「IQ1000」「ものすごい度胸」FKを止めずに避ける!?元ブラジル代表GKの“好判断”に監督はヒヤリ「咄嗟にこの判断できるのが凄い」

2023.11.15 19:15 Wed
コリンチャンスの守護神カッシオ
Getty Images
コリンチャンスの守護神カッシオ
コリンチャンスに所属する元ブラジル代表GKカッシオの好判断が話題だ。2012年からプレーするコリンチャンスで公式戦通算549試合に出場する36歳のベテランGKカッシオ。ヨーロッパでのプレー経験はほぼないが、ブラジル代表にも招集されていた実力者で、出場機会はなかったものの2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)のメンバーにも選ばれていた。
今シーズンもコリンチャンスで守護神を務めるカッシオは、9日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第33節のアトレチコ・ミネイロ戦にもフル出場。この試合の75分に見せたプレーが話題になっている。

アトレチコ・ミネイロのFKの場面で、味方に合わせようとゴール前へと入れたボールは誰にも合わずにカッシオのもとへ飛んで行った。そのままカッシオがキャッチするかと思われたが、寸前のところでボールを避けると、ボールはそのままゴールネットを揺らしていた。

この場面、アトレチコ・ミネイロのFKは直接FKではなく間接FKだった。そのため、ボールが誰かに触れていればゴールが認められるが、ゴールに直接ボールが入っても得点にはならず、コリンチャンスのゴールキックで試合が再開されることとなる。
そのことを分かっていたカッシオは敢えてボールを見送ったというわけだ。キャッチしに行って、万が一キャッチミスをした場合には相手選手が走り込んでいるゴール前でピンチになっていたために、その点も考慮したのかもしれない。

ただ、咄嗟の判断であったためにマノ・メネゼス監督はヒヤリとしたようで、胸をなでおろす様子がカメラに映っていた。

カッシオの判断には、「IQ1000」、「ものすごい度胸」、「冷静すぎ」、「咄嗟にこの判断できるのが凄い」とSNS上のファンからも反響が寄せられており、その対応力に称賛の声が集まっていた。


1 2
関連ニュース

アル・イテハドの背番号「10」コロナドが母国ブラジルに復帰へ…大変珍しい経歴の31歳に同国メディアが注目

珍しい経歴を持つブラジル人MFイゴール・コロナド(31)。アル・イテハドを退団して母国へ帰る見通しだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 昨夏FWカリム・ベンゼマやMFエンゴロ・カンテ、MFファビーニョといった世界的ビッグネームを迎え入れたアル・イテハド。そんな金満クラブで背番号「10」を背負うのがブラジル人MFコロナドだ。 迎えた2023-24シーズンは世紀の大補強にも怯まず、主力としてリーグ戦15試合にいずれも先発出場し、5ゴール7アシスト。トップ下にワイドの位置もこなす、まさに攻撃の核といったところだが、どうやら契約解除および母国のコリンチャンスへの移籍が近づいているという。 ただ、ブラジル大手のメディア『グローボ』がこの男のコリンチャンス移籍に関する進捗を伝えているのは、煌びやかなスター軍団を抜け出して母国の名門に向かおうとしているからだけではない。その経歴が極めて異色なのだ。 このコロナド、実はブラジルでのプロ経験が一切ないブラジル人プレーヤーなのだ。 コロナドは2007年に15歳で単身イギリスへ。現在リーグ2(イングランド4部)のミルトン・キーンズ・ドンズFCの下部組織に入団し、4年後にはスイスのチューリッヒU-21へ移籍…プロデビューは2012年11月、欧州の主要リーグにほど遠い小国マルタで飾った。 マルタ1部の強豪フロリアーナで活躍したのち、新天地はイタリア・セリエBのトラパーニ。そこからパレルモ、UAEのシャールジャFCを経て、2021-22シーズンからアル・イテハドで活躍、バロンドーラー・ベンゼマの同僚として背番号「10」を背負う選手となった。 したがって、コリンチャンス移籍が実現すれば、“逆輸入選手”として31歳にして初めてプレーするブラジルクラブが母国を代表する名門ということに。すでにベテランの域に入っているコロナドは母国トップクラブからのオファーが最後かもしれないと踏んでいるようで、移籍を熱望...遠回りした選手キャリアの終盤に差し掛かるなか、大きなチャンスが訪れた。人生は何があるかわからない。 2024.02.08 21:45 Thu

アジア杯でエース不在のウルブス、ブラジル代表FWの駆け込み獲得目指して交渉中か

ウォルバーハンプトンがコリンチャンスのブラジル代表FWユーリ・アルベルト(22)獲得に近づいているようだ。 ユーリ・アルベルトは昨年3月にブラジル代表デビューを飾ったストライカー。名門インテルナシオナルのエースに君臨したのち、2022年2月のゼニト移籍で欧州上陸を果たしていたが、加入直後にロシアがウクライナへ侵攻…同年夏にコリンチャンスへレンタル移籍し、昨年1月からはゼニトとの契約解除に伴い、完全移籍に切り替わった。 2023シーズンは公式戦63試合出場とフル稼働したなか、15ゴール9アシストと数字は伸びず。それでも不動のワントップとしてほとんどの試合で80〜90分間プレーしている。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、ウルブスはそんなユーリ・アルベルトを今冬中に獲得すべくクラブ間交渉中。チーム得点王の韓国代表FWファン・ヒチャン(リーグ戦10ゴール)がアジアカップ参戦で不在のなか、まずは半年レンタルでユーリ・アルベルトを迎え入れる方針だという。 昨夏はウェストハム移籍が成立寸前で破談したとされるユーリ・アルベルト…プレミアリーグの今冬移籍市場閉幕は現地時間1日23時00分となっている。 2024.02.01 15:35 Thu

PSGが逸材モスカルド加入を正式発表! 加入は来季からに

パリ・サンジェルマン(PSG)は25日、コリンチャンスからU-23ブラジル代表MFガブリエウ・モスカルド(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年半となる。 なお、今シーズン終了まではレンタルという形でコリンチャンスに残留し、2024-25シーズンからの加入となる。 昨年末の段階で加入が確実視されたなか、正式にパリの巨人の一員となったモスカルドは、新天地での意気込みを語っている。 「パリ・サンジェルマンに加入できてとても嬉しいよ。今日は僕の人生で最高の日のひとつだ。ここには才能ある若いプレーヤーが参加しているプロジェクトがある。チームに加わること、チームやコーチングスタッフに会えることを楽しみにしているし、レ・ルージュ・エ・ブルーで多くのトロフィーを獲得し、ファンを幸せにしたいと願っているよ」 2017年にコリンチャンスの下部組織に加入したモスカルドは185cmの守備的MF。2023年6月末に行われたコパ・リベルタドーレスのリベルプール戦でファーストチームデビューを飾り、ここまでは公式戦25試合に出場。また、コリンチャンスでの活躍が認められ、先日にはU-23ブラジル代表に初招集された。 高い戦術眼、テクニック、優れたパーソナリティを有する逸材に対してはバルセロナ、チェルシーが強い関心を示してきたが、先日にPSGは移籍金2200万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額2500万ユーロ(約39億円)の条件で合意に至ったと報じられていた。 なお、昨年末に左足の予防的な手術を行っていた同選手は4月上旬の復帰を目指しており、コリンチャンスでの戦列復帰後に今夏のプレシーズンから満を持して新天地での挑戦に臨む予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】逸材のパリ入りが正式発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr">Bienvenue à Paris, Gabriel Moscardo ! <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/WelcomeMoscardo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WelcomeMoscardo</a> <a href="https://t.co/tpZh5bLqbX">pic.twitter.com/tpZh5bLqbX</a></p>&mdash; Paris Saint-Germain (@PSG_inside) <a href="https://twitter.com/PSG_inside/status/1750507362857676841?ref_src=twsrc%5Etfw">January 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.01.25 22:19 Thu

ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”、英雄として崇拝されるフラメンゴからコリンチャンスへ移籍も?

フラメンゴの元ブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(27)にコリンチャンスが関心を寄せているという。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”。弱冠20歳にして渡った欧州時代こそ、人生初の海外生活に馴染めずうつ病発症と散々な日々を送るも、2018年の帰国後、翌19年からは一貫してフラメンゴでプレーし、クラブ通算253試合141得点38アシストという数字を誇る。 その過程でブラジル1部リーグ優勝2回、南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスでも優勝2回…と大小含めチームタイトル「11」、個人でもブラジル1部得点王2回、コパ・リベルタドーレス得点王2回と、最強点取り屋という肩書きに恥じぬ活躍を披露してきた。 ただし、2023シーズンは低調。公式戦全体で見れば58試合で20得点も、ブラジル1部に限っては26試合5得点…そもそも年間で20得点という数字が、2019シーズンのフラメンゴ加入後で最も少ないものとなっている。 また、シーズン途中に就任したチッチ監督とはソリが合わず。元ブラジル代表指揮官の同監督とはカタール・ワールドカップ(W杯)メンバーに選んでもらえなかったあたりから関係性が良くなく、チッチ到着後のガビゴルは絶対的エースからサブに降格…ストレスもあるのか、メディアの取材で口にするのは決まって現状への不平不満だという。 そんな状況もあってか、フラメンゴは2024年12月までとなっているガビゴルの契約に関し、延長を躊躇している模様。その裏ではコリンチャンスが獲得に動き出していることが公然の事実と化しているようだ。 フラメンゴのマルコス・ブラズ副会長は地元メディアの取材で「ガビゴルは少なくとも2024シーズンは残る」と発言も、ガビゴル自身は先日とあるインタビューでコリンチャンスサポーターの熱狂ぶりを称賛するなど、頭の片隅に“移籍”があることを示唆している。 昨年末には噂レベルながらもマンチェスター・ユナイテッド行きが浮上した、ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”。コリンチャンス行きも今のところは具体的な進展がないとのことだが、将来は果たして…。 2024.01.11 16:45 Thu

PSG加入間近のモスカルドが左足を手術へ…復帰は4月以降に

パリ・サンジェルマン(PSG)加入が決定的とされるコリンチャンスのU-23ブラジル代表MFガブリエウ・モスカルド(18)だが、新天地デビューにはしばらくの時間を要する見込みだ。フランス『レキップ』が伝えている。 サンパウロのブラジル人DFルーカス・ベラウド(20)と共に今週中のPSG加入が決定的と言われるモスカルド。その移籍自体に影響はないものの、加入が決定した場合でも新天地デビューは4月以降となる見込みだ。 モスカルドは12月31日、自身のインスタグラムを通じて左足の手術を受けることを明かした。 「みんなに僕の決断を発表したいと思う。近日中に左足の簡単な手術を受ける予定だ」 「最近の検査の結果、この予防手術を行う必要があるようで、今後3カ月間はピッチから遠ざかることになる。これにより、僕はさらに強くなって戻ってきて、自分の夢とキャリアを追求することができる」 2017年にコリンチャンスの下部組織に加入したモスカルドは185cmの守備的MF。2023年6月末に行われたコパ・リベルタドーレスのリベルプール戦でファーストチームデビューを飾り、ここまでは公式戦25試合に出場。また、コリンチャンスでの活躍が認められ、先日にはU-23ブラジル代表に初招集された。 高い戦術眼、テクニック、優れたパーソナリティを有する逸材に対してはバルセロナ、チェルシーが強い関心を示してきたが、先日にPSGは移籍金2200万ユーロ+アドオン300万ユーロの総額2500万ユーロ(約39億円)の条件で合意に至ったと報じられていた。 2024.01.01 09:30 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly