元ブラジル代表FWタリスカ、中国からサウジへ! アル・ナスルと3年契約

2021.05.18 19:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アル・ナスルは17日、広州FCから元ブラジル代表FWアンデルソン・タリスカ(27)の獲得を発表した。

タリスカは長身190cmの大柄ながら卓越したテクニックを誇るレフティー。ブラジル代表にも上り詰めた実績者で、ベンフィカやベシクタシュでのプレーを経て、2018年6月から中国スーパーリーグの広州恒大(現・広州FC)に活躍の場を移した。

欧州ビッグクラブへのステップアップも取り沙汰されながら、広州FC行きを選択したタリスカはその中国で公式戦通算65試合の出場で39得点13アシストをマーク。2019年の中国スーパーリーグ優勝にも貢献した。
かつてブラジル代表監督も務めたマノ・メネゼス監督のアル・ナスルはツイッターで「ブラジルのスターであるアンデルソン・タリスカと正式に契約した。契約期間は3年。我々のスターたちとともに彼の幸運を祈る」と加入を歓迎している。

なお、ブラジル『Globo』によると、タリスカは新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限で4月の中国スーパーリーグ開幕に間に合わず、今季の出場なし。2022年末まで契約があったが、サウジアラビアに活躍の場を移すことになったという。


関連ニュース
thumb

ユナイテッド退団のC・ロナウド、中東クラブからオファーか

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対して、サウジアラビアのアル・ナスルがオファーを送ったようだ。 今夏に移籍騒動がありながら、チームに残留したロナウド。しかし、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、10月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っていた。 11月中旬にはイギリスのテレビ『TalkTV』のインタビューでクラブの内部批判を展開。これを受けて、クラブは「しかるべき措置の開始」を明らかにし、22日に契約解除を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後の去就に注目が集まるロナウドだが、アメリカ『CBC』はサウジアラビアのアル・ナスルが同選手にオファーを送ったと報道。7500万ドル(約104億円)もの年俸で3年契約が提示されているようだ。 また、『CBC』によれば、現在国内のライバルであるアル・ヒラルをはじめ中東の他のクラブもロナウド獲得に関心を寄せている中、アル・ナスルはすでに今夏から接触している模様。代理人との幅広い話し合いを通して、交渉は比較的進んでいると見られており、同選手の最終判断を待つ段階まで来ているようだ。 アル・ナスルはこれまで9度のサウジ・プロフェッショナルリーグ優勝を誇る国内の強豪クラブ。しかし、ロナウドは以前よりチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーに対して高いモチベーションを持っていると伝えられており、ヨーロッパ以外でのプレーが実現する可能性はそこまで高くないかもしれない。 2022.11.27 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが2億4000万ユーロのオファー断る…サウジアラビアサッカー連盟会長が希望を口に「サウジでプレーするのが見たい」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)が破格のオファーを断っていたことが判明した。 今夏の移籍市場では、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権がないこと、そして補強が全く進まないことを訴え、ユナイテッドからの退団を希望しているとされたC・ロナウド。本人はその噂を否定していた中、興味を持っていたクラブがあったことも事実だ。 イギリス『The Athletic』によれば、サウジアラビアのアル・ヒラルが獲得に興味を持っていたとのこと。2年契約で週給230万ユーロ(約3億3300万円)、総額およそ2億4000万ユーロ(約491億円)を提示していたが、C・ロナウドは断ったという。 また、アル・ナスルも別のオファーを出したとのことだが、もちろんこれも拒否。まだまだ第一線でプレーすることを優先したと考えられる。 『The Athletic』はサウジアラビアサッカー連盟の会長であるヤセル・アル=ミセハル氏のコメントを紹介。C・ロナウドがサウジアラビアでプレーすることを希望していると明かした。 「我々の移籍市場は現在閉鎖されているので、今は不可能だが、クリスティアーノ・ロナウドのような選手がサウジリーグでプレーするのが見たい」 「それは大きなポジティブなフィードバックをもたらし、誰にとっても大きなニュースとなるだろう。クリスティアーノ・ロナウドの功績や記録はもちろん、偉大な模範となる選手としても誰もが知っていると思う」 「もちろん、非常に高額な取引になるとは思うが、過去数年間でクラブがより多くの収益を得ているのを見ることができる。プレミアリーグでプレーしていた大物選手がサウジリーグにやってくるのをすでに見てきた」 「私はクリスティアーノ・ロナウドが選手として好きであり、彼がサウジアラビアでプレーするのを見たいと思っているが、それは残念ながら1月までは実現しない」 サウジアラビアの移籍市場は1月に開くが、アル・ヒラルは補強禁止処分を受けているために獲得は不可能。ただ、他のクラブは動くことができる。 アル=ミセハル会長は「答えを持っていない」としながらも、ビッグな選手がサウジアラビアに来ることを望んでいることは隠さなかった。 「正直に言えば、私は答えを持っていない。もし私がクラブの会長だったら、答えることはできる。しかし、クラブ関係者は、交渉内容を私と共有する必要はない」 「サウジのクラブにとっても、彼にとっても簡単な取引ではないだろう。彼や同じレベルの他のトッププレーヤーに会えることを楽しみにしている」 2022.09.13 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井や長友ともプレーしたDFアルバロ・ゴンサレスがサウジアラビアへ移籍…ルディ・ガルシア監督と再会

サウジアラビアのアル・ナスルは29日、スペイン人DFアルバロ・ゴンサレス(32)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は1年間で、1年間の延長オプションがついているという。 アルバロ・ゴンサレスはラシン・サンタンデールの下部組織出身で、2011年7月にファーストチーム昇格。その後、レアル・サラゴサ、エスパニョール、ビジャレアルと渡り歩く。 2019年7月にマルセイユへとレンタル移籍を果たすと、2020年7月に完全移籍した。酒井宏樹や長友佑都ともプレーしたアルバロ・ゴンサレスは公式戦75試合で3ゴール3アシストを記録。昨シーズン限りで退団していた。 アル・ナスルは、マルセイユ時代に指導を受けたルディ・ガルシア監督が指揮。再びタッグを組むこととなる。 なお、今夏はナポリからコロンビア代表GKダビド・オスピナ、フェネルバフチェのMFルイス・グスタヴォラを獲得している。 <span class="paragraph-title">【動画】サウジアラビアでガルシア監督と再会</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.30 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ルイス・グスタボがアル・ナスル加入! マルセイユで指導受けたルディ・ガルシアと再会

サウジアラビアのアル・ナスルは23日、フェネルバフチェから元ブラジル代表MFルイス・グスタボ(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの1年となるが、さらなる延長オプションが付随している。 これまでコリンチャンス、ホッフェンハイム、バイエルン、ヴォルフスブルク、マルセイユなどでプレーしたルイス・グスタボは、2019年にフェネルバフチェへ完全移籍した。 ここまで公式戦97試合に出場し、その経験とリーダーシップを買われてゲームキャプテンを務めるなど、中心選手として活躍していた。 その百戦錬磨の守備的MFは、マルセイユ時代に指導を受けたルディ・ガルシア監督が新監督に就任したサウジアラビアの名門へ移籍することになった。 なお、アル・ナスルは今夏にナポリを退団したコロンビア代表GKダビド・オスピナをすでに獲得していた。 2022.07.24 12:24 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸も獲得に動いたサンチェスは未だインテルとの契約解除に同意せず…欧州トップレベルでのプレーを希望

インテル退団が確実視されてきたチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)だが、その去就は未だ不透明のようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 サンチェスは2019-20シーズンからインテルの一員としてプレー。FW陣のバックアッパーという扱いではあるものの、クラブ通算108試合出場で20得点23アシストを記録するなど、貴重な戦力としてタイトル獲得に貢献してきた。 しかし、今夏は財政難にあえぐインテルから契約解除の申し出を受けている状況。契約はあと1年残っているものの、首脳陣らは33歳のベテランFWを退団させ、チーム全体のサラリーを減らしたいようだ。 だが、現在までにサンチェスは400万ユーロ(約5億6000万円)という契約解除金を受け取れる中でもオファーに同意しておらず、プレシーズンが始まった現在もインテルで全体トレーニングに参加しているとのことだ。 サンチェスに対してはガラタサライが交渉にあたっていたほか、チリ『En Cancha』の情報として、サウジアラビアのアル・ナスルからも正式オファーが届いているとのこと。潤沢な資金をバックに世界的スターの獲得を目指すと考えられている。一時はヴィッセル神戸もオファーしたが、断ったという情報も流れた。 一方、今年12月に34歳となるサンチェスは、まだまだ自身が欧州トップレベルでプレーが可能と感じており、競争力が高いとは言えないトルコや中東などからのオファーには首を縦に振らないだろうとみられている。 どうやら、希望するクラブからのオファーがないことが、インテルとの契約解除に同意しない最大の理由のようだ。 2022.07.22 17:08 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly