アル・ヒラルが中島翔哉の同僚マリ代表FWムサ・マレガをポルトから獲得

2021.05.10 19:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアのアル・ヒラルは10日、ポルトのマリ代表FWムサ・マレガ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。

マレガは、フランスでキャリアをスタート。その後チュニジアを経て、ポルトガルへと渡った。

チュニジアのエスペランスからマリティモへと完全移籍すると、2016年1月にポルトへと完全移籍する。

2016年7月から1シーズンはヴィトーリア・ギマランイスへとレンタル移籍を経験。その後はポルトでプレーしていた。

ポルトでは公式戦190試合に出場し72ゴール33アシストを記録。今シーズンはプリメイラリーガで30試合に出場し7ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグでも9試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

マリ代表としても24試合に出場し3ゴールを記録している。



1 2
関連ニュース
thumb

モナコを優勝に導いたレオナルド・ジャルディムがアル・アハリの指揮官に!日本勢と対戦の可能性も

サウジアラビアのアル・ヒラルが1日、レオナルド・ジャルディム監督(46)を招へいしたことを発表した。 今季のアル・ヒラルは国内リーグ優勝を果たし、さらにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもグループステージ突破は決定済み。殊勲のジョゼ・モライス前監督(55)は5月2日に今季限りでの退任が発表されていた。 ジャルディム監督はブラガやオリンピアコス、スポルティング・リスボンで指揮を執ったのち、2014年6月にモナコに就任。2016-17シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4入りを果たし、リーグ・アンではチームに17季ぶりの優勝をもたらした手腕の持ち主だ。 2018年10月に成績不振で解任されていたが、翌年の1月にモナコの監督に再任し、同年12月に再び解任。以降はフリーとなっていた。 なお、契約期間は1年間となり、さらに1年間の延長オプションがあるとのことだ。 2021.06.02 14:37 Wed
twitterfacebook
thumb

2019年のACL王者のアル・アハリ、ルチェスク監督と契約解除

サウジアラビアのアル・ヒラルは、ルーマニア人監督のラズバン・ルチェスク監督(51)との契約を解除したことを発表した。 ルチェスク監督は、母国のラピド・ブカレストやバラソフの他、ルーマニア代表でも指揮を執った経験があり、カタールのアル・ジャイシュやギリシャのシュコダ・クサンティ、PAOKテッサロニキでも指揮を執っていた。 2019年7月にアル・ヒラルの監督に就任すると、同年のACLチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝で浦和レッズを下して優勝。また、サウジアラビアリーグでも優勝を遂げると、サウジ・キングカップも連覇していた。 クラブは「取締役会はルーマニアのラズバン・ルチェスク監督と双方合意の下で契約を終了することを決定した。クラブでのキャリアにおけるラズバンとそのアシスタントチームの努力に感謝の意を表します」とルチェスク監督の貢献に感謝の意を示した。 なお、ルチェスク監督の代役としては暫定的にU-19のロジェリオ・ミカーレ監督が務めることとなる。 今シーズンのアル・ヒラルは、サウジ・プロフェッショナルリーグで現在3位。2021シーズンのACLでは、アル・アハリ(UAE)、アルマリク(ウズベキスタン)、プレーオフAの勝者と対戦する。 2021.02.16 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのFWビエットが昨季ACL王者アル・ヒラルに完全移籍!

サウジアラビアのアル・ヒラルは25日、スポルティング・リスボンからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 母国のラシン・クラブでプロキャリアをスタートし、2014年に加入したビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエット。その翌年に2000万ユーロでアトレティコ・マドリーへステップアップを果たしたが、思うような活躍を見せられず。 以降、セビージャ、バレンシア、フルアムへレンタル移籍を繰り返し、昨年夏にスポルティングに完全移籍していた。そのスポルティングでは昨シーズンの公式戦35試合で8ゴール5アシストの数字を残していた。 ビエットの新天地となるアル・ヒラルは昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームで、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、ペルー代表FWアンドレ・カリージョ、元韓国代表DFチャン・ヒョンスが在籍している。 なお、連覇が期待された今季のACLでは新型コロナウイルスの影響により、UAEのアル・アハリ戦で大会規則に定められた選手数を揃えることができず、グループステージ敗退の処分を科されていた。 2020.10.26 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で前回王者アル・ヒラルが失格、ACLラウンド16進出決定も敗退に《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は23日、サウジアラビアのアル・ヒラルがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から強制敗退となることを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、変則的に行われている今シーズンのACL。Jリーグ勢が出場する東地区は、開催地が決定していない状況で日程だけが何度も変更。この先も開催が不透明な状況が続いている。 一方、試合が行われている西地区だが、アル・ヒラルがUAEのアル・アハリとの試合で規則違反を起こしたとのこと。これにより、今大会からの敗退が決定した。 AFCの発表によると、アル・ヒラルはアル・アハリ戦に向けて11人(GK2人、FP9人)の選手のみで臨んだとのこと。競技規則では、「COVID-19に関連するかどうかに関わらず、試合に参加できる選手が13名(GK1名を含む)未満の場合、関連するチームは試合を行えない」とsあれ、「そのチームは行われない試合に対して責任を負うものとし、関連する大会から敗退したとみなされる」とされている。 アル・ヒラルは、35人が登録可能な中30人を登録。そのうち27人だけがドーハへと渡っていた。しかし、新型コロナウイルスの感染が確認されたとのこと。AFCは陽性反応を示したGKの代わりに2人のGKを追加することを許可。カタールサッカー協会と協力し、代わりのGK以外の2選手と2人のスタッフがドーハにすぐ来られるように手配したとのことだ。 しかし、アル・ヒラルとサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は今回の状況を受けて試合の延期を要求。規則では、代替日程がすでに決定している日程に影響を与えない場合は、例外が認められ別日程で試合を行えるはずだが、AFCはすでに決まっている試合日程に大きな悪影響を与えると判断し、例外を認めなかった。 アル・ヒラルはグループBに属しており、5試合を終えて勝ち点11で首位。ラウンド16への進出が決定していた状況にも関わらず、今回の決定を受けて敗退となった。なお、パフタコール(ウズベキスタン)とシャバブ・アル・アハリ(UAE)がラウンド16に進出した。 アル・ヒラルは、2019シーズンのACLで浦和レッズを決勝で破り優勝していた。なお、2017シーズンはその浦和に決勝で敗れていた。 2020.09.24 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

元仏代表FWゴミスがアル・ヒラルとの新契約にサイン! 2022年まで延長

アル・ヒラルは25日、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス(34)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2022年までとなる。 ゴミスはサンテチェンヌ下部組織出身の強靭なフィジカルが魅力のストライカーで、トロワ、リヨン、スウォンジー、マルセイユ、ガラタサライでプレー。2018年から2年契約でアル・ヒラルに活躍の場を移した。 アジアでもその身体能力を生かしてゴールを量産。アル・ヒラルで公式戦通算74試合54得点を誇り、昨季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019でアル・ヒラルのアジア制覇に貢献すると、自身も得点王とMVPに輝いた。 なお、代表キャリアにおいては2008年にフランス代表デビュー。通算12試合3得点を記録している。 2020.07.25 20:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly