鹿児島MF牛之濵拓が全治8カ月の離脱…右ヒザ前十字じん帯を損傷

2021.05.17 19:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿児島ユナイテッドFCは17日、MF牛之濵拓の負傷を報告した。牛之濵は9日に行われた第36回鹿児島県サッカー選手権大会決勝兼天皇杯代表決定戦で負傷。鹿児島市内の病院で右ヒザ前十字じん帯損傷の診断結果を受け、全治8カ月の見込みだ。

鹿児島入りから4年目の今季はここまで明治安田生命J3リーグ4試合に出場している状況だった。
関連ニュース
thumb

大分、鹿児島MF野嶽惇也が完全移籍加入! 「正直寂しいですが…」

大分トリニータは31日、鹿児島ユナイテッドFCからMF野嶽惇也(26)の完全移籍加入を発表した。背番号は「28」。同日からチームに合流する。 鹿児島県出身の野嶽は福岡大学から2017年に鹿児島入り。ルーキーイヤーから試合に絡んでいき、今季も右サイドハーフや右️サイドバックとして公式戦14試合でプレーした。 J3クラブからJ1クラブへの移籍が決まり、個人昇格という形で自身初のJ1挑戦となる野嶽。大分の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、鹿児島ユナイテッドFCから加入させていただくことになりました野嶽惇也です。今回、このタイミングでオファーを頂き大分トリニータの一員となれることに本当に感謝しています。1日でも早くチームの力となれるよう熱く直向きに闘います。よろしくお願いします」 一方、鹿児島を通じては「この度、大分トリニータに移籍させていただくことになりました」と綴り、これまでのサポートに感謝しつつ、新天地での活躍を誓った。 「こうしてシーズンの途中でチームを離れ、迷惑をかけてしまうことを申し訳なく思っています。それでも小さい頃から目標としてきたJ1の舞台での挑戦を、クラブが後押しして頂けたお陰でこの決断をすることができました」 「4年半という時間の中で昇格という最高の瞬間を味わえたり、なかなか試合に出られずもがいていた日々もありましたが、どんな時も共に闘い応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」 「生まれ育った鹿児島の大好きなチームを離れるのは正直寂しいですが、これからも粘り強く直向きに頑張っていきます。長くなってしまいましたが、これからも鹿児島ユナイテッドFCの応援、サポートをよろしくお願いします」 「チームは離れますが、これからも野嶽惇也のことも気にかけていただけたら嬉しいです。本当にありがとうございました!」 2021.07.31 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島がクラブ史上初の3rdユニフォームを発表!岐阜との姉妹県盟約50周年を記念

鹿児島ユナイテッドFCは10日、クラブ史上初となる3rdユニフォームを発表した。 鹿児島は9月25日に明治安田生命J3リーグ第20節でFC岐阜と対戦するが、その試合は「鹿児島県・岐阜県姉妹県盟約50周年記念事業 鹿児島県&BEELINEスペシャルマッチ」となる。 1991年に鹿児島と岐阜の姉妹県盟約20周年を記念し、岐阜県海津市から関ヶ原までの約35kmにわたり「薩摩カイコウズ街道」が整備され、それから30年が経った2021年、このユニフォームを着用し、姉妹県盟約50周年のメモリアルイヤーを彩る。 デザインは、鹿児島県の県木「カイコウズ」の花をモチーフに、メインカラーとしてレッドとイエローを採用。クラブカラーのネイビーブルーも残しつつ、全く新しいイメージのユニフォームに仕上がっている。 この3rdユニフォームは7月12日から予約販売を開始している。 <span class="paragraph-title">【写真】鹿児島ユナイテッドFC初の3rdユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">クラブ初の3rdユニフォーム<br>「KAIKOUZU(カイコウズ)」販売開始<br><br>7/12~8/1まで受付‼️<br>9/25の試合までにお届け可能です。<br>価格は衝撃を超えた、税込9,900円より<br><br>薩摩切子に続き鹿児島を存分に表現した3rdユニフォーム、ぜひお買い求めください<a href="https://t.co/RuVkj0hajU">https://t.co/RuVkj0hajU</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E3%83%A6%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89FC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#鹿児島ユナイテッドFC</a> <a href="https://t.co/bQdcn8GFC5">pic.twitter.com/bQdcn8GFC5</a></p>&mdash; 鹿児島ユナイテッドFC (@kagoshimaufc) <a href="https://twitter.com/kagoshimaufc/status/1414512011237494787?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.12 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿児島相手に2度のビハインドを追いつく底力! 富山が岐阜を抜いて首位浮上!【明治安田J3第15節】

10日、明治安田生命J3リーグ第15節の3試合が各地で行われた。 引き分け以上で首位となる2位の富山はアウェイで鹿児島と対戦。コンビネーションから音泉がシュートを放つ良い入りを見せたが、7分にカウンターから左サイドを突破されると、最後はボックス中央の中原にゴール右隅を突いた見事なシュートを決められ、早々に先制を許してしまう。 その後もしばらく鹿児島の優勢が続いたが、徐々に盛り返して後半を迎えた富山は54分、相手陣内でのパスカットから音泉が左サイドからクロス。これを大野がピンポイントで頭で合わせて同点に追いついた。 以降はポゼッションでは前半同様に劣りつつも、積極的にシュートを打っていく富山。しかし、鹿児島も確実に枠を捉えるシュートを浴びせると80分、右サイドから素早く縦に展開し、野嶽惇也がボックス右へ。マイナスの折り返しをダイレクトで狙った薗田のシュートはGK西部に弾かれ左ポストに当たってしまうものの、こぼれ球を萱沼が押し込んで、再び勝ち越しに成功した。 ところがその3分後、リーグ優勝を目指す富山もすぐに反撃。ボックス右手前から椎名が左足インスイングのクロスを送ると、ファーサイドの音泉が右足でダイレクトで合わせてゴールイン。瞬く間に試合は振り出しに戻った。 互いに15本近い数のシュートを放つ白熱した展開となった試合はここで終了。富山は勝ち切れなかったものの、1ポイント差で首位に浮上した。 その他、アウェイで藤枝を0-2で下した鳥取は、4月末以来のリーグ戦8試合ぶりの白星を挙げている。 ◆第15節 ▽7/10(土) 藤枝MYFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ガイナーレ鳥取</span> ヴァンラーレ八戸 1-1 カマタマーレ讃岐 鹿児島ユナイテッドFC 2-2 カターレ富山 ▽7/11(日) 福島ユナイテッドFC vs FC今治 アスルクラロ沼津 vs テゲバジャーロ宮崎 AC長野パルセイロ vs Y.S.C.C.横浜 ロアッソ熊本 vs いわてグルージャ盛岡 2021.07.10 21:41 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島、上野展裕氏を新指揮官に招へい 「J3優勝J2復帰を」

鹿児島ユナイテッドFCは4日、上野展裕氏(55)の監督就任を発表した。 鹿児島は5月28日にアーサー・パパス前監督の家庭事情による退任を発表。それ以降、ヘッドコーチの大島康明氏が暫定的に指揮を執り続ける状況だったが、上野新監督が10日に行われる明治安田生命J3リーグ第15節のカターレ富山戦から率いることになった。 上野氏は過去にツエーゲン金沢やレノファ山口FC、ヴァンフォーレ甲府の監督を歴任。2019年から日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重を率い、先月22日に退任していた。新たにここまで8位につける鹿児島の指揮を執ることが決まり、意気込みを語っている。 「この度、鹿児島ユナイテッドFCの監督を務めさせていただくことになりました上野です。かねてから温かく熱いクラブ、サポーターのみなさんに好感を持っていましたので、このようなご縁を結べましたことを大変嬉しく思います。みなさんと一緒に、J3優勝J2復帰を目指し、またさらなる飛躍発展のため、全力を尽くしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします」 2021.07.04 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「家庭の事情」により鹿児島のパパス監督が退任「大好きな仕事を辞め、苦しむ家族のそばにいるという判断を下しました」

鹿児島ユナイテッドFCは28日、アーサー・パパス監督(41)が退任することを発表した。 クラブの発表によると、パパス監督は「家庭の事情」を理由に、双方合意の上で退任することが決定したとのことだ。なお、大島康明ヘッドコーチが暫定的に監督に就任。後任は改めて発表されるとのことだ。 オーストラリア出身のパパス監督は、U-18オーストラリア代表のアシスタントコーチやU-23インド代表の監督など世代別の代表チームの他、ニューカッスル・ジェッツFCやオークリー キャノンズFCなどでアシスタントコーチを務めていた。 2019年にはアンジェ・ポステコグルー監督の下で、横浜F・マリノスのコーチに就任するとJ1優勝を経験。2020年にはヘッドコーチに就任し、今シーズンから鹿児島で指揮を執っていた。 パパス監督は、クラブの戦い方として掲げた「勇猛果敢で攻撃的なサッカー」の表現に向けトレーニングと試合を重ね、ここまで2勝2分け3敗の勝ち点8で9位に位置。志半ばでの退任となった。 パパス監督はクラブを通じてコメントしている。 「この度、家族との距離を縮めるために、鹿児島を離れてオーストラリアに帰ることを決断しました。残念ながら、このパンデミックの状況は、両国間の移動という点で改善されておらず、距離はますます大きくなっています。時間の経過とともにこの状況がどんどん自分を苦しめていきました。そして私にとって家族は重要な柱であり、大好きな仕事を辞め、苦しむ家族のそばにいるという判断を下しました」 「鹿児島に到着して以来、社長、ゼネラルマネージャー、スタッフおよび選手の皆さん、そして何よりもすてきな街と、温かくフレンドリーな人々の絶対的な信頼とサポートに助けられてきました。鹿児島には特別な人がいて、このクラブは人をとても大切にし、人とビジョンのおかげで日々進歩し、特別なプロジェクトの一員でいれたことは自分の誇りでした」 「私は監督として、これほどエキサイティングなサッカーをするチームを指揮し、楽しんだことはありませんでした。私たちのサッカーはゲームを支配し、高いインテンシティで攻撃的であり、時には報われたり、レッスンを学ぶこともありましたが、常に信じ、一生懸命働き、一緒に進んできました」 「鹿児島に住んでみて初めて、なぜ日本で最も温かく、フレンドリーな街と見なされているのかがわかり、いつまでも心に残る場所であります」 「将来、世界が正常に戻ったときに、また皆さんに出会えることを願っています。鹿児島の人たちは特別で、いつも私の心の中にあります!」 また、クラブの代表である徳重剛氏も事情を説明。コロナ禍での苦渋の決断だったとした。 「この度は、突然の報告となりますことをお詫び申し上げます。5月26日(水)夕刻、アーサー・パパス監督から私に申し出がありました」 「シーズン当初からご家族に体調が優れない方がおられる旨の報告は受けておりましたが、この度、緊急的な手術が必要になりました。仮に手術が無事に終わったとしても、その後も彼のサポートが必要になる可能性があり、また、コロナ禍で出入国するにも各国で隔離措置等が必要な状況で自由に往来が出来ない状況です」 「このような状況下で、当クラブの監督としての業務を集中して遂行できる状態にないとのことで退任したい旨の申し出でした。クラブとしては、突然の申し出であり大変残念でありますが、まずは本人の希望とご家族の快復を最優先すべきと考えましたので、苦渋の決断ではありますが、この申し出を受理することと致しました」 「アーサー・パパス監督は、クラブの短期的および長期的なビジョンのなかで、プロジェクトを進めている途中での退任となりますが、鹿児島に新たなフットボールの礎を築いて頂いたことに感謝申し上げます」 「今後も遠隔でも鹿児島のために尽力して頂くことも協議しております。ご家族の快復とアーサー・パパス氏の今後の活躍を祈念致します。ファン・サポーターや関係各位の皆様には、ご理解を頂けますと幸いです」 2021.05.28 12:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly