ドルトムント、シュツットガルトの躍進を支えた守護神コベルを完全移籍で獲得!

2021.06.01 02:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは5月31日、シュツットガルトに所属するスイス代表GKグレゴール・コベル(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までとなる。

至近距離でのシュートストップに加え、足元の技術にも定評のあるコベルは、2014年にホッフェンハイムの下部組織にレンタル移籍すると、2016年のトップチーム昇格と同時に完全移籍。ホッフェンハイムでは出場機会に恵まれなかったが、2019年の冬にレンタル移籍で加入したアウグスブルクで守護神を務めると、同年夏にシュツットガルトへレンタル移籍。

シュツットガルトでは、加入初年度から守護神としてブンデスリーガ2部で31試合に出場し1年での1部昇格に貢献。昨夏に完全移籍を果たすと、今季も絶対的な守護神としてブンデスリーガ33試合に出場し、昇格組ながら9位という躍進を支えた。

ドルトムント加入の決まったコベルは、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「ドルトムントは世界で最も大きく、もっとも有名なクラブの一つだ。毎年リーグタイトルとDFBポカールを争い、そしてチャンピオンズリーグに出場することを目的としているクラブだね。僕はそんなクラブでプレーできることを誇りに思っている。ドルトムントの今後の成功ために貢献したいと思っているよ」

関連ニュース
thumb

ドルトムント、サンチョの後釜にマレンをリストアップか?

ドルトムントがPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ドルトムントでは、主力を務めるイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(21)の去就が不透明となっており、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに取り沙汰されている。 そのため、サンチョの流出に備えて後釜のリストアップに動いている。そういった中、『ビルト』は有力な候補の一人としてマレンの名前を挙げている。 アヤックスのアカデミーで育ったマレンは、アーセナルのユースチームを経て2017年に母国のPSVに完全移籍。179cmと上背はないものの爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ストライカー特有のポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FWは、これまで左ウイングを主戦場としていたが、昨シーズンからセンターフォワードに本格コンバート。ヒザの手術を行い、シーズン後半戦を棒に振った中、公式戦25試合17ゴール9アシストの数字を残した。 また、今シーズンはロジャー・シュミット監督の下、[4-2-2-2]の布陣の2トップの一角を務め、エールディビジ32試合で19ゴール8アシストの数字を残している。 なお、PSV側は移籍金を3000万ユーロ(約40億円)に設定している模様。また、ドルトムントとマレンの最終的な交渉は現在行われているユーロ2020終了後に行われるとのことだ。 2021.06.15 07:45 Tue
twitterfacebook
thumb

メガクラブ注目もベリンガムがドルトムントと契約延長へ!

ドルトムントに所属するイングランド代表MFジュード・ベリンガム(17)が、クラブとの契約をさらに2年延長することになったようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 昨夏、バーミンガム史上最高の売却額となる2500万ポンド(約38億6000万円)+数百万ポンドのインセンティブという条件で、ドルトムントに加入したベリンガム。 高いアスリート能力とテクニックに加え、10代とは思えない戦術眼を持つ超逸材は、自身初のトップディビジョンでのプレーにも関わらず、デビューシーズンは公式戦46試合に出場し4ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグ準々決勝ではマンチェスター・シティ相手にゴールを挙げるなど、センセーショナルな1年を過ごした。 その活躍によってユーロ2020のイングランド代表入りも果たしたベリンガムに関しては、すでに母国のメガクラブやドイツ国外のメガクラブがこぞって関心を示している。 しかし、『ビルト』が伝えるところによれば、ベリンガムとドルトムントは今月29日の同選手の18歳のバースデー後に、2023年までとなっている現行契約を2年延長することですでに合意に至っているようだ。 今回の報道が事実であれば、2025年までの長期契約となるベリンガムの獲得は、メガクラブにとっても一筋縄ではいかないものとなるはずだ。 2021.06.12 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンチョ狙うユナイテッド、ドルトとまだ隔たりか…選手側とは個人条件などで合意済みの見方も

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の獲得に動いているが、クラブ間交渉でまだ隔たりがあるようだ。 昨夏に続いて、サンチョの獲得に本腰といわれるユナイテッド。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が明かしたところによると、ユナイテッドはサンチョ側と個人条件だけでなく、代理人手数料でも合意。ドルトムントとの協議という次のフェーズに入っているといわれる。 だが、イギリス『BBC』によると、そのクラブ間交渉はまだ合意点を探る段階にある様相。ユナイテッドは移籍金6700万ポンド(約103億8000万円)のオファーを出したが、ドルトムント側は移籍金7750万ポンド(約120億1000万円)+ボーナス425万ポンド(約6億5000万円)を求め、拒否した模様だ。 また、金額面の差以外にも完済期間を巡っても両者にズレがあり、ユナイテッドが5年間を提案したのに対して、ドルトムントは4年間しか求めていない様子。昨夏と同じ轍を踏みたくないユナイテッドはドルトムントの反応を受けて、オファーを修正するか否かの検討しているようだ。 今季も最終的に公式戦38試合出場で16得点20アシストを記録したサンチョについて、昨夏に2023年までの契約延長を公表したスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は5月に紳士協定の存在を明らかに。安くないものの、昨夏よりも低い移籍金額で交渉に応じる姿勢とみられる。 2021.06.11 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーランド活躍の秘訣は肉体改造!体重は86kgから大きく増量

ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが活躍の秘訣を明かした。スペイン『アス』が伝えている。 2020年1月にザルツブルクからドルトムント入りしたハーランドはドイツでも類稀な得点力を発揮して、ここまで公式戦59試合の出場で57得点15アシストを記録。ドルトムントで初のフル稼働となる今季も41試合の出場で41得点12アシストと驚異的な数字を叩き出した。 ノルウェー代表として、2日にルクセンブルク代表、6日にギリシャ代表との国際親善試合に臨むハーランドは、進化の秘訣を語った。 「僕の体や足を見れば、大きく変化したことが分かるだろう。まったく違う。僕は本物の男になった。それに加え、スピードも速くなった」 「最も重要なことは、体重が86 kgから 94 kgになったけど、これはビール腹ではなく総筋肉量の問題だ。食べるものには細心の注意を払っている」 194cm、94kgの巨体に加えて、大きなストライドから繰り出される速さを併せ持つハーランドだが、それには本人の努力と徹底した栄養管理があったようだ。 <span class="paragraph-title">【新旧比較】ハーランドの肉体</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Business. As. Usual! <a href="https://t.co/6YMAufasqS">pic.twitter.com/6YMAufasqS</a></p>&mdash; Erling Haaland (@ErlingHaaland) <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland/status/1387419023156125696?ref_src=twsrc%5Etfw">April 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Focus<a href="https://t.co/BG49bKGxor">pic.twitter.com/BG49bKGxor</a></p>&mdash; Erling Haaland (@ErlingHaaland) <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland/status/1290681190303793152?ref_src=twsrc%5Etfw">August 4, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.02 05:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ハーランドがドルトムント残留を強調「契約を尊重」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)が残留を強調した。ノルウェー『Viaplay』のインタビューで答えている。 今季もゴールを量産し、公式戦41試合の出場で41ゴールを記録したハーランド。一気にワールドクラスのスコアラーに駆け上がった。 そのハーランドは、レアル・マドリーへの加入が報じられる中、2024年夏まで結んでいるドルトムントとの契約を尊重する意思を改めて強調した。 「ドルトムントと結んでいる契約を尊重する」 「僕はチャンピオンズリーグが大好きで、その大会に出場できることは非常に重要な要素だ。僕には大きな夢がある」 「DFBポカールを今季獲ったけど、とても気持ち良かった。もっと多くのタイトルを獲りたいんだ」 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドが見せたDFBポカールでの衝撃のゴールたち</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZZDRESkRrOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.29 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly