フライブルク、守備の要ラインハルトと契約延長

2021.05.13 01:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは12日、オーストリア代表DFフィリップ・ラインハルト(24)と契約延長したことを発表した。契約期間は発表されていない。

2017年夏にレアル・マドリーからレンタルでフライブルクに加入したラインハルト。移籍2年目に完全移籍へと移行した中、これまでフライブルクで公式戦88試合に出場。今季は主力として活躍し、ブンデスリーガ全32試合に先発し、4ゴールを挙げている。

フライブルクの守備の要に成長したラインハルトは契約延長について次のようにコメントしている。

「フライブルクで経験を積めたことで、この年齢でベテラン並の経験値を得ることができた。クラブにはとても感謝している。その恩をパフォーマンスで返したい。フライブルクは素晴らしいクラブで、その哲学は自分を成長させてくれる」


関連ニュース
thumb

堂安律の移籍はまだある? フライブルクが興味、日本でメディカルチェックの可能性も

PSVに所属する日本代表MF堂安律(23)は、残り3日で移籍する可能性が残されているようだ。 2017年7月にガンバ大阪からフローニンヘンへとレンタル移籍し、ヨーロッパでのキャリアをスタートさせた堂安。2018年7月に完全移籍を果たした。 フローニンヘンでチームの中心となり活躍すると、2019年8月にPSVへと完全移籍。しかし、なかなか思うような結果を残せないと、2020年9月にはブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトへとレンタル移籍する。 ビーレフェルトではブンデスリーガで全34試合に出場し5ゴール3アシストと一定の結果を残し、チームの残留に貢献。しかし、ビーレフェルトが買い取れないことからPSVへと復帰していた。 そのPSVではメンバー外が続いていた堂安。それでも24日のチャンピオンズリーグ予選のベンフィカ戦でベンチ入りを果たすと、28日に行われたエールディビジ第3節のフローニンヘン戦でもベンチ入り。出場機会こそないものの、チームのメンバーに入っていた。 移籍期限までの残り3日となっている現状だが、堂案の移籍の可能性は残されているという。オランダ『Eindhovens Dagblad』は、PSVが残り数日間で選手の入れ替えを行うと報道した。 堂安に関してもオファーをまだ受けていないとしながらも、PSVは堂安の退団の可能性を排除していないとし、日本代表に合流した後でもメディカルチェックを受けることがあるとしている。 堂安はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表に招集されており、帰国する状況。オファーがあれば移籍をまとめるためのメディカルチェックを日本で実施するようだ。 またドイツ『ビルト』は、その堂安の行き先についてはフライブルクが興味を持っていると報道。攻撃陣の改善を図るために堂安を迎え入れたいと考えており、短い時間で獲得に動くともしている。 東京オリンピックでは10番を背負い日本を牽引した堂安。昨シーズンのブンデスリーガでのプレーを見れば、ドイツクラブが評価する可能性は高いが、残り日数で決着がつくだろうか。 2021.08.29 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤デビュー、遠藤アシストのシュツットガルト、追い上げ見せるも敗戦《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは28日、ブンデスリーガ第3節でフライブルクをホームに迎え、2-3で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場し、MF伊藤洋輝は61分から出場している。 前節ライプツィヒに惨敗したシュツットガルトは、遠藤が[3-4-2-1]のボランチで3試合連続スタメンとなった。 前節ドルトムントに勝利したフライブルクに対し開始3分、チョン・ウヨンのヘディングシュートで先制されたシュツットガルト。 さらに9分、右CKのルーズボールを再びチョン・ウヨンに左足ボレーで決められ、リードを広げられてしまう。守勢に回るシュツットガルトは28分、ホーラーにヘディングシュートを決められて3点差に。 絶望的な試合展開となっていた中、それでもハーフタイムにかけて盛り返したシュツットガルトは45分に1点を返す。流れの中で上がっていったセンターバックのマヴロパノスが、アル・ガディウィのパスを受けてシュートを決めきった。 さらに追加タイム2分、右サイドから遠藤が左足でクロスを送ると、アル・ガディウィがヘッドで押し込み、1点差として前半を終えた。 迎えた後半もシュツットガルトの攻勢が続く中、マヴロパノスの負傷を受けて61分にブンデスデビューとなる伊藤が3バックの中央に投入された。 しかし、徐々にトーンダウンしていったシュツットガルトは終盤にかけてはチャンスを生み出せずに2-3で敗戦。2連敗となった。 2021.08.29 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

スーパーFKに沈んだドルトムント、格下フライブルクに敗戦で早くも黒星《ブンデスリーガ》

ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第2節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 開幕節のフランクフルト戦でハーランドが2ゴール3アシストと圧巻のパフォーマンスを見せて白星スタートとしたドルトムントは、4日前に行われたバイエルンとのDFLスーパーカップではアカンジのミスが響いて1-3と敗戦。そのバイエルン戦のスタメンからムココに代えてマレンのみを変更した。 開幕節でビーレフェルトにゴールレスドローとしたフライブルクに対し、[4-3-1-2]を継続したドルトムントは2トップにハーランドとマレン、トップ下にロイスを据えた。 そのドルトムントは開始6分、ゴール正面約30mの位置からグリフォに直接FKを叩き込まれ、先制を許してしまう。 スーパーなシュートで失点したドルトムントが前がかる中、ベリンガム、ハーランドらが枠内シュートを浴びせていくも、30分にはピンチ。FKからN・シュロッターベックに決定的なヘディングシュートを許したが、GKコベルの正面で助かった。 すると32分には同点のチャンス。だが、右CKからベリンガムのヘディングシュートは左ポストに直撃し、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半開始30秒、R・サライに決定的なシュートを許したドルトムントは53分に追加点を許す。サイド攻撃で揺さぶられ、ホーラーのヘッドでの落としをR・サライにボレーシュートで叩き込まれた。 2点を追う展開となったドルトムントは59分に1点を返す。右サイドからのロイスのクロスがカイテルのオウンゴールを誘った。 1点差としたドルトムントは68分、ロングボールに抜け出したハーランドがボックス内からシュートに持ち込むも枠を捉えきれない。 結局、終盤にかけては目立ったチャンスを生み出せずに1-2で敗戦。格下相手に敗れ、早くも黒星が付いた。 2021.08.22 00:49 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルクがブレーメンからM・エッゲシュタインを獲得! サンタマリア後釜に

フライブルクは18日、ブンデスリーガ2部のブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 ベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立った実弟のヨハネスに続きブレーメンを離れ、フライブルクを新天地に選択したエッゲシュタインはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ブレーメンで10年間過ごした後、サヨウナラを言うのはもちろん難しいことだけど、ここに来て新しい冒険を始めることを嬉しく思っているよ」 「フライブルクはスポーツ面において自分にぴったりなクラブだと思っているし、責任者と話をした後に良い感触を得ることができたんだ」 「現在、クラブでは新しいスタジアム建設も視野に入れて多くの開発が進められている。僕自身、その流れについていきたいと思っているよ」 2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。 なお、フライブルクは中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)がスタッド・レンヌへ移籍しており、エッゲシュタインがその後釜を担うことになる。 2021.08.19 01:34 Thu
twitterfacebook
thumb

フライブルク、ブレーメンのエッゲシュタイン兄弟の兄マキシミリアン獲得を決定的に

フライブルクがブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得することが決定的となった。『ビルト』など複数ドイツメディアが報じている。 フライブルクは17日、中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)を1400万ユーロ(約18億円)と言われる移籍金でスタッド・レンヌへ売却した。 そして、クラブはサンタマリアの後釜としてブンデスリーガ2部に降格したブレーメンの主力MFエッゲシュタインの獲得に動いており、17日には現地にてメディカルチェックを受けるようだ。 2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。 エッゲシュタインは、ブレーメンとの現行契約は2023年まで残っているものの、以前からトップリーグでのプレーを希望する趣旨のコメントをしていた。 今夏には実弟のヨハネスがベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立ったが、兄マキシミリアンもブレーメンを離れることになった。 2021.08.18 06:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly