ヘルタが36歳のベテランGKヤルシュテインと2023年まで契約延長

2021.05.14 00:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘルタ・ベルリンは13日、ノルウェー代表GKルネ・ヤルシュテイン(36)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

新契約にサインしたヤルシュテインは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「私はいつもヘルタ・ベルリンとベルリンでの生活はとても快適だと言ってきた。それは私だけでなく、私の家族にとっても同じだよ。ヘルタ・ベルリンの今後の成功ために、これからも貢献したい思っている。それが私の楽しみだから、毎日全力を尽くすつもりだよ」

ヤルシュティンは2014年1月に母国ノルウェーでのバイキングからヘルタ・ベルリンに加入。これまで在籍7シーズンで公式戦179試合に出場。今シーズンは新加入のGKアレクサンダー・シュウォローも控えGKとしてブンデスリーガ8試合に出場にとどまっていた。

関連ニュース
thumb

フリーのヨベティッチがドイツ初挑戦! ヘルタと延長OP付きの2年契約を締結

ヘルタ・ベルリンは27日、モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(31)の獲得を発表した。1年延長オプションが付随した2023年までの契約で加入となる。 パルチザン・ベオグラードでプロデビュー後、フィオレンティーナでの活躍からマンチェスター・シティにステップアップしたものの、鳴かず飛ばずに終わり、インテルやセビージャを渡り歩いたヨベティッチ。2017年8月にモナコ入りした。 だが、初年度からケガがつきまとい、2019年4月に左ヒザの前十字じん帯を断裂。加入後初めてほぼフル稼働の昨季はチームのリーグ・アン3位フィニッシュによるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に寄与したが、4年契約の満了で退団した。 セリエA復帰の噂もあったなかで、フリートランスファーでヘルタ入りを選択したヨベティッチ。クラブを通じて、新天地でのプレーに心を躍らせた。 「ヘルタの経営陣、特に(マネージングディレクターの)フレディ・ボビッチ氏とは非常に良い話をして、最初の1分でベルリンでの仕事に興味が湧いた。今はクラブや街、チームの新たな仲間たち、そしてブンデスリーガがすごく楽しみだ」 なお、ヨベティッチはこれまで母国を除けば、イタリア、イングランド、スペイン、フランスでプレー。ドイツは初挑戦となり、これで欧州5大リーグのすべてを渡り歩いたことになる。 2021.07.27 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのヨベティッチ、3年契約でヘルタ・ベルリンへ

モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチ(31)の新天地はヘルタ・ベルリンになる模様だ。 パルチザン・ベオグラードでプロデビュー後、フィオレンティーナでの活躍からマンチェスター・シティにステップアップしたものの、鳴かず飛ばずに終わり、インテルやセビージャを渡り歩いたヨベティッチ。2017年8月にモナコ入りした。 だが、2019年4月に左ヒザの前十字じん帯を断裂して、全治8カ月の戦線離脱。加入後初めてほぼフル稼働の昨季はチームのリーグ・アン3位フィニッシュによるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に寄与したが、4年契約の満了で退団した。 そんなモンテネグロ人フィニッシャーの新たな活躍先はドイツに。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、今夏にラツィオやフィオレンティーナ復帰の憶測も取り沙汰されたが、ヘルタ・ベルリンと3年契約を結んだという。 なお、ヨベティッチはモナコ在籍3年間で公式戦77試合の出場で21得点5アシストをマーク。昨季は公式戦33試合の出場で7得点1アシストの数字を残した。 2021.07.27 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタFWコルドバ、クラスノダールに完全移籍

FCクラスノダールは23日、ヘルタ・ベルリンのコロンビア人FWジョン・コルドバ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間となっている。ドイツ『キッカー』によれば移籍金は2000万ユーロ(約26億円)とのことだ。 マインツやケルンで活躍し、2020年夏にヘルタに1500万ユーロの移籍金で加入したストライカーのコルドバは、昨季ブンデスリーガ21試合に出場して7ゴールを記録。キャリア通算ではブンデスリーガ119試合の出場で30ゴール13アシストを記録していた。 2021.07.23 23:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアがパラグアイ代表DFアルデレテをヘルタ・ベルリンからレンタルで獲得

バレンシアは13日、ヘルタ・ベルリンからパラグアイ代表DFオマル・アルデレテ(24)をレンタル移籍で獲得することを発表した。なお、買い取りオプションが付帯している。 アルデレテは母国のセロ・ポルテーニョでキャリアをスタート。アルゼンチンのヒムナシア・ラ・プラタへのレンタル移籍を経て、2018年7月にウラカンへと完全移籍。2019年7月に海を渡りスイスのバーゼルへと完全移籍した。 バーゼルでは公式戦54試合に出場し4ゴール1アシストを記録。2020年10月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍すると、ヘルタ・ベルリンでは2020-21シーズンのブンデスリーガで17試合に出場していた。 また、パラグアイ代表としてもプレーし、コパ・アメリカ2021にも出場2試合に出場していた。 アルデレテはクラブを通じて今回の移籍について「とても幸せで、すぐにでもスタートしたいと思っている。今はオリバに行き、チームメイトに会いたいと思っています。チームで働き始めるのを楽しみにしている」とコメントした。 <span class="paragraph-title">【動画】アルデレテがバレンシアに到着</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJucTA4UmU1MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.13 11:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタ、最古参ペカリークと1年契約延長

ヘルタ・ベルリンは6日、スロバキア代表DFペテル・ペカリーク(34)と2022年6月まで契約を延長したことを発表した。 2012年夏にヴォルフスブルクからヘルタに加入したペカリーク。ヘルタでは在籍9年で公式戦190試合に出場して6ゴール13アシストを記録。2020-21シーズンはブンデスリーガ23試合の出場で3ゴール1アシストをマークしていた。 チーム最古参となるベテランについて取締役を務めるフレディ・ボビッチ氏は「ピッチ内外でチームにプラスの影響を与えられる選手だ」と評した。 2021.07.07 00:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly