ヘルタ、昨季途中に復帰したダルダイ監督の続投を発表

2021.05.30 23:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは30日、パル・ダルダイ監督(45)の続投を発表した。

2012年からを中心にアシスタントコーチや監督を務めていたダルダイ監督は、ハンガリー代表監督を兼任しながら、2015年5月にヘルタの監督に就任。

2018-19シーズンをもって一度は監督を退任したが、2020年の夏からユースチームの監督に復帰すると、今年1月に成績不振で解任されたブルーノ・ラッバディア監督の後任としてトップチームの指揮官に復帰していた。

就任後は新型コロナウイルスの影響で過密日程を強いられた中、ブンデスリーガ16試合で4勝6分け6敗の成績を残し、チームを1部残留に導いていた。

ヘルタ・ベルリンのカルステン・シュミット会長は、「パル・ダルダイ監督は我々の最低限の目標を達成した。新しいシーズンも彼と彼のスタッフと会えることを楽しみにしている」とコメントしている。

関連ニュース
thumb

ヘルタ、降格シャルケからドイツ代表MFセルダー獲得!

ヘルタ・ベルリンは11日、シャルケからドイツ代表MFスアト・セルダー(24)を完全移籍で獲得することを発表した。同選手はメディカルチェック受診後、正式にヘルタの一員となる。 マインツの下部組織出身で2015-16シーズンにトップチームデビューを飾ったセルダーは、2018年夏にシャルケに完全移籍。セントラルMFや中盤の複数ポジションをこなすテクニックとダイナミズムに優れた万能型MFとして、在籍3年間で公式戦83試合11ゴール6アシストの数字を残していた。 2019年10月にドイツのA代表デビューも飾った逸材だが、シャルケのブンデスリーガ2部降格に伴い、ヘルタを新天地に選択した。 2021.06.12 00:33 Sat
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表MFレッキー、ヘルタ退団で母国メルボルン・シティに加入

ヘルタ・ベルリンとの契約が満了となったオーストラリア代表MFマシュー・レッキー(30)が母国メルボルン・シティに加入することが決まった。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。 レッキーは2011年夏、アデレード・ユナイテッドからボルシアMGに移籍。ドイツでキャリアを積み、フランクフルト、インゴルシュタットを経て、2017年夏にヘルタ・ベルリンに移籍していた。 ヘルタでは公式戦74試合の出場で8ゴール6アシストを記録。今季はリーグ戦17試合(うち先発は5試合)に出場していた。 2021.06.06 07:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ピョンテク無念…足首骨折で全治4カ月 ユーロ出場は不可能に

ポーランドサッカー協会(PZPN)は14日、ヘルタ・ベルリン所属のFWクシシュトフ・ピョンテクが足首の骨折でユーロ2020に出場できなくなったことを報告した。 12日に行われたブンデスリーガ第31節のシャルケ戦で、後半立ち上がりに足首を負傷し交代を余儀なくされていたピョンテク。翌日のクラブの発表では、足首の骨折でブンデスリーガ残りの2試合を欠場することが伝えられていた。 そして、今回PZPNが発表した声明によると、ピョンテクは全治には3~4カ月を要する見込みで、6月から7月にかけて行われるユーロ2020の出場は不可能となった。 なお、ユーロ2020においてポーランド代表は、6月14日のスロバキア代表戦を皮切りに、19日にスペイン代表戦、23日にスウェーデン代表戦が予定されている。 2021.05.14 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタが36歳のベテランGKヤルシュテインと2023年まで契約延長

ヘルタ・ベルリンは13日、ノルウェー代表GKルネ・ヤルシュテイン(36)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたヤルシュテインは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「私はいつもヘルタ・ベルリンとベルリンでの生活はとても快適だと言ってきた。それは私だけでなく、私の家族にとっても同じだよ。ヘルタ・ベルリンの今後の成功ために、これからも貢献したい思っている。それが私の楽しみだから、毎日全力を尽くすつもりだよ」 ヤルシュティンは2014年1月に母国ノルウェーでのバイキングからヘルタ・ベルリンに加入。これまで在籍7シーズンで公式戦179試合に出場。今シーズンは新加入のGKアレクサンダー・シュウォローも控えGKとしてブンデスリーガ8試合に出場にとどまっていた。 2021.05.14 00:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタに痛手…ピョンテクが足首の骨折で残りを全休に

ヘルタ・ベルリンは13日、ポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが今シーズンの残り試合を欠場することを発表した。 クラブの発表によると、ピョンテクは足首を骨折したとのこと。離脱期間などは明かされていないが、15日に行われるブンデスリーガ第33節のケルン戦と22日の最終節ホッフェンハイム戦を欠場するとのこと。 また、ドイツ『キッカー』はポーランド代表として参加予定だったユーロ2020の出場も厳しいと伝えている。 ピョンテクは12日に行われたブンデスリーガ第31節のシャルケ戦でに先発出場。後半に足首を負傷すると、58分にイングランド代表FWジェシック・ヌガンカムとの交代でピッチを後にしていた。 今シーズンのピョンテクは、ここまでブンデスリーガ全試合に出場しチームトップタイの7ゴールを記録してた。 新型コロナウイルス感染の影響で過密日程となったヘルタ・ベルリンでは、前線の選手に負傷者が続出。ピョンテクに加え、今季7ゴールをマークしているFWジョン・コルドバとFWマテウス・クーニャもケガで今季絶望となっている。 2021.05.13 23:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly