退団噂されるメッシが最終節エイバル戦欠場…指揮官はコパ・アメリカに向けた休養と説明

2021.05.21 22:54 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはクラブでのラストマッチをすでに終えることになったようだ。

バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督は21日、翌日に開催されるラ・リーガ最終節のエイバル戦に向けた公式会見の場で、エースが欠場することを明かした。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。

「この措置(休養)によってメッシはコパ・アメリカの前に短い休憩を取ることができる。彼はチームのプレーヤーの中で最も多くプレーした1人だったからね」

メッシは今シーズンここまで公式戦47試合に出場し、4192分ものプレータイムを記録。ラ・リーガでは得点ランキングトップの30ゴールに到達し、2位のビジャレアルFWジェラール・モレーノと7ゴール差を付けており、5年連続8度目のピチーチ獲得を決定的なモノとしている。

なお、バルセロナと今シーズン限りで契約が終了するメッシに関してはパリ・サンジェルマンなど他クラブへの移籍の可能性が取り沙汰されており、1-2で逆転負けとなった先週末のセルタ戦が同クラブでのラストマッチとなる可能性がある。

関連ニュース
thumb

バルサ、ファティに続いてアグエロも復帰間近か

バルセロナのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの復帰の目途が立ったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 今夏の移籍市場でマンチェスター・シティからフリーで加入したアグエロ。共闘を求めていた同胞のFWリオネル・メッシとはすれ違いとなってしまったが、その分クレからの期待は大きい。 だが、8月上旬にふくらはぎの負傷に見舞われ、クラブは10週間の離脱を発表。いまだデビューできていない状況で、9月半ばの時点では、母国アルゼンチンで治療を受けており、本人の口からスペイン入国日を決めかねていることが伝えられていた。 だが、スペイン『スポルト』によると、アグエロは10月のインターナショナルブレイク明けに復帰する可能性が高まってきているようだ。全てが順調に進めば、10月17日のラ・リーガ第9節バレンシア戦がデビュー戦として期待されている。 バルセロナでは、26日に行われた第7節のレバンテ戦で、半月板損傷の大ケガを乗り越えたFWアンス・ファティが322日ぶりに復帰しており、重鎮メッシの退団などで暗黒期に入りつつあるクラブにとって、微かながら光が差し込んできている。 2021.09.28 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

代理監督で快勝のバルセロナ、スロイデル氏は離脱選手の復帰を望む「とても強力な選手が揃っている」

バルセロナのアルフレッド・スロイデル アシスタントコーチがレバンテ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは26日、ラ・リーガ第7節でレバンテをホームに迎えた。 23日に行われた第6節のカディス戦で、ロナルド・クーマン監督が判定に抗議し退場処分となっており、スロイデル氏が代理で指揮を執った。 試合は開始6分にメンフィス・デパイ、14分にルーク・デ・ヨングとオランダ代表のコンビが揃ってゴールを決め試合を優位に進める。 すると81分には、ケガから322日ぶりに復帰となったスペイン代表FWアンス・ファティがピッチに立つと、そのファティは91分にダメ押しとなる3点目を記録。チームは3-0で勝利を収めた。 不振が続き、クーマン監督への風当たりがかなり厳しくなっていた中、ホームゲームでしっかりと勝利したバルセロナ。スロイデル氏はこの試合へのプレッシャーについて語った。 「今回に限らず、このような試合はたくさんある。今日はとても上手くいった。選手たちのエネルギーはとても良かった。みんなにとって最高の瞬間だった」 一方で、クーマン監督も再三口にしていた離脱者の多さについてもコメント。選手が揃えば問題ないと語った。 「全ての選手が健康であれば、素晴らしいスターティングメンバーや選択肢があると思う。今、我々は離脱している選手が最善を尽くすことを確実にする必要がある」 「ペドリはすぐに戻ってくるだろう。誰もが起用できるときは、とても強力な選手が揃っている」 また、この試合で322日ぶりに復帰したアンス・ファティについても言及。復帰を喜ぶとともに、チームとしてのパフォーマンスも良かったと語った。 「彼が素晴らしい選手であることは、我々は知っている。彼は我々が必要としている個人のクオリティを持っており、それを知っている。彼が再びプレーできる準備が整っていることをとても嬉しく思う」 「今日はとても良いサッカーをした。選手たちがよく関わっていた。アンスが戻り、とても良かったが、他の選手たちも忘れられない」 「彼らは素晴らしい試合をした。ガビ、ニコ(ラス・ゴンサレス)もそうだ。ファンもとても幸せだっただろう」 <span class="paragraph-title">【動画】久々の快勝試合を振り返るバルセロナの面々</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6QURVc1V0UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.27 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

322日ぶり復帰戦でゴールのファティ、受け継いだ10番も重荷にせず「レオの次に背負えるのは誇り」

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが復帰戦でのゴールに歓喜した。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは、26日に行われたラ・リーガ第7節でレバンテと対戦。ファティは80分から途中出場を果たし、昨年11月に負った半月板の損傷という大ケガを乗り越え、322日ぶりの実戦復帰となった。 2-0とチームがリードした状況でピッチに送り出されたファティは84分、得意のドリブルからボックス左まで侵入し左足を振り抜いたが、これは相手DFにブロックに遭い得点ならず。このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。 91分、中盤でボールを拾ったファティが中央を持ち上がるとボックス手前から右足一閃。このシュートがゴール左下に突き刺さり、復帰戦を自らのゴールで祝った。なお、試合はそのまま3-0でタイムアップを迎え、バルセロナが4試合ぶりの白星を飾った。 本拠地カンプ・ノウにて感動的なカムバックを果たしたファティは試合後、勝利を喜ぶとともに、復帰までの約10カ月間を支えてくれた周りの人々へ感謝を伝えた。 「こんな復帰戦は想像できなかったね。勝利は嬉しいけれど、まだまだ先は長い」 「僕と一緒にいてくれた医師や医学療法士の人たちに感謝するよ。この数カ月間、苦しんでいたチームと家族を助けることができて嬉しい。みんなにもとても感謝している」 また、チームが苦しい状況に陥っているものの、ここからのシーズンを戦い抜く覚悟を語った。 「監督がチャンスを与えてくれたときには、長い時間でもコンディション次第でプレーするようにする。試合でしっかりと仕事を果たして、チームの役に立ちたいんだ」 「僕は準備を続ける。シーズンは非常に長く、すべてのために戦わなければならない」 さらに、「10番はプレッシャーではないよ。レオの次に背負えるのは誇りだし、クラブとキャプテンに感謝したい」ともコメント。今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシから受け継いだエースナンバーも重荷とは感じていないようだ。 2021.09.27 10:54 Mon
twitterfacebook
thumb

322日ぶりにピッチに立ったアンス・ファティが復帰弾!ホームで3発のバルセロナが4試合ぶりの白星《ラ・リーガ》

バルセロナは26日、ラ・リーガ第7節でレバンテとホームで対戦し3-0で勝利した。 公式戦3試合勝利のないバルセロナは、ミッドウィークに行われたカディス戦からスタメンを3人変更。出場停止のフレンキー・デ・ヨングやデミル、アラウホに替えてコウチーニョ、ニコ・ゴンサレス、エリック・ガルシアをスタメンで起用。なお、約10カ月ぶりにメンバー入りを果たしたアンス・ファティはベンチスタートとなった。 今季いまだに勝利のないレバンテに対し、3トップにコウチーニョ、ルーク・デ・ヨング、デパイを並べた[4-3-3]で試合に臨んだバルセロナは、開始早々の6分に決定機。ボックス左横からデパイがカットインを狙うと、ボックス内でラドヤに倒されてPKを獲得。これをデパイが難なく沈め、バルセロナが先制した。 先制点で主導権を握ったバルセロナは、14分にも左サイドからダイアゴナルドリブルで切り込んだデストのラストパスからゴール前に抜け出したL・デ・ヨングが冷静にシュートを流し込んだ。 L・デ・ヨングの移籍後初ゴールでリードを広げたバルセロナは、その後も70%を超えるボール支配率でレバンテを圧倒。23分には、ショートコーナーからデパイが供給した左クロスをピケが合わせたが、シュートはわずかに枠の右に外れた。 攻勢を続けるバルセロナは35分、ミンゲサのロングパスでDFの裏に抜け出したガビがループシュート。さらに43分には、右クロスからデパイがヘディングシュートを放ったが、共にシュートは相手GKの好セーブに防がれた。 後半も立ち上がりから主導権を握るバルセロナは49分、敵陣でのハイプレスからボールを奪ったデパイがミドルシュートでゴールに迫ったが、これはGKアイトールが弾き出した。 試合を決める3点目がほしいバルセロナは、80分にL・デ・ヨングを下げてアンス・ファティが322日ぶりにピッチに立った。そのファーストプレーは84分、得意のドリブルからボックス左まで侵入し左足を振り抜いたが、これは相手DFにブロックされた。 このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。91分、中盤でボールを拾ったアンス・ファティがく中央を持ち上がるとペナルティアークから右足一閃。このシュートがゴール左下に突き刺さった。 結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。アンス・ファティの復帰弾などで完勝したバルセロナが4試合ぶりの白星を飾った。 2021.09.27 01:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ついにバルサの「10」が復帰へ、FWアンス・ファティが322日ぶりのメンバー入り

ついにバルセロナに10番が戻ってくる。 バルセロナは26日、ラ・リーガ第7節でレバンテと対戦する。 今シーズンはラ・リーガで無敗を継続しているバルセロナだが、直近2試合はグラナダ(1-1)、カディス(0-0)と格下と見られる相手に連続ドロー。14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のバイエルン戦では0-3で惨敗しており、公式戦3試合勝利がない。 この事態を受け、日に日に厳しい目を向けられているのがロナルド・クーマン監督。カディス戦の前には、記者からの質問を拒絶し、自身の声明を読み上げるという異例の会見を実施したが、その後の試合でも勝てず、より周囲からの厳しい意見を集めることとなった。 にわかに去就が騒がしくなり、解任の機運が高まっている中、クーマン監督が嘆いていた戦力が戻ってくることとなった。 バルセロナは25日、スペイン代表FWアンス・ファティがレバンテ戦に向けて復帰することを発表。メディカルチームからゴーサインが出たとした。 ファティは25日のトレーニングに参加。チームメイトからも歓迎を受けていた。 ファティは2020年11月7日に行われたレアル・ベティス戦で負傷。そこから10カ月が経過し、322日の間離脱していたとのことだ。 2019-20シーズンにデビューしたファティは、10カ月半の離脱期間がありながら、これまで43試合をプレーし13ゴール3アシストを記録していた。 また、背番号は「31」、「22」と変化した中、今夏にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍。そのため、空席となった「10」を渡されることとなった。 ついに背番号「10」をつけたファティのデビューが待たれるが、チームの勝利に繋がる活躍はできるのか。3試合連続勝利がないとなれば、クーマン監督への風当たりはより一層激しくなる。 <span class="paragraph-title">【動画】アンス・ファティがトレーニングに復帰し歓迎受ける</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOY3I3NEpRWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.25 21:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly