楽ではない時期が続いていたが、このクラブが自分に合っていると信じて疑わなかったよ」 「批判や挫折は僕にとってはむしろ刺激になるし、ドルトムントではいつもとても幸せだと感じている。今は、ここで次のステップに進み、自分の可能性を最大限に発揮したいと思っているよ」 2021.07.30 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

レイナがドルトムントの7番継承! サンチョ移籍でクラブが後釜に指名

ドルトムントは28日、アメリカ代表MFジョバンニ・レイナが新シーズンから背番号7を着用することを発表した。 これまで現スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルク氏を始め、トーマス・ヘルマー、アンドレアス・メラー、ステフェン・フロイント、ロベルト・レヴァンドフスキ、香川真司、ウスマーヌ・デンベレといった名手が背負ってきたドルトムントの背番号7。 直近ではイングランド代表MFジェイドン・サンチョが背負ってきたが、マンチェスター・ユナイテッド移籍に伴い、新シーズンに向けては空き番となっていた。 今夏の移籍市場ではPSVのオランダ代表FWドニエル・マレンを同選手の後釜として獲得したが、選んだ背番号は「21」。 そのため、誰が背番号7を受け継ぐかに注目が集まった中、サンチョ不在時には同じポジションで起用されることが多かったアメリカの新星が背番号も継承することになった。 2019–20シーズンにトップチームデビューを飾ったレイナは、昨シーズンの公式戦46試合に出場し、7ゴール7アシストを記録。背番号32からエースナンバーに変更する18歳の躍動に期待したいところだ。 2021.07.29 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラントがイタリア方面への移籍の噂を一蹴、ドルトムント残留宣言

ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラント(25)がミランやラツィオなどイタリア方面への移籍の噂を一蹴した。ドイツ『RTL』のインタビューで答えた。 先日、ミランのポルトガル人FWラファエウ・レオンとの交換トレードの噂があったブラント。しかし、本人は新シーズンもドルトムントでプレーすることに集中しているようだ。 「僕は噂に上がっているような話を聞いていない。それらはイタリアの新聞が報じているものだ。もちろん、他のクラブが興味を持ってくれるのはありがたいことだけど、僕から退団の意思を示したことはない。今季も他の場所でプレーすることはないよ」 2021.07.29 08:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly